フリーランス 緊急小口資金



緊急小口資金はフリーランスでも利用ができる?

コロナ融資の一つで緊急小口資金が紹介されています。コロナの感染影響で収入減になった個人に対応しています。

フリーランスには特におすすめ

この緊急小口資金は、社会福祉協議会が行っています。融資の内容は柔軟ですが、普段から福祉の観点から融資制度の一つとして存在しています。この度コロナで生活資金が不足している方に、特例融資として申込者の拡充しているものです。

社会福祉協議会と緊急小口資金

あまり馴染みのない機関でしょう。

普段の社会福祉協議会では、高齢者や障害者、母子家庭などの生活弱者に対しての支援を行っている組織です。たいてい市役所などに入っているのですが、原則的には自治体とは別です。資金的な援助はあるものの、社会福祉協議会そのものは独立した機関です。



平時の緊急小口資金

失業してしまった。病気をして極端に収入が減ってしまった。その原因が解決した場合、返済ができることがわかれば借りれる融資です。収入はあるけれど、キャッシング返済などのトラブルでブラックリストになってしまっているから緊急小口資金を使いたいと言うのはNGです。

社会福祉協議会では、あくまでも福祉の観点からの融資提供をしていることと、原則返済能力が必要です。場合によっては、保証人や担保も必要です。

今回の緊急小口資金

今回提供している緊急小口資金は、コロナが原因であればOKです。確かに、コロナが影響して仕事ができていない。その場合でも、とりあえず今の生活資金の提供を行うというものです。

融資額が上限20万円という少額です。本来なら、たまたま事業がうまく行かないので借りたいと言っても、社会福祉協議会では渋い顔をするでしょう。しかし、今回は収入減があるだけで、表面上の借入は可能です。

フリーランスも借りれる

借りれます。会社員もパートもアルバイトも、コロナが原因で収入減になりましたという証明があれれば申込ができます。

フリーランスの場合は、どんな仕事をしていて、普段の収入と今回の収入減の数字の提示だけで、社会福祉協議会の窓口では受付をしましたということになります。

フリーランスでは、仕事が激減してしまったとの口コミも多いです。国提供の給付金などは、まだ手元に現金が入らないため、当面の生活資金として緊急小口資金の申込はおすすめです。原則、誰でも借りれるとされています。

仕事をしている方が限定であり、無職が借りたいというのは論外になります。コロナがなければ普通に収入がいつもどおり存在していたという場合のみ、今回は特例として緊急小口資金の申込ができます。



緊急小口資金は収入減で申込可能

フリーランスでコロナの影響で収入減になった場合、融資として社会福祉協議会の緊急小口資金の申込ができます。

収入減になりました

コロナが原因として、収入が少なくなった。これだけで、融資対象になります。

無利息、無保証人、無担保の緊急小口資金は1人暮らしでは10万円、同居人がいれば20万円が上限です。コロナの影響でという点では、どんな職種でも対象になります。現在特例です。

社会福祉協議会について

この緊急小口資金の取扱をしているのは、社会福祉協議会です。福祉の観点で自治体を支えている組織であり、今回の申込に際しても担当者との面談が必ずあります。

聞かれることは、職種、収入、収入減の証拠などです。フリーランスの場合の証明では、振込や請求書の類でOKです。クライアントなどから、コロナが原因で発注減になったとの証拠があれば尚審査は通りやすいです。

相談者としては、生活の実態なども探るのですが、細かなことは聞かれないと言います。秘密厳守ですが、この緊急小口資金の利用についての記録は残ります。

コロナが原因ということで長期間の生活苦ではないとされていますが、場合によっては失業になれば、生活福祉資金貸付などの移行も存在しています。



フリーランスで仕事がなくなるかも?

緊急小口資金に関しては、仕事が持続する方の一時的な融資です。1年間の返済義務がなく、その後2年間かけて返済したら良いというものです。

そして、注目なのが、10万円なり20万円なりの融資を受けたとして1年間経過しました。しかし、失業してしまったり、返済ができなくなった場合は、免除されることもあります。

ただし、この対応は各都道府県の社会福祉協議会によって対応が違います。窓口は、市区町村の社会福祉協議会ですが、統括しているのは都道府県の社会福祉協議会になります。失業してしまった場合では、この緊急小口資金の借入後に総合支援資金の融資が受けられます。

総合支援資金とは?

失業者に対しての融資と考えて良いでしょう。フリーランスとは限定されていないのですが、少なくとも失業保険などがないフリーランスにとっては、生活費として活用ができます最大月額20万円が3ヶ月続けることができます。

こちらの利用では、ひとまず緊急小口資金の融資を受けてからの申し込みになります。緊急小口資金と総合支援資金の同時申し込みは不可能です。緊急小口資金の融資を受けて様子をみてくださいということになります。

失業までいたった時には、改めて相談することになります。その時には、再び社会福祉協議会の相談員との面談があります。



緊急小口資金の相談について

フリーランスの方で、緊急小口資金の融資を受けた方の話しです。

フリーランスでも大丈夫だった?

窓口は社会福祉協議会です。そこでは、現在緊急小口資金の専任相談員がいます。普段はオープンな窓口ですが、緊急小口資金、総合支援資金の相談ではパーティションなどで仕切りがあり、完全にプライバシーを守られています。

最初は、社会福祉協議会に直接電話をして、面談の日を決めることになります。社会福祉協議会も地域によっては混雑しているようです。

面談では何を聞かれる?

フリーランスの内容と実際に収入減になってしまった書類の提出です。あとは振込希望の通帳の口座番号、公共料金の領収書、身分証明書です。

ここで、公共料金の支払いをしていないとダメ?ということですが、実際に話しをしてみてということです。これが、コロナ以前からの長期延滞であれば、緊急小口資金も借りられないかも?ということです。



審査はその後

お住まいの社会福祉協議会ではここまでです。あとは、都道府県単位の社会福祉協議会での審査に入ります。

その時に、公共料金の支払いの有無などを確認されます。しかし、全国の社会福祉協議会の中にはこうした提出書類がなかったとの口コミも多数存在しています。

なんといっても、市区町村単位での窓口であり、相談対応はそれぞれです。中には、フリーランスの内容を話しただけで、収入減があることがわかり受付をしてくれる場合もあります。

社会福祉協議会の窓口としては今回は特例であり、コロナで収入減になってしまった方の応援という対応です。

相談のポイント

実際の審査は都道府県で行うのですが、市区町村での相談の時には、収入減の事実を見極めることです。

フリーランスになったのが最近のことであれば、収入減の証明は困難です。2020年5月に申込しようと言うとき、昨年との比較ができない。その時はまだフリーランスではなかったという方もいます。

しかし、4月の収入は3月と比較して少ない、2月と比較して少ないということで、証明ができるとされています。フリーランスとして働いているときに、クライアントからの一筆があると、それだけでこの社会福祉協議会の窓口での相談がスムーズに行くと言います。

その内容として、コロナの影響で発注が少なくなりますとの一言でOKです。できれば、会社印などがあると信用されると言います。

窓口では、たしかに収入減になってしまったことだけを告げる。それを客観的に認めてもらうことだけで、あとは審査待ちになります。



フリーランスが融資っておかしいの? 

フリーランスに対しての心ないSNSが発信された事実があります。

緊急小口資金の申込者の拡大では、フリーランス、個人事業主も対応とのことです。すぐに生活が苦しい方もどうぞということですが、一部のSNSでは覚悟してフリーランスになったのに、貯金もないのか?という発言です。

はっきりいいましょう、貯金があれば、誰も融資はしないということです。

融資を悪と考えてしまう風潮

フリーランスや個人事業主のことをよく知らない方たちの発言です。フリーランスというと、いかにも優雅に仕事をしていて人生を謳歌しているように見える方たちもいます。

コロナの影響だと言っても、その生活水準を下げたらいいんじゃない?融資なんか受けるの?そのような発言もあり、フリーランスでは審査に通らない?と不安もあります。

困った発言ですが、緊急小口資金に関してはフリーランスも個人事業主も普通に申し込みができます。フリーランスに対する偏見であり、社会福祉協議会での窓口で対応しています。



フリーランスはそんなに優雅ではない

緊急小口資金の利用をしているフリーランスも多いです。実際に融資を受けた方では、生活のために利用してくださいと社会福祉協議会の方に励まされたと言います。

支援金としては、給付ではなく、融資であり返済をしなくてはならないものです。1年間は返済不要ですが、緊急小口資金に関しては、これからも生活維持、フリーランスでは事業維持を目的とするものです。

ですから、SNSなどを気にしないで堂々と申し込みをしてください。融資は悪ではなく、実際に生活が大変なら、このお金を上手に活用してください。

キャッシングしようと思っている方

社会福祉協議会そのものは縁がないし、よくわからない。私は公的資金の融資は受けられないと思っているフリーランスも多いです。

SNSでいろいろと言われて気にしている方もいます。金融事故があるとか、ブラックリストかもしれないとの懸念もあります。この理由があって審査は不明です。

とにかく、ブラックリストでコロナでどうしても収入減になってしまったのなら、社会福祉協議会での緊急小口資金の利用をおすすめします。相談は面談で行われるのですが、収入減の証明ができるのなら、多くのフリーランスでも貸付はできるかもしれません。審査云々に関しては、相談の時点ではわからないことです。

ここの窓口での審査はしないのですが、相談のときに生活苦で大変ということはきちんと訴えてください。仕事が激減してしまって、困っているという訴えは聞いてくれることでしょう。それを、都道府県社会福祉協議会に報告をしてからの結果になります。



緊急小口資金を申込しようか?

新型コロナウイルス感染症が社会に与える影響はとても大きいものになっています。フリーランスなどでは、仕事が減ってしまった方も多いことでしょう。

原因はコロナ

国内の複数の業種で新型コロナが原因。先にリーマン・ショックがありました。このときも大きく業況が悪化した業種もありましたが、今回のコロナでは業種の幅は広いです。

そして、現にフリーランスの仕事が激減してしまったときには、融資も検討してください。社会福祉協議会の緊急小口資金では、こうした収入減の場合では、申請だけでかんたんに借りれるとされています。

事業資金ではない?

社会福祉協議会の緊急小口資金は、原則的には生活資金です。使途は自由とされていますので、融資対象はコロナで収入減だけでOKです。

ですから、収入減ってしまった。どうしても資金がほしい方は、社会福祉協議会の緊急小口資金の利用を検討してください。



持続化給付金もこれから

持続化給付金では、5月上旬に申し込みができます。こちらも個人事業主と中小企業に対応しています。やっとホームページで概要だけがわかっていますが、昨年同月の減少分に12をかけた給付金になります。

ただし、個人事業主の要件があるフリーランス対応になります。融資ではなく、給付金ですし、まだこれから詳細の説明が出ます。借入ではないので、まだ緊急小口資金に申し込みはしていないけれど、なんとか間に合うというのはなら、待つこと。

もしかして、フリーランスとして個人事業主として認められるとしたら、借りないで済むでしょう。

10万円は貰える

もう一つは5月から実施されるので、現金給付10万円です。やっと決まった現金給付ですが、緊急小口資金も家族がいない場合は10万円です。この現金給付があるのなら借りないでと言う場合も、緊急小口資金に走る必要はありません。

現在、フリーランスとして緊急小口資金の借りようか迷っている方に対しての情報です。国としては、これからも資金提供、融資提案などもあります。

フリーランスとしては、事業資金の申し込みが苦しいのですが、緊急小口資金は借りておけるのなら申し込みしておけば?というのも提案です。

緊急小口資金の申し込みだけでもしておけば?

10万円や持続化給付金もありますが、緊急小口資金は1年間は返済不要の融資です。その後2年間での完済になりますが、今申し込みしておいても良いでしょう。

借りれるときには借りておいたら?というのが、コロナ融資のアドバイスの1つです。フリーランスとして、なんとか仕事が持続されること望みます。

言い方としては、借りれるのなら借りろと言うのは乱暴ですが、普段では審査は通らない審査基準になっています。この収入減の回復のためには、緊急小口資金もおすすめになります。