コロナ 簡単融資




コロナ融資に関しては、日本政策金融公庫、民間銀行のセーフティネット保証があります。
個人事業主対応のコロナ融資になりますが、まだ申し込みができます。

コロナで減収した

コロナ融資なので、コロナが原因で事業がうまくいかなかったことが大原則です。
厳密に言うと、コロナ融資では前年同月比5%減収の数字があればOKです。
業種を見ただけで、それがコロナが理由
なのがわかります。
日本政策金融公庫では、5%減収で申し込みができます。
セーフティネット保証では、前年同月比20%減収の場合では、信用保証協会100%保証付き融資が受けられます。
減収が小さい場合では、信用保証協会の保証が少なくなっていくものですが、コロナ原因での簡単融資を受けることができます。

どちらが良い?

民間銀行のセーフティネット保証では、既に取引銀行がある。
その上、過去に信用保証協会の保証付き融資を受けたことがあれば、簡単です。
銀行との取引も大したないし、融資経験が無い場合は、日本政策金融公庫の申し込みが妥当でしょう。
日本政策金融公庫の融資では、全国の各支店で直接面談を受けることが必要です。
今まで融資が無いとしても、銀行よりは融資を受けやすいでしょう。
基本的に1回きりの面談対応になっています。

持続化給付金の提案

融資ではありませんが、もし前年同月比50%の月がある個人事業主なら、持続化給付金の申し込みもできます。
ここで気をつけなくてはならないのが、前年同月比50%の大きな減収になっていることが必要です。
これは、日本政策金融公庫などで借りるには前年同月比5%減収で対応しています。
簡単に借りれることになります。
持続化給付金では、大きな減収であり、返済不要になります。
ただし、この時受け取る金額は、収入になり、課税対象になります。
この点は気をつけることが必要です。
持続化給付金の給付を受けてから、日本政策金融公庫なり、セーフティネット保証付き融資を受けることも可能です。

まずは検討して

事業の継続のために融資は検討したいけれど、今融資後で返済をしている。
またはリスケしたばかりで審査が不安な方も多いです。
そのような個人事業主であっても、コロナ融資では、比較的審査は柔軟です。
返済している融資があるとしても、今回は有事のコロナ融資としての存在であり、申し込みは是非検討してみてください。
既に口コミもありますが、こんな信用情報でも審査通過ができるという嬉しい報告も数多いです。
借りれなかったという口コミが少ないと感じるというのですが。
コロナ融資では、審査内容は柔軟対応というところに大きな期待が寄せられています。