個人事業主 日本政策金融公庫 審査通りやすく

個人事業主を日本政策金融公庫の審査に通りやすくする希望融資額

金融機関から融資の申し込みをするとき、いくらの借入れを希望するか具体的な金額を申告します。
現在の日本政策金融公庫の平均融資単価は、約700万円だといわれています。
しかし、これから初めて日本政策金融公庫に申し込みをする個人事業主などの方は、いきなり700万円などの大口を希望するのではなく、小口から始めた方が審査に通過する可能性がアップします。

 

まず約700万円というのは大口の借り入れができている会社が平均金額を高くしているという要素が背景にありますので、多くの利用者がこれほどの大金の借入れをしているというわけではないことを知っておきましょう。
多くの利用者の借り入れ金額は、300万〜500万円くらいだと考えられています。

 

では、大口の事業資金が必要だという場合、日本政策金融公庫で借り入れをするのは困難なのでしょうか。
確実に審査に通り融資を受けるためのテクニックとして、初めのうちは小口の希望額からスタートすることをおすすめします。
毎月の返済をしっかり守ることで信用の実績を積み重ねていき、最終的に大口の融資に引き上げてもらうのです。

 

最初から大口融資の希望をだしてしまうと、貸し付けをする側としては「大切な資金を融資しても本当に大丈夫なのか」「貸し倒れするリスクはどのくらいあるのか」と小口融資よりも審査の目が厳しくなります。
大口より小口融資の方が審査の通りやすいですし、最初の面談での質疑応答のスムーズです。
平均金額は700万円程度ですが、300万円くらいから始めて長い付き合いをしていった方が、目標の大口融資につなげられます。

 

申し込みをすると審査担当者に会い面談を受けて、突っ込んだ質問に答えることになります。
事業に用いる資金には、大きく設備資金と運転資金の2種類があげられます。
設備資金は例えばマシンや車両などを買う資金、運転資金は諸経費や仕入れに用いる代金などのことです。

 

融資の希望をだすとき、余裕を持っておいた方が安心感があるということで、漠然と大口融資の希望をだしてしまいたくなるかもしれません。
しかし、面談のときに本当にそこまでの資金がいるのかと問い詰められるでしょう。
そうなったときに聞かれたときに答えられるようにあらかじめ準備しておくか、それとも初めから必要以上の金額の希望を出さない方があとあと困りません。

 

業種によって、最初に必要となる資金の大きさは違ってきます。
飲食店などすぐに現金が入ってくる事業でしたら、さほどまとまった資金を借り入れしなくても十分やっていけます。
借入れをするからには、元金に金利が上乗せされた金額を返済しなければならず、利息分はロスになります。
余計な大口融資を希望することは、日本政策金融公庫の審査に通りにくくするばかりでなく、余計な出費になります。
必要最低限の金額を割り出してから手続きを行いましょう。

個人事業主を日本政策金融公庫の審査に通りやすくする希望融資額関連ページ

日本政策金融公庫の申し込みに保証人はいる?
消費者金融キャッシングや銀行カードローンなどを個人が利用する場合、保証人を準備しなくても借入れができますが、日本政策金融公庫の審査ではどうなのでしょう。多くのケースでは保証人をたてることになるのですが、絶対というわけではありません。現在日本で個人事業主や自営業をされている方の中には、女性の方が大勢います。
日本政策金融公庫で融資申し込みに準備する必要書類
個人事業主などを行っていると、事業資金が必要になったとき融資を受けるのが簡単ではないこともあるでしょう。そんなとき、銀行などから融資を受けられなかった個人事業主などの方を積極的にサポートしているのが日本政策金融公庫です。
日本政策金融公庫を選ぶ利点
個人事業主などの方に積極的に融資を行っている日本政策金融公庫は、他の金融機関などよりも選んだ方がお得なメリットがいろいろあります。個人事業主や法人が運営資金などを借入れするならある程度長期的に利用するケースが多いでしょうが、日本政策金融公庫は金利が銀行よりも低いので節約に役立ちます。