個人 事業主 借りれる ローン

個人事業主で借りれるローン

  1. 個人事業主でもビジネスローンがおすすめ
  2. 個人事業主の厳しい現実
  3. 低金利で借りたいのなら、日本政策金融公庫
  4. 大手消費者金融カードローン ブラックでなければ借りられる
  5. ビジネスローンのすすめ

 

 

個人事業主でもビジネスローンがおすすめ

 

個人事業主とは、キャッシングの属性でと言うと、パートやアルバイトの下です。
その理由としては、自営業の収入が一定ではないことです。

 

案外と知られていないことのようです。

 

フリーローンとビジネスローン

個人事業主は、自分で事業をしている方を言います。

 

従業員の有無は、規模によるものですが、ローンとしては、
フリーローン、ビジネスローン、両方借りることができます。

 

属性がパートなどの下と言うのはフリーローンの場合であり、
ビジネスローンに関しては、具体的な収入などが、審査対象になります。
方法によっては、返済がきちんとできることを証明することで、
ビジネスローンも、獲得することができます。

 

一般に借りにくいとされる個人事業主ですが、確定申告を毎年行い、
安定した収入を数年続けていることで、キャッシングも可能になることが多いです。

 

 

ビジネスローン重視で行くのも良い

フリーローンよりも審査内容が、柔軟なビジネスローン。
収入証明書類があり、借り入れしたい金額が、
かけ離れていないことで、話がまとまる場合が多いです。

 

収入が多くない場合でも、確定申告をすることで、年収が出ます。
その上での限度額になりますが、あくまでも返済ができる範囲内になります。

 

総量規制対象外にはなりますが、ここは年収200万円ほどの個人事業主が、
数千万円のビジネスローンが組めるか?というと、それはできない相談です。

 

ただ、フリーローンよりも属性的には、
ビジネスをしている上での有利な条件としては大きいかもしれません。

 

目的は?

ビジネスローンにしても使途は自由です。
事業ための銀行融資と違い、こまかな決算書が必要なく、生活費にも対応できます。

 

フリーローンは、文句なく何にでも使えそうですが、
事業性資金に、使うことができないものもあります。

 

資金としては、事業以外となっている場合は、プライベートで使うことになります。
また、日本政策金融公庫では、収入が安定していない方の融資をすすめています。

 

国が行う銀行ですから、民間業者ではないです。
審査も比較的甘く、多重債務なども低金利の融資がうけられます。
こちらは事業性資金のみに対応していて、生活費などは使えません。
計画書も必要で、事業内容の提出などの書類が多いです。

 

金融機関として、低金利で良いのですが、
審査時間も長くかかってしまうなど、即借りられるということもないです。

 

ただし、審査通過ができれば、低金利の安心した借金が約束されます。
民間業者にはない対応ですから、申し込みだけでも考えてみてください。

 

 

 

個人事業主の厳しい現実

個人事業主のローンでは、少額で良いのならフリーローン、
大きな金額であれば、ビジネスローンが良いでしょう。

 

普通のカードローンも収入があれば対応できますが、
銀行カードローン審査は、自営業であるがゆえに、
審査落ちの可能性は高いです。

 

決め手は確定申告

1人の会社、数人の会社の個人事業主でも、確定申告が審査対象になります。

 

きちんとしていますということでは、青色申告決算書なども有効ですが、
希望額が総量規制以上であれば、ビジネスローンでも申し込みができます。

 

そして、大手消費者金融、
ノンバンク系が審査も早く、確実に借りれることが多いようです。
消費者金融系のカードローンの方が、審査が甘いことが関係しています。

 

銀行カードローンは、個人事業主というだけでも、なかなか審査が厳しいのが現状です。
同じ収入でも、勤続年数が長い正社員であれば、審査通過はらくらくです。

 

 

個人事業主の現実

一定の収入、安定した収入の確信がないことが大きな理由です。

 

銀行融資などでも、会社と個人事業主では対応が違います、
社会的な信用が低いことも理由として挙げられるのですが、
正社員やパートなどでは、自分がやめない限り安定した収入です。

 

しかし、個人事業主の場合は、自分の意思に関わらず、
時勢が変わると、必然的に収入が減少してしまうことが懸念されています。

 

ですから、パートを要する社長のカードローン事情というと、
それだけ審査も厳しいのが現実です。

 

自分で頑張って事業展開をしていたとしても、
事業展開の舵加減が、大きな信用を落とす事になってしまうのです。

 

個人事業主でもカードローンは持てる

それでもカードローンは、消費者金融でも大手、
中小ともに、個人事業主も審査対象になります。
総量規制で年収3分の一ですが、一定の借入が可能でしょう。
事業に関わる大金であれば、ビジネスローンもの申し込みです。

 

事業者だけが持てるカードローンなどもありますが、こちらは総量規制対象外であり、
事業計画のもと、返済計画などを、電話で確認した上での審査通過になります。

 

個人事業主の現実としては、なかなか厳しいですが、
収入が安定しない方への借入で、予防線をはるのは、
金融機関としても、金融業者としても当然の対応といえるでしょう。

 

毎年の確定申告書を手に、比較的審査が甘いとされる、
消費者金融のカードローンの借入が、おすすめです。

 

ビジネスローンの場合、
融資相談にも乗ってくれるので、お気軽に問い合わせてみてください。

 

 

 

低金利で借りたいのなら、日本政策金融公庫

小規模事業の、個人事業主のビジネス資金は、
日本政策金融公庫が良いでしょう。

 

銀行融資と違い、比較的審査が甘く、
消費者金融系、ノンバンク系のビジネスローンよりも金利が低いです。

 

提出書類がとても多く、審査に時間がかかるのですが、
個人事業主の借入先としての敷居は低いです。

 

申告書類などを用意をした上で、
1ヶ月程度の時間はかかりますが、個人事業主の返済負担が小さくなります。

 

自営業の現実

以前は、店舗展開などの自営業、零細企業などが、主な個人事業主でしたが、
最近ではIT系での事業展開などで、個人事業主と言われる範囲も広がっています。

 

設備投資ではないのですが、
事業拡大や資金繰りが必要というときには、融資がほしいときもあります。
ビジネス資金としては、ビジネスローンなどもありますが、こちらは金利が高い。

 

銀行融資では、個人事業主を相手にしていないなど、
個人事業主をめぐる、融資環境は決して良いものではないのです。

 

日本政策金融公庫は、教育資金や事業資金の提供を行う国の銀行です。
悩める個人事業主の手助けになることもあります。

 

申し込みだけでもおすすめします。

 

 

会社だけど個人事業主

自分だけで、個人事業主として確定申告をしている方は多いです。

 

ビジネス資金ではなく、フリーローンとしての申し込みの際には、
銀行カードローンではなく、消費者金融系が借りやすいと言われています。

 

審査内容としては、一定の収入が必要ですが、所得証明書としては、確定申告書でOKです。
せめて2年程度の実績が必要ですが、単純に収入が多いと、個人情報的には審査対象になります。
ただし、あとは信用情報の問題ですが、これは、個人事業主とは切り離した内容です。

 

収入の確保がされることで、消費者金融カードローン等では、
パートやアルバイト程度の属性として、審査に入ることになります。

 

信用情報が良ければ借りられる

消費者金融カードローンでは収入があり、
信用情報で、金融事故が見当たらない個人事業主については、
審査通過の可能性は、大きいです。

 

そのまま完済実績があれば、そのままの審査でのキャッシングも可能です。
審査のときの信用が持続することで、一定の取引きが継続されます。

 

一見、不利に見える個人事業主のキャッシング事情ですが、
総量規制範囲内であれば、審査も問題ないことが多いでしょう。

 

ビジネス資金の必要なときに、総量規制以上の資金にはビジネスローンです。
こちらは、ノンバンク系のビジネスローンでも、
事業計画や、返済計画などがあれば、借りやすいと言われています。

 

フリーローン、ビジネスローン両方に申し込めるというのも、
個人事業主ならではのメリットです。

 

 

 

大手消費者金融カードローン ブラックでなければ借りられる

個人事業主のカードローン等の申し込みでは、条件が不利と言われています。

 

収入の安定がポイントなのですが、大手消費者金融でも、
確定申告書の提出によって、総量規制範囲内のキャッシングができることが多いです。
在籍確認も本人の電話でOKです。

 

ただし、これは信用情報の内容が良い場合です。

 

ブラック個人事業主の審査

個人事業主も会社員も審査内容は同じです。
個人情報で、収入の確認をした上で、信用情報に入ります。

 

この時に債務整理者や、多重債務者であれば、普通の審査落ちになるのですが、
多重債務も、1社程度であったり、総量規制に十分に余裕があれば、
大手消費者金融でも、借りれることになります。

 

数年前まで職業がないというのは無関係で、
過去の実績を見るとしたら、長期延滞等の事実です。
債務整理も5年超過ぎていれば、問題はないでしょう。

 

個人事業主で問題があるとしたら、ここで審査通過。
その後の、返済状況が問題です。

 

ブラックは、個人事業主でなくとも、
大手消費者金融では、審査落ちになるのは当然のことです。

 

 

中小消費者金融の対応

ここでは、大手消費者金融にはない甘い審査が展開されます。

 

総量規制範囲内のブラック個人事業主は対応、
審査通過の可能性はあります。

 

確定申告書によって、収入があることがわかり、自宅なり事務所に在籍確認がきます。
それだけで、在籍確認はOK。

 

あとは、延滞なく返済ができることで、
中小消費者金融は、個人事業主でも借りれるでしょう。
中小消費者金融で問題にするのは、返済能力です。
個人事業主でも、収入があると確認されることが必要です。

 

ただし、電話での審査や確認はあります。
申告書類だけでは、わからないことを確認されるのは当然です。

 

ただ、要は返済の部分がポイントです。
とにかく完済ができるとされる方には、審査も通ることになるのです。

 

個人事業主とはいえ、継続的な収入で、生計を立てている方は多いです。
会社からの給料ではないというだけ、の不安定さは懸念されることですが、
カードローンなどの申し込みのときに確定申告書があり、
信用情報が、金融事故がないことが条件になります。

 

ただし、住宅ローンになると、個人事業主は難しいです。
金利が低いローンの利用ができない、もともと個人事業主は対象外の場合もあります。

 

消費者金融や銀行カードローンでも、個人事業主はお断りの、
金融機関や金融業者も存在していますから、申し込みの際には注意してください。

 

借りれる金融業者はありますから、最初からそこを選択するようにしましょう。

 

 

 

ビジネスローンのすすめ

ビジネス資金の調達には、ビジネスローンが手軽です。
審査も最近では即日対応も多いです。

 

銀行系、ノンバンクの消費者金融系等の種類はありますが、
フリーローンと違うのは、個人事業主向けの内容になっているからです。

 

法人格では、借りることができないのです。

 

総量規制対象外のビジネスローン

フリーローンが個人事業主で借りようとすると、何かと不利な条件です。
不安定な収入から、銀行カードローンなどは審査落ちもあります。

 

しかし、ビジネスローンとして、仕事のための資金であれば、
事業計画書等の提出で、借りられることになります。
このビジネスローンは、生活費に転用しても良く、個人事業主ならではのメリットでしょう。

 

提出書類としては、収入証明書、納税証明書等がありますが、
個人事業主なら、ビジネスローンも候補に挙げることができます。

 

余談ですが、審査に有利なのは固定電話の存在です。
会社ではなくとも、在籍確認が固定電話でできれば、印象か良いと言われています。

 

収入があまりない方も、総量規制対象外のビジネスローンですから、
運転資金調達には、役立ちます。

 

 

銀行融資とは違う

ビジネスローンは融資ではなく、カードローンと同じ感覚です。
金利も高めであり事業計画と言っても、銀行ほど厳密ではないです。

 

運転資金やつなぎ資金として必要な場合、
手軽に借金という感じで申し込みは可能ですが、
カードローン並の金利は、覚悟してください。

 

大手消費者金融だけではなく、中小消費者金融の場合は、
借りやすいのですが、金利は高めです。
いずれも、完済見込みがある場合の申し込みが必要です。

 

返済額は、必ずシミュレーションをした上で契約をしてください。

 

個人事業主の収入

申し込みをするときには、収入も安定したけれど、
途中で収入が危ない、返済が困難になったときには、速やかに連絡をしてください。

 

もちろん債務整理の選択もありで、その際にも必ず連絡は必要です。
その間の返済は不要になりますが、どんな債務整理にしてもしばらくはブラックです。
ビジネスローンもフリーローンも借入ができないことになります。
自分でできないときには、弁護士等に依頼も可能です。

 

収入はないけれど、不動産がある場合は、不動産担保ローンの選択もあります。
長期返済は負担は少ないのですが、完済ができないと、不動産を失う場合があります。

 

計画的な返済ができるのであれば、
個人事業主の選択として、不動産担保ローンは有利です。

 

ここで気をつけたいのが、債務整理もしないで、延滞をしてしまうことです。
融資額は大したことがないにしても、利息がついて大変な事になってしまいます。

 

また、信用情報的にも、延滞や滞納は、
将来の貸金に大きな影響を与えることになります。

 

この点は、気をつけましょう。