個人事業主の借入先は信用金庫



個人事業主にとっての融資先は?
どこから借りたらいいんだろう。
どこから借りたら有利になるのだろう。
個人事業主となったときには、融資先に迷うこともあります。
普通は金融機関というのが最初でしょう。

融資と言えば銀行?

事業資金調達方法では銀行融資しかないと思っている方が多いでしょう。
普通は、銀行融資が一般的でしょう。
この銀行を融資先とした場合は、普段から付き合いがある。
もっと言えば、担当者と懇意関係である銀行に申し込みをすることが必要です。
インターネットなどでは、事業融資の受付をしている銀行を多く見かけます。
金利優遇だったり、個人事業主も対応とあります。
しかし、実際には口座もない、今まで付き合いもない金融機関の態度は思った以上に冷たいです。

どうして銀行融資が良いの?

それは低金利だからです。
銀行では、事業融資では比較的多額の用意をしています。
そこで低金利の貸付で、確実な返済を見込みます。
申し込みの際の提出書類で、格付けをした上で融資額や条件が決まることになります。
それで、付き合いのある銀行であれば、申込者の事情もわかった上で、話しを進めることができます。
そこで、知らない銀行ではなく、普段から担当者とのコミュニケーションが成立している方が申し込みもしやすい上に、融資も期待ができます。

そこで個人事業主としては

銀行融資であれば、信用金庫がおすすめです。
信用金庫の立場は、地域の方、会社によって協同組織 金融機関です。
地域発展に貢献する金融機関であり、中小企業、個人事業主が主な取引先になります。
多くの個人事業主が信用金庫との取引をしていることもあり、融資先としては、銀行ではなく信用金庫に行くことがスタンダードです。
銀行融資の選択は、個人事業主の場合は信用金庫になることが多いです。

当然口座がある、関係が良好なはず

信用金庫での付き合いを重視すること。
そのため口座などは当然信用金庫になるでしょう。
地域のためということであれば、個人事業主に対する審査、態度なども銀行とは一線を画することになります。
まずは金融機関から借りたいのであれば、信用金庫がベストです。
多分、既に担当者が付いて、入用であればご相談に乗りますという会話も進行していることでしょう。
個人事業主にとってだけではなく、信用金庫にとっても、融資からの完済というのが、理想的な取引関係になります。
開業してからの口座も信用金庫に持つことは個人事業主としての常識範囲です。