ビジネスローン フリーローン

ビジネスローンとフリーローン

個人を対象にしたフリーローンでは、事業性資金に使用することは禁止されている記述が多いです。
個人事業主として、フリーローンを利用するときには、あくまでもプライベートのためであり、運転資金に回すことはしてはいけないのです。
事業のためならビジネスローンの提案が有利です。

 

銀行や消費者金融でのビジネスローンでは、総量規制などに関係なく、事業規模に合わせた融資ができます。
日本政策金融公庫のような公的融資、民間のビジネスローンでは、その事業の目的に合う資金調達が期待できます。
フリーローンの審査は、収入ですが、ビジネスローンは今後の事業に向けたもので、収益だけではなく総合的な見地からの審査になります。
ということは、個人事業主としては、事業のためであればビジネスローンの利用が良いということになります。

 

フリーローンを事業のために使用するのには、投資目的になるため、リスクが大きいとされて使用してはいけないことになっています。
ビジネスローンの場合、事業目的などを精査した上での融資になります。
フリーローンよりも低金利であり返済にも柔軟。
借りる側としても、フリーローンのような手軽さはないですが、借りられる保証は大きいのです。
銀行などでは、メガバンクではなく、地元銀行などでは、営業範囲内であれば、相談に乗ってくれる場合が多いです。
事情も知っていることで話しやすい事もありますが、ブラックリストなどは要注意です。

 

地元銀行だとしても、銀行審査はそれなりに厳しさはあります。
個人のフリーローンのブラックリストや既に資金借入をしている場合は、審査結果は厳しいでしょう。
そうなると、矛先はノンバンクになることが多いです。
最後にしたいのは金利の高さですが、審査スピードは早いです。
個人事業主のブラックリストについての容認はどこまでが範囲かによりますが、少なくとも多重債務の場合は、審査に通りやすいのは確かです。

 

ノンバンクのビジネスローンでは臨機応変な審査が対応でき、少し厳しいけれど、保証人がいるとか、不動産担保ローンなどに切り替えなどでなんとか資金調達の目処は付きやすいです。
懇意にしている銀行などでよく相談してみるか、金利は高いですが成功率の高いノンバンクのビジネスローン、両方を同時に話を進めることをオススメします。