フリーランス お金借りる カードローン


フリーランスの個人事業主がカードローン審査を通る方法


会社に属しておらずフリーランスの立場で仕事をしている人は今現在増えています。芸術家やクリエイターなどの多くはフリーランスの立場で働いており、それ以外にもあらゆる業界で会社には属さずに個人で仕事をする人はたくさんいます。

このような人の場合、お金借りる行為において不利になると考えがちです。たしかに大手企業や公務員などは身分がしっかりしており、収入も安定していることに比べて、フリーランスや個人事業主などは不安定です。無論、今の時代は大手企業であっても何があるかわからない時代ですが、そうは言ってもフリーランスのほうが不安定な立場として捉えられてしまいます。そのため、これからお金を必要としており、カードローンやキャッシングサービスなどを使ってお金を借りたいと考えていても、申し込みを躊躇してしまう人もいるかもしれません。

しかしながら、フリーランスの立場であっても銀行カードローンや消費者金融のキャッシングサービスを使ってお金を借りている人はたくさんいます。もちろん総量規制の問題などもあるため、上限額があるのはたしかですが、フリーランスだからと言って圧倒的に借りられる金額が低くなるなどということはありません。100万円などの融資を受けることも可能なのです。そのため、自らの立場がフリーだからといってそのことだけで諦める必要はないのです。

ただし、スムーズに審査に通るためには自らの収入を証明する書類をきちんと用意しておくことが大切です。フリーランスの立場の場合には源泉徴収票が手元にあることが多いですが、それ以外に前年の確定申告書類が求められることもあります。そのため、確定申告をしていない場合にはこの用意をしておきましょう。

また、稀に課税証明書を求められることもあります。いずれにしても審査にあたってこのような書類をきちんと提出できる体制を整えておくことが大切ですから、あらかじめ準備しておきましょう。速い業者の場合には当日中に審査結果を提示してくれる会社もありますが、そのためには自分のスピーディーな準備も大切なのです。


審査で不利にならない?カードローン審査とフリーランスの立場


銀行カードローンや消費者金融のキャッシングを申し込めば必ず審査があります。きちんと返済ができる人間なのかを調べるのが融資審査になりますので、申し込みをおこなった人の収入状況などを確認するのです。この際、どのような会社で働いているのかなども調べられますが、フリーランスの立場で仕事をしている人の場合には、不利になってしまうのではないかと考えてしまうものです。

しかしながら、これは大きな誤解であることを明確にしておきたいものです。フリーランスであるからと言ってカードローンやキャッシングのサービスを利用できないことはありませんし、お金借りることは可能なのです。もちろん、公務員などの絶対的に近い安定度を誇る職業の方と比較した場合には借りられる金額に差が出てしまうことはあります。ただし、そのような違いがある一方で、フリーランスだから借りられないということにはならないため安心しておきましょう。

また、フリーランスという立場は仕事をすればするだけ収入が増える仕事でもあります。公務員や大企業のサラリーマンはあらかじめ決められた収入しか受け取ることができません。一部には仕事内容に応じてインセンティブを受け取ることができる場合もありますが、基本的には固定給です。しかし、フリーランスは不安定である一方で完全歩合制で働くこととなるため、年収が3000万円や4000万円になる人もいます。そのため、場合によっては大手企業に勤務するサラリーマンよりも高額な融資を受けられる可能性もあるのです。

銀行や消費者金融、サラ金や街金などのカードローン業者やキャッシング業者は返済能力の有無を調べて審査をしますが、その際に最も重要視するのが申込者の収入です。高収入を得ている人ならば100万円以上の融資も受けられる可能性がありますが、フリーランスで仕事をしている人ならばこのような融資を掴み取れる可能性もあるのです。そのため、これからお金借りる目的があるのであれば、カードローン審査を安心して受けることを考えてみましょう。


確定申告で赤字申告していてもカードローン審査に影響は無し?


年に1度の確定申告によって収入状況を明確にしている人は多いです。自営業者のほか、今はフリーランスの立場で仕事をしている方も多いため、2月や3月の確定申告シーズンになると税務署に出向いたり、自宅からパソコンを通じて電子申告をおこなっているはずです。そして、この際に税金対策として赤字申告をしている方もいます。

フリーランスの立場で仕事をしている場合、家賃を含めあらゆる費用を経費扱いできるために、収入がたくさんあっても経費を計上することによって控除され、結果として非課税になるようなこともあります。もちろん、すべてはルールに則っておこなうべき物事ですが、赤字申告にしている方もたくさんいるわけです。

しかし、税金の面では魅力がある赤字申告も、自分がお金借りる際にはマイナスに影響してしまう可能性もあります。たとえば収入が500万円あったとしても経費が450万円あれば所得金額は50万円になり、税金はこの50万円をもとに計算されます。ですが、このような確定申告書をもとに融資を受けようと銀行カードローンや消費者金融のキャッシングへの申込みをおこなうと、自分の収入が50万円しかないと受け取られてしまうと考えてしまい、不安に陥る方も多いはずです。

ただし、審査をする側である各種賃金業者の審査担当はこの確定申告書の意味を把握していますので、その点は安心しておいてもいいはずです。つまりはその申告の意味が税金対策のためであると知っているのです。そのため、カードローン審査に大きな影響を与える可能性は低いため、確定申告書類をきちんと用意した上でお金借りることを考えていきましょう。

実際、確定申告において非課税のようになる申告をしているフリーランスの方はたくさんいますし、このような収入証明の書類を使用して銀行カードローンや消費者金融のキャッシングを使って融資を受けている人はたくさんいますので、基本的には安心しておいて大丈夫と言えます。まずは自分が必要な金額を精査した上で、ベストと思えるカードローン事業者に申し込むことを考えておきましょう。


お金を今日中にフリーランスの人が借りたい場合はカードローン


急ぎでお金を借りることを考える人は多いため、銀行系カードローンや消費者金融のキャッシングなどのサービスでは、申し込みを受けたあとに直ちに審査をおこない、当日中に審査結果を提示し、尚且つ当日中に融資の実行までおこなっている会社が増えています。

住宅ローンや自動車ローンなどの場合には審査に時間がかかりますが、これは購入する不動産や車両の価格なども考慮することとなるために時間がかかるのですが、カードローンやキャッシングの場合にはあくまでも申し込みをおこなった人の収入額を調査し、返済能力の有無や他社の借入状態を確認するだけとなりますので、スピーディーな対応が可能となっているのです。そのため、今日の申込で今日中に融資を受けられることは多くなっていますが、それはフリーランスという立場で仕事をしている方々にとっても同様です。

フリーランスという形で仕事をしている人は、収入が毎月異なることも多いものです。サラリーマンのような固定給ではないからこそ、先月よりも今月のほうが収入が高いこともあれば低いこともあるはずです。このような場合、お金が手元に足りなくなり、お金借りることを考える人も多いはずです。

フリーランスという立場上、カードローンやキャッシングの利用には審査で不利になると考えて、どうしても後ろ向きになってしまう人もいますが、フリーランスであってもお金を借りることは可能となっていますので、融資を受けるべくまずは前向きに考えておきましょう。

そして、フリーランスの方々が銀行カードローンや消費者金融のキャッシングを申し込む際には、確定申告書類や課税証明書、源泉徴収票などが必要になってきます。どのような書類を求めてくるかは会社によって異なりますが、これらのいずれかの書類、もしくは複数の書類を求められることとなりますので、急いでお金を借りたい場合には申し込みのときまでに用意しておきましょう。その上でお金借りるべく、審査を受けてください。実際、フリーランスの立場で仕事をしている人々がお金を借りているケースは多々あるため、希望をもっておきましょう。


銀行カードローンと消費者金融のキャッシング!フリーランスはどっちがベスト?


今の時代、個人に対してお金を貸してくれる賃金業者が多数存在しています。その代表格は銀行です。今は銀行カードローンの形で個人に対してフリーローンサービスを提供しています。そのほか、以前から個人向けの融資をおこなう消費者金融のキャッシングサービスもありますし、サラ金や街金などの存在もあります。このように様々な選択肢がありますが、お金借りる際には必ず審査があります。返済能力があるかどうかをチェックするのです。

そのため、仕事をしている上に雇用状況などによって融資の可否が決まることもありますので、フリーランスの立場で仕事をしている場合にはお金借りることができないと考えてしまいがちです。ただし、それは先入観とも言えますので、まずは安心しましょう。

しかし、どこからお金を借りるのがベストなのかについては、少々考えておきたい部分もあります。フリーランスの場合、確定申告した際の金額が収入金額となりますので、この金額が総量規制にも影響してきます。今の日本では年収額の3分の1までの金額しか借りることができないのですが、この総量規制には銀行からの融資金は含まれません。そのため、銀行が融資をおこなってくれる銀行カードローンは総量規制には含まれません。つまり、総量規制を意識してお金借りる際にはできることなら銀行カードローンに目を向けておきたいものです。

もちろん、消費者金融や街金などからお金を借りることも選択肢から排除するべきではありませんが、総量規制の影響を排除したいということであれば銀行カードローンがベストと言えます。また、いずれの賃金業者であってもフリーランスということが理由で融資を断わるようなことはありませんので、自分自身がフリーランスで仕事をしているからと言って最初からあきらめる必要はないのです。

現実に多くのフリーランスの方々が銀行カードローンや消費者金融のキャッシングを利用しており、審査にも問題なく通っています。そのため、まずは依頼してみることからスタートしましょう。