ブラック個人事業主はコロナ融資を受けられる?




新型コロナウイルス感染症で大きく減収した個人事業主に対しては、様々な融資の紹介がされています。
連日更新される情報ですが、個人事業主の場合は、持続化給付金が上限100万円というのがわかっているコロナ融資です。

持続化給付金

売上が前年度同月比で50%以上減少している個人事業主が対象です。
事業収入から前年同月比50%減った部分に12ヶ月分かけた金額です。
個人事業主では100万円が上限であり、中小企業では、200万円となっています。
この給付金は、貸付ではなく、個人信用情報の内容は問われません。
ですから、ブラックリストでも申し込みができるものです。
貸付の形ではなく、返済不要で審査なしです。
詳細はまだ公開されていないのですが、ブラックリストでも対応しています。

個人事業主のコロナ融資

日本政策金融公庫、銀行でも信用保証協会の融資がコロナ融資として紹介されています。
原則的無利息であり、個人事業主も申し込みができます。
日本政策金融公庫では個人事業主対応です。
銀行については、信用保証協会の保証を受けることになります。
この2つの融資では審査ありとのことです。
現在、無利子として普通に利用してくださいというのが、この2つの融資制度です。
商工中金でも対応しているとのことですが、いずれも審査が存在しています。

ブラックリストは審査が難しい?

そこなのですよ。
これらの融資では、普段でも個人事業主対応になっています。
その時には、ブラックリストではとても相手にされない内容です。
特に信用保証協会の保証に関しては、赤字では審査対応になりますが、個人事業主本人が個人信用情報機関での金融事故がある時には、借入ができないです。
ところが、現在はコロナ融資となっています。
そこで、審査基準はどうなっている?ということですが、口コミなどはあまり挙がってこない状態です。
ただ、日本政策金融公庫のコロナ融資に関しては、審査に落ちた、借入ができなかったという報告が届いています。
その時点で、ブラックリストでは借入ができない?という疑惑もあります。

個人事業主にとっても有事

しかし、現実には絶対に借入ができないということは言えないです。
普通の時とは違い、今回は有事のコロナ融資となっていますので、とりあえず書類を集めて申し込みをしてみることをおすすめします。
金融事故の内容だったり、ブラックリストの種類などで借りれる場合もあるかもしれません。
この申し込みの際には、返済計画書をしっかりと添付することがおすすめです。
有事であり、事業としてなんとしても回復するだろうとPRをすることが審査通過の秘訣でしょう。