フリーランス お金借りる

お金が足りないときはどうしたらいい?


後3万円あればなんとかなるというときはどうしたらいいでしょうか。3万円という金額ですから、これは銀行や消費者金融会社でお金を借りるよりも、友人知人を頼った方が得策です。というのも3万円というお金は財布の中に入っている現金だからです。それは自分の財布を考えてみてもわかるでしょう。今はお金を必要としているので、財布の中にはいくらも入ってないのですが、普段でしたら3万円くらいは入っているでしょう。いわゆるポケットマネーということです。

友人知人でしたらすぐに用立てしてくれるのですが、それはどうしてでしょうか。それは、昔からのつきあいで気心がしれているからです。そのため、友人がお金に困っていたらすぐに貸してくれるということですね。もっとも返済も気にせずに貸してくれると言うことの方が大きいでしょう。

もっとも、借りる側としてはそういうわけにはいきません。ですから、普通でしたら、貸す側が借用書を用意するのですが、友人ですから借用書を作るということはしないでしょう。仮に気にしていたとしても貴下引けて借用書を用意できないのです。したがって、そういった気持ちを察して、借りる側の方で借用書を用意するようにしましょう。友人も水くさいとかいいそうですが、内心ではホッとしているかもしれません。親しき仲にも礼儀があってしかるべきで友人知人の勝手知ったる関係といえども借用書を用意するようにしたほうがいいのです。

借用書には、次の給料日に一括して返済する旨を一筆したためておくとよいでしょう。間違っても分割で返済するといったことを書いてはいけません。友人知人とのお金の貸し借りですから、一度で一括で返済するようにしなくてはいけないのです。財布からポンと出せるようなお金ですから、返済も一回で済ますようにしましょう。それよりも大きなお金になると身内からお金を借りるようにしたほうがいいでしょう。

もっとも、身内からお金を借りるのはここ一番大きなお金のときに残しておいたほうがいいです。ですから、友人知人に借りることができないようなお金になると、銀行や消費者金融会社からお金を借りるほうが賢明といえます。

3万円程度のお金でしたら、家にある不要品を買い取り業者に買い取ってもらうという方法を選択するといいでしょう。不要品の買取ですから、それほどの買い取り額にはならないと思います。数を出せばそれなりの買取額になることでしょう。不要品ですから処分すると考えると買取値が低くなってもそれほど気にならないでしょう。買取値がゼロであっても引き取ってくれる買取業者にお願いするようにしたいものです。それでも、1万円や2万円にはなることでしょう。

しかし、それでは必要な3万円には届きません。そのときは、家にある書籍やコミックを買い取ってもらいましょう。人気コミックの全巻シリーズがあればかなりの高価買い取りとなります。それがあるとすぐに必要な3万円くらいには届くと思います。いずれにしても書籍もベストセラーよりもレア本のほうが効果となるので、書籍やコミックの価値の分かる古本屋に買取してもらうといいでしょう。

ネックとなるのは、買取は何度も利用できない点です。一度不要品の買取や書籍の買取をしてもらうと、次に同じことをしようと思うとある程度不要品がたまったり、書籍が溜まる必要があるので、数年後くらいにはなるでしょう。ですから、不要品や書籍の買取となると5年に一度程度ということになります。ですから、不要品の買取となるとここ一番で利用することになります。

そして、3万円程度でしたら、日払いのバイトをするという手があります。男性でしたら、ガテン系のバイトしかないのですが、それでも1回働くと1万円くらいにはなるので、体力勝負にはなりますが、3回程度働くと目標額の3万円にはなるでしょう。いずれにしても日払いのバイトがタイミング良くある必要があります。日払いのバイトというのはなかなかないのです。

求人情報誌などで掲載されていても、日払いのバイトはすぐに埋まったり情報が古くなるので、情報誌に掲載された時点では古くなっていることが多いのです。旬な情報というわけではないのですが、平日に働けるのでしたら、ハローワークに早朝から並んでいると、日払いのバイトを求める人がたくさん集まっているのでその列に加わりましょう。送迎バスがやってくるのでそれに乗ると現場まで運んでくれるのです。

ハローワークとは無関係ですから、問い合わせても情報は得られません。あらかじめハローワークにいって、周囲から情報を集めるといいでしょう。ハローワークに来ている人のほとんどが求職者ですから、労働力を求める業者もたくさん来ているのです。そういったところから情報を得ることができますし、求人のビラを配っている人などからの情報はかなり重要ですよ。

ガテン系のバイトでしたら、気をつけなくてはいけないのがケガです。慣れていないとケガもありがちです。ちょっとしたケガでも病院にかかれば労災保険が適用されます。ですから、働いている先が労働者に対してしっかりと労災保険をかけている必要があります。これは義務化されているのですが、日払いの人にはかけていない可能性もあるのであらかじめ確認を忘れないようにしましょう。

銀行や消費者金融会社からお金を借りる


まとまったお金が必要でしたら、銀行か消費者金融会社からお金を借りるようにしましょう。借りるなら金利の低い銀行がいいでしょう。それでも銀行カードローンでしたら、誰でも気軽にお金を借りることができるというわけではありません。というのも銀行カードローンの審査は厳しいからです。審査は属性が高い人でしたら通りやすく、属性が低いと審査に通りにくいのです。

この属性というのは信用度や返済能力、お金の借りやすさというものを測る指標のようなものです。属性というのはさまざまな項目で成り立っているのですが、大きなウエイトを占めているのが、雇用形態です。雇用形態は正規雇用と非正規雇用に分けられます。雇用形態は正社員のことで、非正規雇用はパートアルバイト、派遣社員、そして契約社員のことです。

これだけで、正規雇用の人のほうが属性が高いことがわかるのですが、それは収入が多い少ないというものではありません。雇用が会社から保証されているかどうかということです。正規雇用の人は入社時に会社と結ぶ雇用契約が定年退職まで雇用を保証してくれるのです。

いっぽうの非正規雇用の人も雇用契約があるのですが、これは有期契約になります。期間は3ヵ月、6ヵ月、1年といったような期間になります。期間がくると更新しなくてはいけないのですが、そのときの状況によって更新されるとは限らないのです。ですから、雇用契約の間では雇用が保証されるのですが、その期間は短期間なのです。雇用契約が結ばれないのを雇い止めと呼んでいます。これを銀行からみると収入が安定していないと見られ、属性も低くなってしまうのです。

銀行カードローンの審査が厳しいのは、銀行カードローンの原資が口座開設者から預かった預金ということも一つの大きな要因です。預金ですからいつもで求めによって引き出しに応じなければいけません。そういった大切な預かり金ですから、貸し倒れに遭うわけにはいかないのです。

また、そういったリスクを回避するために銀行は保証会社と提携しています。これは、銀行カードローンの融資の申し込みをすると保証会社の審査も受けなくてはいけないということです。カードローン申込者は、銀行カードローンの融資の申込時には銀行と保証会社の双方から審査を受けることになるのです。当然ですがどちらかいっぽうでも審査に通らなければ審査落ちとなります。

保証会社の役割は、カードローン利用者が銀行に対して返済不能となったときに、カードローン利用者に代わって保証会社が残りの債務の全額を銀行に支払うのです。立て替えたお金は保証会社からカードローン利用者(債務者)に請求され、そこから債務整理の中の任意整理が始まるのです。銀行からしてみると、保証会社との提携はノーリスクに見えますが、返済不能になってから以降の返済利息による収益がなくなるのですから、まったくのノーリスクとはいえないのです。

銀行カードローンのデメリットとして挙げられるのは、銀行カードローンが即日融資に対応していない点です。これは、一頃はメガバンクを中心にテレビやネットなどで大々的に即日融資やスピード融資を宣伝していました。

しかし、今ではそういった宣伝を見ることはできません。というのも即日融資に対応していないからなのですが、理由は、警察庁のデータベースへのアクセスが義務づけられたからです。それによって、カードローン申込者の信用情報を警察庁のデータベースに照会しなくてはいけなくなったのです。

不正融資を防止するための施策なのですが、照会情報を得るのは早くても翌日以降になるということで、物理的に即日融資が望めなくなったのです。すぐにお金が欲しければ消費者金融会社を頼ることになります。

消費者金融会社からお金を借りる


銀行カードローンの審査に通らない人は、消費者金融会社からお金を借りることになります。特にフリーランスの人がお金を借りる場合は、属性の高さも気になりますし、銀行よりも消費者金融会社の方がお金を借りやすいでしょう。

消費者金融会社のカードローンの特徴として多彩な申し込み方法があります。WEBや店頭での申し込みはもちろんですが、電話での申し込みが可能なところも大きな特徴です。またWEBでの申し込みにはWEB完結という、郵送物が一切自宅に届かない申し込み方法が評判となっています。そして、メガバンクと提携している大手消費者金融会社では、メガバンク行内の自動契約機から申し込みができるのも大きなメリットです。消費者金融会社の申し込みとは思われない利点があります。

さらに消費者金融会社のカードローンで大きな特徴が、全国各地に設置されている無人契約機です。これは24時間365日いつでも稼働しているもので、いつでも申し込みができるのがメリットなのです。さらに即日融資にも対応していて、当日の22時までに申し込み手続きを終えることができて審査にも通れば、すぐにローンカードが発行されるので、最寄りのコンビニATMでキャッシングすることができます。

また、新規契約で30日間の無利息サービスというのがあるので、まずはこれを利用するといいでしょう。最小1万円から借りることができますが、初回一度のみですのでよく考えて借りたいものです。

フリーランスなら中小消費者金融会社や街金で借りることも


消費者金融会社には大手消費者金融会社のほかに中小消費者金融会社と街金があります。企業でいうと、大企業と中小企業、そして町工場といったイメージで間違いありません。大手消費者金融会社の審査基準は消費者金融会社の中では高く、審査通過率も50%ということで2人に1人しか審査にパスしません。ですから、属性に不安のある人やフリーランスの人でしたら、審査に通らない可能性があります。

そういったときは、中小消費者金融会社や街金に頼るようにしましょう。もっとも街金の場合は貸し出し金額の相場が10万円程度ですから注意が必要です。フリーランスで延滞歴があるといった人でしたら、高額融資は望めないでしょう。というよりも延滞歴があると、ブラックよりも属性が低くなるケースもあるのです。延滞というのは明らかな契約不履行ですから、そういった金融事故情報が信用情報機関に記録されていると審査に通らないことが多いのです。

そのようなフリーランスが確実に審査に通るためには、独自審査を行っている中小消費者金融会社がいいでしょう。信用情報機関を通さない独自審査を行っているところです。電話による在籍確認が必要ですが、フリーランスですから、収入が証明できる書類の提出と本人確認で大丈夫でしょう。また、中小消費者金融会社でしたら、個人事業主や法人に特化した融資を行っているところもあるので、事業資金での融資でしたら、そういった消費者金融会社がいいでしょう。

金融機関や貸金業者以外で借りる


フリーランスでしたら、銀行や消費者金融会社からお金を借りづらい面もあります。事業性資金でしたら、事業計画書の作成も必要ですし、どうせ借りるなら、日本政策金融公庫のような公的機関に融資の申し込みをするほうが、より金利も低く高額融資が期待できるのです。

ネックとなるのは、事業計画書です。これはかなり綿密に作成しなくてはいけません。面接などもあるので、書類よりも熱意が伝わるような口の達者さも必要になります。それでも自営業でしたら、銀行や消費者金融会社よりも公的機関に頼ったほうが借りやすい面もあります。国としても起業を支援する制度を整えているのでそういったところをよく調べてかりるようにしたらいいでしょう。