信用金庫 コロナ融資




個人事業主に対する信用金庫の融資では、国で発表したセーフティネット保証制度が拡充しています。
実質無利子になるこの融資では、個人事業主も事業資金の1つとして検討してみると良いでしょう。

コロナ関連の融資

セーフティネット保証制度では、信用金庫、自治体、信用保証協会が関係します。
実際の融資では信用金庫が行うのですが、信用保証協会の保証が必要です。
自治体では利子の補填と信用保証協会の保証料の負担を担うものです。
今回のコロナ融資の特別審査になります。
そこで、個人事業主としては、お住いの自治体への申し込みも必要で、信用保証協会としても審査することになります。
審査では一部柔軟になっているとは言え、誰でも借りれるものではないと言います。
既に、個人事業主として過去に信用保証協会での借入を信用金庫で行っているときには、融資はスムーズになります。
新規の借入では時間がかかるようです。

初めての信用金庫

今まで信用金庫からの借入をしていない場合では、信用の確立が最初です。
信用金庫の場合、地元優先になりますが、今回のセーフティネット保証制度の前に、個人事業主としての情報なども必要です。

独自の融資

セーフティネット保証融資制度とは別に、信用金庫としての融資も実施しています。
全国の信用金庫で展開していますが、審査も信用問題もそれぞれの信用金庫によって違います。
この信用金庫の融資に関しては、過去の取引内容にもよりますが、たいていはセーフティネット融資制度の利用を勧められるでしょう。
セーフティネット保証融資では無利子になりますが、信用金庫独自の融資では利子が発生します。

今がチャンスかも?

個人事業主にしてみれば、信用金庫の関係が浅い場合も少なくないでしょう。
融資をしたことがないとか、これからも付き合いをしたいと思っている信用金庫に関しては、融資を通じての取引関係が深くなるとも言えます。
個人事業主と言っても、金融機関との強固な関係は必然です。
融資には関係がなかったけれど、コロナが原因で、事業がうまく行かないときには、このときに融資、そして完済していくことでよりよい関係になります。
信用金庫としてもこの機をチャンスと位置づけているとも言えるでしょう。

個人事業主は信用金庫と仲良くしておくと良い

やはりメインバンクとしては、個人事業主では信用金庫です。
融資がきっかけでということでは、コロナ関連融資の利用が最適だと言えるでしょう。
事業にとっては、金融機関では融資対象とすることが、これからの融資にも役立つ行為です。