コロナ禍で生活資金が足りない場合の融資



コロナ禍での経済的窮地から脱出するための支援策や融資策をコンプリート


新型コロナウイルス感染症の広まりによって、世の中には様々な影響が出てきています。大企業であっても店舗を閉鎖したり、人員削減をおこなったりしているほどに景気への影響も大きくなっています。

大企業でもそのような状態ですから、中小企業や自営業者として働く人々にとってはさらに厳しいものがあります。そのため、今は生活費にも困っている人が国内に多数います。お金がなければ家賃の支払いや住宅ローンの支払いなどもできませんし、光熱費の支払いなども困ります。また、教育資金なども困りますし、食費も困ります。

このような状態で今現在悩みを抱えている方は、政府や自治体が用意しているコロナのための補助金や融資を頼るべきです。10万円の一律給付のほか、100万円や200万円を受け取れる持続化給付金などもあります。

こうしたお金の中には事業者のためのお金もありますが、特に個人事業主やフリーランスの場合には日々の交通費や家賃などは大きな負担ですから、こうしたお金も含めて有効活用しましょう。

さらに、金融機関から実質無利息での融資を得ることもできます。そのほかにも、いつの時代にも心強い味方になってくれるのがキャッシング会社や消費者金融、銀行カードローンです。コロナ禍で生活資金が足りない場合の融資としては、こうした民間からの融資も有効活用しましょう。

コロナ禍に関係なく日頃からお金を貸してくれる心強い味方ですが、このコロナにおいてもすでにお世話になっている方が世の中にはたくさんいます。また、こうした賃金業者からのカードローンやキャッシングはまず融資枠をもらえて、その上で必要なお金だけを融資してもらえるので無駄に借りすぎません。

あるいは、即日審査や即日融資などスピード感が桁違いなことも魅力のひとつです。そのため、とにかく今日明日の生活費に困っているというようなケースや、今月末の家賃支払いがどうしても間に合わないというような場合でかなり急いでいるのであれば、こうした業者から借入を受けることもひとつの方法として検討しておきましょう。



コロナ問題で生活していく資金さえなくなったときのお金の用意の仕方


経済への大きな影響も問題になっているコロナ禍において、会社や職場での様々な苦労もありながら、同時に家庭でも日々の生活費に困ってしまう人が出現しています。生活保護を受ける人が増加しているなどのニュースもあることから、その影響はあらゆる地域あらゆる世代に波及していることがわかります。

もちろん、健康でいてこその生活なので、まずは新しい生活様式に従って身の安全を確保したいものですが、その上でお金の問題にも向き合いましょう。

今回のコロナ問題では日本政府も全国民に一律で10万円を配っているほか、お子さんがいる場合には小学校休業等対応支援金などを用意していますが、それでも足りない人はまったくお金が足りていないはずです。しかも、会社の経営悪化によるボーナスの不支給や自営業者などの売り上げ減少によって困っている人も多いのです。

このような場合には、お金を借りることも選択肢に入れておきましょう。コロナ禍で生活資金が足りない場合の融資として、政府や都道府県が用意している特別な融資も豊富です。日本政策金融公庫など政府系金融機関からの実質無利息の融資や民間の銀行からお金を借りても政府が利息を補ってくれるシステムなどがあります。

そのほかにも個人に対して緊急小口資金や総合支援資金などもありますので、こうしたお金を借りるのもひとつの手です。さらに、これらの緊急小口資金などのお金は社会福祉協議会から借りられるお金ですが、返済開始時になおも生活が困窮している場合には返済が免除になることも決まっており、場合によっては給付金のような形でお金を受け取れる場合もあるのです。そのため、うまく活用して生活を乗り越えましょう。

また、コロナ禍で生活資金が足りない場合の融資としては、コロナ禍の以前から重宝することが多い消費者金融やキャッシング会社からの融資や銀行カードローンやクレジットカード会社などの融資を使うのもひとつの手です。こうした様々な融資方法がありますので、新型コロナウイルス感染症の問題によってお金に困った際にはそれぞれを必要に応じて活用しましょう。



新型コロナ感染症問題で窮地!生活費を借りる際のちょっとしたコツ


コロナ禍によって、日々の生活資金が足りない個人や家族が世の中には増えてきています。

自営業者や個人事業主などは日々の売り上げがそのまま収入になるため、仕事がうまく回らずに困っている方も多いのです。さらに、サラリーマンであっても会社が倒産してしまうケースやリストラに遭ってしまうケースなどもあります。また、雇用は維持されてもボーナスカットや給料の削減、さらには残業手当があったからこそ維持していた生活が残業の削減によって苦しんでいるケースもあります。

コロナ以前とコロナ後では生活が大きく変わり、新しい生活様式という言葉も生まれていますが、お金の面でも前後で大きく状況が変わってしまい、頭を抱えている人がたくさんいるのです。そのため、このような状態によって悩みを抱えているのであれば、とにかくあらゆる手段を尽くしてお金を用意しましょう。

国レベルでも、とんでもない規模の予算を投入して個人や企業の明日を守るために様々な手段を講じています。代表的なものは、国民1人当たりに一律で10万円を配る特別定額給付金です。こちらはすべての国民に等しく配布されるもので申請さえすればもらえますので、手続きがまだなのであればすぐに申請しましょう。

また、学校が休校になったことで、その保護者には子育て世帯への臨時特別給付金や小学校休業等対応助成金などがあります。そのほか事業主に対しては家賃支援などもあります。

また、お金を借りる融資メニューもあります。都道府県の社会福祉協議会から緊急小口資金や総合支援資金などを借りることもでき、緊急小口資金の場合には20万円、総合支援資金の場合には最大で60万円を借りることができます。

このような行政サイドからの融資もコロナ禍では豊富ですが、それ以外に以前からある銀行カードローンやクレジットカード会社のキャッシングなども重宝している人が多いです。こちらのカードローンやキャッシングなどの場合には利息はかかりますが、スピード審査をおこなってくれます。役

所からの融資の場合、1カ月や2カ月待たされることもありますが、賃金業者ならば即日融資もあります。だからこそ、コロナ禍で生活資金が足りない場合の融資を求めているのであれば、こうした手法も検討しましょう。



できるだけ利息をかけずにコロナを乗り切るためのお金を借りたい!


コロナ問題によってお金が手元になくなってしまったものの、生活を維持していかなくてはいけません。そのため、コロナ禍で生活資金が足りない場合の融資を検討している方も多いはずです。しかし、できれば負担のない形での融資を得たいと考え、無利息での融資を希望する方も多いはずです。

これに関しては役所や自治体、日本政府などが母体になっている融資メニューであれば実現します。社会福祉協議会から緊急小口資金や総合支援資金などを借りられますが、これらは保証人も不要ですし、利息もありません。また、借りてすぐに返済がスタートするわけではなく、1年間の据え置き期間がありますので、借りたあと1年間は返済のことを考えずに済むのです。

事業者がお金を借りる場合には、日本政策金融公庫などが新型コロナウイルス感染症特別貸付をおこなっていますので、こうした融資も有効活用しましょう。ただし、特に日本政策金融公庫などからお金を借りる場合には、政府系の金融機関でもあることからその審査には時間がかかることを覚悟しましょう。場合によっては数カ月待つこともあるのです。

そのため、本当に緊急でお金が必要になっているなど、とにかく急いでいるのであればコロナ禍に関係なく、以前から個人や事業者に対してお金を融資してくれているキャッシング会社やカードローン会社などを有効活用しましょう。無利息とはなりませんが、スピーディーに対応してくれます。

申し込みをおこなってその日のうちに審査結果を通知してくれたり、融資そのものもその日のうちにおこなってくれるケースが多いのです。だからこそ、こうした方法で当面の生活費を工面することも考えましょう。

さらに言えば、政府の融資を最終的に得るにしても、それまでのつなぎとして消費者金融やキャッシング会社などからお金を借りるのもひとつの方法です。中に初めての利用であれば一定期間だけは無利息でお金を貸してくれる業者もあります。そのため、その間に政府からの融資を決めて返済してしまえば実際には無利息となりますので、このような方法も考えていきましょう。



行政の援助と民間の融資をフルに使ってコロナ禍を乗り切りたい!


新型コロナウイルス感染症によって仕事を失ったり、給料収入や事業収入が著しく減ってしまい、生活に困窮している人は多くなっています。

このような問題に当事者として向き合わなければならない方々は今現在頭を抱えていることと思いますが、様々な救いの手があることも忘れないようにしましょう。たとえば、社会福祉協議会から緊急小口資金や総合支援資金などの形で20万円や60万円のお金を融資してもらうこともできますし、手続きも簡略化されていますのでうまく使えば相当助かります。

さらに、返済時に非課税所得にあるなど生活の困窮が継続していれば返済が免除されるルールもありますので、実際にはお金をそのまま受け取ることができる方もいるのです。もちろんそれはケースバイケースですが、その可能性があるためにお金を借りるのであればひとつの方法として検討しましょう。これらの融資は無利息ですからその点でもありがたいものです。

事業者には持続化給付金などがあります。中小企業ならば最大200万円、個人事業主ならば最大100万円が受け取れるのです。日本政策金融公庫などから無利息での融資を受けることも可能です。また、お子さんがいる家庭の場合には子育て世帯への臨時特別給付金や小学校休業等対応助成金なども用意されています。

これだけの融資や支援を用意しなければならないほどに、それぞれの業界が経済的に厳しい状況に追い込まれていると言えますので、コロナ禍で生活資金が足りない場合の融資や支援策を探しているのであれば、こうした公的なシステムも活用しましょう。ま

た、急いでいるのであれば民間の銀行や消費者金融やキャッシング会社などからお金を借りるのも有効的です。とにかく融資の実行までのスピードが速いのが特徴ですから生活費に困っている場合にはありがたいものです。

このようにそれぞれ特徴がありますので、こうした民間の融資と公的な融資を併用して、コロナによる困難を無事に乗り切ることを考えてみましょう。