信用金庫でコロナ融資



信用金庫でコロナ融資はどうなの?

コロナ感染拡大の影響で業況悪化で融資をしたい。

個人事業主はメイン銀行が信用金庫の場合が多いでしょう。懇意に取引しているのなら、コロナ感染拡大で事業が厳しいとなったときには、営業マンが来た方もいることでしょう。

営業マンはこなかったけれど

個人事業主や中小企業者にとっての融資では、信用金庫などの銀行以外にも日本政策金融公庫の窓口があります。

もともと、中小企業、個人事業主に多くの融資を提供しています。今回のコロナ融資に際しても、いち早く日本政策金融公庫のコロナ融資があります。ただし、同時に信用金庫などの民間銀行でもコロナ融資対応をしているとのことです。

そして、日本政策金融公庫のコロナ融資と銀行のコロナ融資は内容は同じです。

内容の違いとしては

信用金庫でのコロナ融資では、セーフティネット保証4号と5号、危機関連保証になります。どの融資になるかは、前年同月比の減収の差がありますが。

このとき信用保証協会の保証付きの融資になります。信用金庫が借りるのが良いのは、過去に信用金庫からの融資を受けた方です。

日本政策金融公庫も審査はありますが、信用金庫と融資の関係がある、信用保証協会の利用をしていることで、審査が早いです。そこで、懇意取引の信用金庫があれば、ここは申し込みは検討してください。



融資担当者との審査

信用保証協会の保証付き融資ですが、信用金庫での申し込みでOKです。役所で認定なども受けることになりますが、信用金庫で行うなどの対応になっています。

セーフティネット関係のコロナ融資の申し込みをしたいときには、直接信用金庫で内容を確認してみてください。信用保証協会の過去の審査があれば、コロナ融資対応になるだけです。融資担当者との面談では、いくら借りれるか?保証料全額補助になっています。

ただし、信用保証協会の保証の枠が変わります。審査そのものは、過去の信用保証協会の審査内容や現在の業況もあります。一応はコロナで大変だから融資希望ですが、審査は存在しています。

過去は借りれたけれど、今度は借りれないとのケースもないとはいえないです。信用保証協会の融資を利用していた事実があることで、審査の最初、スタートなどは早いということです。

日本政策金融公庫と比較すると

過去に信用金庫で融資を受けたことがあるのなら、銀行申し込みが妥当です。そして、信用保証協会のコロナ融資として、有利な内容で借り入れを検討してください。

ちなみに、日本政策金融公庫のコロナ特例貸付も同時に申し込みも可能です。



柔軟審査でリスケ後、債務超過でも借りれるらしいけれど

信用金庫ではコロナ融資として、原則的に信用保証協会の保証付き融資になっています。

審査はどうなっている?

普段、信用保証協会の融資と言えば、審査も難しいです。信用保証協会は公的保証の機関であり、銀行としては信用保証協会の審査があるからと安心です。

今回のコロナ融資では、多くのコロナ感染拡大で事業がうまくいかない個人事業主や中小企業を救う策として、柔軟対応になっていると言われています。要するに、いつもの信用保証協会の保証付き融資とは審査は違うというものです。いつもの審査では、返済能力が高いことを求められるのですが。

コロナ融資の審査基準

コロナ以前は、きちんと事業が行われていることが基本だと言われています。

このきちんとというのは、たとえ融資があったとしても返済ができている。売上が上がっていて、コロナがなければ大丈夫ということです。コロナがなかったのなら、事業の継続も売上も保証されている事実です。

こんな場合でも

直前でリスケしました。信用保証協会での保証付き融資を受けた直後です。

このような個人事業主だとしても、コロナ融資の対象になります。売上が多少不安があるとしても、既に債務超過でも、なんだったらコロナ融資に借り換え対応もしますという内容です。

普段では審査基準がこんなに柔軟ではありません。この点だけが大きなポイントになります。



業況悪化のタイミング

とはいえ、直近で融資を受けてからのコロナ融資では、返済額の負担も大きくなります。リスケ後のコロナ融資では、なにかと不利になりそうなことですが、審査通過の報告があります。

また、設備投資が必要な場合では、コロナ融資の内容も大きくなってしまう。リスケ後の返済負担の大きさで躊躇してしまう個人事業主も少なくないでしょう。

借りれるけれど

債務超過、リスケ後の信用金庫のコロナ融資対応では、改めて返済負担はある程度覚悟が必要です。

コロナ融資では、信用保証協会の保証料全額補助であり、利子もゼロです。今まで、金利がある融資でも返済負担は小さくはなります。

計画的にコロナ融資を

正直言って、コロナの影響で事業が大変ですが、既に融資もあり返済も負担が大きい場合もあります。

ただ、今回のコロナ禍に関しては、中小企業や個人事業主だけではなく、大企業も同様の懸念があります。融資の返済に関しては、慎重な返済計画、事業計画を練り直すことも必要でしょう。もちろん審査では、このようなことも配慮されることになります。

負担は当然大きくなっていくのですが、今融資を受けなければ倒産してしまう、破産してしまうのなら、負担大だとしても、検討してください。リスケ後の個人事業主などでは、借りれるとわかっていても、コロナ融資はどうしようという方も多いことでしょう。



個人事業主は信用金庫と密にしておくことでコロナ融資も有利になる

 
個人事業主として事業している方で、信用金庫などとお付き合いがないときには、コロナ融資は日本政策金融公庫のコロナ特例貸付がオススメです。

信用保証協会の保証付き融資

今回のコロナ融資を信用金庫で借りると言うとき、信用保証協会で金融機関経由になります。借りたい信用金庫、銀行に信用保証協会に申し込みをするということです。

ここで、いつもの信用金庫であれば対応は早いです。お金を借りたい、コロナで事業がうまくいかないことで、信用保証協会のコロナ融資対応になるでしょう。口頭だけではなく、減収の幅によって、危機関連保証、セーフティネット4号か5号のコロナ融資の紹介になります。

あとは審査次第です。これがスムーズにできるのは、個人事業主も信用金庫も互いに事情がわかっているからです。



信用金庫と言っても

既に口座がある程度、これから口座開設してからコロナ融資を借りたい。これでは、コロナ融資対象はできないことはありませんが、時間がかかります。

通常の信用保証協会の保証付き融資では、審査などに時間がかかります。融資しても返済ができると判断されることで、借りれることはありますが、時間がどうしてもかかってしまいます。また、信用金庫のプロパー融資、頃な融資として対応していたとしても、過去の取引実績がなければ、こちらも時間がかかることでしょう。

初めての融資が、コロナでは時間がかかっても良いのなら、信用金庫にこだわる。それより、日本政策金融公庫のコロナ特例貸付の方が審査は早いとされています。

個人事業主としてやっておくこと

これは、アフターコロナで検討もありますが、個人事業主として事業していくことでは信用金庫などと懇意にしておくことです。

それは、個人事業主としての屋号口座開設だけではなく、なんとなく設備投資などで、信用保証協会の保証付き融資をしておくことでしょう。これは、事業経営上で、金融機関としての信頼関係としては、融資しても完済ができる事業であることでは、大きな信頼が生まれることになります。コロナ事態は、予想のできないことです。

事業と銀行、融資の関係では、信用保証協会の保証付き融資の審査通過というのは、大切な事業対応になります。何もないけれど、融資を受けて信頼を作っておく。コロナのような有事があれば、簡単に融資先として選択ができる。日本政策金融公庫のコロナ特例貸付より、懇意金融機関があれば、その方が簡単融資になります。

信用保証協会で保証が受けられるのなら、信用金庫も安心して融資ができることになります。



融資と金融機関の関係について

コロナ融資をきっかけに信用金庫に申し込みをするときには、新規で困難です。しかし、不可能ではありませんが、時間もかかりますし、提出書類も多いです。

そもそも信用保証協会の審査が大変

実は、普通信用金庫で対応している信用保証協会の保証付き融資に関しては、審査が厳しいとされています。

個人事業主などでは、業績ももちろんですが、売上が持続しているだけではなく、事業計画や返済計画などをきちんと作っているなどの事実も必要です。これは、個人事業主としても事業の自覚があり、融資のことをきちんと検討していることの証明になります。

信用保証協会としては、審査を主に行っているのが業務です。時間をかけての審査です。現在、コロナ融資が殺到していて、新規の申し込みは回避したいのも確かなことでしょう。それが、取引していない信用金庫にコロナ融資の申し込みは難しいとのことです。

コロナで業況悪化

コロナ以前の業績がきちんとある。数字的には、問題がない。たまたまのコロナで業況が悪いだけ、コロナ融資があれば、回復ができる。信用保証協会のセーフティネット保証では、コロナだけが悪者であることが不可欠です。

ところが、コロナ以前も業況が危ない場合では、借りれないのでしょうか?



そこが金融機関との信頼関係

懇意取引信用金庫がコロナ融資が有利になるのは、過去からの信頼です。

融資も受けた後ですが、うまく回転していくことでは、制度資金で対応ができる。この個人事業主では、うまくできるとの信頼があることで、コロナ融資対応になります。これが、過去に融資実績がなければ、金融機関として個人事業主に対しての信頼がないことになります。

そこで、どうしても新規のコロナ融資では厳しい。コロナで融資が必要という場合でも返済能力が高いと判断されなければ借りれないことになります。信用金庫とうまい関係になっていない場合では、今回の融資では金融機関は選択する必要があります。融資したことがあるのなら第一候補ですが、取引していることが不可欠です。

しかし、個人事業主として銀行と正式に取引したいときには、コロナ融資を機会にした。時間がかかりますが、コロナをきっかけで、信用金庫と強固な関係になった。そんな個人事業主も存在しています。

事業と融資

融資を悪と考える方も多いですが、事業上では、融資は大切なツールです。審査OKであり、完済ができたのなら、信頼関係ができます。

実は、これはとても貴重なことであり、融資そのものは悪ではなく、信用金庫にとってもありがたい存在です。完済が常にできる個人事業主では、超上客ということになります。



信用金庫と日本政策金融公庫のコロナ融資

コロナ融資では、柔軟審査が注目されています。特に債務超過だとしても、別枠でのセーフティネット保証での融資ができます。前年同月比の減収の幅の関係で、減収が大きいとセーフティネット4号の融資の対象になります。

何が違う?

セーフティネット4号では、信用保証協会での100%保証付き融資になります。

信用金庫としては、返済リスクがゼロになります。100%保証では、銀行としては借りてくださいとの対応になります。信用保証協会の審査では、既に債務がある個人事業主であったとしても、過去の債務もコロナ融資の無利子で保証料全額補助の借り入れに借り換えができます。

ちなみに無利子期間は3年間ですが、普通の融資とはお得な対応になります。100%保証付き融資になることで、より個人事業主の事業を救うということが必要になります。

中小企業者も対応していますが、金融機関としては保証付き融資であれば、どうぞどうぞという対応です。

信用金庫で借りたことがない

個人事業主としては、まだ融資をしたことがないときには、日本政策金融公庫のコロナ特例貸付が利用できます。口座などがなく、取引では融資制度だけの日本政策金融公庫になります。

今回は、全国各支店での受付になりますが、銀行とは違う窓口での面談になります。今までも融資はしたことがないし、これからも別に必要がない。単にコロナ融資だけを借りたい場合では、日本政策金融公庫のコロナ特例貸付が良いでしょう。

セーフティネット保証付き融資と内容は同じです。3年間の無利子であり、据置期間が5年間対応です。

時間はかかるけれど

信用金庫では取引がない、融資したことがないとしても借りれることは借りれますが、時間はかかります。

ただし、日本政策金融公庫では融資専門の金融機関です。コロナ融資ではどんどんと受付しています。時間がかかるのは、混雑しているせいもありますが、1回きり、多分コロナ後では借りないという方は、金融機関の選択では、日本政策金融公庫に行くことがオススメです。

普段でも日本政策金融公庫では融資制度があります。融資だけという点では互いに気を使うことはありません。

審査基準について

コロナ融資の審査基準では多少甘めです。しかし、普段の基準では、金融機関並の厳しさがあります。ただ、日本政策金融公庫審査通過では、個人事業主としての信用も高いことになります。

日本政策金融公庫審査通過後で、信用金庫の審査でも高く評価されることになります。信用金庫も日本政策金融公庫もコロナ融資では、内容はほぼ同じです。