コロナ融資落ちた 他に方法



審査落ちになるブラックリストとは?

コロナ融資については、日本政策金融公庫、銀行や自治体などでも独自の融資体制をとっています。事業者にとって未曾有の事態のコロナ感染拡大によっての経済活動の停滞では、融資がなければ太刀打ちできない中小企業、個人事業主も多いでしょう。

柔軟審査とは言うけれど

日本政策金融公庫なり、信用保証協会の融資では通常の審査とは違うようです。

事業資金の借り入れ理由として、コロナが原因であれば、大方の審査通過が見込まれる。それは情報にも多いですが、口コミでもそうしたことは言われています。

審査落ちしてしまう原因を知ることで、コロナ融資についてはよく知っておくことが必要です。

ブラックリストのコロナ融資

一番気になるのは、事業者自身の信用情報にあるとされています。

普通は、ブラックリストであることでは事業融資は困難です。コロナで傷ついたと言っても、その前に信用がないことでは、返済ができないだろうと思われるでしょう。

貸付の条件としては、この事業者がブラックリストであることは、審査通過の足かせになることは必然的なことでしょう。必要なのは事業に対してですが、ブラックリストでは、コロナ融資は困難ということです。



口コミにあるブラックリストでも借りれたの報告

ところが、ブラックリスト事業者のコロナ融資の成功例もあります。それは、ブラックリストとは言っても、種類があるのはご存知でしょう。

借りれるブラックリストとしては、過去の債務整理者で、自己破産以外の内容です。任意整理だったり、個人再生などで完済している状態では、信用情報的にはスルーされることがあります。また、返済が残っていたとしても、きちんと順調に対応できることで借りれる場合もあります。

ここは、過去の反省も込めて、きちんと告白していてください。

きっと審査落ちのブラックリスト

それは、現在滞納、遅滞をしている信用情報である場合です。何も返していない、金融機関とも金融業者とも話し合いをしていないケースです。バレないだろうというのは甘い考えです。

また、債務整理の手続き最中で、結論がでていないときです。例えば、弁護士などに相談をして金融業者に受任通知を送付し、裁判所などで審議中のときなどです。受任通知では債権者に返済の義務はありませんが、信用情報上で延滞しているだけです。

そして、債務整理手続きのときには、事業融資の審査は通らないでしょう。社長個人の問題ですが、信用情報的に言えば、ここは借りれないことになります。ブラックリストだから借りれないのはこうした事情です。



ノンバンクのビジネスローンの選択

コロナ感染拡大の影響で、融資を日本政策金融公庫や銀行で借りたい。しかし、審査落ちになってしまうときには、ビジネスローンなどに頼るしかないでしょう。これは通常の流れです。

ビジネスローンのリスク

コロナ融資で言うと、金利の差です。コロナ融資では基本的に金利なしの期間があります。永遠ではありませんが、低金利です。

普通は審査に通らない場合の決算などでも特例貸付になります。コロナで休業して売上が少なくなってしまった。取引先からの仕事が極端に減少してしまい、仕事ができなかった。すべてコロナが原因でありという点では、コロナ特別融資として対応ができます。

審査落ちの事実

理由は様々あります。とても返済ができる事業ではない。証明としてコロナが原因であることはわかりますが、コロナ終息したとしても返済の目処がつかない。それを数字で、理論的に回答ができないなどで審査に通らないことがあります。

事業内容では赤字だとしても説明がしきれないなど、ここは金融機関特有の審査が待っています。



ビジネスローンの可能性

ビジネスローンの場合は、コロナ無関係で事業者の信用情報を元に貸付をします。または、不動産担保ローンなどで、担保がある、保証人の存在があれば、今回の融資対応ができます。この対応で返済の目処も基準が低いです。

コロナで事業悪化であれば、不動産担保ローンによっての契約が多いと言います。コロナ融資が駄目なら倒産しなくてはならない事態でも、ノンバンクのビジネスローンの相談はオススメします。

金利は高い

ビジネスローンは高いです。審査が甘いのですが、返済はきちんと計画的に行うことです。

ただ、例えば、ビジネスローンでの借り入れで、順調に事業展開をしていき、返済ができる。それで、回復できる信用情報だったり、事業内容の改善ができるのなら、それからのコロナ融資の申し込みも検討できます。ただし、そんな簡単なことではない場合もあります。

コロナ融資の審査落ちの原因は1つではありません。審査落ちのときのノンバンクビジネスローンの選択は一応検討しておくことです。

査定だけでも

融資額によりますが、まずは査定や申し込みの契約内容確認は必要です。特に不動産担保ローンの場合では、金融業者によって、借り入れ額が大きく変わってきます。できるだけ、高い融資だとしても、金利の確認が必須です。

コロナ融資審査落ちでは、その後の事業資金獲得が必死の探索になります。



コロナ融資の審査落ちは、欲張りの部分?

コロナ融資の審査落ちの原因として、希望額が高いという内容があります。

質問回答の整合性

例えば、月間100万円の売上高がある事業者が、今回のコロナで売上が減少した。その時の希望額としては、せいぜい700万円程度です。これは、100万円に半年分の資金となります。そして、固定費を含め、○○費用としてほしいという内容です。

このときに、とりあえず1000万円程度貸してと言われたときには、どうしてそこまで必要なのか?と質問が来ます。その時に、不安だからでは審査落ちです。

すべての書類を見たきに

コロナで売上が減少しているのはわかります。

ただし、帳簿上の数字ではおかしな数字があったり、それはかかりすぎという内容があることがの審査落ちです。100万円の売上高に対して、事業内容としては大したかかっていない。経済をしたのなら、100万円では儲かりすぎであり、妥当な売上がほしい程度の数字が必要です。

要するに、このときとばかり借りてしまおうというのは、審査落ちになってしまう。完全に足元を見られることになります。審査担当者は節穴ではないということです。



妥当な金額とは?

コロナ融資の妥当希望額は、毎月の運転資金の3~6ヶ月程度だとされています。融資の申し込みでは、その内容を明らかにしておくことが必要です。

その中には、債務の返済なども含めることになります。条件が良いことでは、多く借りておこうとの目論見もあります。とても心情的には理解ができますが、それはしないことです。

債務超過だとしても

今回のコロナ融資では、債務超過、リスケ中の申し込みも受付けています。というのも、過去のリスケなどはコロナには直接関係はありません。

過去の債務の現状で、返済負担がある。その上でコロナで大変なことになり、融資を受けたいけれど、返済計画をきちんと立てる。その数字で整合性があり、これからの返済計画が納得行くものであれば審査も通ることに。

リスケ中の債務もコロナ融資の借り換え対応も話しに出るなどの総合的なコロナ融資の対象になることもあります。そこで、過去の債務とは別に、今はコロナの影響で借りたい金額を高すぎない融資額で申し込みをすることが必要です。

高い金額で審査落ち

ここで審査落ちしてしまったときには、しばらくは申し込みができません。

コロナ融資だから多めに借りたいではなく、ここは慎重に数字を見極めることで、高すぎない融資額を申し込みをしてください。面談がありますが、返済計画、事業計画などもきちんと回答を用意しておくことです。

リスケでも債務超過でも大した審査落ちにならない理由であることも言われています。欲張らない希望額であることが審査通過のポイントになります。



新規開業事業者は審査は難しい

コロナ融資では、新規事業者に対しては、資金提供はないと考えてください。

開業のタイミングが悪かった

日本政策金融公庫のコロナ特別融資では、1年未満の事業者も審査対象になっています。

しかし、比較対象ができる売上高がない場合、開業してから売上がない上に、コロナでも売上がない。ないないづくしですが、これでは審査に通らないでしょう。コロナ以前では、きちんと業況が良かったという証拠が必要です。

新規事業者でもコロナ融資を受けた方は、きちんと売上があったという数字が残っている場合です。ですから、全ての新規事業者は対象にならないのではなく、あくまでもコロナで減収してしまったという事実があることが不可欠になります。

昨年開業したばかり

個人事業主などでは、12月までサラリーマンで、1月から個人事業主になった。区切りが良いのですが、この個人事業主では、コロナで仕事が少なくなったときには、提出書類としての確定申告書もありません。

また、始めたばかりで比較数字もなく、3月も4月もコロナが影響で売上がないとしても、コロナ融資の対象にはならないでしょう。提出書類も不備がありますし、事業をした上で、コロナが影響で減収してしまったとの証拠がないことになります。

こうした新規の事業者にとっては、非常に厳しい状態になります。



取引銀行と言っても

もちろん業歴が浅い点では、融資対象もないでしょう。信用保証協会にしても、審査対象にもならないです。この場合、唯一借りれるものとしてはむ日本政策金融公庫の創業融資でしょう。

現在は、コロナ融資で多忙な日本政策金融公庫では、創業融資は後回しです。また、創業融資では、創業に際して自己資金が少ない場合も審査は難しいです。コロナで影響はあったとしても、大変な対応になります。

ノンバンクのビジネスローン

新規ではどうしても事業の信用が少ないです。ノンバンクでは、申込者の信用情報を元に審査をします。

甘い審査の中小消費者金融会社もあります。そうしたときには、きっちり高い金利になってしまうことになりますが、今のところでは、この方法の資金調達ぐらいでしょう。

非常に厳しい局面になりますが、新規事業者に対しては、コロナの影響で泣きっ面に蜂状態でしょう。はっきりというと、この場合では最初からコロナ融資の獲得は見込めないでしょう。

生活資金であれば、社会福祉協議会の緊急小口資金などの申し込みがオススメになります。事業資金としてではなく、生活資金として上限20万円程度の貸付ですが。



緊急小口資金の審査落ち?

コロナ融資の1つでは緊急小口資金があります。これは事業者だけではなく、普通に収入がある方でも申し込みができます。

窓口は市区町村の社会福祉協議会ですが、最近では都道府県社会福祉協議会に直接郵送などで申し込みが可能になっています。

緊急小口資金の審査落ち

審査があるの?というのですが、一応存在しています。収入があることが必要であり、コロナが影響で収入が減少したと証明できる振込内容などです。

まずは、この規定にはまっていないと審査落ちになります。あまり審査落ちの報告はありませんが、求職中だったり、嘘の報告ではバレます。

ブラックリストでも借りれる?

ここが多くの口コミでも気になっている方が多いです。結論では、借りれる場合もあるし、借りれないこともあります。

ただ、少なくとも市区町村社会福祉協議会での審査では審査落ちだとしても、持ち一度都道府県社会福祉協議会の申し込みはオススメです。市区町村では審査をしない内容になっていて、福祉資金の一環です。あくまでも収入が減少してしまって、生活ができない状態であれば、生活支援員の対応は、なるべく貸すようにと指導があります。

虚偽申請以外ではそこでの申し込みはできるはずです。現在債務整理手続きしていて、収入があるとまずいなどの場合では審査落ちになります。



コロナとは別の事情

もともと社会福祉協議会では生活福祉資金として、コロナ以外にも生活が苦しいときに相談ができる機関です。あくまでも世帯での収入が必要な場合で、様々な理由で困っているときに話しができます。

通常では普通より審査は困難で簡単に借りれないでしょう。コロナで減収で緊急小口資金は簡単に借りれる。ブラックリストでも借りれる内容もありますが、まれに債務整理手続き中だったり、書類不備での審査落ちになる場合があります。

貸付金は上限20万円

1世帯に対してですが、生活資金が基本です。事業のためにほしいでは審査落ちになることもあります。以前は世帯で債務整理者がいれば審査落ちとの報告がありましたが、現在はそういう事態でも借りれる場合があります。

生活支援員に対しては、コロナ融資との緊急小口資金の審査落ちになったときには、改めて相談ができます。社会福祉協議会の役割としては、本当に生活困窮者を助けるところです。改めて相談もしてください。

審査落ちは少ない

きちんと不正なく請求をしたのなら、よほどのことがない限り借りれるでしょう。1年間据置で、2年間で完済です。キャッシングなどとは内容が大きく違う貸付になります。

どうしても緊急小口資金審査落ちでは、消費者金融会社のキャッシングもありでしょう。その時には、金利が高いですが、仕方がないことになりますが。ちなみにブラックリストであれば、中小消費者金融の借り入れになります。