ビジネスローンはいくらまで借りれる?




ビジネスローンとは、よくある大手消費者金融カード感覚で使える法人向けのカードローンが多いです。
個人事業主も申し込みができます。

いくらまで借りれる?

ビジネスローンについては、現在1000万円程度まで借りることができます。
ただし、この場合事業の売上の審査などがあります。
1000万円借りれる場合と200万円、300万円程度のビジネスローンでは、提出書類も違います。
実際には、個人事業主だしてもその規模に応じての借入額になります。
消費者金融系のビジネスローンでは、ほぼカードローン同様に簡単に申し込み、審査、借入ができます。
即日融資対応だけではなく、30日間無利息での利用ができるビジネスローンもあります。
個人事業主としては、1枚持っていると心強い味方です。

ビジネスローンのメリット

個人事業主がビジネスローンのメリットを一番受けられるとされるのは、総量規制以上の借入が可能な部分でしょう。
個人向けのカードローンでは、年収3分の一という限度額があります。
個人間融資の実情としては、節税対策から、売上は多いけれど、収入が少ない設定していることがあります。
これは、帳簿上数字が合致している場合は違反ではありません。
しかし、いざキャッシングで借りたい時に、総量規制の壁に阻まれることになります。
カードローンでは事業性資金として使用することもできません。
ところがビジネスローンでは、法人向けであり、事業に対しての借入ができます。
そこで、総量規制対象外とされ、年収が低い場合でも多く借りれることがあります。
保証人も担保も不要です。
かと言って、無計画な利用はNGですが。

ビジネスローンのデメリット

無計画なビジネスローンは、高い金利に悩まされることになります。
銀行融資の審査落ちでビジネスローンとか、日本政策金融公庫の融資で借りれないので、ビジネスローンを利用。
その使いみちもありますが、銀行や日本政策金融公庫の金利とビジネスローンの金利の格差はとても大きいです。
銀行などの金利の何倍もの数字であり、ビジネスローンの基本としては、少額の借入が主流です。
高い金利の金融商品ですから、即完済ができる時に使う。
借入は少ない範囲にしておくということが肝心です。
しかし、どうしてもお金が必要であり、それがすぐ融資してほしいと言うときには、ビジネスローンの即日融資対応は、ありがたい存在です。
借りすぎないことを条件として、個人事業主にとってのビジネスローンの存在はとても大きいことでしょう。