コロナ 融資 銀行か 信金か



新型コロナウイルス感染拡大における自粛はまだ継続しています。
やっと一部の地域では、自粛解除の傾向はありますが、まだ営業ができない事業も存在しています。
5月末まで自粛しなくてはならない地域もあり、資金繰りが大変です。

個人事業主の融資

事業がうまくいかない時には、融資をしてください。
特別の融資の用意をしていますというのは、国が言うことです。
コロナ融資は、特別なものであり、それは審査基準の甘さと申し込みが簡素化されている点ではメリットがあります。
過去の売上が低くなっているだけで借りれるとされていますので、金融機関の借入も簡単に考えられるでしょう。
そこで、自身が借りるとしたら?

信用金庫が良い方

コロナ融資では、日本政策金融公庫、銀行、信用金庫が窓口です。
それぞれ借りやすい機関が良いでしょう。
保証人なし、無利息がコロナ融資です。
個人事業主の場合、メインバンクが信用金庫となっているのなら、信用金庫が妥当です。
それぞれの事業でお世話になっている信用金庫であれば、営業マンが回ってきている場合もあります。

銀行はどうなの?

新規でコロナ融資で銀行でお世話になるというのは難しい選択です。
個人事業主にとっては敷居が多少高めですが、既に取引しているのなら、銀行でもコロナ融資の相談ができます。
しかし、新規でコロナというのは、信用金庫でも困難な選択です。
新規で借りたいのなら、日本政策金融公庫が良いかもしれません。

日本政策金融公庫の選択

預金がなく、資金提供だけの日本政策金融公庫では、取引がない場合でも普通に申し込みができます。
普段でも対応はしていますが、コロナ融資では特別窓口になっています。
今まで、日本政策金融公庫の借入していない場合でも大丈夫です。
メイン銀行、信用金庫ともそんなに付き合いがない場合では、金融機関としての選択では、融資先としての日本政策金融公庫もありでしょう。

信用金庫と仲良くしていると良いかも?

個人事業主、中小企業を相手にする機会が多い信用金庫では、規模が小さくてもメイン銀行とすることをおすすめします。
敷居が低いというよりは、地域での取引関係を重視することでは信用金庫は良いパートナーです。
融資に関しては、今回だけではなく、これからの設備投資としても相談ができます。
メイン銀行としての信用金庫は個人事業主 にとっては互いにありがたい存在になります。
コロナ融資などでも、信用金庫からの営業マンのお伺いがくるくらいですから。