フリーランス お金借りる

フリーランスはキャッシングができない?

フリーランスのキャッシングは厳しい。
フリーランスはカードローン申し込みができない。

そんな噂がありますが、それは正解ではありません。
フリーランスとはフリーで仕事をしている方を指し、会社に属していないだけです。
収入があり生活ができているだけではなく、一家の大黒柱として生計を立てている方もいます。

消費者金融などの見解

消費者金融では、自営業者や個人事業主でも借り入れができます。
フリーランスの方はこの部類に入ります。

自営業者と個人事業主の違いは、法人と個人、開業届などの有無です。それにフリーランスが個人事業主として含まれるのが、確定申告によって収入を証明することができるからです。
自営業者、個人事業主、フリーランスともに確定申告によって、収入が確定します。
ですから、フリーランスも個人事業主として、審査を受けることもできます。

言葉の違いだけであり、大手消費者金融の審査では、フリーランスの個人事業主としての審査で、その結果借りれる場合が多いです。

自営業と言っても良い立場の場合もあり、フリーランスのキャッシングが不可能ということはないでしょう。銀行カードローンも同様です。

フリーランス=個人事業主

何を持って個人事業主なのかとの見解は人によっていろいろです。
個人事業主では、自宅を事業所としたり作業場として事業をしている方です。

フリーランスでは、翻訳やカメラマンなど、会社から委託を受けて仕事を請け負う形です。
1つ1つのクライアントとの契約を結ぶことで、収入があります。
それが、個人事業主同様に自宅が事務所としている場合もあるでしょう。

個人事業主とフリーランスの線引は人によって違うのですが、毎年確定申告を行うことで、申告額が決まり、税金の支払いなども行っていれば、個人事業主と言っても良いでしょう。

お金を借りる時に

金融業者では、個人事業主の属性でフリーランスの審査をすることでしょう。

一応不安定な収入との位置づけですが、長くフリーランスで生活をしていたり、経験が長く数年の実績があれば、フリーランスだけでの審査落ちはないでしょう。会社員で言えば、新入社員の審査は難しいと言うのと同じであり、勤続年数とフリーランスとしての健全な生活をしていれば、審査にも支障はないです。

フリーランスでお金を借りたいのであれば、収入を証明する確定申告書、納税証明書などがあることで、個人事業主としての審査をうける事ができます。

フリーランスでもカードローンの契約ができる

過去にも現在にもカードローンがフリーランスで審査落ちというのは、収入が少ないとか、フリーランスになってすぐなどの場合です。収入証明ができる確定申告書があることで、あとは信用情報の審査で決まることです。

フリーランスと固定電話の存在

個人事業主やフリーランスの方でもカードローンの申し込みができます。
フリーのカメラマンなど、仕事場がない場合は自宅が事務所、事業所となります。

是非付けてほしい固定電話

消費者金融などでは、固定電話がない方の審査が困難であるとの口コミがあります。
そんなことはないとの情報はありますが、在籍確認を行う勤務先に固定電話がないのは問題です。

◯◯株式会社で、固定電話がない。
家族経営の有限会社だから、父の携帯電話が代表です。
これでは、審査はほんとうに難しいです。

会社員なら、在籍確認は固定電話が必要です。
これと同じことがフリーランスでも言えるのではないか?ということです。

1人暮らしで固定電話はなし

最近の若者などは、引っ越しの際に固定電話を付けない方が多いです。
携帯電話だけでは十分に間に合いますし、フリーランスの仕事にしても携帯電話での営業も可能です。
大手消費者金融でも銀行カードローンでも審査の中で、自営業者、個人事業主、フリーランスでも在籍確認は行います。その時に固定電話があることで社会的信用が大きくなることは確かです。

固定電話を付けたとしても使用しないとわかっていても、カードローン、キャッシング、融資の際にも、固定電話ではあると有利になるツールだと思って設置オススメします。
IP電話だけでも良いので、固定電話として電話番号がある方が良いでしょう。

ただでも不利?

自営業者、個人事業主、フリーランスのキャッシングの審査では、最初から不安定な収入の属性からスタートです。

その上で、確定申告書である程度の収入、納税証明書で税金も支払い、そして固定電話がある。
会社員なら勤続年数と収入だけの確認ですが、フリーランスなどでは確認項目が多いです。

借り入れの際には固定電話は関係ないとの口コミもありますが、あったほうが何かと審査が良いのではないか?と言われています。クレジットカードの契約においても同様です。

フリーランスで持てるビジネスカード

フリーランスとして仕事をしていると、事業をしていることになりビジネスカードにも申し込みができます。この場合、法人カードではなく個人事業主カードとしての対応になります。
そして、固定電話の有無で審査が多少変わると言われていますので、カードローン段階からの固定電話の存在は大きいのではないかと思われるのですが。

携帯電話だけでも借りれた

フリーランスのカードローン申し込みではこうした口コミもあります。
絶対的な存在ではありませんが、良い条件としてないよりはある方が良いとの見解です。

実際には、信用情報や収入などの判断かもしれませんが、社会的信用でいうと、フリーランスで固定電話ありの方が高いでしょう。まだ固定電話の存在が大きい場合もあります。

フリーランスに必須アイテムは確定申告書

カードローンなどでは、普通審査の時には身分証明書だけで通用します。
50万円以上、多重債務者で100万円以上の残債がある場合は、収入証明書の提出が必要になります。
給与明細書などですが、フリーランスでは最初から収入証明書が必要になってしまうことがあります。

言われてみれば当然

私はフリーランスで働いています。年収は200万円程度です。
申し込みではそうした項目があります。

これが会社員で、35歳年収400万円営業であれば、世間的には妥当です。
しかし、フリーランスではこの世間体が通用しない世界です。
そこで、疑いもあるももしれませんが、何か収入を証明できる書類の提出が必要になります。

えっ?そんなものはないよ。これでは、審査は通らないでしょう。
フリーランスで働く方は、毎年の確定申告が必須です。
そうでなければ、年収も税金も決まらないはずです。

キャッシングやカードローンの時に収入証明書を求められるのは、50万以下の希望額でも可能性があります。その時に収入証明書がないということは、審査に通らないものと考えたほうが良いです。

確定申告は、所得を確定するものです。
原則2~3月に行うものですが、この期間外でも受付はしています。
罰金なども多少ありますが、フリーランスで収入証明書がない方は、いつでも税務署に相談をしてください。その上で、カードローンやキャッシングの申し込みができます。

収入証明書の存在

大手消費者金融や銀行カードローンでは必須ではない方もいることでしょう。
信用情報で金融事故がなかったり、すでにクレジットカードの利用で返済をきちんとしていれば、それが信用になる場合が多いです。

ところが、多重債務者だったり、中小消費者金融や街金でお金借りる時には、収入証明書が絶対に必要になります。たとえ1万円程度の少しだけ借りたい時でも、中小消費者金融などでは、身分証明書と収入証明書、そして保険証が必要な場合もあります。

フリーランスで保険証がない方も少ないですが、収入が少なくて申告もしていない。
反対に、フリーランスでの収入を何も考えずに申告せずに使い果たしている場合は危険です。
会社員や確定申告をしている方は、国や自治体に自分の立場の証明をしてもらえます。

フリーランスでも、確定申告をしていないと単なるフリーターになってしまうでしょう。
カードローンのためだけではなく、社会的地位を確立するためにも毎年確定申告をしましょう。
収入がなくても行うことが必要です。

金融事故なしのフリーランスはお金借りれる

大手消費者金融、銀行カードローンの審査要件では、安定した収入があれば申込ができます。
それがフリーランスという働き方だとしても、収入証明書があれば審査をしてもらうことができます。

普通にフリーランス対応になっていることで言えば、収入証明書さえあれば良い。
これが審査要件であり、フリーランスも個人事業主の属性であることがわかります。

どんな仕事をしているのか?

申込の入力では、職種もあります。
フリーランスと言えば、モデルなども入りますが、契約があればどんな仕事もうける。
それが決まった所だけではなく、あちこちからのクライアントがある。
それで生計を立てているのなら、職種的にも問題がないでしょう。

アルバイトやパートなどで、仮にそこに属しているのではなく、自分が必要とあれば属すことができるのがフリーランスです。派遣社員は、仕事内容そのものがフリーランス的ですが、所属している派遣会社が存在していることで、真のフリーランスとは別物になります。

カードローン会社の審査

収入証明書がある安定した返済能力が認められることで問題はないです。
働き方では何もなく、あとは信用情報です。

過去にクレジットカードの契約をしている、キャッシング経験もあり、それが完済しているのであれば、信用は高いです。過去も現在も延滞遅滞なく、金融事故がなければ、フリーランスでも普通のカードローンを持つことができます。

大手消費者金融としては、パートやアルバイトでも借り入れができる審査の甘さです。
厳しいのは信用情報の内容であり、収入証明書があることで、フリーランスでも借り入れができます。
多少厳しいとされる銀行カードローンですが、こちらも信用情報で問題がない場合は審査に通ることが多いです。

フリーランスでもカードローンもキャッシングができるのは、返済ができるだけの収入があるからです。
それがないフリーランスでは借り入れができないでしょう。会社員では、返済能力がないのは収入が少ない程度であり、在籍確認ができれば働いていることがわかります。

ところが、フリーランスでは、収入証明書がなければならないです。属している会社、後ろ盾がないことで言えば、フリーランスや個人事業主の審査では、ここがネックになります。

フリーとして、会社に属さないで生活をしている。
その証明として収入証明書があれば、カードローンもキャッシングの審査も受けられます。
過去の金融事故など起こしていない。フリーランスでお金借りることができるのはこの点がポイントでしょう。

ビジネスローンが借りれるフリーランス

個人事業主にも提案ですが、カードローンでお金を借りたいと言う時、実は事業者ローンはどうですか?というものです。

事業ローンはフリーランスでも借りれる?

事業者ローン、事業ローンとは言葉通り、事業のために使えるお金です。
これは、会社で言うと、会社に使えお金が事業ローン、そして、自身で使えるカードローンになります。
しかし、個人事業主、フリーランスでは両方兼ねて事業ローンとして使用ができます。
ということで、事業性資金の借り入れとしてローンの申込ができます。

肝心なことは

フリーランスとして仕事をしている場合でも、どんなことにどの程度のお金が必要なのかがポイントです。事業に使用するものであれば、経費として落とすことができる物品の購入、事業がうまく行かずに、資金ショートで数万円が必要等の理由が必要です。

事業性ローンは、ビジネスローンと同様であり、会社員、パート、アルバイトなどは使用ができないですが、個人事業主、自営業者、そしてフリーランスでは仕事のために使える資金として借り入れが可能です。事業者向けローンは必要書類に入力するだけで、確定申告書等とともに申込ができます。

審査に通らない人

それは信用情報で金融事故がある方だったり、すでに多重債務者になっている場合です。
そして、総量規制ですが、事業者ローンでは対象外になり、提出磨る確定申告書の年収の部分で限度額が決まります。

この時に気をつけたいのが節税対策のために、少ない収入の申告をしている場合です。
税金は少ないですが、こうした借り入れや事業融資の時には、審査で不利になります。
普段は、あまり税金が少なく収入が低く設定していたら、キャッシングでも低いままでは、審査が通らない場合があります。この金融事故と経費の計算では、キャッシングの時に気をつけましょう。

収入証明をみると、フリーランスで年収100万円以下などでは、審査通過は困難になってしまうかもしれないです。いろいろと節税対策がありますが、無理な経費計上なとはなく、できるだけ税金も正当な数字で払うことで、年齢相応の収入証明書ができることになります。

フリーランスもビジネスローンを

個人事業主もフリーランスも収入証明ができるのなら、ビジネスローンも考えてみください。
フリーランスと言っても毎年確定申告をしていれば、個人事業主であり、法人ではない事業家です。
ビジネスローンの資格要件があり、普通のカードローンとは違う審査を受けることができます。
フリーランスが不利だなんてもう言わせない。