日本政策金融公庫 選ぶ利点

日本政策金融公庫を選ぶ利点

個人事業主などの方に積極的に融資を行っている日本政策金融公庫は、他の金融機関などよりも選んだ方がお得なメリットがいろいろあります。
個人事業主や法人が運営資金などを借入れするならある程度長期的に利用するケースが多いでしょうが、日本政策金融公庫は金利が銀行よりも低いので節約に役立ちます。

 

銀行は一般的に低金利のイメージがありますが、10%以上になるところばかりです。
消費者金融ともなると、例えば100万円の融資を受けた場合18.0%などかかってしまいます。
日本政策金融公庫は同じ100万円を借り入れたとしても、年率2.0%しかかかりません。
これから長く事業を運営していく中で、この利息で大きな差がついていくことでしょう。

 

銀行などの金融機関は審査が厳しく、中小企業や個人事業主はもちろんのこと、まだ実績がないベンチャーなどはなかなか審査に通らなかったり、希望額より少額になりがちです。
しかし、日本政策金融公庫は審査に通過する確率が高いので、銀行などで断られてあきらめていた方も申し込みをしてみる価値があるでしょう。

 

日本政策金融公庫は事業資金の融資を個人事業主などに積極的に行っているだけではなく、コンサルティングのサービスの提供も行っています。
これからどのようにしていけばますます発展していけるか、理想に近い事業規模まで成長できるかなど、相談すれば的確なアドバイスがもらえます。

 

経営のアドバイスをもらってしまうとその費用がかかってしまうのではと心配になるかもしれませんが、無料で行われていますから安心してください。
お近くの日本政策金融公庫へ相談すれば、中小企業診断士や税理士が専属でいますので、親身になって対応してくれるでしょう。

 

日本政策金融公庫で借り入れをした実績ができると、これまで申し込みをして落とされてしまった銀行など民間金融機関でも審査に通過する可能性がアップします。

 

日本政策金融公庫で融資を受けたいけれど返済できるか不安だという場合、率直に相談をしてコンサルティングのアドバイスを受けてもいいですが、いざとなったら返済金額を減額してもらえるということも知っておくと心強いかもしれません。
なんだか甘えるようで心苦しいかもしれませんが、減額をしてもらってからまた状況が改善してきたら元通りにしてもらえばいいのではないでしょうか。

日本政策金融公庫を選ぶ利点関連ページ

個人事業主を日本政策金融公庫の審査に通りやすくする希望融資額
金融機関から融資の申し込みをするとき、いくらの借入れを希望するか具体的な金額を申告します。現在の日本政策金融公庫の平均融資単価は、約700万円だといわれています。しかし、これから初めて日本政策金融公庫に申し込みをする個人事業主などの方は、いきなり700万円などの大口を希望するのではなく、小口から始めた方が審査に通過する可能性がアップします。
日本政策金融公庫の申し込みに保証人はいる?
消費者金融キャッシングや銀行カードローンなどを個人が利用する場合、保証人を準備しなくても借入れができますが、日本政策金融公庫の審査ではどうなのでしょう。多くのケースでは保証人をたてることになるのですが、絶対というわけではありません。現在日本で個人事業主や自営業をされている方の中には、女性の方が大勢います。
日本政策金融公庫で融資申し込みに準備する必要書類
個人事業主などを行っていると、事業資金が必要になったとき融資を受けるのが簡単ではないこともあるでしょう。そんなとき、銀行などから融資を受けられなかった個人事業主などの方を積極的にサポートしているのが日本政策金融公庫です。