フリーランス 融資

フリーランスの最適な融資先

フリーランスで事業融資を受けるときには、いくつかの選択肢を確認しましょう。

個人事業主の融資

フリーランスは別名個人事業主になります。事業に必要な融資先としては、銀行、ノンバンクに求めることができます。

銀行では、一般的な銀行の他に政府銀行である日本政策金融公庫があります。そして、ノンバンクではビジネスローンの利用もできます。普通の会社同様の扱いを受ける事業資金調達ができます。選択肢としては多いのですが、審査では多少厳しい現実があります。

一般銀行の融資

審査では、返済能力を重視します。これはどの審査でも同様ですが、過去の決算書(青色申告書)や経営実績などが関係します。

資金がほしいのですから、決算書などが思わしくないときには、あまり良い返事は求められません。自己資金なども関係、不動産担保などもない場合では、銀行では地銀や信用金庫がより資金調達先としては良い場合が多いです。

どうしても銀行審査では困難なときには、大手銀行ではなく、身近な銀行に対応してもらうことです。そのため、事前に口座を作り取引実績を作っておく、営業マンと仲良くなっていくことも必要です。担当者と経営内容も話しができるのなら、信用金庫などでは、一般銀行ではフリーランスにより良い存在になるでしょう。

日本政策金融公庫の融資

政府の銀行であり、フリーランスの審査にも公平です。住宅ローンなどの相談もできますが、最初から小規模企業への融資制度がありますので、ぜひ相談してみて下さい。日本政策金融公庫では、開業資金からもフリーランスは人気がありますが、自己資金が少ない銀行の融資先としては、ここの融資はオススメです。

最初は銀行にこだわる

信用金庫、日本政策金融公庫が良いと言うのは、銀行融資の低金利がポイントです。フリーランスになったのなら、開業届を出し個人事業主として確立する。青色申告書を用意して、事業者としても経費の計算を細かくする。その上で、日本政策金融公庫に申し込みが良いでしょう。

ビジネスローンでは簡単に申し込みができますが、どうしても高い金利になります。ただ、1枚あると便利ですが、事業資金調達としては銀行にこだわる。1%でも少ない金利の商品を手にすることが必要です。

日本政策金融公庫の審査に通ることは、その後のローン商品などでも審査に通りやすいと言います。しかし、事業悪化でブラックリストなどになると、銀行融資は厳しくなってしまうので、きちんと返済ができ、完済記録を作ることが最低限の条件です。

信用金庫などの担当者を味方につける方法

フリーランスになったときに、メイン銀行は信用金庫、信用組合にすることをオススメします。その時に開業届を済ましておくと、名義人が屋号を使用することができます。

フリーランスでは、開業届しないと名義人は個人名になりますが、開業届後では屋号を使用することができ、社会的信用ができます。それが、融資を引き出すことに有利な条件になります。

担当者と仲良くなる

フリーランスにとっては、信用金庫、信用組合の存在は頼りになります。事業内容などもお金の出し入れの相談もできます。そうしたことから、担当者と仲良くなっておくことで、自身の立場を確認してもらうことが必要でしょう。サービス内容も確認されることで、融資相談もしやすいでしょう。融資の基礎知識なども伝授されます。

金融機関とは融資対象が違います。金融機関である銀行より、信用金庫、信用組合の方が地元に還元を主としているので、融資審査も低いとされています。フリーランスで信用金庫、信用組合の担当者と仲良く、メイン銀行として作っておくことは何かと都合が良いです。

フリーランスが融資のときに必要な書類

決算書、試算表、資金繰り表、事業計画書です。この書類の作り方などは自由ですが、要は必要書類は、お金の出し入れがはっきりしていることです。新しい事業したいので、計画ですが返済はこうするという内容です。

信用金庫などの事業に必要な資金では、あくまでも事業に関係するものです。資金調達ができたら、このように計画があり、返済もこうして行うという予想に過ぎないのですが、それだけでも書類として揃えておくと良いでしょう。

ここで、担当者と仲良くというのは、書類の内容でも相談ができます。それでは不足だとか、もっとこうしたら良いというアドバイスももらうことができます。

一番必要なのは資金繰り表

案外と見落としがちなのですが、資金繰り表を過去の事業を踏まえて作っておくと良いでしょう。売上の曲線などをグラフ化しておいたり、自身の資金の使い道を振り返ることもできます。この表は、他の資金調達では必要ないとされていますが、実は一番貴重な存在になっていると言われています。

ある資金担当者が言うには、中小企業の中でも提出書類が揃っていない場合も多いと言います。特に資金繰り表をきちんと作っているフリーランスでは、審査に有利だと言います。

自身で工夫して作ったものでも良いのですが、フリーランスとして計画的に資金調達と使用が全てキャッチした上で、これからの展望も資金繰り表で表現することができます。早くから作っておくこと。毎月見直しを付けることでより有能な資料になります。

フリーランスが持ちたいクレジットカードとビジネスローン

フリーランスになったときに、ぜひ作ってほしいのが、事業者のためのクレジットカードとビジネスローンです。これは、個人事業主として簡単に申し込めるものがあります。審査基準が甘いものとして、新規ですぐに申し込めるものがオススメです。とにかく、この2つはあったほうが良いでしょう。

個人事業主としての準備

フリーランスとは、仕事をするのが、クライアントとの契約で会社に属していない方です。個人事業主であり、自分が会社になります。そこで、法的手続きとしては、税務署で開業届をすることです。同時に確定申告書では青色申告書になることで、社会的信用ができます。

毎月経費も算出していくのですが、ツールがありますので、それほど大変なことではありません。そして、事業用のクレジットカードとビジネスローンの契約をすることです。

審査は大したことがない

この2つの審査では、フリーランス個人の返済能力を確認するものです。それぞれに個人での申し込みと違うのは、限度額が大きいことです。まだ事業も回っていないのに、審査に通るのは、申込者の信用情報がポイントになるからです。わかりやすく言えば、ブラックリストではないこと、カードによっては多少の金融事故でも持つことができます。

クレジットカードは使い込め

フリーランスとなったときに、経費を全てクレジットカードの支払いにすると経費がわかりやすいです。事業用では特典もありますが仕事をするときには、プライベートと区別する意味で、すぐに使用がオススメです。

事業用クレジットカードではうまく使いこなすことでフリーランスとしての地位も上がります。ちなみにアメックスなどは簡単につくれることが多いです。

ビジネスローンはお守り

実際の事業資金を借りるのは、準備としては最終段階です。フリーランスの事業資金調達は、日本政策金融公庫、信用金庫などに頼ることです。

まずは事業資金としては日本政策金融公庫と円をしておくとで、ビジネスローンが登場するのは、最終的に審査落ちになった時です。というのも、銀行の融資と比較して金利がとても高いので、簡単に申込ができますが、利用価値としては低いと考えます。

ただ、どうしても資金がすぐにほしい時などはとても便利です。フリーランスのビジネスローンでは、一応プライベートのカードローンとしても使用ができます。その目的もありますが、事業資金としては最終的なお守りとして早くに契約をしておくことです。

今日からフリーランス、まず行うことは?

フリーランスで融資を受けたいという時、書類をきちんと用意して下さい。

会社員から独立、最初に行うこと

それが開業届です。これは税務署で行うのですが、今日から開業しますと公言します。個人事業主となるのですが、専従者の有無(家族では節税対策になる)、青色申告書の必要性(毎月決算の帳簿が必要)などの義務が生じます。

そして、銀行口座では屋号での口座開設が叶います。それでお金の出し入れがスムーズになります。個人事業としての用意ができます。

基礎知識としては立派なフリーランスとなるためには、ここまではしてほしいです。それは融資を受けるために、単にフリーランスとして独立ではなく、社会的信用の個人事業主になることができます。

自己資金が少ない

開業資金では、金融機関、信用金庫などではなかなか借入ができません。フリーランスで独立資金と言えば、良いスポンサーがいれば良いのですが、存在しない時には借金、融資です。

そこは日本政策金融公庫に行く、地方自治体の融資制度の利用です。開業のための借入としては、最初の一歩です。そのためにも用意しなくてはならないことは基地と行いましょう。

自己資金が少ないとしても

開業資金も日本政策金融公庫で借入ができますが、個人事業主としての用意をして、素晴らしいプロモーション、プレゼンテーションを行うことです。こんなことをしたい、そのために必要な資金、開業も含めて計画書はこれですという内容をどんどん提供します。サービス内容だけではなく、余計な資料も色鮮やかに作って下さい。

審査を左右することです。中小、小規模、フリーランスにはとても優遇してくれるのが日本政策金融公庫になります。

融資先はたくさんある方が良い

日本政策金融公庫はフリーランスに優しい方です。次に用意したいのが、信用金庫や信用組合です。そこでは、フリーランスとしては口座を作り、顔を売ることです。融資では信用保証協会に入ることができれば、低金利融資の用意があります。

銀行としては多くの取引したい。地元で多くの企業などとの取引を狙っているので、融資対象としてはありがたいことです。日本政策金融公庫と違い担当者が足繁く通ってくれることもあり、この繋がりは深く太くすることです。

フリーランスとしては、大手銀行相手は絶対に無理です。事業のための融資では、日本政策金融公庫、信用金庫信用組合とうまく関係しておくことが必要なことです。低金利になっていることでは、欠かすことができない存在でしょう。フリーランスになったのなら、ここはポイントになります。

フリーランスでお金を借りるということ

フリーランスとは、自身で事業をしている方たちを指します。個人事業主になっていますが、毎年確定申告していますが、青色申告書を使用します。面倒ですが、毎日帳簿を付けるだけです。便利なツールがありますが、専門家のアドバイスがあるともっと画期的です。

自己資金ゼロでもできる

フリーランスになるのは自宅から。大した道具も必要なく。個人事業主として、ネットで在宅ワークから開始している方もいます。カメラ1つで全国カメラマンとして活躍している方もいます。資金は大した最初は必要ないとしても、だんだんと融資が必要になることもあります。

例えば、自宅から事務所を借りたいとか、カメラにしても新しいものにしたい。全て事業のためであり、事業資金として必要なものです。その融資を受けることができる。融資は借金であり、返さなければならないものですが、1%でも低金利が嬉しいでしょう。

カードローンの話し

個人事業主でも、消費者金融カードローンを申し込みができます。そこで小さな文字で、事業性資金には使えないとあります。これは、あくまでもプライベートで使いましょうというものです。

ですから、融資とは○○の事業に使いたいと願い出ることで、カードローンで簡単に借入ではなく、資金調達として申し込みができます。減価償却資産としての申告もできますので、結果的には損しない方法なのが、正規の融資の仕方です。

フリーランスではビジネスローン

そこで、融資と言えば銀行や日本政策金融公庫では事業性資金として融資をしています。ただ審査が難しいとか、手続きも大変ですが、ビジネスローンがあります。

こちらは高い金利ですが、個人のカードローン同様に即日融資ができるものもあります。これは、全て事業の資金として借りることができますので、融資先としては安易なものとされています。

事業のために必要な資金では、銀行ではなく、日本政策金融公庫の政府の銀行が最適です。ただし、審査も提出書類もいろいろとあり、時間もかかります。それでも低金利になっていて、返済負担が小さいです。

フリーランスとして立っていくための融資をもらうことが必要です。審査内容としても、自分が行いたい、事業のためにこれだけのものが必要という要望でぶつかっていきましょう。ビジネスローンでは即日融資だけが嬉しいのですが、高い金利がなんとも辛い所でしょう。審査も簡単ですが、カードローン並の高金利では、返済は大変です。

とりあえず日本政策金融公庫の提案

フリーランスの融資とは、1番は日本政策金融公庫の融資が絶対にオススメです。それが、適切な選択でしょう。国内で個人事業主、中小企業を応援している銀行だからです。敷居が高いようですが、銀行のような内容ではないと言います。

あるフリーランスでは、パソコン購入のための20万円の借入を数%で融資を受けたと言います。ビジネスローンではこの低金利は無理でしょう。