オススメ ビジネスローン

オススメのビジネスローン

基本的にビジネスローンは総量規制対象外として、多額の限度額の借入ができます。

オリックスVIPローンカードBUSINESS

決算書の提出ナシ、即日融資に特化しています。
源泉徴収票、確定申告書、課税証明書などの提出書類でOK。
1万円からの少額融資で、6%から17.8%の金利。
最高500万円までの余裕の限度額です。
WEB申込、コンビニでも使える高い利便性があります。

 

口コミでも評判なのですが、審査が通りやすい、提出書類が少なく、即日融資が嬉しいと言われています。
個人事業主、経営者だけのカードですが、融資額が豊富です。
100万円以上になれば、金利は15%以下になります。
提出書類がきちんと揃っていれば、年収の3割以上の融資に対応しています。
これが総量規制対象外の大きなポイントです。

 

ビジネスサポートローン

これはアコムのビジネスローンです。
1万円から300万円までの額ですが、総量規制対象外になります。
金利が最高で18%と、消費者金融では標準です。
100万円までなら確定申告書の提出書類だけでOKです。
個人事業主なら、普通のフリーローンを借りる感覚で申込ができます。
しかし、貸付条件として、フリーローンなら総量規制内のになってしまいますが、事業の目的で、総量規制対象外にしたいのなら、ビジネスサポートローンリ選択が妥当です。

 

自営業者カードローンに関しては、総量規制対象外にできるのがメリットです。
フリーローンでは不可能で、もともと収益が上がっていない方にとっては、それだけの借入では到底不足してしまう方でも、総量規制対象外での審査が通れば、多額の借入ができます。
ただ、どうしても金利は高いです。
わざわざビジネスローンにしたけれど、多額でなければ、低金利の恩恵はないのは確かです。

 

個人事業主はフリーローンのときには、審査対象としてビジネスローン同様の書類提出があります。
それを考えると、金額が大きいビジネスローンが有利かもしれません。
これが銀行になると、もっと低金利になるのですが、審査は厳しくなり即日融資は難しいでしょう。

 

収益がないのに、こんなに希望額がある?
それだけ手も審査に不利ですが、不動産があるのなら、不動産担保ローンの提案もあります。
基本的に審査はカードローンよりもゆるく、担保価値によっては、借入金額も上がります。
金融機関で相談をすると、次々に商品提案がありますが、できれば一番金利が優遇されるものを利用したいところです。

オススメのビジネスローン関連ページ

仕事はFXのトレーダー
個人投資家、トレーダーらを生業としいる方もいますが、カードローン審査の際には、少し不利になることが予想されます。会社員などが副業としてトレーダーをしている場合、消費者金融などの申込の職業欄は会社員になります。しかし、給料はもらわず、トレーダー1本の方の場合、職業欄はトレーダーになります。
個人事業主ならやっぱりビジネスローン
個人事業主で、事業のための資金調達は断然ビジネスローンがオススメです。銀行、消費者金融などで対応していますが、即日融資なら消費者金融です。一般のフリーローン同様に消費者金融の方が銀行ローンより審査に通りやすいのですが、金利は高めです。
審査が肝心
個人事業主がお金を借りるときには、銀行系ローン、ビジネスローン専門会社、消費者金融カードローンなどがあります。目的によって、フリーローンとビジネスローンに分かれますが、フリーローンは事業には使えないです。法人であれば、別に法人のためのビジネスローンまで、多彩です。