フリーランスおすすめ消費者金融

フリーランスは消費者金融審査が不利になる理由

フリーランスの消費者金融カードローン事情は厳しいと言われています。
ところで、職業欄でフリーランスとはどのような立場の方でしょう?
まずはそこを整理してみましょう。

フリーランスは個人事業主と自営業のこと

フリーランスとは、企業との雇用契約をしない方です。単発の仕事ごとに契約をして行います。
フリーカメラマン、フリーライターなども含まれますが、最近では在宅ワークもこの部類に入ります。
個人事業主は、フリーランスと酷似していますが、事業を営むことを意味します。
ただ法人化していない、個人で事業している方ですが、フリーランスの立場での個人事業主と名乗っても間違いではないでしょう。

個人事業主とフリーランスの決定的な違いは、税務署に開業届の提出の有無です。
フリーランスではあくまでも仕事を請け負っている立場であり、個人事業主のように自分で事業をしていることはないです。ただし、フリーランスでも企業との雇用契約ではなく、仕事の契約で継続的に収入を保つことができます。

自営業は、会社経営者になり、法人化することもあります。
ですが、消費者金融の申込では個人事業主になります。

フリーランスの項目

カードローンの申込では、フリーランスの場合は個人事業主を選択することになります。
自営業も同様です。ただし、自営業でも法人化している場合は、法人経営者になります。
その時点で、自営業はフリーランスよりも立場が上になります。

収入が安定している会社員と安定していないフリーランス

消費者金融カードローン会社では、フリーランスという項目がないため、フリーランスでも個人事業主です。法人化していない自営業も同様です。

申込の段階では、自営業もフリーランスも区別がないです。
でも、この人は会社員ではないため、収入が安定していない。
それが分かれば良いです。

「安定していない収入」審査の上では、とても不利な言葉です。
ただし、自営業やフリーランスすべてが不安定とは限らないです。
50万円以下では必要がないとされる収入証明書の提出を求められることがあります。
ここで確定申告書があれば、年収の数字が出て納得される場合が多いです。

審査過程での変わりはない

少なくても成人している状態でフリーランスの仕事をしている。
収入証明書の提出では確定申告書もあり、納税もしている。
既婚者もいれば、子供も扶養している方もいます。

カードローン審査では、収入証明書があれば、あとは信用情報の内容次第です。
不安定さはありますが、収入証明書があることでのフリーランスの収入は認められることになります。

厳しいのはその書類の有無と実際の収入でしょう。
フリーランスでも年収1000万円を超える方も存在しています。
大手消費者金融ではもちろん中小消費者金融などでも借り入れができるところは多いです。

フリーランスの在籍確認で固定電話がないとNG?

フリーランスの方で消費者金融カードローンを持っている方はいます。
審査はどうでした?なんて言うことはないよ、ただ収入証明書の提出はあったかな?
会社員と変わらない審査内容であり、大した変わりはないかも?

フリーランスの審査

大手消費者金融やカードローン会社では、フリーランスは個人事業主です。
個人で会社などと雇用契約を結んでいないで収入を得ている方たちです。
保険証は国民保険証になります。その時点で、属性はアルバイトやパート並の信用度です。

これは、低いことを意味していますが、収入により限度額が下がってしまうことはないです。
申込情報はここまでで、あとは信用情報の審査です。
それで問題がなければ、消費者金融なら限度額は年収3分の1になります。

フリーランスで固定電話がない

カードローン会社では、フリーランスの項目がなく、フリーランスは個人事業主になります。
在籍確認は、原則的に固定電話にかけることが常識です。しかし、固定電話がない家庭も多く、それが普通なら問題ないことですが、個人事業主となると与信が下がります。

一体どういうことでしょう?
実はフリーランスの仕事で、携帯電話やメール、LINEなどで仕事を請け負っている。
ここまで話して、フリーランスであることを申告することになります。
これで、固定電話があれば、確定申告書も毎年行っている個人事業主で済む話しです。

固定電話がなければ、審査に通らないか?

そんなことはないでしょう。固定電話があれば信用が高いだけです。
フリーランスの仕事をしていることを告げると、在籍確認が携帯電話にかかってくることになります。
携帯電話NGの消費者金融でなければ、フリーランスでも借り入れができることでしょう。

ただ、やはり固定電話の存在は大きいです。
自宅を事務所としていることで個人事業主としてる方が、携帯電話しかないフリーランスよりは、与信は大きいです。信用情報などで金融事故がある場合では、この存在は強調されることになります。

心配なら、甘い審査の消費者金融へ

フリーランスの立場で、何かと不利な条件を言うのなら、甘い審査の消費者金融に行くのもありです。
ブラック対応の口コミは多いですが、ローンカードがないだけで、振込キャッシングができます。審査そのものに口うるさくないので、金融事故がない方は借りやすいです。

若干金利が高くなることは多いですが、それでも数%です。
フリーランスの立場でのキャッシングでは、それだけで審査落ちしてしまう消費者金融もあります。

フリーランスでもみてる自営者カードローン

消費者金融では、自営者カードローンの取扱があります。ビジネスローンの言い方もあります。
フリーランスでも申込ができますが、普通のカードローンとの違いは何でしょう?

自営業、個人事業主だけが持てるカードローン

自営者カードローンは、会社員などは持てないです。
審査の際に、確定申告書や事業を証明する書類を提出をします。
その時に、確かに個人事業主であることが分かれば、あとの審査はカードローン同様です。

個人事業主などしか持てない最大のメリットとしては、事業性資金に使える点です。
使途自由な点が大きいです。普通のカードローンでは、事業資金に使用ができないです。
しかし、自営者カードローンでは、事業資金としてはもちろんプライベートにも自由に使用できます。
ビジネスローンも同様です。その点では、フリーランスの方では、とても便利なカードです。

審査基準や金利も変わりない

消費者金融のカードローンも自営者カードローンも審査も金利も同じです。
使途内容が違うだけなので、事業資金として使用ができる自営者カードローンの方が使えます。
最短即日融資のカードですが、普通のカードローンよりは審査は慎重です。

一部の大手消費者金融では、WEB申込ができないです。
来店か電話の対応になります。

総量規制について

自身で事業とプライベートを分けたい場合、あえて消費者金融カードローンと2枚用いている方もいます。
一種の多重債務になりますが、自営者カードローンのメリットでは、総量規制対象外であることです。
審査の際に提出した事業内容で、限度額が上がることがあります。

普通の消費者金融カードローンは収入に応じた年収3分の1の限度額です。
ですから、2枚のカードローンだとしても厳密には別物です。

ここで最大の注意は、使いすぎないことです。
総量規制対象外とはいえ、使用しすぎることで、信用情報の金融事故を起こす可能性は非常高いです。

ビジネスローンとして使用したいのなら

消費者金融に限らず、ノンバンク系のビジネスローン専門業者などもあります。
事業資金としての使い方をしないのなら、関係ないのです。しかし、フリーランスで個人事業主として自営者カードローンやビジネスローンをプライベートの資金としても使えるのは魅力です。

総量規制以上の限度額も個人事業主ならではの特典であり、それを手にしないのはもったいないことです。提出書類は多くなりますが、会社員などが持てないカードローンを手にすることができるのは嬉しいことかも?

フリーランスのキャッシングは原則どこでもOK?

フリーランスでも目的ローン、消費者金融カードローンの申込ができます。
審査が不安とされるのですが、確定申告書などの収入証明書があり、信用情報で金融事故がないことで通過できます。
限度額も申告の年収3分の1の総量規制範囲内で借りられます。

フリーランスと書かない方が良い

フリーランスは個人事業主の扱いです。
個人事業主と言えば、在宅ワーク、個人商店なども含まれます。
フリーランスは、契約した仕事を請け負う人。フリーで仕事をしている方ですが、収入証明書などは確定申告書などで行います。

確定申告書では、どのような仕事内容を書く欄があります。
フリーランスのカメラマンならカメラマン。
フリーランスのライターなら文筆家などで職業を通すことです。

個人事業主、フリーランスも同様であり、カメラマンや文筆家もOKです。
会社には属していないので、自宅を事務所で活動しています。それで大丈夫。
ここまで、消費者金融の審査で聞かれることはないですが、話しがでたら、フリーランスは出さないほうが良いでしょう。

消費者金融では、個人事業主で統一

多分フリーランスの言葉ではなく個人事業主に統一されていることでしょう。
確定申告書で申告をしていて、個人で借りたい数万円の審査なら、そんなに不利なことはないです。
信用情報で金融事故がないのなら、大手消費者金融も銀行カードローンの審査も通ります。
収入証明書が必要になることが多いです。

フリーランスでは確定申告書ですが、まだ申告をしていない場合は、申込は厳禁です。
個人事業主ですが、確定申告書はないのです。これでは、審査は絶対に通らないです。せめて1年以上の業歴で確定申告書後の申込が絶対です。

固定電話があればなおよし

在籍確認の目的もありますが、家があることでの信用は大きいです。
既婚者などでも安定感があります。様々な意味でフリーランスは不利な審査と言いますが、大手消費者金融などに申込をすると、それほど窮屈でもないです。

必要書類があり、信用情報の金融事故がなければ、総量規制範囲内での審査が通ります。

カードローン会社の見解

20歳以上で安定した収入。これが申込条件です。
フリーランスでは、安定していない収入とされていますが、確定申告書があれば、一応は関係ないようです。これが、個人のカードローンであり、借り入れしたい金額が少ない場合です。

信用情報での完済しているクレジットカード、キャッシングなどがある場合は、与信も低くなことはないです。

フリーランスの使えるカードローンの種類

フリーランスの消費者金融カードローンの使い方で、事業性資金に使いたいときには、消費者金融でもビジネスローンなどの申込をしましょう。
年収3分の1の総量規制範囲内のカードローンで、事業資金に使用することは禁止されています。
最初から事業資金に使いたいときには、必要書類を集めてビジネス用のローンカードの申込をしてください。

個人事業主とキャッシング

個人事業主の立場では、カードローンを選択できるという立場にあります。
普通のカードローンでは不安定な収入として属性も下ですが、ビジネスローンや自営者カードローンが使えます。ビジネスローンでは、プライベートにも使える内容です。

フリーランスでは、借りたお金をビジネスもプライベートも区別できない場合が多いです。
そんなときには、ビジネスローンが便利です。
事業用としても使用ができるのなら、堂々と自営者カードローンなどが良いです。

事業目的で借りるのなら

フリーランスのお金の使い方では、消費者金融カードローンだけではなく金融機関融資の形もあります。
融資ではもちろん事業資金の調達です。カードローンなどは甘い審査で即借りる事ができますが、融資は審査に時間がかかります。事業目的であるため必要書類も多いです。

しかし、融資は低金利です。
ここの点の違いは大きく、ビジネスローンでの金利の違いは
返済にも大きく響くことになります。

フリーランスでお金を借りる

情報サイトでもデメリットが強調されることは多いですが、実際はそれほど窮屈な審査でもないです。
確定申告書などの収入証明書類があれば借り入れができます。

普通の消費者金融カードローンなら、身分証明書もあれば、総量規制範囲内の借り入れができます。
申込後にどんな仕事内容ですか?と電話確認がある場合があります。
その時には、行っている業種を言えば良いです。

そこでフリーランスではなく、ライター、デザイナーなどの具体的な言葉が必要です。
そして、従業員はいますか?事務所はありますか?などの質問があることもあります。
これは不審だからではなく、あくまでも確認です。
在籍確認をしたいのですが、固定電話はないのですか?と聞かれた方もいました。
携帯電話しかないので、と言いましたが審査通過したとのことです。

そんなことより信用情報に金融事故はない?

審査が厳しいのはフリーランスだけではなく、信用情報に問題があれば審査落ちになります。
これは、フリーランスの立場は無関係です。今までの借り方が問題という方も多いのでは?