日本政策金融公庫

日本政策金融公庫

個人事業主に融資を積極的に行う日本政策金融公庫

 

銀行や消費者金融から資金の融資を受けたいとき、必ずしもスムーズにいくとは限りません。
個人的に収入の足しになるお金が必要なときはカードローンなどのフリーローンがありますが、事業資金となると審査の通過が難しいこともあるでしょう。
中小企業や個人事業主の方が金融機関に借入れの申し込みをしてなかなか融資が受けられない場合は、日本政策金融公庫という選択肢を検討してみてはいかがでしょうか。

 

日本政策金融公庫は中小企業や個人事業主の方で、なかなか銀行から運転資金の融資が受けられない方を対象に積極的に貸し付けを行っている機関です。
ちなみに日本政策金融公庫の他に貸し付けを行っているところとしては、信用保証協会を利用する保証協会つき融資や銀行ビジネスローン、消費者金融ビジネスローンなどがあります。

 

日本政策金融公庫が個人事業主や自営業者などに良心的な金融機関だからといって、申し込みをすれば必ず通るわけではありません。
申し込みをしたら日本政策金融公庫へ行って審査担当者に会い面談を受けることになりますので、経営者として質問にしっかり答えられるように準備しておいてください。

 

申し込みをするときにいくつか会社の書類を提出しますので、その内容を元に突っ込んだ質問が行われるでしょう。
提出した決算書の中でわかりにくい部分や取引先企業の名称、日本政策金融公庫から融資を受けられた場合の資金の使途などに関する質問が予想されます。

 

審査担当者からの質問に必ずしも全て完璧に答えられなかったからといって、それで審査落ちに直結し会社の大切な資金が借りられないというわけではありません。
どんな会社にも、多かれ少なかれウィークポイントがあるでしょう。
ウィークポイントを隠すよりもあなたの会社の売りになる部分、貸し付けをする価値があると審査担当者に思わせるセールスポイントをしっかりアピールできることの方が大切です。
マイナスを上回るプラスの要素があればいいのだと考え、あまり細かいミスにとらわれない方本領を発揮できるのではないでしょうか。

 

日本政策金融公庫記事一覧

金融機関から融資の申し込みをするとき、いくらの借入れを希望するか具体的な金額を申告します。現在の日本政策金融公庫の平均融資単価は、約700万円だといわれています。しかし、これから初めて日本政策金融公庫に申し込みをする個人事業主などの方は、いきなり700万円などの大口を希望するのではなく、小口から始めた方が審査に通過する可能性がアップします。まず約700万円というのは大口の借り入れができている会社が...

消費者金融キャッシングや銀行カードローンなどを個人が利用する場合、保証人を準備しなくても借入れができますが、日本政策金融公庫の審査ではどうなのでしょう。多くのケースでは保証人をたてることになるのですが、絶対というわけではありません。現在日本で個人事業主や自営業をされている方の中には、女性の方が大勢います。日本政策金融公庫では特例を設置し、女性は保証人がいなくても借入れができるように配慮されています...

個人事業主などを行っていると、事業資金が必要になったとき融資を受けるのが簡単ではないこともあるでしょう。そんなとき、銀行などから融資を受けられなかった個人事業主などの方を積極的にサポートしているのが日本政策金融公庫です。個人事業主などの方への融資を目的として運営されていますので銀行など審査結果に期待が持てますが、だからといって必ずしもいい結果が得られるとは限りません。日本政策金融公庫に申し込みをす...

個人事業主などの方に積極的に融資を行っている日本政策金融公庫は、他の金融機関などよりも選んだ方がお得なメリットがいろいろあります。個人事業主や法人が運営資金などを借入れするならある程度長期的に利用するケースが多いでしょうが、日本政策金融公庫は金利が銀行よりも低いので節約に役立ちます。銀行は一般的に低金利のイメージがありますが、10%以上になるところばかりです。消費者金融ともなると、例えば100万円...