個人事業主 コロナ ファクタリングでつなぎ資金




コロナの感染拡大で、資金繰りに困っている方は、コロナ融資も念頭にあるでしょう。
事業資金の調達方法としては、融資だけではなく、ファクタリングの方法があります。
最近、話題になっている手法ですが、このファクタリングは、以前から行われていることです。
今になって口コミで話題になっているのは、ファクタリング対象が、中小企業や個人事業主にも拡大されたからです。
コロナ融資を借りるけれど、それまでのつなぎ融資としてファクタリングの選択もありでしょう。

個人事業主対応ファクタリング

以前から存在していたファクタリングでは、法人対応になっていました。
その理由として、ファクタリングの審査では、法人の信用情報が必要だったからです。
法人では、信用情報は確認ができますが、個人事業主では信用情報が審査できないことで、ファクタリングはできなかったという事情があります。
ところが、最近のファクタリングでは個人事業主も対応になっています。
口コミだけではなく、情報サイトなどでも個人事業主に有意義な資金調達手段が選択できます。

そもそもファクタリングとは?

ファクタリングの資金調達の方法は、申し込みしたい方が手にしている売掛債権が決め手になります。
売掛債権とは、個人事業主が持つ売上請求書です。
取引先が○○日に支払いが約束されている売掛債権になりますが、ファクタリング会社ではこの売掛債権の現金化が可能です。
○○日というのは、翌月払いのことが多いです。
それを、ファクタリング会社に依頼したときには、即日の現金化の可能性もあります。
ファクタリングでは、審査がありますが、審査をするのは、取引先です。
取引先がきちんと支払いができることが審査内容になります。
個人事業主ではブラックリストであろうと、ビジネスローンの契約ができない場合でもファクタリングでは資金調達ができることになります。

国の融資は無利子

これから資金調達のために日本政策金融公庫でコロナ融資を受けようと検討されている方も多いです。
その間の資金調達としてもファクタリングで凌ぐことができます。
融資の審査は時間がかかっているので、キャッシュフローのためにもファクタリングがおすすめの個人事業主も多いことでしょう。

コロナの今だから

コロナの影響で資金調達が大変。
国で提供する融資もありますが、あえて融資ではないファクタリングでの資金調達を行うのも1つの手です。
コロナで事業がうまく行かないときに融資に手を出すことができない方にもおすすめです。
売掛債権を早期に現金化してしまうことでは、今の事業をうまく回すことができます。
融資では、返済が待っているのですが、ファクタリングでは返済なき資金調達としては、最適な資金調達手段といえるでしょう。
個人事業主対応のファクタリングでは、インターネットですべて解決してしまうスピード審査も多いです。
口コミと情報サイトを確認の上、確かなファクタリング会社を選択してください。
極端に良い条件では、闇金類のファクタリングもありますので、要注意です。