消費者金融 フリーランス

消費者金融はフリーランスの利用が可能なのか

フリーランスも急な資金調達が必要な場合があり、思いつくことといえば消費者金融のご利用ではないでしょうか。消費者金融の利用はフリーランスは可能なのか、詳しく解説していきます。

フリーランスは消費者金融の利用はできるのか

フリーランスでも消費者金融の利用はできるのか、それは借入申込条件を確認してみると理解できます。
消費者金融は、このような申込条件を公開しています。

  • 年齢:満20歳以上
  • 収入:安定した継続収入
  • 職業:会社員やOLをはじめアルバイトやパートでも可能
  • 会社勤めじゃない場合:自営業でもご利用可能

と、なっています。

自営業者は該当しますが、フリーランスは自由業ですので自由業とうたっていない部分が気になる所です。また、フリーランスは継続した安定収入のキープは難しいといえるので、その部分も気になるところです。

結論からいうと、フリーランスであっても毎月安定した収入が得られるという証明さえできれば、審査の対象となります。そのためには、証明できる確定申告書や納税証明書が必要となります。毎月の収入にばらつきがあったり低い年収の場合は、残念ながら審査の対象となることは難しいということになります。


消費者金融の中にはフリーランスでも対象となる業者もある

多々ある消費者金融の中には、フリーランスに対して間口を広くしている業者もあります。
これらの消費者金融の中には、フリーランスでも審査の対象と期待できる場合があります。

  • アイフル
  • アコム
  • モビット
  • ノーローン

これらの消費者金融は、TVCMでもおなじみの大手消費者金融です。

パートやアルバイトでも消費者金融のご利用ができることを考えると、フリーランスの年収は200万円程度あれば審査の対象となるといえます。また、レイクは新生銀行のカードローンですが、大手消費者金融のような間口の広さを持っており、返済能力さえあればフリーランスでも審査の対象となります。

確定申告をしていないフリーランスは審査の対処となるのか

まだフリーランスになって1年も経っていない場合は、1度も確定申告を行っていないというケースもあります。確定申告をしてなくても、フリーランスは消費者金融のご利用ができるのでしょうか。

確定申告をしていない場合は、納税証明書や納税通知書、所得証明書の取得ができません。
これでは、フリーランスが消費者金融を利用する際の書類を用意できないので、ご利用ができるのか心配になってしまいます。

開業して間もないフリーランスに対しても、大手消費者金融の中でには間口を広くしている業者もあります。他の書類の提出により、事業を行っている証明とします。

例えば、契約先との事業委託明細書は収入証明書の代わりになるので、消費者金融に提出することで必要書類提出とすることができます。ただし、必要証類をそろえることができない状態ですので、その場合は事前にご利用したい消費者金融に問い合わせをして審査の対象となるのかを確認しましょう。

消費者金融の審査の落ちてしまうと、その旨が個人信用情報機関に記載されてしまうので、よくありません。
そのため、事前に消費者金融側に問い合わせをしてから申し込みの検討をしましょう。

いかがでしたでしょうか。
消費者金融の利用はフリーランスでもできますが、様々な条件がありますので、どなたでも可能というわけではありません。安定した収入があれば審査の対象となりますので、その場合は検討をしてみるとよいでしょう。


フリーランスが消費者金融の審査に通るための必須ポイント

フリーランスは不安定な収入体系ですので、消費者金融の審査に通ることは簡単なことではありません。
フリーランスが確実に消費者金融の審査に通るためには、様々な注意すべきポイントとなります。
フリーランスが消費者金融の審査に通るための必須ポイントを、いくつかピックアップしてみました。

借入希望金額を出来るだけ少なくする

消費者金融の審査の難易度は、借入希望金額の多さで決まります。
借入れ希望金額が多ければ多いほど、審査の難易度が高くなってしまいます。まずは審査通過することが大事ですので、審査に通るためには必要最低限の借入希望金額で申し込むようにしましょう。

消費者金融の初回の利用限度額というのは、一般的に年収の10%程度といわれています。
年収300万円の場合、初回利用限度額は30万円が妥当な金額となります。
しかし、これは一般的な会社員やOLの例で、フリーランスの年収300万円とは意味が大きく異なります。フリーランスはもっと抑えた捉えられ方をするので、借入希望金額はもっと抑えるようにしましょう。

フリーランスは一般的な初回借入金額の1/3である、10万円が妥当な金額といえます。
少ないと思うかもしれませんが、最初はこの程度の融資額で我慢をしましょう。
きちんとご利用していると増額申請ができるようになり、融資額の上限を上げることができます。

利用開始から6か月から1年ほどで増額申請の連絡がきますので、その際に利用額を上げるようにしましょう。フリーランスの場合は、まずは審査通過をすることが大事ですので欲張らないことが審査通過のカギとなります。


固定電話があるととても有利

フリーランスは自宅で仕事をしていることが大半ですので、在籍確認は自宅への電話連絡となります。

この時にとても重要となるポイントは、固定電話で在籍確認の連絡を受けることです。
固定電話で在籍確認をするべき理由は、固定した位置での仕事をしていることを証明できるからです。
携帯電話でも連絡は取れますが、携帯電話というのは簡単に電話番号を変えることができ、移動して職場の位置も変えることができます。

これでは、万が一融資金額の回収ができない場合、連絡が取れなくなってしまいます。
フリーランスが消費者金融の審査に通るためには、固定電話での在籍確認とするようにしましょう。
現在固定電話が無い場合は、設置して申し込むことで審査通過のハードルを下げることができます。

仕事の内容を確実に証明する

フリーランスですので、どのような形態で仕事をしているのかが見えません。
そのため、どんな仕事をしていてこのような収入を得ているのかを、しっかりと証明することがカギとなります。収入証明書や確定申告書が必要となりますが、それが無い場合は口頭で仕事の内容を説明して聞いてくれる良心的な消費者金融もあります。

その際は、どのような仕事を行っていて仕事の量や収入の内容などを、わかりやすく説明して消費者金融側の理解を得ましょう。収入証明書や確定申告書が用意できない場合でも、親身になって仕事の内容を聞いてくれて審査の対象としてくれる消費者金融もあります。せっかく良心的に聞いてくれるのですから、きちんと仕事の状況を伝えて理解してもらいましょう。

企業してから数年の実績を付けてから申し込みをする

フリーランスの場合、起業したての場合は事業の安定性はありません。
そのため、起業して間もない場合は審査通過は厳しくなってしまいます。

実際、起業したてでもOKとうたっている消費者金融もあるようですが、審査基準はかなり低くなってしまいます。起業実績は、最低でも2~3年ほどは作るようにして、事業の安定性を消費者金融側に伝えるようにしましょう。

少ない融資金額でも収入証明書を提出する

消費者金融は50万円以下の融資の場合は収入証明は必要ありませんが、提出することで信用性を高めることできます。そのため、借入限度額の金額の多さに関係なく、収入証明書を提出するようにしましょう。

いかがでしたでしょうか。
消費者金融の審査は個人事業主は難しい要素が多いので、最大限に注意すべきポイントを把握した上で慎重に申し込むことが大事となります。
細かい部分までしっかりと検討して、審査通過ができるようにしましょう。


なぜフリーランスは消費者金融の審査に通りにくいのか

フリーランスは消費者金融の審査に通りにくく、今まで何度も通過しなかったという方も少なくありません。フリーランスは様々な部分の不安定さにより、どうしても信用性が低いと判断されてしまいます。

フリーランスはなぜ消費者金融の審査に通りにくいのか、ピックアップしてみました。

事業の状態が非常に不安定

フリーランスの方は自分1人で仕事をしていることが大半であり、自分のさじ加減で仕事を行っている方が多くいらっしゃいます。そのため、仕事の安定さが見えにくく不安定な職業と認識されてしまいます。

収入が1,000万円ある高給取りのフリーランスであっても、その高額な収入は安定していません。
来年の収入は0円のこともあり、例え一時収入が多いことがあっても安定することは非常に難しいです。
取得が多くても少なくてもフリーランスが審査上非常にマイナスとなってしまうことは、このような理由があるからです。フリーランスの不安定さは、タクシーの運転手や保険外交員などの歩合の収入の方も同じような不安定職業を認定されるので、審査は不利となってしまいます。


有給休暇がない

フリーランスの方は企業に所属していませんので、有給休暇はありません。
有給休暇というのは文字通り休んでもお給料が支払ってもらえる休みであり、休んでも収入を得ることができるという意味になります。

フリーランスの方は、休めばその間の収入はゼロとなってしまいます。
休むと収入が得られないので、収入安定がない職業とみなされてしまいます。

生活費の事業性資金の区別をつけることが不透明

フリーランスの方は事業と生活が一緒になっているので、生活費と必要経費の区別をつけることは非常にあいまいとなってしまいます。

消費者金融から融資を受けたお金は使途用途制限なしで利用できるので、事業性資金に融資金額を使ってしまう場合があります。そのため、一般の会社員とは使い道が大きくことなり、審査には通りにくくなってしまいます。


フリーランスが消費者金融の審査に通らない場合の対処方法

フリーランスが消費者金融の審査に通らない場合は、これらの対処方法で資金調達を検討してみましょう。

ファクタリング

個人事業主の届け出を税務署に行っているフリーランスの場合は、ファクタリングで資金調達とすることができます。売掛金がある場合は売掛金を使った先払いで資金を得ることができるので、おすすめです。ノンバンクの場合は即日入金してもらえることもあり、申し込みをしたその日に資金調達ができる場合もあります。

収入証明書の提出不要のカードローンの検討

カードローンの中には、収入確認の資料の提出が不要な商品もあります。
フリーランスの場合収入証明書不要のカードローンの審査に通ったというケースもあります。


自営業者専用のカードローンの検討

消費者金融の商品には、自営業者専用カードローンという商品があります。
自営業向けのカードローンであり、生活費と事業費の線引きがあいまいとなってしまうフリーランスでも審査の対象となります。事業の内容により判断して審査を行うので、消費者金融の商品ですが年収の1/3を超える借入でも問題ありません。

事業者専用のカードローンの検討

事業者専用のカードローンも、フリーランスが審査通過しやすい商品です。
確定申告書を審査して事業の内容での審査となるので、収入に関連しない融資とすることができます。

いかがでしたでしょうか。
消費者金融がフリーランスへ厳しい審査となってしまうのは、このような理由があるからです。実際改めて確認してみると、理解できる理由といえます。
消費者金融の審査に通らず困ってしまった場合は、その他のフリーランスがご利用できる可能性がある資金調達方法で資金を得ることを考えてみると良いでしょう。


フリーランスが消費者金融に申し込みする際に思う疑問を解決

フリーランスが消費者金融に申し込みする場合、様々な思う疑問があると思います。
消費者金融へフリーランスが申し込みする際の様々な疑問を、ピックアップしてみました。

申込書の勤務先にはなんて書くと良いのか

申込書には勤務先を記載しますが、フリーランスは何と記載すれば良いのでしょうか。
屋号がある場合は、その屋号を記載します。

しかし、フリーランスの場合屋号が無い場合が大半なので、その場合は自営業と記載することになります。業種に自営業という選択がある場合は自営業を選択し、会社名を記載する倍も自営業と記載します。どう記載すればいいのかわからない場合、未入力も1つの選択肢となります。

ですが、未入力というのは印象が悪くなってしまいますので、オススメできません。
自営業の横に記載ができるようであれば、その横に実際の仕事を記載しましょう。
ライターやプログラマーなどわかりやすく記載することで、担当者が納得してくれます。


WEB完結の商品は利用できるのか

消費者金融には様々な商品があり、Webのみで完結ができるWEB完結という商品を取り扱っている場合があります。WEB完結というのは在籍確認が無い商品であり、在籍確認なしで融資を受けることができる便利なシステムです。

しかし、フリーランスの場合はWEB完結はご利用できません。
WEB完結というのが会社員やOLが持っている社会保険証や組合保険証を使って在籍確認を行います。
フリーランスは国民健康保険ですので、使える保険証の種類が違うためご利用ができません。

取引先への確認はあるのか

自営業者の場合、在籍確認の1つの方法として取引先に連絡をするという流れがありますが、この流れはフリーランスでも行っている金融機関があるようです。中小消費者金融にある手法であり、大手消費者金融ではこのような在籍確認は行わないそうです。

取引先に在籍確認を行う際は、あらかじめ本人にその説明をします。
そのため、消費者金融側が勝手に調べて取引先に電話をすることはありません。
取引先の電話番号を必ず申し込み者本人に確認をして、聞いた番号にかけて行います。


信用情報の重要さ

フリーランスの場合自宅への在籍確認となるので、確実な在籍確認とならない傾向があります。
そのため、重要視する審査要素といえば個人信用情報の状態です。
個人信用情報を確認して問題が無い場合は、最低契約額で審査通過できることもあります。
そのため、フリーランスには信用情報が非常に重要となります。

もしも事故情報がある場合は、審査通過は難しくなってしまいます。
事故情報に自信が無い場合は、あらかじめ自分の事故情報を確認してみると良いでしょう。
個人でも自分の事故情報の閲覧確認はでき、1,000円程度の手数料で閲覧ができます。
時間がかかる場合もありますので、次官に余裕を持って申し込んでチェックするようにしましょう。

信用情報はある一定の期間しか記載していませんので、記載がある場合はあとどれくらい記載され続けるのかをチェックした上で、消費者金融のご利用の検討をして見ると良いでしょう。

銀行カードローンの利用はほぼ無理に等しい

できれば銀行系カードローンをご利用したいと思うかもしれませんが、フリーランスが銀行系カードローンの審査に通過することは非常に難しいです。屋号があって固定電話がある場合に審査に通ったという例はありますが、ほぼ難しいといえます。

銀行系のカードローンは審査基準が厳しく、一般的なサラリーマンでも審査の対象とならない場合があります。カードローンの契約を絶対行いたい場合は、消費者金融系のカードローンが断然おすすめとなります。

1度銀行系のカードローンの申し込みをして落ちた場合に、消費者金融に申し込もうと考える人もいるようです。しかし、それは絶対におすすめできません。1度融資の審査に落ちると、信用情報機関にその事実が記載されてしまいます。

そのため、銀行の審査に落ちた後に消費者金融系に申し込みをした場合に、1度審査に落ちた人だというのがバレてしまい審査に影響を与えてしまいます。もしも1度審査に落ちている事実により消費者金融の審査にも落ちてしまうのであれば、最初から消費者金融の審査を受けることが利口といえます。

収入を証明できる書類をそろえることができない

フリーランスでも毎年確定申告をすることで、確定申告書を使って収入証明とすることができます。
しかし、確定申告をしていない場合は収入を証明できる書類を提出することはできません。
消費者金融は、50万円以下の借入金額の場合は収入証明書は不要となります。

ですが、フリーランスの場合は50万円以下の借入金額の場合でも収入証明書が必要となる場合があります。収入証明書を提出することができない場合は、電話にて口頭で仕事の状態を聞かれるので説明しましょう。説明の仕方によってはどんな仕事で収入を得ているのかを伝えることができ、消費者金融側も納得してもらえる場合があります。

あるいは、説明の仕方によっては納得してくれない場合もありますので、その場合は審査落ちとなってしまいます。消費者金融から電話が来る前に、仕事に対する内容や収入の形態などをメモに取っておき、そのメモを見ながら説明をすると伝えやすくなります。

いかがでしたでしょうか。
フリーランスが消費者金融に申し込みする際に思う疑問を、詳しくご紹介しました。
フリーランスは他の一般的なお仕事の方とは違い、様々なわかりにくい点もあります。
しっかりと理解した上で、消費者金融の審査に通るようにしましょう。


フリーランスの消費者金融カードローン申し込みは開業届を出すべき理由

フリーランスは消費者金融などのローンの審査に対して不利であり、なかなかご利用できない方もいます。消費者金融などのローン審査に通らないフリーランスは、開業届を出して消費者金融の申し込みをすると審査通過率が高くなります。

フリーランスが消費者金融の審査に通りやすくするに注目すべき開業届について、詳しくご紹介いたします。

開業届はフリーランスが融資を受けるための大事な要素

消費者金融の審査にフリーランスがスムーズに通るためのポイントに、開業届があります。
新しく事業を始めた際に税務署に報告する届出が、開業届です。開業届を提出済みのフリーランスは一企業として確立した企業とみなされ、消費者金融の審査通過の難易度を緩和することができます。

開業届を出していないフリーランスは、ただの無職とみなされてしまう傾向があります。よほど素晴らしい収入証明がないと、審査通過は難しくなってしまいます。フリーランスは消費者金融の審査通過が難しい傾向がありますが、開業届提出だけでも審査通過に大きな期待できるようになります。


開業届手続きの注意ポイント

開業届には、このような注意ポイントがあります。

提出までの期間

提出期間は、開業後1か月以内となります。期限内に提出しておくことで、金融機関との取引の際に控えを使うことができるなど、大変多くのメリットがあります。

提出義務がある

届出には、所得税法の法律により決まりがあります。
そのため、フリーランスで働く方も絶対に期限内に提出しないといけない義務があります。

しかし、開業届を提出していないフリーランスの方は多くいらっしゃいます。
その理由は、開業届は義務付けられておらず罰則もないことです。
そのため、提出せずフリーランスを継続している方も多くいます。

しかし、開業届を出していない場合は、青色申告ができません。
青色申告は節税額が大きく、納税が少なく済みます。節税はとても大事なことですので、期限内に開業届を提出しておいた方が大変有利となります。

会社員を退職したばかりは注意が必要

会社心を退職してフリーランスになる方は、開業届を出すと失業保険の受取ができなくなってしまいます。仕事をし始めたと解釈されるので、当然失業保険は打ち切りになってしまいます。そのため、失業保険を全て受け取った後に個人事業の開業をするようにしましょう。


開業届提出のポイント

開業届といっても、もちろん慣れていないのでわかりにくいと思います。
このようなポイントで、簡単に提出ができます。

開業した日付

開業日を書く欄がありますが、自分で好きな日にできます。
フリーランスの場合は決定的な日付を決定しにくいですが、フリーランスになると思った日を開業届にする方が大半です。実際に税務署の方でも好きな日でOKと言っているようですので、自分がこの日と思った日で良いといえます。

屋号の決定

屋号というのは、企業名です。あくまでフリーランスではありますが、企業としての名称を付けます。
開業届には屋号を書く欄があり、基本的にはご自分の好きな名称を自由に決めてOKです。
ポイントとしては、短くて覚えやすく、事業内容が明確になる名称が良いようです。

開業届を出すことにより大きく変わることがあるのか

開業届を出してもいいけれど、何か大きなことが変わるのかと不安になるかもしれません。
開業届は、提出しても何が変わるということではありません。
企業としてしっかりとしていると判断されるので、消費者金融のご利用にはとても有利となります。

そもそも、事業資金のために開業届を出す方も少なくありません。
何にも変わらないように思えますが、いざ事業資金に行き詰った時には頼りになります。
行く先々のことを考えると、提出しておくべき届出といえます。

1つ気になることといえば、収入の税金面で不利になるのではということではないでしょうか。
そもそも一定の収入がある場合は、納税はしないといけません。それが、開業届で納税の割合が増えるということはありません。むしろ青色申告となるので、税金はお得となる場合があります。

いかがでしたでしょうか。
フリーランスは消費者金融の審査に通りにくいので、様々な技が必要と言えます。
カードローンなどの消費者金融ご利用の際は、開業届を出して一企業として申し込みをしてみましょう。審査通過できる要素が高くなり、資金調達も夢ではありません。