日本政策金融公庫 申し込み 保証人

日本政策金融公庫の申し込みに保証人はいる?

消費者金融キャッシングや銀行カードローンなどを個人が利用する場合、保証人を準備しなくても借入れができますが、日本政策金融公庫の審査ではどうなのでしょう。
多くのケースでは保証人をたてることになるのですが、絶対というわけではありません。

 

現在日本で個人事業主や自営業をされている方の中には、女性の方が大勢います。
日本政策金融公庫では特例を設置し、女性は保証人がいなくても借入れができるように配慮されています。
申し込みのときに希望融資額を申告しますが、その金額が小口融資(300万円まで)であれば、原則的に担保も保証人も不要です。

 

「女性向け小口融資制度」というものがありますので、立ち上げてからまだあまり経っていない女性や、これから起業するという女性は、こちらの制度を活用してみてはいかがでしょう。
保証人というと自分以外の他人を巻き込むことになりますし、審査のときは個人事業主などのご本人だけでなく、保証人の方も審査の対象となります。
不要なら、その方が気兼ねがいらなくていいですよね。
せっかくある制度なので、積極的に利用すべきです。

 

男性の個人事業主などの方は多くの場合保証人が必要になるのですが、審査に通りやすい人選のコツがあります。
それは、日本政策金融公庫で借り入れをしている人、もしくは融資を受けていた経験者の方に保証人を頼むことです。

 

保証人の審査を行うとき、日本政策金融公庫で融資を受けた実績がある方であれば、それだけスムーズに審査が通りやすくなります。
全く借り入れをしたことがない人よりも、融資を受けたことがあり、契約を守って返済をしてきている人の方が評価が高いのです。
基本的に日本政策金融公庫に申し込みをしたら、審査結果を伝えられて実際に融資を受けられるようになるまで、1ヶ月〜2ヶ月くらいかかります。
1ヶ月も幅があるのですが、そんなに長く余計に待たされるのは避けたいところです。
できるだけ早く事業資金が必要な場合ほど、日本政策金融公庫で融資の実績がある人に保証人になってもらった方が早くなるでしょう。

日本政策金融公庫の申し込みに保証人はいる?関連ページ

個人事業主を日本政策金融公庫の審査に通りやすくする希望融資額
金融機関から融資の申し込みをするとき、いくらの借入れを希望するか具体的な金額を申告します。現在の日本政策金融公庫の平均融資単価は、約700万円だといわれています。しかし、これから初めて日本政策金融公庫に申し込みをする個人事業主などの方は、いきなり700万円などの大口を希望するのではなく、小口から始めた方が審査に通過する可能性がアップします。
日本政策金融公庫で融資申し込みに準備する必要書類
個人事業主などを行っていると、事業資金が必要になったとき融資を受けるのが簡単ではないこともあるでしょう。そんなとき、銀行などから融資を受けられなかった個人事業主などの方を積極的にサポートしているのが日本政策金融公庫です。
日本政策金融公庫を選ぶ利点
個人事業主などの方に積極的に融資を行っている日本政策金融公庫は、他の金融機関などよりも選んだ方がお得なメリットがいろいろあります。個人事業主や法人が運営資金などを借入れするならある程度長期的に利用するケースが多いでしょうが、日本政策金融公庫は金利が銀行よりも低いので節約に役立ちます。