個人事業主 フリーローン

個人事業主のフリーローン

 

個人事業主がキャッシングをしたい時、その用途によってローンを選択することになります。
事業資金ならビジネスローン、生活のためならフリーローンです。
金融機関を選択するとしたら、日本政策金融公庫の公的融資はビジネスローン、銀行、消費者金融などではそれぞれ商品によって違いが出ます。
金額にもよりますが、単純に運転資金であれば、ビジネスローンですが、小規模個人事業主の場合、フリーローンでなんとか借りてしまおうと考えている方も少なくないです。

 

例えば、職業欄に会社員とかけない方。
フリーライター、デザイナーなどでお金をもらっているけれど、どこの会社にも属していない、最近ではネット関係で暮らしている方もいます。
アルバイトでもないですが、クライアントやアフィリエイターなどでは、全て個人事業主になります。
その決め手として、毎年確定申告をしている方というとわかりやすいです。
余談ですが、ホステスなども個人事業主に属します。
店で働いているけれど、給料制ではなく、出来高制(そう表現するかわかりませんが)でお金をもらっている場合、自分で申告することが義務になっています。

 

こうした個人事業主の場合、金融機関では継続的な一定収入があるかが審査の対象になります。
フリーローンの場合は、属性としてはパートなどと同様になりますが、収入が高ければ、総量規制範囲内の限度額になります。
ビジネスローンの場合は、もっと柔軟になることが多く、事業内容の説明や使用目的がはっきりすることで、返済計画に則った融資ができます。
ただ、事業内容を説明したり、はっきりとした目的がないという場合は、運転資金ではなく、フリーローンで個人的な融資ということになります。

 

面倒な手続きはありますが、公的書類が揃っていれば、年収証明ができれば、属性に関しての審査きは通ります。
個人信用情報機関の問題は別として、個人事業主の融資は、簡単ではないですが、身元をはっきりとして収入の証明をすることが第一です。
会社員よりは提出が多くなりますが、一度契約してしまえば、どの金融機関も同じです。
延滞なく返済し、完済記録を積むことができれば、その金融機関での信用も高くなり、増資などもできます。
最初だけがなんとなく大変ですが、あとは借りたあとの信頼関係が大切になります。