ファクタリング 個人事業主




個人事業主でもファクタリングでの資金調達ができる時代になりました。
これは、キャッシュフローがすぐにほしい個人事業主にとっては朗報です。

ファクタリングのハードルは高い

ファクタリングとは、売掛債権の買取です。
企業が持つ売掛債権を買い取って、手数料をとって現金化してキャッシュフローを作る方法です。
以前から存在している手法でしたが、売掛債権の下限では500万円、1000万円という世界でした。
大企業相手のファクタリングでしたが、最近では少額売掛債権対応のファクタリング会社が登場しています。
そこで、中小企業ばかりではなく、個人事業主が持つ売掛債権であれば、ファクタリングでキャッシュフローができるという流れです。
少額売掛債権では、下限も20万円程度から対応など、より柔軟ファクタリングがでてきています。

個人事業主のファクタリング

ただし1つだけ注意したいのが、売掛先も個人事業主というときには、厳しいと言われています。
個人事業主が法人相手の売掛債権があるときのファクタリングが有効です。
この点では、個人事業主対個人事業主の売掛債権では対応していない可能性がありますので、ファクタリング会社で直接確認が必要でしょう。

ファクタリングの2つの方法

売掛債権または請求書でもファクタリングができますが、手数料は存在しています。
このファクタリングのときには、2つの方法があります。
1つは、売掛先にもファクタリングの事実を伝える3社間ファクタリング。
もう1つは、売掛先には内緒で行う2社間ファクタリングです。
このときにファクタリング会社としては、3社間ファクタリングでは、売掛債権の支払いを直接受けることができます。
すでに売掛債権譲渡も行うことでは、売掛先としてはファクタリング会社と直接取り引きすることになります。
それは、確実な売掛債権の支払いを受けることができ、手数料が低くなります。
2社間ファクタリングでは、一度売掛先から支払いを受けてから、ファクタリング会社に支払う設定になります。
そこで、手数料は割高になります。
ファクタリング会社としては、売掛債権の支払いを受けるまでの担保要因として、多少手数料が高くなる。
売掛先にはファクタリングの事実を知られないのですから、キャッシュフローの必要性もバレないということです。

手数料について

ファクタリングの手数料では法律が存在しています。
5%~30%という幅の広さがあります。
5%というのは、3社間ファクタリングの場合であり、手数料が高いというのは売掛先の信用情報で不安という要因があるときです。
しかし、ファクタリング会社それぞれの設定になっています。
個人事業主として、持っている売掛債権のファクタリングをしたい。
売掛先も巻き込むことができるのなら、手数料も低く抑えることができます。
しかし、売掛先に内緒の2社間ファクタリングの場合は、ファクタリング会社の選択も必要です。
現在口コミも豊富にありますし、情報サイトも公開されています。
個人事業主対応という点を確認しつつ、できるだけ手数料が低いファクタリングをすることが理想です。