デポジット型クレジットカード

ライフカードデポジット型について

ライフカードの中でデポジット型は審査落ちがないとの口コミがありました。ライフカードはクレジットカードですが、本当なのでしょうか?

審査落ちしない理由は?

ライフカードデポジット型というのは、クレジットカードの入会のときに保証金を支払います。デポジットとは保証金の意味があります。

要するに、保証金を預けることで、クレジットカードが使用できるというものです。保証金があることで、延滞遅滞の恐れがない。貸し倒れを予防できることで、とりあえず審査は通ります。

ライフカードで見てみると

ライフカードは3種類のクレジットカードがあります。普通のライフカード、ライフカードゴールドは2種類あります。

ライフカードでは10万円まで、ライフカードでは20万~90万円、もう一つは100~190万円の限度額です。年会費として、5,000円~20,000円となっています。保証金を収めることで利用金額が保証されることになります。

これがデポジット型のクレジットカードになります。保証金の額は限度額と同じ分預けることで、利用ができます。

ゴールドカードの場合は、預けられる金額によって限度額が変わることになります。保証金に関しては、ライフカードでは最低10万円ということになります。

ライフカードとは?

信販会社として、ライフカードでは審査基準が比較的甘い方です。どうしてもクレジットカードの審査落ちが続く方、ライフカードも持てないというのなら、デポジット型クレジットカードがオススメです。

クレヒスが良くなくてクレジットカードの申し込みができない。しかし、どうしてもクレジットカードが必要なシーンがあります。デビットカードでも良いだろうとの口コミもありますが、実際にはクレジットカードでなければならない方もいます。

普通のクレジットカードと使い方は同じで、デザインも同じです。対外的に自分はクレジットカードを使っていますということを公開するためにも、実はブラックリストだとしてもライフカードを持つことができます。

ちなみに、キャッシング枠の付帯はできないショッピング専用カードです。審査落ちでクレジットカードがどうしても持てない方でも、ライフカードでは10万円ご用意できれば、すぐにクレジットカードを作ることができます。

デポジット型での10万円での保証金付きで、クレジットカードを使用することができるということ。一般カードが10万円ということですが、ブラックリストでこの金額の用意ができるのなら、ライフカードもしっかりと持つことができます。

デポジットの目的とその効果

デポジット型ライフカードの目的は、もともとライフカードの審査落ちした方を対象にした商品でした。それが、今では一般にデポジット型クレジットカードとして申し込みができます。

審査落ちした人のためのクレジットカード?

ライフカードのホームページでは、はっきりと審査に不安がある方や過去に延滞遅滞がある方にもおすすめとあります。

何?完全なブラックリストを意識した言葉ではないか?ということでは、このデポジット型クレジットカードが普通のクレジットカードとは違うということを意味しています。

審査がない?

デポジット型クレジットカードの申込条件では、20歳以上で電話連絡が取れる方です。そして、所定の保証金の用意ができる方です。

ライフカードの場合は最低10万円です。また、必ず年会費がかかります。最初は現金での支払いですが、ライフカードでは最低5,000円です。年会費無料ではありません。必ず、保証金と年会費を収めることで手にすることができます。

申込の条件がこの点だけですから、専業主婦も学生もすぐにクレジットカードを手にすることができます。

10万円ってどうなるの?

ライフカードの一般カードの限度額は10万円です。そして、普通のクレジットカードの場合は、年会費無料であり、審査を受け通過次第使用ができます。

ところが、クレヒスが悪い、収入がない場合では審査に通らないでしょう。そこで、デポジット型クレジットカードで10万円の保証金での契約ができます。この10万円ですが、普段はもしクレジットカードの支払いが滞ったときに代用されるものです。

デポジット型クレジットカードの使い方としては、普通のクレジットカードと同じです。ショッピング専用カードですから、お買い物に利用して、毎月決まった返済をします。

ところが、どこかで返済できないときに保証金から支払いをするというものです。そんなことなく、順調に返済をしている場合は保証金はそのままです。そして、解約のときには、預けた金額が戻ってきます。もしものときの保証金であり、できれば手つかずの状態キープが理想です。

ブラックリストにとっての最後のクレジットカード?

ライフカードでは、それでもクレジットカードを持ちたいというブラックリストに対しての苦肉の策です。その証拠に、デポジット型クレジットカードのデザインは一般のクレジットカードと同じです。

要するに、使用の際には普通のライフカードとみなされるわけで、ブラックリストでも堂々とクレジットカード利用ができます。ゴールドカードも存在していて、クレジットカード審査落ちでもお金の用意ができれば、ブラックリストもクレジットカードを駆使することができます。

デポジット型ライフカードのメリット

ライフカードでは、保証金を収めて作るデポジット型クレジットカードがあります。保証金があることで審査が大きく緩和され、ブラックリストでもクレジットカードを手にすることができます。

メリット

クレジットカードには変わりないということです。保証金は収めますが、使い方は普通のクレジットカードと同じです。

ライフカードの場合は、一般カードで最低5万円までの限度額のデポジット型クレジットカードの申込ができます。このときの保証金が5万円です。20歳以上で電話連絡が取れる方は原則作れます。信用情報の内容は問わないことでは、審査もとおる可能性が高いです。これが最大のメリットです。

また、クレジットカードと同じということで言えば、付帯サービスも充実しています。

ライフカード特有のサービス

それは、ライフカードでは損害保険のサービスの充実が評判です。デポジット型クレジットカードの場合も同様に付帯しています。

最高2000万円分の国内外の旅行損害保険が付いています。付帯サービスは普通のクレジットカードと同じです。ETCカードは10万円以上の保証金で付帯が可能です。しかも、無料です。ETCカードのためにデポジット型でも良いのでクレジットカードがほしい方にもオススメのサービスです。

この場合、一度クレジットカードの発行をしてからの申込になります。同時申し込みはできません。

弁護士に相談も

ライフカードでは、弁護士に1時間無料で相談ができるサービスがあります。デポジット型クレジットカードでも対応していて、何か困った時にインターネットで弁護士検索することなく、最初に相談先として弁護士に話を聞くことができます。

普通で依頼したのなら、とても高額費用がかかります。あまりないサービスです。

スマホ決済にも対応

スマホ決済にも対応しています。QRコード決済もできますし、○○payにも対応しています。普通のクレジットカードとして使用ができますので、どんなシーンにも対応できます。

一般ライフカードと同じデザイン

これが嬉しいことです。クレジットカードを持っている、使える。ブラックリストではとてもできないことですが、もし持てたとしてもデザインが違うと、なかなか困ってしまう。デビットカードでは明らかにデザインは違います。

ところが、ライフカードでは、一般カードもデポジット型クレジットカードも同じデザインです。見た目では区別がつかないので、堂々とクレジットカードを使うことができます。ゴールドカードも同様であり、ちょっとしたシーンでもこのデザインが同じというのは絶対に有利です。

デポジット型ライフカードのデメリットとは? 

ブラックリスト御用達のデポジット型クレジットカードですが、ライフカードが先駆的に作っています。

保証金があれば、審査に不安な場合もクレジットカードが持てる。それは良いのですが、デメリットもあります。

保証金が必要

この保証金がデポジットの部分です。これがあるから、ブラックリストもクレジットカードの信用があります。ショッピング専用カードですが、お買い物だけではなくお付き合いの場でもクレジットカードは欠かすことができないツールです。

しかし、対象カードによって、最低5万円の現金が必要です。また、デポジット型の特質から、保証金の他に年会費がどうしても高めです。最低でも5,000円です。要するに、ライフカードでデポジット型クレジットカードの申し込みでは、最初に55,000円なければならないということです。

審査がないも同然ですが、55,000円の現金が必要ということは、作れないやという方もいることでしょう。

クレジットカードなのに?

クレジットカードなのにも分割払いもリボ払いもできない。なんと、常に一回払いという対応です。

要するに、クレジットカードを使ったとしても、すぐに返済ができる形でなければならないということです。毎月少しずつ返済というのはNGであり、1回払い完結ができなければならないということです。

大きなお金のお買い物を分割払いでクレジットカードで購入ができないことになります。ここも盲点です。

キャッシング枠は付帯できない

デポジット型クレジットカードは、ショッピング専用カードです。ですから、キャッシング枠の付帯ができない。しかも、全て1回払いです。最低5,000円の年会費もかかるのです。

要は、普通のクレジットカードよりは使い勝手は悪いのですが、私はライフカードのクレジットカードを使えているアピールは十分にできます。

いざクレジットカードの審査に通せないと

例えば、クレジットカードの審査落ちが続いたり、どうしてもクレジットカードがなくてはならない方もいます。

ただ、自分はブラックリストでどうしようもない。そして、ブラックリストであれば、クレヒスをよくすることをしないと当分クレジットカードの申し込みもできません。多少不自由だったり、年会費が高い点ではデポジット型クレジットカードでは不利ですが、それでもクレジットカードが持てます。

ブラックリストであることを早く回復するためにも、デポジット型のライフカード、クレジットカードはオススメです。保証金は解約の時に戻ってきますので、取られるわけではありません。

デポジット型クレジットカードの使い勝手は良い?

デポジット型クレジットカードは、カード会社としても損をしない工夫があります。キャッシングと違い、ショッピング専用カードの場合は1回の金額が低かったり、金利も低めです。

デポジット型クレジットカードでは1回払いしかないので、原則無利息です。

保証金があることで

普通クレジットカードの審査では、信用情報の内容を審査しますし、収入もなくてはならない場合もあります。収入がない方の10万円程度のクレジットカードでは、信用情報が第一です。

ところが、金融事故などがあると、審査落ちです。しかし、デポジット型では限度額分の現金を預けることで、普通のクレジットカードのように利用ができます。この時に、クレジットカードの記録は信用情報に記録される形です。

ブラックリストですが、信用情報の記録は、クレヒス向上にも役立ちます。この方法では、個人信用情報機関に対しての健全返済もアピールすることができます。デポジット型クレジットカードで保証金は収めるものですが、クレジットカードの使い方と同じです。

使えば返済をする。ポイントも入る点では、各種クレジットにも対応しています。ただし、1回払いが原則です。

信用情報がガタ落ちだから

ガタ落ちの信用情報の申込者にクレジットカードを与えるのですから、保証金をもらう。その範囲内では、返済ができない時に充当するものです。

保証金とはそのようなものであり、解約する時には返済されるものです。預かっているだけですから。

ブラックリストなら

もう自身がブラックリストであり、その時にクレジットカードがほしいというときには、このデポジット型クレジットカードがオススメです。原則的に用意できる現金でゴールドカードも手にすることができます。20万円以上になりますが、最低では5万円です。

この現金用意というのがいまいち大変なことですが、ブラックリストも普通同様のクレジットカード歩手にすることができることは大きな成果です。年会費無料にはならないものの、普通のカードと付帯サービスが同じです。

キャッシングはできず、全て1回払いです。ただ、それでもクレジットカードを手にすることができるのですから、ブラックリストにはオススメです。必ず返せるだけの利用ですが、もしものときには保証金からの支払いになります。

まずは、お金の用意ですが、それができるのならブラックリストになんてなっていないよという声も聞こえそうですが。とにかく、ブラックリスト、審査に通りそうもない方のクレジットカードとしてはオススメの1枚になります。

どんなブラックリストだとしても、指定された現金の用意ができる20歳以上ならデポジット型クレジットカードは手にすることができます。