仕事はFXのトレーダー

仕事はFXのトレーダー

個人投資家、トレーダーらを生業としいる方もいますが、カードローン審査の際には、少し不利になることが予想されます。
会社員などが副業としてトレーダーをしている場合、消費者金融などの申込の職業欄は会社員になります。
しかし、給料はもらわず、トレーダー1本の方の場合、職業欄はトレーダーになります。
カードローン会社などで、トレーダーと見た場合、今回のキャッシングの申込に一抹の不安がよぎるのは容易に予想が付きます。
そして、金融機関での借入の条件の「一定した」収入が得られていないことが、審査落ちの原因になってしまうのです。
いやいや、トレーダーでそこそこ儲かっているし、個人事業主といっても良いのだよ、と言い訳もあります。

 

しかし、安定さにかけるトレーダーと言うのであれば、審査は困難でしょう。
そこで提案としては、他の収入源を持つことです。
アルバイトでも在宅ワークでも良いのです。
トレーダーが本業なら、その他スキマ時間にできる一定収入があるものを持つことで、そちらの収入での審査を受けることができます。
または、トレーダーを本業として事業化してしまう、会社を作ってしまうこともありです。
本物の会社経営者になってしまうことで、事業の中でトレーダーもしているという位置づけにしてしまうのです。

 

そうなると、銀行カードローンや消費者金融でもビジネスローンの借り方もできます。
確定申告書はもちろんですが、事業計画書などもあれば完璧です。
自分が代表者であり、実はトレーダーだけが資金が回っているとしても、その他の事業もやっていれば、信用も高くなります。

 

ただし、かなり審査は厳しいのは確かです。
トレーダーは何億も稼ぐ事ができますが、一晩で財産を失う危険性もあります。
アルバイトなどでコツコツと収入を得ている方の方が金融機関としては信用が厚いのです。
もともと個人事業主というだけで、不安定さがありますが、それが浮き沈みの激しいトレーダーであることは不安が大きいです。
そして、即日融資のフリーローン、ビジネスローンにしてもスムーズな借入ができるか?
どこまで担当者を納得させられるかが問題です。
世間的に信用も同じです。
ですから、トレーダーを生業とするのは悪い事ではないのですが、他に安定した仕事を持つこと、それを証明することで、審査にのぞむことです。

仕事はFXのトレーダー関連ページ

個人事業主ならやっぱりビジネスローン
個人事業主で、事業のための資金調達は断然ビジネスローンがオススメです。銀行、消費者金融などで対応していますが、即日融資なら消費者金融です。一般のフリーローン同様に消費者金融の方が銀行ローンより審査に通りやすいのですが、金利は高めです。
オススメのビジネスローン
口コミでも評判なのですが、審査が通りやすい、提出書類が少なく、即日融資が嬉しいと言われています。個人事業主、経営者だけのカードですが、融資額が豊富です。100万円以上になれば、金利は15%以下になります。
審査が肝心
個人事業主がお金を借りるときには、銀行系ローン、ビジネスローン専門会社、消費者金融カードローンなどがあります。目的によって、フリーローンとビジネスローンに分かれますが、フリーローンは事業には使えないです。法人であれば、別に法人のためのビジネスローンまで、多彩です。