コロナ影響 ローン審査




コロナの影響では、様々なローン審査にも影響が出ています。

コロナで減収

現在、コロナでは個人事業主などでは大きく減収してしまった場合もあります。
その時の審査では、困ってしまった状況の説明になります。
ローン審査の内容にもよりますが、この減収が一時的な場合では問題がないと言われています。

審査担当者は騙せない

もちろんのことですが、コロナ影響では大なり小なりその前後の展望もあります。
個人事業主がローンをしたい時に、コロナ以前の状態が順調である。
業況がそんなに悪くないことが原則になります。
要するに、コロナ影響以前にも最悪の事態である場合では、その時点で返済能力がないと思われるでしょう。
数字がすべてのローン審査になりますので、ごまかしもできない。
今回のコロナ影響だけが辛かったということの証明ができることが必要でしょう。
コロナ融資で国がアナウンスしているものについては、審査そのものは柔軟にはなっています。
ただ、コロナが原因であることが必要になります。

コロナ後はV字回復

当然休業要請が解除されたことで、コロナの影響が払拭される。
その上で返済ができるローンであれば、大きく減収した時でも、審査通過ができます。
借りたい方としても、コロナで減収であり、その後このローンはすぐに返済したいのが本音です。
国としては、休業要請になってしまったことで、事業資金の借入では間口を広げました。
当然返済ができる範囲内の融資になります。
その審査としては、これからは頑張れるよね?というのが、金融業者としても期待したいことになります。
それでも、今の国の融資では、ローン審査では普段の審査基準よりは柔軟対応で期待ができます。

審査で必要なことは

緻密な返済計画でしょう。
これで回復が見込めるということが、今の時点で考えられる。
精一杯計画を立てることが審査通過のポイントになります。
この業界は、コロナで大きな影響担ったよね?
では何でも貸す対応ではなく、個人事業主としてしっかりと返済ができるだけの計画が存在していることが必要になります。
案外と、この返済が計画されていないと審査は絶望的との口コミもあります。
特に、日本政策金融公庫のコロナ融資に関しては、返済計画書が肝になるといわれています。

無関係ではありませんが

ローン審査でコロナ影響はゼロではありません。
その後の回復が見込めること。
返済ができるという自信があることが必要になりますが、融資後の計画を立てた上で、各ローン審査に挑むことが必要でしょう。