コロナ 特別貸付 日本政策金融公庫 いくら借りられる



政府から借りられる低利息のお金がコロナ禍で困る事業者の味方に!


新型コロナウイルスの蔓延によって、金銭的に厳しい生活を送っている人もたくさんいます。給料収入があってこれまで安定した生活を送っていたとしても、コロナによって仕事を失ってしまったケースなどがあります。また、自営業者や個人事業主などは売上が激減したり、フリーターやパート従業員であれば仕事そのものが無くなってしまうようなこともあります。

このようなとき、日々の生活費やコロナ以前から予定されていた各種支払いなどのために、どうにかしてお金を工面しないといけないのですが、その工面の仕方にも様々なものがあります。身近なもので言えば、クレジットカードのキャッシング枠を使用するケースがあります。これはクレジットカードさえもっていればすでに備わっていることもあります。

さらに、銀行カードローンや消費者金融やキャッシング会社のキャッシングもあります。このような手段はコロナの問題以前から用意されているものなので、今回のコロナ禍においても重宝している人が多いです。

また、もうひとつ覚えておきたいのは、政府系の金融機関からもお金が借りられる制度がコロナ問題のために用意されているということです。日常ではあまりお世話になることもないため、その存在さえ知らない人もいますが、今回は事業者に向けて日本政策金融公庫が様々な融資をしています。

個人向けではなく企業向けですが、自営業者や個人事業主なども借りられます。また、その利息を政府が担保してくれる制度もあります。契約上は利息を自分で日本政策金融公庫に払うものの、それをあとから補填してもらえるのです。さらに、その借りられる金額もかなり大きいです。

カードローンサービスやキャッシングサービスなどの場合には100万円や200万円程度ですが、日本政策金融公庫の場合には事業者向けのローンも多いため、その単位も億レベルです。個人事業主か中小企業かによって限度額は違いますが、コロナの特別貸付もあります。個人であっても数千万円が借りられる制度で、企業となれば数億円を借りることも可能です。

人によって必要としている金額はそれぞれですが、いくら借りられるのかという観点で言えば、こうした金融機関からお金を借りたほうが大きなお金が手に入るために、どうしてもお金に困った際には頼りたいものです。



意外に知らない日本政策金融公庫の存在やその活用術


日本には様々な金融機関がありますが、その中には公的な金融機関もあります。政府系金融機関であり、日本政策投資銀行、住宅金融支援機構などのほか日本政策金融公庫も知られています。この日本政策金融公庫はいくつかの金融公庫がまとまってできたものです。

銀行と言えば、三井住友銀行や三菱UFJ銀行などの民間金融機関は誰もが知っていますが、こうした公的な金融機関もあり様々な形でお金を貸してくれます。民間との違いは様々な点にありますが、どうしてもお金に困っている人を助けるためのお金です。国民生活事業や中小企業事業などがあり、特に国民生活事業では小規模事業者や創業者の支援をおこなっています。

このような規模の事業者となると、メガバンクや地方銀行などにほとんど相手にしてもらえないこともありますが、日本政策金融公庫ならばお金を貸してくれます。そして、今現在の新型コロナウイルス感染症による問題において、財政が厳しい状態にある方々に向けて融資をおこなっています。

平均的な融資額は600万円ほどと事業者に対する融資としては少額ですが、こうしたお金がないと経営的に厳しいという会社にとってはありがたいサービスとなっているのです。だからこそ、コロナ問題によって追い詰められている事業者は、こうした融資を得ることも考えてみましょう。

コロナの問題では特別貸付もありますので、このような制度を有効活用しましょう。お金を借りる行為となりますので、当然ながら審査はあるのですが、民間金融機関よりも融通がきくケースが多いです。また、コロナ問題においてお金を借りる場合には利息補給という形で政府が利息分を補助してくれますので、実質無利息での融資も可能です。

いくら借りられるかはケースバイケースですが、個人事業主などが活用できる国民生活事業であっても、数千万円単位の融資も用意されているなどかなりの上限額が設けられています。

そのために事業性資金に困った際には、こうした公的な金融機関からの融資も検討しておきましょう。もちろん、民間金融機関から借りられるのであればそちらで借りてもいいのでしょうが、厳しい答えが来た際などには検討しましょう。



コロナで困った中小企業や個人事業主の運転資金や設備資金を貸す政策金融公庫


世界に広がってしまっている新型コロナウイルス感染症の問題ですが、この感染症は経済面からも世界を追い込んでいます。特に中小企業など零細企業や個人事業主などの小規模事業者です。持続化給付金などの支援や家賃補助などの支援はありますが、それでは足りない方も多いです。

このような場合、お金をもらうだけではなく借りることも考えていきましょう。そうは言っても、近場の金融機関はなかなか頼れないという会社も多いでしょうし、ノンバンクから借りるのはリスクが大きいと考えてしまってなかなか手が出せない事業者も多いはずです。

このようなときに目を向けたいのが政府系金融機関です。日本国という存在から借りるとも言えます。そのような融資があること自体あまり知らない人も多いでしょうが、そのひとつとして存在しているのが日本政策金融公庫です。

日本政策金融公庫では、常日頃から零細企業や個人事業主などにお金を貸していますが、今回のコロナ問題においては新型コロナウイルス感染症特別貸付を用意しています。設備資金は20年以内の返済で運転資金は15年以内の返済となっており、そのうち据え置き期間が5年もありますので、今借りたとしても最長で5年間は返済がなく、そのあとに返済をおこなうため、経営を立て直してからの返済も可能です。また担保は不要です。

コロナの影響を受けて売り上げが減っているなど貸付を受けられる条件がありますが、融資限度額は6億円とかなり大きいのも特徴です。もちろんこれは限度額であり、いくら借りられるかはケースバイケースですが、まとまった金額を借りたいという場合でもありがたいものです。

さらに利子補給制度があり、実質的には無利息で借りることも可能となっています。そのため、今現在新型コロナウイルス感染症によって事業の継続が厳しい場合や様々な支出に備えてお金を用意したい人などは、日本政策金融公庫の新型コロナウイルス感染症特別貸付のお世話になることを考えてみましょう。ネットからの申請も可能ですからまずは相談してみましょう。



数千万円から数億円の融資もある日本政策金融公庫のありがたみ!


個人が個人的なお金を借りる場合、銀行カードローンやクレジットカード会社のキャッシング、消費者金融からのキャッシングなどがあります。これらは100万円などを限度額にお金が借りられます。

しかし、個人であればこのような次元のお金で済みますが、企業となると桁違いです。数千万円から数億円のお金を融資してもらいたいと考えるケースもあります。実際、大企業になれば100億円や1000億円などのお金を借りることもあります。中小企業などの場合はそこまで大きくないものの、それでも数千万円レベルのお金が必要になることもあるものです。

こうした際に、都市銀行や地方銀行や信用金庫などを候補に融資を検討する人もいますが、新型コロナウイルス感染症によってあえぐこの世界情勢の中では、もうひとつ頼っておきたい金融機関があるのです。それが政府系金融機関です。具体的には日本政策金融公庫です。

日本政策金融公庫という名前を聞いたことがあってもよく知らない人や、その名前をまったく聞いたことがないという方も多いはずですが、かなり役立ちます。特にこの新型コロナウイルスの問題であえぐ今、企業にとってみればありがたい存在です。

新型コロナウイルス感染症特別貸付という形で最大6億円の融資をおこなっており、運転資金のほか設備資金にも融資してくれます。さらに無担保でお金を貸してくれるため、経営者にとってみればとてもありがたいです。また、個人事業者にもお金を貸してくれます。いくら借りられるかという部分では差がありますが、こちらも無担保で可能です。

個人事業主ともなると、民間の金融機関はなかなか相手にしてもらえず、コロナの問題があって金策に走っても思うようにお金が手に入らないということのほうが多いのでしょうが、日本政策金融公庫の場合は平時から中小企業や小規模事業者、さらには創業企業などを支援するための融資をおこなっていますので、頼り甲斐があります。

そのため、お金に困って頭を抱えているのであれば、新型コロナウイルス感染症特別貸付を使ってお金を借りることを考えてみましょう。



新型コロナ感染拡大でお困りの事業者が最初に頼りたい金融機関とは?


世界に影響が広がっている新型コロナウイルス感染症の問題ですが、健康面の不安以上に経済の不安を抱える人も増えています。給料が払えずに解雇となったり、会社そのものが倒産したり、新規採用を止めたりと、コロナ問題は完全に経済問題になっています。だからこそ、頭を抱える経営者は多いです。

そして、大企業でさえ厳しい状況にあるため、規模の小さい中小企業や小規模事業者などはさらに大きな打撃を受けています。このような状況を打開するため、しばらくの運転資金を確保したいと考えているのであれば、日本政策金融公庫の新型コロナウイルス感染症特別貸付を有効活用することも考えてみましょう。

日本政策金融公庫は政府系金融機関であり、国の銀行のようなものです。そのため、様々な制度が民間金融機関よりも優れているのです。たとえば担保は不要ですし、新型コロナウイルス感染症特別貸付に関して言えば利息補給という形で実質無利息の状態にもなります。だからこそ、安心して様々な事業者がお金を借りられます。

また、多くの場合には厳しい対応をされてしまうのが個人事業主ですが、日本政策金融公庫ではこうした方々にも融資をおこなうのです。逆に言えば、大企業などは相手をせずに中小企業や小規模事業者など、お金に本当に困っている方々の力になってくれる金融機関とも言えます。

そのため、どうしても日々の運転資金や今後のビジネスのための設備資金が必要なのであれば、こうした制度を有効活用して新型コロナウイルス感染症を乗り切ることを考えてみましょう。

さらにいくら借りられるのかは重要なポイントですが、審査によってその上限額は変わるものの、最大で6億円が借りられます。場合によっては民間金融機関よりも大きい額が借りられるのです。

正直、中小企業や小規模事業者を相手にいきなりこれだけのお金を貸す金融機関は民間には皆無です。しかしながら、政府系金融機関だからこそこのような融資が可能になるのです。もちろん、すべては審査次第ですが相談しておく価値はある制度です。