カードローン フリーランス

フリーランスでもカードローンのご利用はできるの?

カードローンは、フリーランスでのご利用はしにくいといわれることがあります。
仕事の内容が安定しないことにより、カードローンのご利用は難しいと思われているようです。
フリーランスは、カードローンのご利用はできないのでしょうか、詳しく解説していきます。

なぜフリーランスはカードローンの審査に通りにくいのか

フリーランスは、会社員やOLと比べるとカードローンの審査に通りにくい要素があります。
その理由は、これらの3つが挙げられます。

仕事が不安定

フリーランスの方は小規模の事業を1人や数人で行っているので、企業に勤めている人と比べると仕事が不安定となってしまいます。年収が1,000万円あっても毎回得られる確実な数字ではないので、次の年には収入ゼロになってしまうこともあります。

収入の量に関わらず、フリーランスは給与所得者に比べて審査上でマイナスになってしまうのは、この要素です。安定した確実な収入ではないので、例え多くの収入を得ていても信用性に欠けると判断されてしまいます。

この不安定な収入要素というのは、フリーランス意外に保険外交員や長距離トラックの運転手、タクシー運転手なども同様の不安定業種と認定されしまい審査には不利となってしまいます。

有給休暇がない

フリーランスの方は働けば働いたほど収入となりますが、逆にいうと働かないと収入は入ってこなくなります。病気になって体を壊すと働けなくなってしまい、下手汁と数か月間仕事ができなくなってしまいます。

フリーランスの方には有給休暇がないので、働けない環境となると収入が途絶えてしまいます。
これが不安定要素となってしまい、審査の面でマイナスと判断されてしまいます。

事業資金と生活費の区別がつきにくい

カードローンというのは使途自由ではありますが、事業資金にだけは使うことは許されません。
フリーランスの方は仕事と生活が一体となってしまうので、生活費なのか仕事野必要経費なのかがあいまいになってしまいがちです。そのため、フリーランスの方は借り入れたお金を事業の経費に使ってしまう恐れがあるので、使途自由のカードローンの審査に通りにくいといわれています。

フリーランスになる前に会社員の時にカードローンを作成すべき

フリーランスの方のほとんどは、会社員から独立してフリーランスになった流れです。
フリーランスになってからカードローンのご利用をしたい場合は、会社員のうちにカードローンを作成しておくべきといえます。その理由は、これらが挙げられます。

会社員の給与所得の方がフリーランスの所得より多くなる

例え会社員とフリーランスの時と得ている収入の金額が変わらなくても、一般的には給与所得者の方が数字上の所得が上となります。

同じ程度の収入の金額なのに、なぜフリーランスの方が所得が少ないと捉えられてしまうのか、その理由はフリーランスは生活費の多くを経費計上してしまうからです。給与所得者は所得から生活費を差し引きするので、同じ収入の金額としてもフリーランスの方が大きく下回ってしまいます。

会社員時代の勤続年数が長いうちに作るべき

カードローンの審査は、貴族年数も重要な審査ポイントとなります。
仮に10年以上の勤続年数で働いていたとすれば、勤続10年の方の審査というのは大きな有利となります。
退職してからフリーランスになってしまうと、前職の勤続年数はリセットされてしまいます。

カードローンは勤続年数1年以上は必要となるので、退職してから1年間はカードローンの契約は難しいということになります。その後フリーランスの営業年数を増やしていったとしても、余程長くないとフリーランスの場合は審査の対象になりにくくなってしまいます。カードローンに自分を高くアピールすることができるのは会社員のうちですので、会社員で所得が多く勤続年数が長いうちに好条件のカードローンに申し込むようにしましょう。

フリーランスでもカードローンを作ることはできるのか

フリーランスは、カードローンの審査に不利となってしまいます。
しかし、間違いなくカードローンを作成することはできないのかというと、そうではありません。
フリーランスであっても所定の条件を満たしていれば、問題なくカードローンを作ることができます。
フリーランスの内容によりますが、200万円のカードローン作成ができた方もいらっしゃいます。

フリーランスがカードローンの審査に通過するためのポイント

フリーランスがカードローンを作成するためには、これらのポイントが大事となります。

営業年数1年以上

フリーランスの方は、営業年数が最低1年以上は必要となるといわれています。
1年以上営業を継続しており、1度は確定申告を行っているような状態ですと、安定してしっかりと商売をしていると判断され、カードローン通過が期待できます。

収入確認資料の提出不要のカードローンを検討しよう

カードローンの審査では、申込金額により収入確認書類の提出が求められます。カードローン会社の中には収入確認資料の提出を求められない商品があり、そのようなカードローンをおすすめします。

フリーランスの方の収入確認書類といえば、確定申告書となります。
確定申告書の確認は所得だけの確認ではなく、事業の業績も記載されており確認されます。
月々の売り上げの推移などの余計な情報もカードローン審査に影響してしまうことがあり、その情報は審査にプラスとはなりません。そのため、収入確認書類の提出が無いカードローンに申し込みを行う方が審査通過率が高くなります。

フリーランスのピッタリのカードローンとは

フリーランスにピッタリのカードローンは、消費者金融の自営業者カードローンやビジネスカードローンがおすすめです。消費者金融には自営業者専用のカードローンというのがあり、事業資金だけではなく生活費にも利用できるカードローンです。

事業の内容から融資金額を判断して決めるので、消費者金融のカードローンですが年収の1/3を超えてはいけない総量規制には該当しません。また、銀行からは国交されているビジネスローンは、事業の内容で融資の合否を決めるので、収入と融資金額はあまり関連しません。事業資金にしか使うことができませんが、とても便利なカードローンです。

いかがでしたでしょうか。
フリーランスでも、カードローンを使うことができます。
しかし、審査は決して甘くないといえます。
フリーランスでもご利用できるカードローンに申し込んで、便利にご利用しましょう。

フリーランスはカードローン審査でどのような評価を受けるのか

フリーランスは、カードローンの審査には不利といわれています。近年はフリーランスの方が増えてきているので、カードローンが使えないようでは多くの方が、困ってしまいます。

フリーランスはカードローン審査でどのような評価を受けるのかは、解説していきます。

フリーランスとはどのようなものなのか

フリーランスは、どの会社や組織と雇用関係を結ばずに独立しており、自分の才能や技術を使って企業や個人から仕事を請け負って生計を立てている人です。個人で仕事をしているので自営業や個人事業主ともいえますが、フリーランスは1人で働いている方が大半なので、従業員の数や税務署への届け出などから、フリーランスを自営業や個人事業主というのには微妙な違いがあるといえます。

一般的に人数の多さから、自営業、個人事業主、フリーランスの順番となります。
フリーランスは1人で仕事を行っている場合が大半であり、複数で仕事をすることはほぼありません。
フリーランスの仕事は、Webデザイナーや作家、ライター、漫画家、音楽家、通訳などがあります。

フリーランスは売り上げの上下が激しく、白色申告などの簡単な申告方法や、中には税務申告していない個人もいるようです。その反面、会社員などの給与取得者よりもはるかに多く稼いでいるフリーランスもいます。フリーランスは現在増加傾向があり、会社や組織に縛られずに自分の才能とスキルを使って生計を立てている方が増えています。

フリーランスはカードローン審査での信用性は低いのか

金融機関のフリーランスの信用というのは、どのような感じなのでしょうか。
残念ながら評価は低く、それほど高くありません。

フリーランスでも個人差はありますので全ての人が低いとは言い切れませんが、総じて引く傾向があります。しかし、フリーランスでも審査を上手く通ることができ、カードローンのご利用をすることも不可能ではありません。

カードローンの申し込みの際にフリーランスが申告する職業とは

カードローンの申し込みの際、フリーランスは申込書になんて職業を記載すればよいのでしょうか。
カードローンの申込書の職業欄には、フリーランスという文字はありません。
その場合は、自営業や自由業にチェックを入れるようにしましょう。
更に具体的な職業を書く欄がある場合は、そこに仕事で使っている名称や屋号を記載しましょう。

また、勤務先はフリーランスは自宅の場合が大半であり、その場合は自宅の住所を勤務先の住所としてきさいします。別途事務所を借りて仕事をしている場合は、その住所を記載しましょう。

ここで気にすべきポイントといえば、フリーランスとして働いているけれど開業届を出していないことです。開業届を出していないフリーランスは、カードローン審査で無職と扱われてしまうからです。いくらフリーランスで稼いでいても、開業届を提出していなく無職扱いとなってしまうと、カードローンの審査に通るのは難しくなってしまいます。フリーランスをやっているのだとアピールしても、受付してくれません。

税務署に開業届を提出して正式に事業者として認めれられてもらうことは、金融機関としても受付可能となります。そのため、カードローンの審査にスムーズに通過するためには、開業届を出すようにしましょう。

フリーランスはスコアリングの評価がもともと低い

フリーランスの金融機関のカードローン審査では、スコアリングの評価が低くなっています。
金融機関は融資の際に職業の評価を5段階評価しますが、フリーランスは2程度の評価です。

金融機関によっては、1と評価されてしまう場合もあります。低いスコアリングになってしまう理由は、収入の不安定さです。フリーランスは職種自体でハンデとなっており、それを前提として申し込んで審査通過することを考えなくてはいけません。

フリーランスは会社員と比べると審査に時間がかかってしまう

フリーランスのカードローン審査は、会社員と比べると審査に時間がかかってしまいます。
会社員の給与取得者であれば、本人確認書類と所得確認書類だけでカードローン審査を受けることができ、50万円以下の申し込み限度額の場合は所得証明書類も不要となります。

しかし、フリーランスの場合は、金融機関の所得の確認に時間がかかってしまい、本当に事業を行っているのかをチェックするので、給与所得者と比べると審査に時間がかかってしまいます。

フリ―ランスがカードローンの審査を受ける際に把握しておくべきポイント

フリーランスがカードローンの審査を受ける際は、これらのポイントに注意しましょう。

年間所得と営業年数

フリーランスは、どの程度の所得でどれくらい安定しているのかの見極めが難しく、営業年数も本人の自己申告を聞いても本当なのか確かめにくく、あくまで開業届が出された日と申告書類にて総合的に判断します。信用性と高めるためには、通期2~3期の確定申告書や開業届の写しなどを用意しておくことで、金融機関も審査判定しやすくなります。

信用情報

申込者の信用情報を確認するのは当たり前の手続きであり、本人の信用情報が綺麗な場合は全く問題ありません。しかし、信用情報照会の際に事故情報が確認された場合は、審査通過は難しくなってしまいます。

在籍確認

フリーランスは会社員とは血合い、働いている場所は自宅の場合が大半であり、自宅と離れた場所を職場としている場合でも、自宅にほど近い場所に事務所を借りている人が大半です。

働いている場所が自宅の場合は、在籍確認にて金融機関が電話をかけてくるのは自宅となります。この場合、在籍確認の電話がかかってきたら、出来ればご本人?が直接電話に出ることが望ましくなります。

初回の申し込みはできるだけ少ない金額とする

借入金額が少なければ少ないほど審査基準が低くなるので、フリーランスの初回の申し込み融資金額場出来るだけ低くするようにしましょう。どの程度の融資金額がバランスが取れているのかというと、申込額が年収の1/3以内に収まっていることが望ましくなります。

カードローンは実績ができると後に増額申請することができ、利用限度額を上げることができます。
そのため、初回は低い借入金額として増額申請で上げていく方法が利口な申し込み方法となります。

固定電話を引いておこう

フリーランスが固定電話を引いておくことは、多くのメリットがあります。
1つは事業者としての信用度であり、固定電話があるだけで信用度を高めることができます。

いかがでしたでしょうか。
フリーランスの金融機関の評価は、高くありません。
しかし、ご利用できる可能性はいくらでもあります。
信用性を高めて、是非カードローンの審査に通過しましょう。

フリーランスがカードローンを申し込む際の注意点

カードローンは、フリーランスなどにはハードルが高く、借りにくいというイメージが横行しています。
実際はそこまでハードルが高いというわけではありませんが、会社員と比べるとハードルは高くなってしまいます。

フリーランスがカードローンを契約する際は様々な注意点に気を付けることで、審査通過も夢ではありません。フリーランスがカードローンをご利用する際はどんなポイントに注意すべきなのか、まとめてみました。

フリーランスがカードローンを利用するために気を付けるべきポイントとを把握しよう

フリーランスの方は、カードローンは申し込みにくいと思っている方も少なくありません。
しかし、カードローンを申し込む際にフリーランスということは、特に恐れることはありません。
大事なのは、サラリーマンなどのお給料をもらっている人との違いをしっかり把握することと、利用しやすいカードローンをご利用することで、審査通過は十分に可能といえます。

通常のカードローンはフリーランスは契約しにくい

なぜフリーランスはカードローンに申し込むことが難しいのか、それにはこのようなポイントがあるからです。

  • 収入が安定していない
  • 継続的な収入を見込む保証がない

この2点が、大きな理由です。
収入が不安定ですので、来年には廃業になってしまうかもしれませんし、逃げられて連絡が取れなくなってしまうかもしれません。そのような要素が、サラリーマンよりも高いと判断されてしまいます。

サラリーマンには、お給料をくれる事業主がいます。事業主は人を雇って経営をしているので、1人で仕事をしているフリーランスよりははるかに経営的に安定しているといえます。

カードローンの使い道は何なのか

カードローンは個人を対象としたサービスであり、フリーランスであっても個人として借りるなら全く問題ありません。カードローンは使途自由ですが、生活資金に充てることが条件であり、事業に対してはお金を使ってはいけません。

フリーランスは事業性資金と生活費のボーダーラインが曖昧なので、本当に生活資金にだけ使うのかという疑問が発生してしまいます。あくまで生活資金でのご利用と審査の際に回答し、事業性資金として使うのではないということをアピールするようにしましょう。

ノンバンクであれば審査基準が低め

フリーランスは評価が低くなってしまうので、銀行のカードローンは残念ながら審査通過は難しいといえます。

そんなフリーランスでも審査通過が期待できるのは、ノンバンクのカードローンです。ノンバンクのカードローンは事業性資金に使っても良いので、フリーランスでも審査の対象としてもらえます。

契約の際のお金の使い方に対して嘘をつかない

カードローンの品さえ通過すれば、あとは借りたお金は現金ですので何に使ったのかはわかりにくいので、バレません。

しかし、事業性資金に使ってはいけないカードローンを滋養の資金に使ってしまい、それがバレてしまった場合はカードローンのご利用ができなくなってしまいます。個人信用情報機関に記載されてしまうので、他の金融機関のカードローンの申し込みもできなくなってしまいます。そのため、利用内容は正直に伝えるようにしましょう。

正しい収入を申告する

フリーランスによくあることといえば、収入をごまかしてしまうことです。
フリーランスの年収はわかりにくいので、変な言い方いくらでも言うことができます。
収入証明書を提出しなくてもOKのカードローンの場合でも、嘘をついてはいけません。収入の嘘というのは意外とバレやすく、後にバレてしまった場合は信用情報に傷がついてしまい、5年や10年など長い期間カードローンのご利用ができなくなってしまうことがあります。

審査が厳しく限度額が低い

フリーランスはサラリーマンよりも収入が安定していないので、継続的な収入を得ることができるのかどうかも怪しいといえます。毎月固定のお給料をもらっているフリーランスのかたもいらっしゃいますが、完全出来高制のフリーランスの方も少なくありません。そのため、フリ―ランスへのカードローンの審査は厳しくなってしまいます。

審査の際にサラリーマンよりも多くの書類提出を求められたり、限度額が低くなってしまう可能性は十分にあります。カードローンはサラリーマン向けの商品なので、フリーランスが審査が厳しめとなってしまうのは仕方のないことだと思います。

消費者金融のフリーランスのカードローンの申し込みの流れ

フリーランスのカードローンの申し込みは、サラリーマンと比較すると申し込みの流れの内容が多くあります。とある大手消費者金融のフリーランスの申し込みの流れは、このような流れとなります。

  • 申し込み
  • 一次審査
  • 結果通知
  • 書類をFAXにて郵送
  • 電話で事業内容の確認
  • 来店
  • 申し込み書類の作成
  • 事業計画書作成
  • 二次審査
  • カード発行

このように、審査の流れに多くの項目が発生します。また、申し込み対象年齢もサラリーマンは69歳まで対象となっているのに対して、フリーランスは65歳までとなっており、対象年齢にも差があります。

いかがでしたでしょうか。
フリーランスがカードローンを申し込む際は、これらの注意点に向けて申し込みを検討しましょう。
フリーランスも選択する金融機関によって、審査通過とすることもできます。
申込方法を間違えずに、カードローンご利用へちとこぎつけましょう。

フリーランスのカードローン|求められる書類をチェック

フリーランスがカードローンに申し込む際は、様々な書類を提出しないといけません。
サラリーマンの申し込みの際とは違う多くの書類を求められるので、用意には注意しましょう。
どのような書類が必要となるのか、詳しくご紹介していきます。

フリーランスがカードローン申し込みの際に求められる公的書類

サラリーマンの場合は、自己申告で収入を伝えるだけでOKだったり給与明細で証明することができますが。フリーランスの場合は証明できる収入証明書がないので、給与を改ざんして好きなように申告することもできます。そのため、フリーランスの場合は公的書類田税務署の公的書類を求められることがあります。

フリーランスがカードローン申し込みの際に求められる提出書類

フリ―ランスがカードローン申し込みの際に求められる書類は、様々あります。
金融機関別に、ご紹介していきます。

ビジネクスト

確定申告書原則2年分

ビジネスパートナー

事業主個人の印鑑証明書、確定申告書2年分、所定の借入計画書

プロミス

確定申告書、青色申告決算書や収支内訳書、営業許可証、受注書、発注書、納品書、請求書など

アイフル

確定申告書、所定の事業内容確認書

アコム

限度額100万円超えの場合に必要、青色申告決算書か収支内訳書

オリコ

確定申告書、青色申告決算書か収支内訳書

SMBCモビット

確定申告書、所定の事業内容確認書

ノーローン

確定申告書、青色申告決算書か収支内訳書

確定申告書

確定申告書にはAとBがありますが、フリーランスが使うのは確定申告書Bとなります。
複写式の書類なので、手続きをして提出することで控えが戻ってくるので手元にあるはずです。
税務署に提出した証拠付きのものが必要であり、書き写しをしたものは認められません。

決算書(青色申告決算書、収支内訳書)

青色申告書の場合は決算書として青色申告決算書、白色申告の場合は決算書として収支内訳書画必要です。

確定申告書や決算書が手元にない場合

確定申告書や決算書が手元にない場合は、カードローン会社に確認をして他に方法がないかを問合せましょう。問合せると柔軟な答えを出してくれ、場合によっては納税証明書や課税証明書、所得証明書などの代わりの書類でもOKという場合もあります。手元に控えが無くコピーを取ることができる場合、税務署にて開示請求をすることでコピーを手に入れることができます。

金融機関指定の計画書

選ぶ金融機関によって必要となる書類の中に、今現在の事業に関する計画書の提出を求められることがあります。

金融機関により名称が異なり、営業状況確認書や借入計画書、事業内容計画書、経営状況申告書など、金融機関によって呼び名や内容が異なります。ほとんどの場合、名称が違うだけで内容はほとんど同じです。

作り慣れている書類ではないので、どのような物を作ればよいのか迷ってしまうと思います。
書式は金融機関の方に用意してあるので、それに合わせて作成して、チェックを入れたり数字を書き入れるだけの簡単な書類です。金融機関によっては詳しく記載しないといけない場合もありますが、その場合は金融機関の方で記載の仕方を細かく教えてくれますので、どなたでも安心して作成することができます。

内容はほとんどが自己申告であり、裏付けが必要になる内容は一切ありません。
しかし、きちんと正直に記載することが大事となります。
記入する内容は、このような内容となります。

  • 前年度と同じ事業内容なのか、縮小する予定はあるのか、拡大する予定はあるのか
  • 売上や経費、利益、仕入値などは前年度と同じなのか、増えるのか、減るのか
  • 資金の調達は今はどうしているのか、今後どうしていくのか
  • 主力商品は何なのか、主要取引際はどこなのか

など、金融機関が聞きたいことを書面にして提出する内容です。

在籍確認は固定電話で受けるべき

フリーランスのカードローンの審査も、在籍確認があります。
フリーランスは自宅で仕事をしている方が大半なので、在籍確認は自宅にきます。
この際携帯電話番号あての在籍確認では、審査上不利となってしまうことがあります。
携帯電話しかない事業所というのは、信頼性が低いと判断されてしまいます。

在籍確認は、固定電話で受けるようにしましょう。
IP電話を採用している場合もありますが、市外局番で取得できる電話と比べると信用性が低くなってしまいます。必ず市外局番で取得できる、一般的な固定電話で在籍確認を受けるようにしましょう。

金融機関によっては、固定電話のみの在籍確認としている場合もあります。そのため、携帯電話しかない場合はあらかじめ携帯電話しかない旨を金融機関側に伝えるようにしましょう。

営業を証明する書類が必要となる場合がある

一部の金融機関では、実際に事業を行っているのかどうかを確認したく、業種に応じた追加の書類を求められることもあります。例えば飲食店営業などの営業許可証や、請求書や発注書などです。これらの書類は急に求められることがあるので、あらかじめ用意しておくと良いでしょう。

いかがでしたでしょうか。
フリーランスのカードローン契約に必要となる書類は、サラリーマンの契約の際と違って様々な書類を要求されます。
要求された書類が1つでも足りないと審査通過できませんので、時間がかかる書類はあらかじめ用意しておく事が大事となります。