新型コロナ 個人事業主 融資



コロナ禍で収入が激減した個人事業主や自営業者が即座にお金を入手する方法


新型コロナウイルス感染症の問題によって生活が追い込まれる人も続出しています。健康面に問題を抱えたり、命を落としている人もいる中で言えばまだ幸せという考え方もできますが、健康に生き続けるためにもお金は必要であり、仕事を失ったり、収入が激減している人もまた新型コロナの影響を受けている被害者のようなものです。

しかし、コロナの問題は誰もが影響を受けており、その現実を前に失望するばかりでは仕方ありません。お金がなければ生活できないのは仕方ないことですから、どうにかしてお金を用意する策を考えるしかありません。

そして、これを考える上で覚えておきたいのが補助金や支援金、給付金など今回のコロナ問題を受けて日本政府や自治体、関連団体などが用意しているお金を受けとることが第一ということです。お金を借りることもできますが、そもそもそれ以前に貰えるお金があるのです。

たとえば、最も広く受け取れるのは10万円の給付金です。これは日本に住民票があればだれでももらえます。また、個人事業主や自営業者などの場合には事業を今後も続けるための持続化給付金がもらえます。個人事業主の場合には最高で100万円、それ以外は最高200万円がもらえます。

これらのお金はあくまでも事業のためのお金ですが、事業のためのお金をこちらで補って生活費を事業のために使わないで済むようにできますので、もらえるものはもらっておきましょう。また、政府系金融機関からの融資もありますのでそちらも活用しましょう。

新型コロナの影響を受けた個人事業主やフリーランスであっても借りられますし、その際には無利息で借りられる方法もあります。そして、こうした公的な援助などをフル活用した上でそれでも生活費が足りないという場合には、旧来から生活費を支えてくれる強い味方である銀行カードローンやクレジットカード会社のキャッシング、消費者金融やキャッシング会社などからの融資を検討しましょう。

こちらの場合には利息がかかりますが、公的融資よりもスピーディーに融資してくれるという特徴がありますので、このようなメリットを知った上でうまく活用してみましょう。



コロナウイルスで収入が減って運転資金や生活費が無くなった事業主の救済策とは


日々の生活費にも困るような人が続出しているのが、新型コロナウイルス感染症の問題を受けた実情です。しかし、食費などに困った場合には緊急小口資金や総合支援融資など社会福祉協議会からお金を借りる策がありますが、それ以上に大きな問題になっているのが中小企業や個人事業主など会社規模の小さい組織における資金繰りです。

特にオフィスや店舗があればその家賃や光熱費の支払いがありますし、運転資金や設備投資のための資金などもあり、その資金繰りに困っている事業者は多いものです。これはフリーランスや個人事業主のようにひとりで商売をしている人であっても同様です。休業要請や緊急事態宣言などによって仕事を休んだものの、その補償を受けられない商売の人もいます。

もしも、このような方々がお金の問題で悩んでいるのであれば、その際にはまず持続化給付金を使いましょう。フリーランスや個人事業主であれば最高で100万円、中小企業ならば200万円が受け取れるもので中小企業庁から支出されます。新型コロナの影響を受けて昨年より大幅に収入がダウンしているなど条件はありますが、比較的ハードルは低いため、受け取れる事業者は多いです。

また、同じような制度で持続化補助金もあります。こちらは一部の補助ですが、新業態への転換やテイクアウトをおこなうにあたっての投資などの事業に補助金が出るのです。さらに、それ以外にも家賃支援給付金などもあります。この対象は持続化給付金とほぼ同じで、数百万円のお金を家賃資金として借りられますので、ありがたいものです。

このようなお金以外にも様々な支援策がありますので、まずはそれらの公的な支援や融資などをすべて活用しましょう。また、こうした支援を使ってもまだ足りないケースもあります。新型コロナウイルス感染症の問題は長いこと世の中に影響を与えますので、足りないことも多いのです。

このような場合には、銀行カードローンや消費者金融やキャッシング会社などからの融資を受けることも検討してみましょう。利息はかかりますが、即日融資などもあるためにとてもありがたいものです。



融資でコロナを乗り切る!個人事業主が今すぐまとまったお金を入手する方法


突如として世界を襲った新型コロナですが、今現在は健康面のリスクと同時に経済的な不安を抱えている人も増えています。そして、今となっては巨大な大企業でさえ社員をリストラしたり、ボーナスのカットなどに至っているため、それよりも規模の小さな中小企業や個人事業主やフリーランスなどの立場で仕事をする人はさらに苦しんでいます。

そのために、このコロナ問題において融資や援助を求める人も増えていますが、その受け皿となっているのが政府系金融機関や政府、自治体などです。政府からは補助金や給付金など様々な形で出ています。中でも大きいのが持続化給付金で、中小企業ならば最大200万円、個人事業主やフリーランスであれば最大100万円が受け取れます。

さらに、固定費の中でも大きな割合を占めるのが家賃ですが、これに関しても補助が出ます。家賃額の3分の2を補助してもらえるため、最大で家賃のおよそ4カ月分がもらえる仕組みとなっています。

このような制度を使って新型コロナを乗り越えようとしている人がたくさんいますが、それでもどうにもならないときは銀行カードローン、さらには消費者金融からのキャッシングなどを使ってみましょう。このコロナ禍においてどこの金融機関も柔軟な対応をみせてくれています。

さらに、政府からの給付金や補助金となれば最低でも1カ月ほどは待たされるものですが、こうした民間の業者ならば即日融資もありますので、スピード感をもってお金を用意したいという本当に困った人にとってはありがたい存在になっています。

そのため、政府系金融機関などの融資も利用しつつ、その結果が出るまでに間に合わないというような場合でも、銀行カードローンやクレジットカード会社のキャッシング、消費者金融やキャッシング会社などは有効活用したいものです。

さらに言えば、個人事業主やフリーランスなどの立場の場合、こうした民間の賃金業者がお金を貸してくれるのか不安になるかもしれませんが、その点も安心です。仮に金融ブラックなどであれば銀行カードローンやクレジットカード会社などは厳しいものの、消費者金融やキャッシング会社の中でも小規模なサラ金や街金ならば融通をきかせてくれますので、こちらに相談しましょう。



コロナ禍は給付金や補助金だけでは足りない!事業者がお金を借りる方法とは


新型コロナの問題を受けて全国民に一律で10万円が配られる給付金制度が設けられました。そのほかにも様々な形で個人や企業に対して融資がおこなわれています。

個人のケースでは緊急小口資金として20万円、総合支援融資として最大60万円が借りられる制度などがあります。企業の場合には中小企業や個人事業主の場合には持続化給付金の対象となりますし、家賃を補助してもらえる制度などもあります。ありとあらゆる面で日本政府や自治体などが補助や援助に乗り出しているために、その点ではありがたいものですが、それでもお金が足りない人や企業もまだまだ存在します。

特に企業の場合には出ていくお金も大きいです。また、個人事業主などの場合には収入がイコールそのまま生活費になってくるために売り上げが厳しい中で家族を抱えていると先行きが暗いという方も多いです。

このような状況下で特に個人事業主やフリーランスの方々は悩みを抱えていることもあるはずですが、こうした悩みを解決するためにはやはりお金を借りるのがベストです。政府系の融資もありますが、それで足りないのであれば日頃から個人や中小企業の強い味方である消費者金融やキャッシング会社、銀行カードローンなどを頼りましょう。

これらの中には事業主やフリーランスなどに対して個人的にお金を貸しており、その用途は問わないということもあります。そのためにこうしたお金でどうにか今目の前にある危機を乗り越えるというのもひとつの方法です。

さらに銀行カードローンや消費者金融やキャッシング会社などの賃金業者の中には、個人への融資サービスとは別に事業者への融資プランを用意していることもあります。そのためにこのようなプランを熟知した上で有効活用することも考えてみましょう。

利息はかかるものの、今はそこまで高金利ではありませんし、業者もコロナ禍で問題を抱えた人がたくさんいるのは知っていますので柔軟な対応をしてくれると言われています。さらに、融資までのスピードがとにかく素早く、場合によっては当日の融資も可能なので、その点にも期待してお金を借りてみましょう。



新型コロナの不況をどう乗り越える?個人事業主やフリーランスが融資を得るコツ


突如として世界を襲った新型コロナウイルス感染症の問題ですが、その影響は留まるところを知りません。もちろん、当初も今も健康面への影響が最も大きな問題となっていますが、同時に経済への影響も大きいです。これは個人の生活レベルにも影響しています。

生活をするためには仕事をしなければなりませんが、サラリーマンが職を失ったり、職場そのものが倒産するようなケースも相次いでいます。さらに、大企業であれば大きな影響を受けていますので、中小企業や個人事業主のレベルではさらに大きな影響が生じています。

だからこそ、世界各国の政府は財政出動という形で大金を世の中に投入しており、それは日本でも同じです。何兆円という莫大なお金がコロナ問題への対策に使われています。これによって窮地を乗り切っている人も多いのですが、事業者の中にはそれでも厳しい日々が続いている人は多いです。

人件費や家賃など固定費がかかるような場合には余計にしんどいものです。また、こうした固定費がない個人事業主やフリーランスであっても仕事そのものが激減してしまい、厳しい日々が続いている方が多いのです。

このような新型コロナウイルス感染症の問題に向き合う中で、ひとつの救いの手として覚えておきたいのが融資です。今回の問題を受けて政府系金融機関などからの個人事業主向けの融資もあります。こうした融資を受けることによってしばらくの運転資金としていくこともできますので、簡単に諦めずにお金を借りることを考えましょう。

こうした融資は利息を政府が補助してくれるために実質的には無利息で借りることができます。また、こうした公的な融資以外にも民間企業からの融資もあります。銀行からの融資として銀行カードローンがありますし、消費者金融やキャッシング会社の中には個人や経営者向けの融資をおこなっているケースも多々あります。

こうした民間の融資の場合にはどうしても利息は発生してしまうのですが、審査完了や融資実行までのスピードがとにかく速いという特徴があります。そのために急いでお金が必要なのであればこのケースでの融資を検討しておきましょう。