コロナ 個人事業 いくら借りれる




コロナ融資では、コロナ感染拡大で影響があり、前年同期比と比較して減収した証拠があることで、申し込みができます。
借りれる融資によって、減収の幅が決まっています。

日本政策金融公庫の融資

日本政策金融公庫では新型コロナ特例貸付になります。
前年同期比5%減収であることが申し込みの条件になります。
そこで、借りれる限度額では何千万という内容ですが、それぞれの個人事業主の規模によって借りれる金額が決まります。
融資の際には、個人事業主の事業に対してのものです。
借りたいという時に面談がありますが、当然事情を聞かれることになります。
個人事業主では、確定申告の内容から、必要な融資の算出が必要になります。
ですから、具体的な売り上げで十分に収益が出る。
融資ですから、最低限の希望額が良いでしょう。
その時に、詳細な明細があることで、日本政策金融公庫の審査にも影響がします。
毎月の必要な資金、しかも融資では数ヶ月の計画的な融資になっていることが必要です。
例えば、月に50万円程度の売り上げが必要。
その時にコロナ融資では、だいたい3ヶ月程度の計算で150万円の融資が良い。
この時に、コロナで大変だったからと1000万円という希望額では審査に通らないことになります。

セーフティネット保証

民間銀行のコロナのための融資です。
信用保証協会の保証付き融資になりますが、やはり個人事業主の規模に準ずルことになります。
ここで、過去に信用保証協会の融資を受けていたとしたら、より審査はスムーズです。
この時に設備投資をしたいから多少多めの借入なども有利になると言います。
取引銀行との関係が良いと、より借りやすい金額設定ができます。
審査がありますが、セーフティネット保証の融資資格では、前年同期比20%減収であることが必要になります。
信用保証協会の利用をしている場合は、断然有利になります。

融資の原則として

基本的に控えめな希望額であることが審査通過のポイントになります。
本当は、もっと借りたいと言うのが本音です。
しかし、融資では必ず返済能力を確認することで、大胆な融資額では審査は難しいでしょう。
ちなみに、今回のコロナ融資に関しては、過去に同金融機関の返済が存在している場合、低金利のコロナ融資の借り換えができます。
日本政策金融公庫で過去に融資をして返済をしている。
金利があるものですが、今回のコロナ特例貸付での無利子返済ができるとになります。
解決したリスケ後の融資をしていたとしても、審査が通ることも口コミで存在しています。
個人事業主には有利な審査になっていますが、事業内容と規模、できるだけ返済可能な希望額であることが不可欠です。