コロナ融資受けられない



コロナの影響で仕事が来ない。
個人事業主の悲痛な叫びも聞こえてきます。

コロナ融資を受けたら良い

個人事業主は、コロナが原因で収入減になった時には、コロナ融資がいくつか紹介されています。
日本政策金融公庫、民間銀行でもセーフティネット保証などがあります。
いわゆるコロナのために特別融資として、主に無利子、保証人なしでの特別対応の受付をしています。
個人事業主、中小企業を対象としていて、申込ができます。

審査がある?

コロナ融資としては、審査基準も甘いとされていますが、実は内容公開はありません。
コロナ融資では金融機関が出しているものであり、甘い審査と言っても超ブラックリストなどでは、多分借入ができないと見込まれます。
このあたりは、普通の融資と違い、口コミも挙がってこないので、甘いらしいとしかいいようがないのですが。

融資まで時間もかかる

また、融資でも時間がかかっているので、果たして借りれるかどうかも不明です。
多分問い合わせをしたとしても正確な回答は得られないのが実態です。
コロナ融資では、実質無利息であり、5年間の据置期間があります。
要するに、余裕がある融資としてアナウンサーは大きいですが、個人事業主としての融資ができるか微妙です。

収入減の証明ができれば

今回のコロナ融資では、コロナが原因の収入減があれば良いと言うものです。
申込ができるだけのことですが、いつになるかわからないのも実態です。
融資額としては、それぞれの事業に応じてのことですが、無利息という部分では魅力が大きいです。

持続化給付金の存在

個人事業主なら、持続化給付金100万円の申込もおすすめです。
こちらは、インターネット対応で、昨年2~5月までの収入が、今年は50%以下になっていればOKです。
最低限の提出書類で良いですし融資ではなく返済不要です。
すでに50万件以上の申込があり、個人事業主で100万円が上限です。
もちろんコロナ融資と持続化給付金両方の申込も対応しています。
持続化給付金もいつの支給なのかは不明ですが、個人事業主として大きく収入減になった方はおすすめです。

コロナ融資、話題はあるけれど

何せ審査がある点では不安が多いかもしれません。
借りれないかな?という方は、持続化給付金の申込をされることでしょう。
こちらもいつになったら給付か不明です。
給付と言えば、10万円の現金給付に関しては、無条件で受け取れることになります。
こちらは融資でもなく、申請だけですが、マイナンバーカードがあると早いというのですが。
すでに10万円支給された自治体も存在しています。