新型コロナ 信用金庫 個人事業主



実は信用金庫は個人事業主にとっては強い味方

個人事業主にとっては、コロナ融資の申し込みでは、馴染みの信用金庫があるのなら依頼することはオススメです。

既にコロナ融資と言えば、日本政策金融公庫も受付しています。しかし、過去に融資したことがある信用金庫がある場合はコロナ融資についての問い合わせをしてみましょう。

信用金庫が良い理由

信用金庫の役割は、その地域の金融機関として、得意先を中小企業、個人事業主に手厚いサービスを行っています。

その上で、融資に関しては、今回のコロナ以外では完済能力がある個人事業主であれば、より濃密関係でいたいのは確かなことです。懇意関係であることは地域のためであり、信用金庫としては個人事業主こそ大切な顧客としています。

コロナ融資

コロナ融資では、信用保証協会の融資として提供するものです。その目的は、金融機関と個人事業主の円滑金融のためであり、信用を保証する機関です。

今回コロナの影響では、いつもの保証より柔軟対応が一応担保としてあります。ここで、信用金庫の普段の融資にしても信用保証協会を通すことでうまくいくことが多いです。コロナで疲弊した事業に対して、過去に信用保証協会の保証があれば、コロナ融資もスムーズ審査になります。

今回は、信用金庫としては、保証料も利息も国持ちであり、より融資をしやすい環境にあります。そこで、いつもとは違う内容での申し込みができることから、オススメしていることが多いです。

多くの信用金庫では、懇意のしている個人事業主に対しては、融資の勧誘をしているのは大した負担がなく融資額を募ることができるからでしょう。



一見さんは困難かも?

今まで信用金庫の口座もない。口座はあるとしても、個人事業主としての付き合いはない。過去に信用保証協会の融資もしたことがない一見さんの場合は、信用金庫としても身構えることはあるでしょう。ただし、上記のように負担ない融資になりますので、時間はかかりますが、この機会に懇意にしてほしいという本音はあります。

個人事業主の場合、開業届を出していると、屋号の事業用口座も持つことができ、入金管理なども受け付けることになります。資金調達としては、これからのことを見据えて個人事業主なら信用金庫と付き合いを深くしておくことは、事業にプラスになります。コロナ融資を機会にどうぞというのは、時間のロスはありますがオススメの方法です。

信用金庫は個人事業主の味方

金融機関としては、地元貢献も意味も込めて必要なことです。コロナ関係なく、資金調達先としては、信用金庫の利用価値は高いでしょう。



信用金庫独自のコロナ融資の存在

コロナ融資として民間銀行では、セーフティネット保証の融資を提供しています。信用保証協会の保証付き融資ですが、保証料も金利も3年間ナシの融資になります。それとは別に信用金庫では、独自のコロナ融資の提供もしています。

金利はあるけれど

信用金庫としては、コロナ感染拡大によって、営業地域の中小企業、個人事業主に向けてのコロナ融資を展開しています。早期の対応としては、日本政策金融公庫のコロナ特例貸付後に徐々に提供しているのですが、現在はほぼ全国の信用金庫で独自対応となっています。

信用保証協会の保証付き融資になりますが、どうしても事業資金がほしい方には、セーフティネット保証ではなかなか借り入れができないなどの個人事業主に対しての優遇です。利子はナシとはいかない(当行規定の利子とある)のですが、そんなに高い金利ではないことは予想されます。

対象者

信用金庫の営業地域で個人事業主をしている方たちです。既に、多くの個人事業主では信用金庫とは付き合いがあるとは思うのです。

しかし、最近ではネット銀行口座でやり取りしているなどで、地元の実店舗の銀行は使っていない方も少なくありません。そこで、思い切ってメイン銀行として個人事業主が信用金庫での事業口座を持つことで、コロナ融資のような有事ではとても利用価値が高いとされています。



制度融資以外にも

こうした信用金庫の融資では、信用保証協会の保証付き融資になります。それは、完済見込みがなくてはならないことですが、それでも新規開拓としては、信用金庫としてもありがたいことでしょう。そこでの審査がきになるのですが、コロナ融資では特別の審査になることがあるといいます。

それでも代表者の信用情報は一応確認されることであり、ブラックリストでは厳しいと言います。コロナで事業が大変というだけであれば良いのですが、ここは審査次第ということです。

信用金庫としても最低融資提供ラインとしての金融事故があると厳しいのは確かです。ここは厳しい選択ですが、ブラックリストではない時には、融資選択として信用金庫のコロナ融資にも一応目を向けてみてください。もちろん、日本政策金融公庫などの融資後だとしても相談ができますが。

信用金庫と個人事業主の関係は親密になることでは、この先の融資機会にも大きなメリットは存在することになります。

コロナで融資

コロナでは、今後の事業回復と事業展開に大きな期待がかかります。融資内容もとても柔軟対応になっていますが、信用金庫などでも今回だけは、いつもとは違内容の融資として提供しているようです。

懇意信用金庫がない個人事業主にとっては、口座開設だったり、融資先金融機関としてのチャンスとも言えます。



セーフティネット保証の融資なら信用金庫へ

個人事業主がコロナの影響を受けて、事業資金がほしい時には、日本政策金融公庫、セーフティネット保証の融資を受けることができます。

その時、信用金庫で借りるとしたら、セーフティネット保証になります。制度融資として、保証料ゼロで基本的に無利子での借り入れができるようです。

営業地域で手厚いサービス

信用保証協会の保証付きの融資ですが、市区町村での認定を受けた上での申し込みになります。信用保証協会の保証が必要ですが、信用金庫ですべての手続きができるはずです。

信用金庫は個人事業主にとっては、普段でも大規模融資がないにしても、付き合いとしては良い関係です。売上高が前年同月比で20%程度の減収であると、セーフティネット保証の100%の融資を受けることができることになります。

信用保証協会での審査がありますが、過去に一度でも借り入れ経験があるとより有利な審査になります。その上での信用金庫の融資ができることになります。信用保証協会の利用がない時には時間がかかると言いますが、コロナ融資ではいつもよりは柔軟対応になっています。



個人事業主と信用金庫

営業地域での中小企業者、個人事業主を対象に融資をしているのが信用金庫です。多分懇意になると、事あるごとに営業マンがやってくる。それを仕事としていることでは、コロナ融資が民間銀行での手続きができると報道があると、一気に営業マンがお伺に来たことでしょう。

日本政策金融公庫の融資も良いのですが、この対応は、信用金庫ならではのことです。もともとが、個人事業主を下支えする存在ですが、個人事業主としてもうまく利用してください。制度融資だけではなく、様々な相談もできます。

とにかく相談を

融資の相談先として、個人事業主では信用金庫が良いパートナーになります。できれば、懇意信用金庫があることでは、互いに良い条件になります。

コロナ融資以前に既に借り入れがあるとか、返済中だとしても、今回の有利コロナ融資の借り換えも可能です。このことは、各金融機関にとっては、良い相談先としてのことです。資金調達としても優位な存在になっていますが、セーフティネット保証の申し込みは信用金庫が妥当です。

コロナが原因で事業がうまくいかない、これからの事業についての融資だけど、どの程度の借り入れが可能なのか。突っ込んだ内容の相談もできますが、リスケ後の融資の申し込みだとしても大丈夫とされています。

普通の時の融資とは違いますので、倒産しないためのコロナ融資として検討してください。



融資に抵抗がある

個人事業主がコロナの影響で大きく減収してしまった場合、融資の前に検討してほしいのが持続化給付金です。更新情報として、今年開業の個人事業主も対応することになっています。

給付金の存在

融資は返済しなくてはならない貸付ですが、給付金は違います。国民全員に配る10万円も給付金です。返済も所得にもならないのですが、持続化給付金は個人事業主では最大100万円であり、返済不要ですが、所得に入ります。確定申告が必要な収入になります。

対象者

持続化給付金の申請ができる個人事業主は、その月の収入が前年同月比50%減少であることが必要です。

日本政策金融公庫のコロナ特例貸付では前年同月比5%、セーフティネット保証では20%減少の場合です。しかし、それよりも多く50%以上減少してしまった時にだけ、持続化給付金の申請が可能です。



50%減というのは

個人事業主にとっては、この大幅な減収が大きな痛手になることでしょう。はっきり言うと、大変な減収幅ですが、金額によって大きく差が出ます。

20万円の個人事業主が10万円だった。100万円の上限というのは、この差額に12をかけた数字です。たまたま減収50%の月が1年間続くカモしれないという懸念。この給付金があることで、事業の継続を見込むものです。

上記の差額10万円に12をかけたら、120万円。その時の持続化給付金は100万円になります。50%減収というのが大きなポイントですが、その時に100万円の給付があるということです。

融資の必要はない

持続化給付金があれば、10万円の国民全員の給付金があることで、融資の必要がないという個人事業主も多いことでしょう。できれば、融資してしまうと、返済が必要になる。給付金であれば、返済がないことで助かりますが、次の確定申告をする必要があります。

そこで納税額が大きくなってしまう。持続化給付金をもらって、事業がうまく回転していくことで、収入が倍増してしまう。それはそれで嬉しい悲鳴になりますが、確定申告の上しっかり納税してくださいとのことです。

こんなことなら融資を受けたら良かった?ということもあります。しかし、結果論になっていますので、なんとも言えないことです。

選択肢として両方検討して

持続化給付金の対象者は、絶対に前年同月比50%減でなくてはならない。その数字にいかないことで、泣く泣く融資してしまうというケースもあります。

また、持続化給付金だけではとても不足してしまうと言う時には、コロナ融資、制度融資の利用もOKです。併用も可能ですが、どちらのお金の申請を先に行うかはよく検討してください。一応、両方の利用を検討するのも良いでしょう。

持続化給付金は信用金庫など金融機関も無関係であり、インターネット申請になります。各商工会議所などでは、持続化給付金手続きのサポートなどをしています。2021年1月までの受付になります。



個人事業主のコロナ融資は日本政策金融公庫が先手?

個人事業主としてコロナ融資の必要性がある時には、日本政策金融公庫を選択する方が多いでしょう。今回の制度融資では民間金融機関も対応しています。

もし、個人事業主として借り入れしたいのなら信用金庫がオススメです。地元の信用金庫に申し込みしてください。

コロナ融資で初融資

一応コロナ融資での初めての信用金庫の融資となると時間はかかります。既に、事業口座があり、顔見知りだったり、営業マンが出入りしているのなら、対応は早いかもしれません。

ただ、今回のコロナ融資ではプロパー融資ではなく信用保証協会の保証付き融資になります。そこで、信用保証協会の審査がありますが、そこでも時間がかかります。

セーフティネット保証の融資

時間がかかっているようです。日本政策金融公庫も同様ですが、1ヶ月以上の審査がありますが、初めての融資では、信用金庫でも時間がかかっているとの情報があります。信用保証協会審査もありますが、急いでいると言いながらも金融機関としては頑張っている方です。



提案として

信用金庫の融資では、このコロナ渦中ではなかなか大変ということで、今回は日本政策金融公庫の融資をオススメします。その上で不足してしまった時に信用金庫のセーフティネット保証の信用保証協会付き保証融資をオススメします。

この少し大変な工程ですが、日本政策金融公庫の審査通過というのが、信用保証協会の審査では断然有利だとされています。現在、日本政策金融公庫でも急ピッチでの審査をしていますが、セーフティネット保証よりは早いと言います。

その上、政府系の金融機関としては、融資以外の利害関係はありません。純粋に審査内容としては、申し込みないうと面談だけになります。信用金庫からの融資を取り付けるにしても、日本政策金融公庫を先に選択というのは間違った方法ではないと言えるでしょう。

緊急経済対策として、基本手に日本政策金融公庫もセーフティネット保証も同等の内容の融資になっています。運転資金だけではなく、設備資金としても借り入れができる制度融資になっています。

信用金庫の借り入れでは抵抗がある時には、日本政策金融公庫の支店に直接出かけてみてください。資金調達しなければならない時には、そのほうが早いでしょう。

面談の必要性

日本政策金融公庫にしてもセーフティネット保証にしても面談が必要です。とにかく資金がほしいではなく、目的が必要です。身の丈に合う資金であることも必要ですが、返済のための計画書をきちんと口頭で言えることも審査では大切なポイントになります。