審査が肝心

審査が肝心

個人事業主がお金を借りるときには、銀行系ローン、ビジネスローン専門会社、消費者金融カードローンなどがあります。
目的によって、フリーローンとビジネスローンに分かれますが、フリーローンは事業には使えないです。
法人であれば、別に法人のためのビジネスローンまで、多彩です。

 

それぞれの審査では、確定申告書や収入証明書は絶対ですが、そのほか決算書、事計画書、返済計画書などの提出もあります。
これらの書類提出があることで、消費者金融では総量規制対象外として、地学の資金調達ができます。
実質年率は、銀行系が一番低く、借入額が大きいほどスライド式に低くなっていきます。
ただ、必要以上の借入は厳禁です。
基本的に保証人や連帯保証人の存在はないのですが、業績や借入金額によっては求められることになります。
法人では代表者が保証人になるケースがほとんどです。
大手消費者金融でもビジネスローンがありますし、ビジネスローンだけを取り扱っている金融機関も少なくありません。
ここでは、業務についての相談ができたり、ファクタリングなども勧めています。

 

即日融資ができるのは、基本的に銀行以外です。
個人事業主の場合、業歴なども関係しますが、個人事業主個人の信用情報も当然問題になります。
ビジネス向けローンの審査においてもフリーローン同様に金融事故には敏感です。
ただし返済が個人によるものではなく、業績にもつながることですから、決算書などでも審査としては大きな比率になります。
貸付けに当たっては、希望額に満たない判断がされることもありますが、審査内容での結果のみで納得するしかないでしょう。
消費者金融では、審査スピードは早いので、もしダメな場合、次の借入先を見つけることができます。

 

フリーローンなどでは、立て続けの申込で申込ブラックさとれるのですが、ビジネスローンも同様です。
しかし、ビジネスローン専門会社などでは、普通の消費者金融とは違いビジネス相談にも対応、融資に対しても積極的だとも言われています。
もちろん即日融資にも対応しているところも少なくなく、最終的には、このようなところでの借入もありでしょう。
個人的に信用情報の金融事故が大きい場合には、難しい話ですが、あくまでもビジネスのためを全面に出すことで、審査通過を狙うのも1つの提案です。

審査が肝心関連ページ

仕事はFXのトレーダー
個人投資家、トレーダーらを生業としいる方もいますが、カードローン審査の際には、少し不利になることが予想されます。会社員などが副業としてトレーダーをしている場合、消費者金融などの申込の職業欄は会社員になります。しかし、給料はもらわず、トレーダー1本の方の場合、職業欄はトレーダーになります。
個人事業主ならやっぱりビジネスローン
個人事業主で、事業のための資金調達は断然ビジネスローンがオススメです。銀行、消費者金融などで対応していますが、即日融資なら消費者金融です。一般のフリーローン同様に消費者金融の方が銀行ローンより審査に通りやすいのですが、金利は高めです。
オススメのビジネスローン
口コミでも評判なのですが、審査が通りやすい、提出書類が少なく、即日融資が嬉しいと言われています。個人事業主、経営者だけのカードですが、融資額が豊富です。100万円以上になれば、金利は15%以下になります。