自営業 なぜ 借りにくい

自営業 なぜ 借りにくい

  1. 銀行と消費者金融会社、お金を借りるならどっちがいい?
  2. 自営業はなぜ借りにくい
  3. 自営業でお金を借りるには
  4. 用意しておきたい書類
  5. 自営業でお金を借りる

 

 

銀行と消費者金融会社、お金を借りるならどっちがいい?

お金を借りるのでしたら、まずは銀行からお金を借りる方法を模索するべきでしょう。理由はいくつかあるのですが、まずは銀行カードローンの金利が低いのが大きな理由です。

 

これは消費者金融会社のカードローンの金利よりも低いのですから、借りるのは同じお金ですから、少しでも金利が低く、返済利息も少なくて済むところからお金を借りるのは、当然のことだからです。しかし、銀行の審査通過率は高くはありません。というよりも低いといってもいいでしょう。ですから、誰でも気軽に銀行カードローンに融資の申込みができないのです。

 

銀行カードローンに融資の申し込みをして審査に落ちてしまうと、審査に落ちたという情報が信用情報機関に記録されてしまうのです。この情報は銀行や消費者金融会社で情報を共有されるので、審査に落ちたから他の銀行でお金を借りようとしても、信用情報機関に照会することで、他の銀行の審査に落ちたということがわかってしまいます。そうなると何か問題があったのでは、借金癖があるのではということで審査に即落ちということになるのです。これを俗に申込みブラックと呼んでいます。

 

審査に落ちたという情報は向こう6ヵ月間は、個人信用情報機関に記録されるということですから、審査に一度落ちたら半年待って、他の銀行カードローンの融資の申込みをするようになります。そして、銀行カードローンなのですが、一頃は即日融資とかスピード審査を競っていた時期がありました。特にメガバンクのカードローンは即日融資を謳い文句にして大々的に宣伝したいたのも記憶に新しいところです。しかし、現在、銀行カードローンでは即日融資を行っていません。これは銀行カードローンすべてについてということです。

 

それはどういったことかというと、従来の審査の過程の中に、警察庁のデータベースに照会する過程も加わったのです。そこからの回答が早くても翌日ということになったので、銀行カードローンの即日融資ということがなくなったのです。不正融資を防止するために、申込者を警察庁のデータベースに紹介しなくてはいけなくなったということです。このために銀行カードローンでは即日融資ができなくなったのです。もっとも、属性が良くて、融資もそれほど急がないのであれば、やはり銀行カードローンがローンの中でも一押しと言えるのは間違いありません。

 

難点としては、審査通過率の低さです。正規雇用されている人しか審査に通らないとされているくらいですから、非正規雇用の人やパートアルバイト、さらには契約社員の人でしたら、銀行カードローンの審査に通るのは難しいといってもいいでしょう。正規雇用の人でも、他社借入れがある場合は銀行カードローンの審査には通らないかもしれません。それだけ銀行は返済能力を重視しているということです。

 

それには、銀行の持つ特殊性があるのはいうまでもありません。銀行は口座開設者からの預金を募って、それを集中運用することで収益をあげています。銀行カードローンの原資となるのも預金者のお金ですから、それを考えると無闇にお金を融資して、焦げ付きを起こすわけにはいかないということですね。

 

銀行カードローンでお金を借りることができない場合は、消費者金融会社からお金を借りるしかありません。銀行カードローンよりも、消費者金融会社のカードローンのほうが審査通過率が高いので、銀行カードローンの審査では属性が低いとされていた、パートアルバイトの人や非正規雇用の人でも審査に通ることができるでしょう。

 

消費者金融会社のカードローンは、アコムやプロミス、アイフルにレイク、モビットといった大手消費者金融会社と、一部の中小消費者金融会社しか取り扱っていません。カードローンのシステムが巨大なので、消費者金融会社の中でも業容の大きな消費者金融会社でしか、カードローンの取扱ができないのです。

 

消費者金融会社のカードローンは審査が甘いのはいいのですが、銀行カードローンと比較しても金利が高くなってしまいます。消費者金融会社が貸金業者であり、お金を貸すことでしか収益をあげることができないのが、一つの要因なのですが、金利以外では消費者金融会社のカードローンのほうが、銀行カードローンよりも優れている点がたくさんあるのです。一つは30日間の無利息期間でしょう。初回に限るのですが、30日もあれば、必ず給料日がやってくるのでそこで一括返済したら返済利息は1円もかからないのです。これは初回だけに、忘れずに使っておきたいものです。

 

消費者金融会社は、昔のサラ金のイメージを今も色濃く残しているのでは、と思う人も多いと思います。名前が変わってないのでそれも当然なのですが、名前は変わっていなくても会社自体は大きく変わっています。中身は当時のサラ金と言われた消費者金融会社とは、まったく別物と考えていいでしょう。サラ金のイメージが未だに強いので、消費者金融会社全体のイメージダウンとなっているのですが、利用する分には全く問題はないといっていいでしょう。

 

 

 

自営業はなぜ借りにくい

自営業を個人事業主という場合も多いですが、一般的にお金は借りにくいようです。自営業をある意味では会社経営者と考えてもいいのですが、会社と個人事業主というのはもちろん違いますし、信用度においてはさらに大きな開きがあるといってもいいでしょう。基本的には、会社経営ができないから個人事業主として仕事をしているということだからです。ですから、社会的信用度も経営者と比べても落ちるので、銀行カードローンなどの審査に通ることは難しいといえます。事業規模が大きくなれば、個人事業よりも会社経営をした方がいいと言えるでしょう。

 

自営業の場合は、経営が不安定に思われることが多いです。融資の条件としてあげられるのが、「安定した収入のある人」ということなのですが、自営業の場合は安定した収入があるのかどうかは、自営業というだけでは判断がつかないのです。ですから、正社員でしたら、会社に在籍していること自体が信用力ということになるのですが、自営業の場合は、過去3年の確定申告書の提出が求められるなど、経営状態が安定しているのかどうかを、細かくチェックされることになるのです。

 

また、住宅ローンを組んでいるのかどうかも、信用度を見る上でも重要です。他のローンがあると借金癖があるのでは?というように思われがちですが、住宅ローンを組んでいるのかどうかというのも、信用度を図るうえではとても重要なのです。住宅ローンを組むには慎重にも慎重な審査が行われます。保証会社もつきますし、団体生命保険の加入も求められます。住宅ローンが組めていること自体が信用度が高いと思われるので、住宅ローンを組んでいること自体は、属性を押し上げることにもなるのです。

 

一般的に自営業の人は、住宅ローンの審査にも通りにくいとされているので、サラリーマンが独立するときは、その前に住宅ローンを組んでから退職するというのが一般的な流れとなっているようです。自営業の人が借りにくいのは、収入が不安定と思われているからなのは、間違いありません。ですから、通常の銀行カードローンよりもビジネスローンあるいは、事業者ローンなどのほうが申し込みやすいでしょう。

 

しかし、きちんとした事業計画書を提出しなくてはいけないので、単に事業をしたいからといった理由で、事業資金を調達しようとしても審査に通らないのです。マイカーローンといった目的ローンなら、カードローンよりも審査に通りやすいかもしれません。住宅ローン審査は経験したことのある人ならわかると思いますが、かなり審査期間が長いです。それだけ慎重に審査が進められているということですが、事業用ローンなども事業計画などを元に入念な審査が行われます。

 

事業性資金の調達は、運転資金などにも直結するので迅速に借りたいものですが、そういった審査期間なども考慮して早めに融資の申し込みをしたほうがいいでしょう。一般の人でしたら、所得が審査にも大きく影響するのですが、自営業の場合でしたら、事業自体の収益なども考慮されます。かといって、事業にすべてつぎ込んで自分の所得がないという場合は当然ですが、審査には通らないのです。

 

 

 

自営業でお金を借りるには

職種が自営業というだけで、一般の人と変わらずに銀行カードローンや、消費者金融会社のカードローンに融資の申込みをすることができます。ただし、銀行カードローンの場合は審査が厳しいので、自営業の人の場合は過去3年分の確定申告の書類か、収入証明書の提出が必要になることが多いです。これは消費者金融会社のカードローンでも同様でしょう。

 

事業性資金あるいは、事業用資金に使う場合は、事業者ローンなどの目的ローンのほうがよいでしょう。事業の運転資金としてすでに他社から借入れをしている場合は、銀行カードローンなどの審査には通らないと思ったほうがいいでしょう。それなら、事業計画をしっかりと練ってビジネスローンの融資の申し込みをしたほうがいいです。

 

フリーローンの場合は、審査に通らない可能性他高いです。銀行によっては個人事業主向けのローンなどを用意しているところがあるので、その窓口に相談するとよいでしょう。すぐにでも事業用資金でお金が必要といったときは、消費者金融会社のカードローンに頼ったほうがいいかもしれません。個人として申し込む場合は、すぐにでも融資をしてくれるはずです。

 

もっとも、すでに他社借入れが多いなどの場合は、消費者金融会社のカードローンでも審査に通らない場合もあります。ここでも、やはりビジネスローンなどを狙ったほうがいいでしょう。

 

 

 

用意しておきたい書類

自営業の人が事業向けローンの融資に申し込む場合は、確定申告書の提出が必須となります。いつでも提出ができるように用意しておきましょう。

 

また、事業計画書は作っておいたほうがいいです。事業がより明確なほうが審査にも通りやすくなりますし、基本的に経営ビジョンとしても事業計画は頭の中に入っていて然るべきでしょう。

 

他にも、本人確認書類なども必要です。写真が付いているものがいいので、運転免許証あるいはパスポートがいいでしょう。

 

 

 

自営業でお金を借りる

自営業になるとお金が借りにくくなります。会社勤めの場合は、バックに会社という看板(信用)がついていたのですが、自営業になると後ろ盾になるものがありません。クレジットカードの更新もままならない事態を経験する人も、少なくないことでしょう。

 

自営業となると、信用度をあげるためには稼ぐことが最も大切です。今よりも収益をあげるためには運転資金も必要になってきます。しっかりとした事業計画があれば、自信を持って銀行に融資の申し込みをしたらいいですし、とりあえずの運転資金ということでしたら、消費者金融会社からお金を借りるのもいいでしょう。

 

借金の返済に借金をするような状態でなければ、自営業でもお金を借りるのはそれほど難しいものではありません。