個人事業主 厳しい現実

個人事業主には厳しい現実

個人事業主が融資を受ける場合、審査がどうしても厳しくなってしまいます。
それはフリーローンの審査に時に実感することです。
消費者金融の場合、収入がある方が大原則になりますが、何よりもその安定さを重視します。
個人事業主がフリーローンの場合、その属性はパートやアルバイトと同等かそれ以下の審査基準でスタートします。
極端な高い収入を得ている場合は別ですが、確定申告書の提出から、あまり儲かっていない方のキャッシング事情はとても切実なものかあります。
自営業者などは、自分が雇われている立場ではなく、会社という保証がありません。
パートやアルバイト以下というのも、この点が大きいのです。
要するに、返済能力の高さが重視される消費者金融では、個人事業主の後ろ盾のなさがマイナス要件になります。

 

これがビジネスローンになると話は別です。
日本政策金融公庫や銀行などの低金利ローンをビジネス目的出融資してもらう時、企業としての提出書類は多いものの、金利も低く、事業計画書を元に、融資を受けることができます。
審査もフリーローンとは別枠で行い、運転資金として、どのような計画の元返済ができるかが問われます。
もちろん収入の安定は求められるのですが、中心企業などでは、フリーローンではなく、公共の資金調達法から始めることで、低金利の融資を受けることをオススメします。

 

次に銀行のビジネスローンですが、こちらも審査は大変ですが、低金利の内容になっています。
特に懇意にしている信用金庫などは敷居が低くなっていくことで、借りやすいと言われています。
いよいよどこも審査落ちの場合は、消費者金融ビジネスローンでしょう。借入金額によりますが、他社よりも金利の高さはどうしても気になるところです。

 

日本政策金融公庫や銀行などの審査は時間がかかり、結果ができるまでに消費者金融などのノンバンクローンで資金調達をしておく手もあります。
当座の資金獲得をした上で、低金利融資を受けることができれば、乗り換えが可能です。
個人事業主のローンの選択肢は多いといえますが、赤字だったり、業績が厳しい方にはなかなか冷たい風が吹いているのです。
フリーローンに関しては、社長なのにパートやアルバイトと同じ属性ということを言えば、前途多難といえます。
しかし、この融資によって、経営の立ち直しができるのなら、厳しい現実ですが、踏み台にできるような借り方ができることが理想です。