フリーランス コロナ禍 お金借りる


前代未聞のコロナ危機!フリーランスがお金の問題を乗り越える秘策!


世界的な規模で不景気が訪れるとまで言われている新型コロナ問題ですが、個人レベルで言えば仕事を失ったり、仕事や売上が激減して困っているサラリーマンやビジネスマン、事業主なども多数出てきています。

会社の倒産やボーナスカットも当たり前になりつつあるために仕方のない部分はありますが、特に個人で働く個人事業主やフリーランスとして仕事を請け負っている人にとっては、文字通りに死活問題になりつつあります。お金がなければ最低限度の生活も厳しいわけですから、お金が入ってこないとなればどうすればいいのかと頭を抱えることとなります。

しかし、悩み続けていても解決できません。お金がないのは事実ですし、支払うべきお金があるのも現実ですから、まずはそこから逃げずに具体的な策を見出すことが重要です。

ひとつの解決方法としては国や行政、自治体などが用意しているコロナ対策の補助金や給付金などの制度をうまく使うことです。10万円の特別定額給付金やフリーランスも含めた事業者の事業継続を促すための持続化給付金の活用、さらに家賃補助金などの活用です。

そのほかにも融資を普段よりもスムーズにおこなってくれる制度などもありますので、使えるものはすべて使い、もらえるものは全てもらいましょう。また、それでも厳しい場合にはいつの時代も個人の金策を助けてくれる銀行カードローンや消費者金融やキャッシング会社のキャッシングサービスを活用しましょう。

このようなサービスの魅力は、とにかくお金を手に入れるまでの期間が短いことです。行政などの仕組みは審査にかなりの時間がかかりますが、消費者金融などは当日融資もあります。

そのため、とにかく今日明日の生活費が欲しい場合や直近の支払いに困っているのであれば、これらの業者を頼りましょう。フリーランスであってもコロナ禍の中でお金借りるケースは増えています。つまり、それだけ審査に通っているということですから、まずは相談しましょう。


安定や保証がないフリーランスがコロナ禍を乗り越えるための金策を伝授


新型コロナウイルスの問題によって経済的なダメージを受けている事業者が増加しています。誰もがその名を知るような大企業であっても業績が悪化し、ボーナスのカットから始まり、やがては人員整理なども始まるとさえいわれています。大きな企業であってもこうですから中小企業などはさらに影響が大きいものになっています。

さらに個人事業主や自営業者、フリーランスなどの形で働いている場合には雇用される側でもないために、こうした影響を余計に受けやすくなります。普段から安定や保証がない働き方ではありますが、そうは言ってもここまで大きなダメージを受けてしまうと備えもなく困り果てている人も多いはずです。

ただし、今回のコロナ問題では様々なサポートがあるのも事実です。これらを知らないままに苦悩するのではなく、まずは使える制度はすべて使った上で、それでもまだ困っているならば別の選択肢を採用するなどしましょう。

制度としては10万円がもらえる給付金制度が今回最も代表的なものになっていますが、それ以外にも持続化給付金や感染予防協力金、小学校休業等対応助成金などがあります。こうしたものは審査に通ればお金をもらうことができます。また、緊急小口資金や総合支援資金などもあります。

これらは借りられるお金です。仮に信用ブラックなどの状況であっても審査が甘いために借りられるケースが多いのです。利息もなく担保も要りません。しかも、返済額も少額ずつで済みますので、お金に困って給付金だけで足りない場合には活用しましょう。そ

して、こうしたお金を手に入れてもまだ足りないということであれば、その際には銀行カードローンやクレジットカード会社のキャッシングサービス、さらには消費者金融などのキャッシングサービスを通じてお金借りることも考えてみましょう。

フリーランスや個人事業主などは会社から借りるということもできませんので、コロナ禍によって日々のお金にどうしても困ったという場合には、このような方法も含めて検討しておきましょう。


リーランスや個人事業主がコロナで収入激減!今後の支払いを乗り切る方法


フリーランスや個人事業主などの働き方は今の時代、以前よりも増加しています。会社という組織に属するのではなく、自分のスキルやキャリアを生かして個人的に仕事を請け負うなどして金銭を得ています。会社に縛られず、上司も部下もいないために会社組織ならではの面倒もなく、気軽に働きたい人などからも重宝される働き方になっているのです。

しかしながら、こうした仕事はやはり安定や保証がありません。組織にいればいざとなれば組織がある程度は守ってくれますが、それがないのです。最たる例が今回のコロナ禍です。

新型コロナウイルスの問題では、サラリーマンなども影響を受けていますが、たとえば正社員や契約社員などはそのまま雇用が維持されているケースが多いのですが、フリーランスや個人事業主などの場合には雇用云々以前に仕事がなくなってしまい、収入が絶たれてしまっているケースが多いのです。つまりは、お金がなくて今月末の家賃や通信費も払えないという状態に追い込まれている人もいるのです。

事実、今日明日のお金にさえ困って頭を抱え込んでいる人もいますが、こうしたコロナ関係でお金が足りなくなっているのであれば、まずは国や都道府県のおこなう補助金などを有効活用しましょう。様々な形でお金を得ることができます。貰えるお金もあれば借りられるお金もありますが、もらえるお金は条件が甘いものも多いです。

また、借りられるお金の場合には保証人なども要りませんし、審査が甘いことも多いです。普段はお金借りるとなれば厳しい審査がありますが、今回は緊急事態ということでかなり甘くなっているのです。だからこそ、緊急にお金が必要な場合にはこれらの手法を頼りましょう。

さらに、それでも足りないときには銀行カードローンや消費者金融などの民間の賃金会社からお金を借りましょう。こちらのメリットはお金が振り込まれるまでの時間が短いことです。行政は審査が終わるまでに少々の時間がかかりますので、スピーディーにお金が必要なのであればこのような手法を有効活用しましょう。


税金に年金に家賃に光熱費!フリーランスが今すぐお金を工面する方法とは


日々の生活を営むためには様々なお金が必要です。家に住むのであれば家賃がありますし、お店を開けばテナントとしての賃料もかかります。さらに税金や光熱費の支払いなどもあります。そのほかにも食費や年金、保険料など削りたくても削れない支出のオンパレードです。お子さんがいればそのためのお金もかかりますし、ローンを組んでいればその支払いもあります。

このように支出がある以上はそれを補えるだけの収入を確保しないといけないのですが、今回の新型コロナウイルスの騒動によって計画が大きく狂った人は全世界に多数います。全世界的なことなので仕方がないと諦めるのは簡単ですが、支払いの多くは待ってくれません。

今回の騒動を受けて、光熱費や通信費などはこちらから伝えれば支払いを猶予してくれるようになっていますし、税金や年金なども同様です。しかし、待ってくれるだけで免除にならないケースが多いために、やがては支払うこととなります。だからこそ悩んでいる人が多いのです。

特に事業を営んでいる人にとってみれば大問題です。従業員を抱えている人はより悩みが大きいでしょうが、従業員がいない個人事業主やフリーランスの場合には備えもそこまでないために、今回の問題で即座に大きな影響を受けているケースも多いのです。

そのため、今現在このような悩みを抱えていて、今すぐにお金を必要としているのであれば、銀行カードローンやクレジットカード会社のキャッシングサービスなどを活用しましょう。住宅ローンなどと違って銀行が個人向けに無担保でお金を貸すのが銀行系カードローンです。三井住友銀行カードローン、みずほ銀行カードローンなどがあります。

また、アコムやアイフル、プロミスなどの消費者金融もキャッシングサービスでお金を貸してくれますし、信販会社のクレジットカードにキャッシング枠があり、これを通じた融資を受けることも可能です。

これらの融資は即日審査や即日融資がほぼ当たり前になっているために、急いでいる人にとってみればとてもありがたい内容となっています。コロナ禍では行政などからお金をもらったり、お金借りることも可能ですが、お金を受け取るまでにどうしても時間がかかるために、このようなスピーディーなサービスを活用しましょう。


フリーランスは会社員と違って融資が受けられない?コロナ危機で金策する際のイロハ


消費者金融や銀行などはお金を貸してくれますが、信用がある相手にのみ貸しています。そのため、申込をおこなったからと言って必ずお金を貸してもらえるわけではありません。

ただし、住宅ローンや自動車ローンを組むときほどの厳格な審査があるわけではなく保証人も不要ですし、担保も不要です。そのために、正社員でなかったとしてもお金を借りられるケースは多いです。これはコロナ禍の時代を迎えても変わりません。

むしろ、新型コロナウイルスの問題によってアフターコロナと呼ばれる時代を迎えたことで、金策のために消費者金融などを活用する人は増えています。それもあって救いの手を差し伸べるべく、それぞれの金融業者は審査でできるだけ前向きな返事ができるように努力してくれています。

だからこそ、個人事業主やフリーランスなどの立場で仕事をして、どちらかと言えば審査で落とされる心配ばかりをしてしまいそうな方であっても、まずは相談すべきです。すべての人が審査に受かるとまでは言えませんが、その可能性は高いのです。

また、コロナ禍で言えば、国などが持続化給付金や特別定額給付金など様々な制度を新設してお金を配っていたり、緊急小口資金などの形でお金を貸してくれます。しかし、やはりこちらは審査に時間がかかりますので、そのお金が手元にくるまでの間に時間がかかってしまうのです。

そのために、このような制度を活用することは有意義ですが、そのお金が入ってくるまでの間のつなぎ資金という意味でも消費者金融やキャッシング会社、銀行カードローンなどから融資を得ることを考えましょう。こうした業者からお金借りることで難局を切り抜けている事業者やフリーランスや個人事業主の方々はとても多いのです。

年金や保険などの社会保障費や税金、さらには家賃など払うべきものがたくさんある中で売り上げが激減するなどして頭を抱えている方がたくさんいるはずです。こうした方々であっても、救いの手を差し伸べてくれる業者は多数ありますし、制度も多数あります。そのため、うまく使った上でこの危機を乗り越えましょう。