コロナ対策 融資


仕事もお金も無い!コロナ危機を融資で乗り越える方法


新型コロナウイルスが猛威を振るう中、経済危機も問題になっています。仕事が無くなったり、仕事があっても売り上げがなく収入が激減していたり、勤務先がそのまま倒産してしまったなどという笑えないレベルの悩みを抱えている人がたくさんいます。

このような新型コロナの問題ですが、健康面のキープも重要ですが、やはりお金もなければ健康も維持できないために、お金がない状況を放置するのではなく前に進まないといけません。どういうことかと言えば、融資を受けるのです。要は、お金を借りてどうにか今目の前にある危機を乗り越えないといけないのです。

銀行カードローンやクレジットカード会社のキャッシング、消費者金融やキャッシング会社からの融資など様々な手法がありますが、それ以外にも様々な手法があります。たとえば、今回のコロナ問題では、個人や法人に向けた様々な融資メニューがあります。それは国が税金を投入するなどして支えている制度です。

日本政策金融公庫などがおこなうのは、事業者向けの融資で運転資金や設備資金を低金利や無利息で貸しています。セーフティネットとしての融資も豊富です。さらに、社会福祉協議会などが主体となって個人に20万円を貸し付ける緊急小口資金などもあります。

こうした制度にも審査はありますが、たとえばブラックリストに載っていて、今は通常のカードローンやキャッシング会社などから借りられないような人でもどうにか借りられますし、返済期間も長めです。もちろん、その中身にもよりますが、信用情報を度外視してくれることも今だからこそあるのです。どうしてもコロナ対策でお金が必要ならば、こうした融資も有効活用しましょう。

ただし、こうした公的な融資に関してはどうしても審査結果が出るまでに時間がかかるものです。そのため、時間がないのであればやはり銀行カードローンや消費者金融などを頼ってみましょう。金融ブラックに入っていると借りられないケースもありますが、小規模消費者金融会社である街金などであれば答えも違ってきますので、そのような会社から融資を得ることも含めて検討してみましょう。


コロナ禍で失業や収入源に!この危機を乗り切る融資がある!


日本のみならず、世界で恐怖を与えている新型コロナウイルスですが、これによって失業したり収入源を失った人は国内だけでも既に多数出てきています。また、仕事を失うまではいっていないものの、給料やボーナスの減額などで先の見えない日々に不安を抱えている人もいますし、自営業者や個人事業主などの中には収入が減って来週や来月の生活が不安という方もいます。

このような場合、とりあえずは金策に走らないといけません。どのような方法でお金を得るかは人それぞれ判断のわかれるところでしょうが、最も手っ取り早いのは借りることです。

銀行や消費者金融などがその代表ですが、このコロナ問題の今はそれ以外の選択肢もあります。たとえば、国がおこなう補助金制度による支払いや融資です。国や都道府県、市区町村などつまりは税金を原資としたお金を融資もしくは貰えるようになっています。

10万円を全国民に配る制度は有名ですが、それ以外にも持続化給付金や家賃補助制度などもあります。また、休業補償などもあります。そのほかにも緊急小口資金や総合支援資金などの形で個人にお金を貸してくれるケースもあります。

このような制度はお金を借りるにしても利子担保が不要であったり、返済時に尚厳しい財政状況ならば返済が免除される可能性もあるなど、行政がおこなう制度だからこそあるありがたいルールも設けられていますので、それぞれの制度の細かいルールを調べた上でうまく使える制度があればお金をもらうなり、借りるなりしましょう。

ただし、こうした制度の場合は即日融資や即日貸付ということはできません。やはり、税金が元になっているからこそ審査も厳格です。偽りがないかどうかなどを調べるために、それなりの時間はかかります。

そのため、どうしても急いでいるという場合には、銀行カードローンやクレジットカード会社のキャッシングサービスなどを活用してコロナ対策のためのお金を工面しましょう。どちらにしても諦めることなく、様々な制度やサービスをフルに使用してこの苦難を乗り越えてまた笑える日を迎えてください。


公的融資から民間融資までフル活用してコロナを突破!


今回の新型コロナの問題によってお金で困り果てている方も多くなっています。このような場合、身内や知り合いからお金を借りる方法もありますが、今回はほぼすべての人が影響を受けていますので、厳しいのは誰もが同じで借りたいと申し出ても貸してもらえないことも多いです。そのため、今回に関しては業者から借りるほうが確実です。

ただし、銀行カードローンや消費者金融だけを候補にすればいいのかと言えば、今回はそうとは言い切れません。今回は新型コロナの影響があまりにも甚大であるために、国なども支援に乗り出しています。災害時と同等もしくはそれ以上の対策や救済策が動員されています。補助金や給付金など、様々な形で個人や法人に向けて融資や補助をしています。

ですから、どうしてもお金に困っている際にはこれらを有効活用しましょう。個人に対してひとり10万円ずつ配る制度があり、これは多くの人が受け取ってるでしょうが、それ以外の制度はまだまだ知らない方もいますので、こうした制度も有効活用しましょう。

しかしながら、このような制度の場合には、どうしても審査のために長い時間がかかります。たとえば、緊急の融資として知られる社会福祉協議会がおこなっている緊急小口資金は最大20万円を無利息で借りられますが、こちらも1週間から2週間ほどかかっているケースが多いのです。また、持続化給付金なども一時期は1カ月弱かかっていたケースもあるなど、それなりの時間がかかります。

銀行カードローンや消費者金融からの融資であれば、即日審査や即日融資なども当たり前にありましたが、さすがに税金が元手になっているので書類にミスがないかどうかなどを厳格に調べていますし、申込件数も多いために審査には時間がかかることとなり、お金を受け取れるのも時間がかかります。

だからこそ、スピード重視でお金を用意したいのであれば、銀行カードローンや消費者金融、キャッシング会社などからお金を借りておきましょう。行政からのお金が手に入った時点でこれらを返済するという手法もありますので、スピーディーにお金を融資してほしいのであれば民間企業も活用したいものです。


会社員からフリーランスまで使えるコロナ関係の融資とは


会社員や学生、子供までが影響を受けてしまったのが新型コロナの問題です。日本国内だけではなく世界的にも影響が広がっており、当初は健康面への影響を心配する声ばかりでしたが、それが落ち着いてくると今度は生活が破綻するとの声が多くなっています。

リストラによる失業者や会社の倒産、給与の減額やボーナスカット、売上減少などとにかく大きな経済危機となっています。人が自粛して動かなくなったために同時にお金も動かなくなり、一部の企業以外はほぼ事業をストップせざるを得なくなり、大企業から中小企業までは影響を受けたわけです。学生も学校が休みになったり、アルバイトがなくなったりして収入に影響を受けるなどしています。

このようにあらゆる方面に影響をもたらしたのが新型コロナですが、だからといっていつまでも嘆いていたり愚痴を言っているだけでは仕方ありません。お金がなかったとしてもお金を用意して必要な支払いをおこなわないといけないために、そのために頭を向かわせなければなりません。具体的には、お金がないのであれば借りるしかありません。

たとえば代表的なものは、銀行カードローンや消費者金融などの賃金業者や金融機関からお金を借りる方法です。これはコロナ対策としてというよりもそれ以前からお金に困ったときに助けてくれる存在として重宝されえていましたが、コロナ禍の時代においてもその存在は揺らいでいません。お金に困っている人に対して担保や保証人なども不要でお金を貸してくれます。

また、コロナ対策として持続化給付金や緊急小口資金、特別定額給付金などがあります。こうした制度や国や都道府県などの自治体や行政がおこなっている制度で、お金を貰える制度もあれば借りられる制度もありますので、自分の実情に合わせてうまく使いましょう。

特にお金がもらえる制度に関しては条件さえそろえばお金を受け取ることができますので、お金に困っている中でこれらをスルーする必要はありません。書類を整えた上でお金をもらいましょう。このようにコロナ関連のお金は民間の資金や公的な資金など様々な形でのフォローがありますので、諦めることなく必要なお金を用意しましょう。


お金がないなら借りるしかない!コロナ問題でお金がない人への融資メニュー


コロナの問題によってお金がなくなったとき、頭を抱えているだけでは解決しません。そのため、どうにかしてお金を用意する方法を考えていきましょう。

銀行カードローンや消費者金融などの賃金業者から借りる方法もありますが、今回のコロナウイルスの問題に際してはその前に公的資金を頼ることもひとつの選択肢になります。たとえば、国民全員が一律10万円もらえる制度は申請さえすればお金をもらうことができます。こちらの申請がまだであれば貰えるお金をもらっておくべきです。

そのほかにも、事業者には持続化給付金などもあります。また、個人には緊急小口資金など融資してもらえる制度もあるのです。そのため、まずはこうした制度を熟知した上で有効活用しましょう。

公的な融資なので借りるお金であっても無利息というケースがほとんどです。また、利息を後から補填してもらえるような制度もあります。個人には個人向けの融資がありますし、事業者には数億円単位での融資もありますので、各種コロナ対策として活用しましょう。

さらに、補助金という形でかかった費用の何割かを出してもらえる制度などもあります。事業者向けの制度ですが、リモートワークを整備するための費用や業種転換のためのコストなどの大部分を都道府県や国などが出してくれる制度なので、こちらも活用しておきましょう。

しかしながら、これらの制度のほとんどは適用されるための条件が厳格です。さらに申込者や希望者も多数いるために審査のための時間が長いというデメリットもあります。

そのために、急ぎでお金が必要ならば以前から強い味方として存在している銀行カードローンや消費者金融などの賃金業者を頼ってみましょう。すでに利用したことがある方であればわかるように即日融資というスピード感ある対応をしてくれるために、急いでいる人にとってみればとてもありがたい存在になるのです。

それぞれに長所と短所がありますので、今の自分が何を求めているのかを落ち着いて考えて、より良い選択肢をセレクトしてください。