政策金融公庫コロナ特別貸付を受けられない事はあるのか




新型コロナウイルス感染症の影響で、一時的に資金繰りが苦しくなってしまった。
そんな個人事業主が日本中に湧いています。
半端なくとんでもない数の個人事業主、中小企業がいます。
そこで、国が最初に打ち出したのが、日本政策金融公庫の融資を用意したということです。

新型コロナウイルス感染症特別貸付

現在、日本政策金融公庫の各支店では、この特別貸付の受付を常設として行っています。
そこで申し込みができるのが、最近1ヶ月の売上高が、前年か前々年の同期と比較して、5%以上減少していることが必要です。
新型コロナウイルス感染症が原因で仕事がなくなったり、少なくなって売上高が低くなったという方は、原則的に誰でも申し込みができます。
そして、これが案外と大切な要件ですが、中長期的に、業況の回復が見込まれることです。
要するに、この減額が新型コロナの影響で、この影響がなくなれば、回復する力があることが必要です。

金利に関して

3年目までは、実質無利子になります。
別の申し込みになりますが、3年間で完済では0%の金利です。
3年目からは0.9%になります。
融資としては低金利ですが、そのときに業況回復ができていないと不安です。
しかし、実際には無利子、無担保などに踊らされて、申し込みしてしまう方は多いでしょう。
ここで言います。
先のことは不透明ですが、今は申し込みだけでもしておきましょう。
比較的早い審査をしてくれるのですが。

審査基準は低くしてあるけれど

個人事業主にとっては、日本政策金融公庫の存在はとても身近です。
もともと、中小企業と個人事業主のための政府系銀行として貸付をしています。
ということでは、新型コロナウイルス感染症の影響では、ここは審査基準は低くなっていますというのですが、実は審査落ちの報告もあります。
現在、既に審査通過で一息ついている方もいますが、審査は審査です。
それなりに信用情報で金融事故が多いとか、他の債務が多い時には、審査に通らないことがあると言います。
上記にもありますが、回復見込みがなくてはならない。
そんなことは自分でも予測がつかないのですが、それでも返済計画などをきちんと立てていることが必要です。
日本政策金融公庫の審査では、きちんと提出書類を完全に用意することが必要です。
資金繰りの予想表を今回の融資も加えて作ることです。
この書類がバッチリできている場合とできていない場合では、審査の行方が違うことになります。
日本政策金融公庫では、今回の場合は融資スピードが早いです。
土日対応になっていて、2週間程度での入金が可能になっています。