個人事業主 融資 ビジネスローン 事業資金

個人事業主 融資

  1. 個人事業主の事業資金調達のポイント
  2. 個人事業主融資の際に目を向けてほしい銀行の事業主ローン
  3. 個人事業主の審査が通りやすい融資「ライフティ」
  4. 日本政策金融公庫で個人事業主の融資を行ってみよう
  5. 個人事業主がご利用しやすい融資をご紹介

 

個人事業主の事業資金調達のポイント

個人事業主は、一般的な企業や自営業の方と比べると、資金調達は簡単ではありません。
安定的な資金繰り先確保は難しく、困った事がある方も多いのではないでしょうか。
個人事業主の方の資金繰りについて、ポイントをまとめてみました。

 

個人事業主は事業資金の借り入れは簡単ではない

個人事業主は、資金繰りが簡単ではありません。
しかし、ご利用出来る融資先はあります。
条件が良くない場合が大半ですが、是非注目して検討してみると良いでしょう。

 

なぜ個人事業主は融資が難しいのか

個人事業主も、立派に稼いでいます。
しかし、融資の際は難しい場合が多くあります。
その理由は、この2つが挙げられるからです。

 

収入が低い。

多くの個人事業主は、所得税をいかに少なく納めるかの為に、多くの経費計上を行います。
その為、実際の収入は低くなってしまいます。
収入証明書には経費が差し引きされた金額が記載されますので、低い金額の記載となります。
金融機関がそれを確認すると、収入が低い人と断定されてしまい、融資が難しいと判断されてしまうのです。

 

収入が安定していない

更に、収入に対する安定性がありません。
毎月一定の同じ収入がある訳ではありませんので、不安定な収入となってしまいます。
更に、病気やけがで働けなくなってしまうと、収入が途絶えてしまいます。

 

この2つのポイントにより、公的に所得が少なく不安定な収入の方と断定されてしまいます。
その為、多くの金融機関が融資に対して積極的ではなくなってしまいます。

 

個人事業主がご利用可能な事業主ローン

事業主ローンは事業を行っている方対象のローンでありますが、個人事業主には制限を設けている事業主ローンも多くあります。
そんな中、個人事業主でもご利用OKの事業主ローンがございますので、そちらをご利用してみてはどうでしょうか。
融資金額的にはお高くないですが、個人事業主でも審査が通りやすい事業主ローンもございます。
個人事業主が事業主ローンを選ぶ際は、このようなポイントで選ぶようにしてみましょう。

 

金利

金利は、低ければ低い程良いです。
個人事業主向けの事業主ローンは金利が高い傾向がありますので、中でも金利がお安い事業主ローンを選択するようにしましょう。

 

限度額

銀行の事業主ローンは最高5,000万円というところもございますが、消費者金融の場合300円が限界のようです。
限度額が高ければ高い程大きな金額を融資してもらう事が出来ますので、チェックして選ぶようにしてみましょう。

 

融資までかかる時間

融資までかかる時間は、各金融機関によってマチマチです。
消費者金融の場合短ければ即日という金融機関もございますが、銀行の場合数日から長い時は1か月かかってしまう事もございます。
お急ぎの場合は、融資までかかる時間が短い金融機関をご利用するようにしなければいけません。

 

利用目的

事業主ローンは、事業性資金として融資する借り入れとなります。
その為、事業性に特化した利用方法しか許可されない場合もあります。
しかし、中には使用用途制限が無い事業主ローンもございます。
個人事業主は事業資金と生活費とか一緒になってしまう場合が多いので、使用用途制限が無い事業主ローンのご利用を検討するようにしましょう。

 

返済期間

返済期間は、長ければ長い程個人事業主には有利になります。
月々の返済額を低く抑える為には、支払い期間が短い場合の方が断然ご利用しやすくなります。
事業主ローンは、金融機関によって支払い期間がマチマチであり、物凄い短い期間のものや長い期間のものもございます。
きちんとチェックし、ご利用しやすい返済期間の事業主ローンを選ぶようにしなければいけません。

 

銀行や信用金庫は個人事業主に柔軟的

銀行や信用金庫は、個人事業主に対し柔軟な対応で融資を行ってくれる傾向がございます。
特に地方の銀行や信用金庫は、地元に根付いた融資を行っておりますので、その地域で活動している個人事業主に対し柔軟な対応で融資へと導いてくれる場合があります。
また、信用金庫によっては個人事業者向けローンというのを行っている場合もあり、こちらは個人事業主向けにローンを行っておりますので、優遇され融資を受ける事が出来ます。

 

公的事業資金融資は個人事業主では受けにくい

自治体で行っている公的事業資金融資は、個人事業主には審査がキツ目の傾向があります。
融資が可能であっても、融資に対し多くの書類が必要となり、融資までの時間もかなりかかってしまうという難点があります。
日本政策金融公庫の場合、借りたい金額の1/3は自己資金で用意しないといけないなど、一般的な融資とは違い、複雑です。

 

フリーローンにも目を向けてみよう

銀行や消費者金融では、フリーローンという融資を扱っております。
どのようなポイントが個人事業主向けなのか、ご紹介致します。

 

使い道が自由

フリーローンは、文字通り使い道が自由なローンです。
カードローンのように、自由で利用しやすいのが大きな魅力となります。

 

書類に面倒がない

事業性ローンやビジネスローンの用に面倒な書類の作成がありませんので、ご利用しやすいメリットもあります。

 

審査が柔軟

また、審査も柔軟ですので、個人事業主でも審査に通過する可能性が高いといえます。

 

金利が低い

カードローンと比べると金利が低いので、お得にご利用が出来ます。

 

審査時間が短め

審査時間が短めですので、短期間で資金を得る事が出来ます。

 

デメリットといえば、これらが挙げられます。

 

追加融資は不可能

追加融資が不可能となりますので、追加融資を受けなくても良いように、あらかじめ借入金額を慎重に考える必要性があります。
また再度フリーローンにお申し込みすればよいと思われるかもしれませんが、立て続けにフリーローンのお申し込みをする事は不可能となります。

 

即日融資は不可

審査は早いですが、即日融資という事はほぼ有り得ません。
その為、急ぎの場合は不向きともいえます。
フリーローンをご利用の際は、時間に余裕を持ってお申し込みをする事が大事となります。

 

事業性資金としてご利用出来ないフリーローンもある

銀行や消費者金融フリーローンの多くは、事業性資金の利用が認められておりません。
地銀や信用金庫のフリーローンの中に、事業性資金への利用OKのものがありますので、注目してみると良いでしょう。
大垣共立銀行、宮崎銀行、中京銀行、松本信用金庫、玉島信用金庫など、これらの地銀や信用金庫のフリーローンは事業資金でのご利用が可能となります。

 

▲トップ戻る

 

いかがでしたでしょうか。
個人事業主の方が融資をご利用される場合は、これらのポイントに目を向けてみましょう。
個人事業主でも、借りる事が出来る方日宇とは意外と多くございます。
融資お申し込み先さえ間違わなければ、融資を受ける事は可能となります。
個人事業主だからとひけめに思わず、チャレンジしてみましょう。
諦めずにお申し込みをする事で、融資を受ける事が可能となります。

 

 

個人事業主融資の際に目を向けてほしい銀行の事業主ローン

個人事業主が融資をご検討の際、銀行から借りたいなと検討される方も多いと思います。
融資といっても、銀行でしたら安心できるという声も多く挙がっております。
しかし、個人事業主の様な不安定な職業の方でも、銀行の融資を受ける事が出来るのでしょうか。
個人事業主の銀行融資について、詳しくご紹介致します。

 

個人事業主は銀行の融資を受ける事は出来るのか

個人事業主は、銀行からの融資を受ける事が出来ます。
しかし、個人事業主OKの銀行の融資は多くありません。
個人事業主への借入れが可能な銀行を選択し、お申し込みをしてみると良いでしょう。

 

個人事業主が目を向けるべき銀行は、地銀と信用金庫

個人事業主の融資に対して柔軟な銀行は、地銀と信用金庫です。
どちらも地元に密着した銀行であり、その地元で頑張っているワーカーの方には有利な審査をしてくれる傾向があります。
大手銀行では厳しいので、地銀や信用金庫に注目してみると良いでしょう。

 

銀行の事業主ローンは個人事業主にオススメな融資

銀行の事業主ローンや二次ネスローンは、個人事業主にとてもマッチした融資となります。
銀行の事業主ローンやビジネスローンは、個人事業主がご利用出来るものとご利用出来ないものとがあります。
しっかりチェックし、個人事業主でもご利用可能な銀行の事業主ローンやビジネスローンをご利用するようにしてみましょう。

 

銀行の事業主ローンのメリットとデメリット

銀行の事業主ローンやビジネスローンの個人事業主に対するメリットは、これらが挙げられます。

 

金利が低い

他のローンと比べると、金利が低いです。
事業性融資の場合は借入れの金額も大きくなりますので、金利が少しでも低ければ低い程有利となります。

 

限度額が大きい

銀行の事業主ローンやビジネスローンは、限度額が大きいのがポイントです。
最大5,000万円位が、一般的となっております。
その為、個人事業主の偉業資金として十分余裕ある金額となります。

 

面倒な書類の提出が無い場合があります

銀行によりますが、事業計画書などの面倒な書類の提出が無い銀行もございます。
もともとその銀行をご利用している場合、これらの書類の提出が省かれる場合があります。

 

また、デメリットはこれらが挙げられます。

 

返済期間が短い

大口の融資が可能なのに、返済期間が短いというのがデメリットとなります。
銀行の事業主ローンやビジネスローンの返済期間は、1か月〜5年というのが一般的となっております。
消費者金融の事業主ローンやビジネスローンの返済期間は6年以上が普通ですので、銀行の返済期間がいかに短いかがわかります。
その為、返済が大変になってしまう事もありますので、計画的に借入れをしないといけません。

 

即日融資はほぼ有り得ない

即日融資は、ほぼ有り得ません。
即日融資とうたっている銀行でも、何らかの理由で即日にならない場合があります。
長い場合は1か月程かかりますので、早急な資金繰りをしたい場合は不向きといえます。

 

個人事業主向け銀行の事業主ローンやビジネスローン

個人事業主向けの銀行の事業主ローンやビジネスローンは、これらが挙げられます。

 

埼玉りそな銀行
  • 商品名:埼玉りそなアグリローン
  • 融資額:100〜1,000万円以内
  • 資金使途:事業資金(運転、設備資金)
  • 担保:不要
  • 融資期間:運転資金3年以内、設備資金5年以内
  • 融資利率:銀行の規定により決定
  • スピード回答、第三者保証人不要

 

福岡銀行
  • 商品名:ふくぎんビジネスローンファストパス
  • 融資額:100〜1,000万円以内
  • 資金使途:運転資金
  • 担保:不要
  • 融資期間:1か月〜12か月以内
  • 融資利率:年5.0〜12.5%
  • 来店不要で手続き可能、最短即日審査

 

楽天銀行
  • 商品名:楽天銀行ビジネスローン
  • 融資額:100〜1憶円以内
  • 資金使途:運転資金
  • 担保:必要
  • 融資期間:5年以内
  • 融資利率:銀行で設定した金利が適用
  • インターネット手続きで可能

 

横浜銀行
  • 商品名:ビジネスフリーローン
  • 融資額:10〜500万円以内
  • 資金使途:事業資金全般
  • 担保:不要
  • 融資期間:1〜10年以内
  • 融資利率:年4.8%、年8.0%、年14.5%の固定金利で、適用金利は審査により決定
  • 最短翌平日窓口営業日に審査結果が出る事も可能、借入れ中金利の見直し無し

 

トマト銀行
  • 商品名:トマトビジネスクイック500
  • 融資額:10〜500万円以内
  • 資金使途:消費資金及び事業資金の範囲で使途自由
  • 担保:不要
  • 融資期間:6か月〜10年以内
  • 融資利率:年5.8%、年8.8%、年10.8%、年14.5%の4段階
  • 翌営業日にスピード審査回答

 

トマト銀行
  • 商品名:トマト・ビジネスカードローン
  • 融資額:100〜2,000万円以内
  • 資金使途:事業資金
  • 担保:不要
  • 融資期間:当初2年、行こう2年ごとの更新であり、更新は2回が限度
  • 融資利率:銀行所定の利率
  • 銀行の休業日でもATMより融資が可能

 

いかがでしたでしょうか。
このように、個人事業主でも銀行より事業主ローンやビジネスローン等にて融資を受ける事が可能となります。
銀行の方が安心という方は、是非注目するようにしてみましょう。

 

▲トップ戻る

 

個人事業主の審査が通りやすい融資「ライフティ」

 

ライフティは、個人事業主の融資が通りやすい消費者金融として有名です。
融資が出来るのか不安な方は、ライフティのご利用がオススメですよ。
ライフティと個人事業主との関係と、ご紹介致します。

 

ライフティは個人事業主のご利用OK

ライフティは、個人事業主でもご利用OKです。
安定していない収入の場合は審査が通らない場合もあるようですが、一般的な個人事業主の方であれば審査に通りますので、安心してご利用してみる良いでしょう。

 

ライフティはビジネス目的の使用が可能

ライフティは、資金使途に対する決まりが一切ありません。
その為、事業資金としてのご利用が可能といえます。
しかし、事業資金の用途が可能ともはっきり記載されておりませんで、事業資金以外の目的で融資を受ける事がおすすめとなります。
使途用途を審査の際に聞かれますので、このような理由で答えるようにしましょう。

 

  • 生活費
  • 遊興費
  • リフォーム

 

など、これらの一般消費に対する理由でのご利用とした方が間違いの無い審査となります。

 

ライフティは新規の顧客獲得に力を入れている

ライフティは、新規の顧客獲得に力を入れております。
その為、個人事業主の様な不安定なお仕事の方でも、審査に通りやすい傾向があります。

 

ライフティの審査は実績はあまり重視しない

事業性資金に対するローンの場合、企業の実績は審査の対象となります。
一般的に銀行は2年程度、消費者金融は半年若しくは1年以上といわれております。
しかし、ライフティの場合、個人事業主の実績に対し融資の対象とはしない傾向があるようです。
その理由は、ライフティの融資は事業性融資の為の融資ではなく、一般的な融資となるからです。
その為、個人事業主の実績は審査に影響しなく、開業間もない個人事業主でも審査に通ったという声があります。
中には、開業1年で審査に通った、フリーランスで一人で行っているけれど借入が出来た、という声も多く挙がっております。
実績が短い個人事業主であっても、あまり気にせずお申し込みが出来るといえるでしょう。

 

個人事業主がライフティの審査に通る方法

個人事業主がライフティの審査に通る為には、これらのポイントが必要といえます。

 

他社借入れを少なくする

審査に対し重要な事は、返済能力の有無です。
ライフティは割と審査が柔軟といわれておりますが、返済能力が低い方は審査には通りません。
返済能力が高いと舵板亭されるためには、他社借入を少なくする事です。
他社借入が多い場合は月の出費が多くなるので、返済能力が低い方と断定されてしまいます。
現在、他社借入れが多い場合は、他社借入の量を減らすようにしましょう。

 

収入証明書の用意

個人事業主の場合、収入実態がつかみにくいので収入証明書の提出を求められる場合があります。
少額融資の場合でも求められる場合がありますので、必ず用意しておく事をオススメします。
個人事業主の場合給与明細はありませんので、課税証明書が収入証明となります。
税務署などの自治体に出向き、課税証明書を用意しておくようにしましょう。
課税証明書が無い場合は、審査がスムーズにいかない場合もあり、場合によっては借入れが出来ない場合もあります。

 

ライフティは即日融資も可能

ライフティは、即日融資が可能な場合があります。
その為、急ぎの資金繰りの場合でも対応が可能となります。
平日の午前中にお申し込みをすれば即日融資となる場合がありますので、お急ぎの際は検討してみると良いでしょう。

 

ライフティは増額融資も可能

ライフティは、一般的な融資の為増額融資が可能となります。
契約当初100万円の利用限度額出会った場合でも、後の増額申請で利用限度額を増やす事も可能となります。
半年くらいで増額申請が可能になる場合があり、そのタイミングになるとライフティ側より声をかけてくれます。
増額をしたい場合は、その際に増額する事で利用限度額が多くなっていきます。
個人事業主の場合最初の利用限度額が低く設定されてしまう場合がありますが、その後の増額申請により多くの金額の融資も可能となりますので、是非ご利用してみると良いでしょう。

 

いかがでしたでしょうか。
ライフティは、個人事業主が柔軟に融資を受ける事が出来る消費者金融です。
融資を受ける事が出来るか不安な場合は、ライフティのお申し込みがオススメとなります。

 

▲トップ戻る

 

日本政策金融公庫で個人事業主の融資を行ってみよう

 

日本政策金融公庫では、銀行から資金調達が難しい個人事業主に対し、積極的に融資をしてくれます。
個人事業主にとっては非常に心強い存在ですので、是非注目してみましょう。

 

日本政策金融公庫の示唆に通る為には

個人事業主が日本政策金融公庫の審査に通る為には、これらのポイントが大事となります。

 

少額融資を申請する

最初から大口の融資を頼んでも、審査に通らない場合があります。
まずは借入れの実績を作る意味も込めて、少額の融資お申し込みから始めるようにしましょう。
目安は、300万円程度の少額融資です。
300万円でお申し込みをしても、大半は希望金額よりも少ない融資金額となってしまう事があります。
300万円の希望であっても、200万円、100万円の場合もございます。
次回、その次のお申し込みの際に金額を高くして融資を受ける事が可能となりますので、最初は少額で審査に通るようにする事が大事なポイントとなります。

 

使途用途の理想性

借入れの際にもう1つ大事なのは、資金の使途です。
事業性の資金用途ですので、運転資金と設備資金の用途に限られます。
これらに関しては細かく聞かれますので、月々の仕入れ代金の数か月分など具体的な数字を把握して答えるようにする事がオススメとなります。
日本政策金融公庫の融資は、事業資金のみを融資する機関であり、資金の使い道に対しては厳しい目で審査されます。
なんとなくこんな感じで...というように申し込み金額を決めてしまうと、審査の際に苦労してしまい審査に通らない場合があります。

 

女性の場合小口融資の場合は保証人担保不要

日本政策金融公庫の融資は、保証人を求められます。
しかし、女性に関しては300万円までの少額融資の場合のみ保証人や担保無しでの融資が可能となります。
女性の個人事業主の場合、小口融資なら断然ご利用しやすいといえます。

 

面談をきちんと行う

日本政策金融公庫の融資は、一度は視点に出向いて審査担当者と面談を行います。
面談の際には、かなり突っ込んで色々聞かれます。
その際、審査の担当者が納得できる内容を答えなければ、審査に通らない場合もございます。
スラスラと答えなければいけないという訳ではなく、ポイントを掴んで的を得た答えをしないといけない、という事となります。

 

日本政策金融公庫のメリット

日本政策金融公庫のメリットは、これらが挙げられます。

 

低金利

他の金融機関と比べると、圧倒的に金利が低いのが大きなメリットとなります。
事業者によって利息は異なりますが、100万円の融資の際2%の金利設定になった方がいらっしゃいます。
消費者金融の場合金利は18%ですので、圧倒的な金利の違いがわかります。

 

審査の可決率が高い

一般的な金融機関の審査は落ちたけれど、日本政策金融公庫の審査には通ったという声が挙がっております。
日本政策金融公庫の融資は、審査の可決率が高いと言われております。
個人事業主や自営業の方でも、実績が少ない方でも審査が通ったという声もあります。
日本政策金融公庫では、個人事業主をはじめとした小規模事業の支援に力を入れておりますので、審査に通りやすい傾向があります。
他社の金融機関の審査に落ちてしまった方でも、実績が無く融資が難しい方でも、日本政策金融公庫であれば融資の可能性があるといえます。

 

融資に対する相談を受けてくれる

日本政策金融公庫では、融資や起業に対するアドバイスをしてくれます。
お金の話など自分じゃ解決しにくい事でも相談に乗ってくれますので、非常に助かります。

 

返済の減額交渉も可能

日本政策金融公庫の融資を受けている際、返済が厳しくなった場合には柔軟な対応を取ってくれます。
減額申請を認めており、支払い金額を圧縮した上で返済期間の延長を行ってくれます。
経営状態が悪くなった際は減額申請を行って、経営状態が良くなって来たら通常の返済に戻す事が出来ます。
個人事業主は収入に不安定ですので、このような返済に対する配慮というのは大変助かります。

 

日本政策金融公庫のデメリット

日本政策金融公庫のデメリットは、これらが挙げられます。

 

審査に時間がかかる

日本政策金融公庫の審査は、審査に時間を要します。
最低でも3週間、長い場合は1か月程かかります。
銀行の審査に匹敵するほどの審査の長さであり、急ぎの場合はご利用が難しいといえます。
日本政策金融公庫の審査は、口座の残高や返済状況、毎月の収支、資金繰り等を全て細かく確認します。
その為、多くの時間を審査に費やします。

 

保証人が必要

原則として、保証人が必要となります。
女性の場合少額融資の場合は不要ですが、男性と多くの融資の場合は保証人の問題と遭遇してしまいます。
保証人にもそれなりの方を選手しないといけなく、誰でも良いという訳ではありません。

 

いかがでしたでしょうか。
個人事業主に対応可能な日本政策金融公庫は、とてもオススメの融資方法となります。
資金調達までは時間がかかってしまいますが、時間に余裕がある方は是非目を向けてみましょう。

 

▲トップ戻る

 

個人事業主がご利用しやすい融資をご紹介

 

個人事業主は、審査があまい融資先の方が間違いの無い融資となります。
どのような融資先が良いのか、それは消費者金融です。
どの消費者金融が良いのか、ピックアップしご紹介していきます。

 

バンクイック

  • 実質年率1.8〜14.6%
  • ご利用限度額:10〜500万円
  • 即日融資:可能
  • 銀行傘下のキャッシングなのに商社金融並みの審査の甘さ、1,000円から借入れ可能
  • 年々人気を得ておりカードローン人気1
  • 24時間お申し込み可能
  • 素早い審査により即日融資も可能
  • お借り入れや返済時のATM手数料が無料
  • テレビ電話の対応が非常に良いと評判が高い
  • 提携ATMが多いのでご利用しやすい

 

アコム

  • 実質年率3. 0〜18. 0%
  • ご利用限度額:1〜800万円
  • 即日融資:可能
  • 携帯番号で審査可能
  • 楽天銀行の口座をお持ちの場合は24時間365日融資や返済が可能
  • 最大30日無利息期間あり
  • 7インターネットでお申し込みから返済まで可能
  • 最短1時間で融資が可能、即日融資も可能
  • 土日祝日含む審査回答なので日にちを問わずお申し込みが出来る
  • 35日ごとの返済となり毎月の返済期日を指定出来る

 

モビット

  • 実質年率3. 0〜18. 0%
  • ご利用限度額:1〜800万円
  • 即日融資:可能
  • 電話連絡や郵送物無しの手続きが可能
  • 365日24時間審査が可能
  • 提携ATMが多いのでご利用しやすい
  • 審査項目が少ないので一次審査の結果が出るのがじゃやい
  • 三井住友銀行のグループ会社なので安心
  • 21時まで審査が通れば即日融資が可能
  • 返済日を選ぶ事が可能

 

ビジネスパートナー

  • 実質年率9. 98〜18. 0%
  • ご利用限度額:50〜500万円
  • 即日融資:不可
  • 新しい消費者金融であり顧客を募っているので新規顧客への審査が柔軟
  • 総量規制の対象外
  • 来店不要でお申し込みが出来る
  • 資金の使途は自由
  • 手数料は一切かからない
  • 初回の借り入れの場合契約から45日間無利息でご利用出来る

 

ビジネクスト

  • 実質年率8. 0〜18. 0%
  • ご利用限度額:1〜1000万円
  • 即日融資:可能
  • 事業者向けローン専門企業であり、個人事業主も審査の対象
  • 決済内容だけにとらわれないので審査が柔軟で通りやすい
  • 総量規制の対象外
  • お申し込みはたった10分で簡単
  • 使用使途自由
  • 来店不要で契約まで可能
  • 年会費保証料金等無料

 

オリックスVIP ローンカードBUSINESS

  • 実質年率6. 0〜17. 8%
  • ご利用限度額:50〜500万円
  • 即日融資:可能
  • 個人事業主総量規制対象外
  • 資金使途自由
  • スピーディーな審査
  • 24時間365日インターネットや電話にて対応可能
  • コンビニATMでご利用可能
  • オリックス系の施設を優待価格でご利用可能
  • 審査が柔軟

 

楽天銀行スーパーローン

  • 実質年率1. 9〜14. 5%
  • ご利用限度額:10〜800万円
  • 即日融資:可能
  • コンビニATMの借り入れ手数料が無料
  • 楽天銀行の口座がある場合振込手数料削減可能
  • 楽天銀行の口座を持っていなくてもご利用可能
  • 申込書の記入が一切無いのでお申し込み手続きが簡単
  • 年会費や入会費は一切不要
  • 返済は月々2,000円〜でOK
  • 楽天という大きな企業バックなので安心

 

プロミス

  • 実質年率4. 5〜17.8%
  • ご利用限度額:1〜500万円
  • 即日融資:最短で可能
  • 三井住友銀行の口座をお持ちの場合24時間365日借り入れや返済が可能
  • 初回30日間無利息サービスあり
  • 審査が柔軟
  • 受付のスタッフさんの対応が良い
  • お金の相談を受けてくれる
  • 最短1時間融資が可能
  • 最短10秒でスピーディー振込融資
  • 郵送物無しのカードレスWEB完結サービスが好評

 

ライフティ

  • 実質年率8. 0〜20. 0%
  • ご利用限度額:〜500万円
  • 即日融資:不可
  • 独自審査により、柔軟な審査で審査に通りやすい
  • 業歴が浅い消費者金融なので新規顧客を募っており審査が柔軟
  • 1,000円からキャッシングが出来る
  • セブン銀行のカード利用が可能
  • 最短1〜2営業日で審査が可能なスピ―ディーさ
  • 債務内容に問題がある方でも審査に通る場合がある
  • 最小で1,000円からの借り入れで非常に便利

 

レイク

  • 実質年率4. 5〜18. 0%
  • ご利用限度額:1〜500万円
  • 即日融資:可能
  • 無利息期間があり
  • 提携ATM利用手数料無料
  • 平日なら即日融資が可能
  • 利用実績が良いと増額も可能

 

消費者金融のご利用は個人事業主に取ってご利用しやすい

これらの10つの消費者金融は、個人事業主に対し大変審査が柔軟な金融機関ばかりです。
個人事業主は融資の審査に通りにくいと言われておりますが、これらの消費者金融であれば余程の事が無い限り審査に通るといえます。
審査が通るかなと気になる方は、これらの消費者金融に目を向けてみる事をオススメします。
どれも個人事業主OKの消費者金融ですので、安心してお申し込みが可能となります。

 

個人事業主が消費者金融の融資を受ける際のポイント

個人事業主が消費者金融より融資を受ける際、このようなポイントに目を向けて融資を受けるようにしましょう。

 

金利が低い

10つの消費者金融を比較してみると、金利に違いがある事がわかります。
金利が低い消費者金融は、最終的に支払い総額が低くなります。
ほんの少しの金利で大きな金額となりますので、なるべき金利の低い商品を選ぶようにしましょう。

 

融資限度額の高さ

個人事業主は、多くの費用が必要となってしまう場合があります。
その為、その金額に似合った消費者金融選びが重要となります。
消費者金融によりご利用限度額はマチマチですので、どの金額であれば対応が可能なのかをチェックするようにしましょう。

 

返済期間の長さ

返済期間の長さは、長ければ長い程助かります。
中には短い返済期間の消費者金融もあり、その場合は月々の返済金が高くなってしまい支払いが大変になってしまいます。
なるべく返済期間の長い商品を採用し、ご利用しやすいローンとするようにしなければいけません。

 

返済や借入れの際の手数料が少ない

返済や借入れの際は、手数料を請求してくる消費者金融もございます。
毎回手数料がかかるようでは、その費用だけでも大変な負担となってしまいます。
消費者金融の中には手数料が一切かからない商品もございますので、そのような商品をご利用する事が利口となります。

 

いかがでしたでしょうか。
個人事業主に適した消費者金融は、商品により内容がマチマチです。
ご自分に似合った商品を選び、柔軟にご利用していくようにしましょう。
選び方により柔軟さに大きな差が発生しますので、選び方はとても重要となります。

更新履歴