個人事業主も作れるビジネスカード SBS Executive Business Card


SBS Executive Business Cardの審査と年会費について

SBS Executive Business Cardは三井住友カードとsmart-Cビリングサービスとの提携で発行された法人カードです。Smart-Cビリングサービスは、収納代行、合算請求、与信審査なとのサービス提供をしている会社です。

この法人カードは会社経営者だけではなく、個人事業主も持つことができます。
三井住友ビジネスカードは、for Ownerがありますが、SBS Executive Business Cardは、smart-Cビリングサービスが特典として上乗せされています。

申込内容は?

20歳以上で、法人代表者と個人事業主です。
申し込みのときに必要なものは、申込者の身分証明書だけでOKです。
法人の登記簿謄本、決算書などは必要ありません。会社設立直後の審査通過の口コミもありました。

ちなみに、三井住友ビジネスカードfor Ownerも同様の提出書類での審査になります。
カードの種類は、クラシックとゴールドになります。


審査基準は?

基本的には、法人の内容は重視されないことになります。
赤字でも審査ができるのは、設立直後でも申込ができる点でわかります。
申込者の信用情報が大きな審査の鍵になるようです。

ようするに、クレジットカードの審査に通る信用情報、金融事故がない、延滞遅滞もしていない。
多重債務者などではない点で、審査は通る可能性が高いでしょう。
厳しい内容ではないと思われます。

ただし、クラシックとゴールドでは、多少の審査の差はあります。
三井住友ビジネスカードの審査に通るのであれば、ほぼ同水準の審査基準だと思って良いでしょう。

年会費が高い

クラシックカードで、年会費が10,000円です。初年度は無料になります。
ゴールドカードで、年会費が35,000円で、こちらも初年度は無料です。
ともに、追加カードの年会費が1,500円です。

審査は比較的簡単ですが、いわゆる格安ビジネスカードではないことがわかります。
年会費が高いけれど、旅行傷害保険が最大5000万円で国内外で有効です。
法人ETCカードは無料発行であり、次年度でも1回でも利用することで、年会費無料です。
ちなみに利用がない場合は500円の年会費です。

ネームバリューもあるビジネスカード

三井住友のネームバリューで持ちやすいビジネスカードとしてはオススメです。
年会費は高いですが、特典内容もなかなかのものであり、特に海外にいくことが多い経営者には良いでしょう。個人事業主であっても年会費が高いですが、経費にできます。

ただし、ゴールドカードの必要性だけは、事業内容を考慮して申込をしてみてください。
身分証明書だけで、カードローン感覚での申込ができます。


SBS Executive Business Cardのメリット4つをご紹介

ビジネスカードとして法人カードを手にする個人事業主も増えてきました。
最近では、法人カードで、法人代表者だけではなく、個人事業主も申込が可能です。
SBS Executive Business Cardもその1枚です。

経費の管理にも役立つ

法人カードのメリットとして、お金の管理を一元化したい場合が多いです。
経費の精算や処理では、明細があることでわかりやすいです。

毎月支払いの確定後にメールがきます。
WEB明細ですが、15ヶ月前から遡ることが可能です。
これは、過去のデータも見やすいので、使い勝手がとても良いです。

また、支払いでは、30日サイクルではなく、最長56日までOKです。
資金繰りに大変な個人事業主、売掛債権の回収スパンが長い場合、この猶予はとても便利です。
他のビジネスカードにはない優待特典としてオススメです。
普通ならとっくに遅滞延滞の域です。


海外出張に威力を発揮

SBS Executive Business Cardの特典として、旅行傷害保険の付帯があります。
クラシックカードで2,000万円、ゴールドカードで5,000万円です。
特にゴールドカードでは国内でも付帯になっています。

海外にいくお仕事であれば、この金額はなかなかのものです。
初年度は年会費も無料ですが、勿論傷害保険は有効です。

電子マネーiDの利用

この利用では、専用カード、おサイフケータイ、Apple Payの利用が選択することができます。
チャージ不要であり、利用した分の請求がくるだけです。
ビジネスシーンにおいて、ビジネスカードが手元にない場合でも自由にお金が使えます。
電子マネーの使い勝手は、最近機会が増えています。


盗難にもしっかりサポート

SBS Executive Business Cardの保証は、盗難と紛失の届け出から60日前までもさかのぼります。というのも、いつなくしたかわからない。その間不正利用されていた場合は、すべて補償対象になります。

この対応は、国内だけではなく、海外でも有効であり、盗難や紛失の受付は24時間年中無休です。
ないとわかったらすぐに連絡をしてください。

なかなかの充実

旅行傷害保険、盗難紛失サポートに、iDの利用。SBS Executive Business Cardでは、ビジネスカードとしての利用価値が高い内容です。三井住友ビジネスカードfor Ownerと内容が似ていますが、充実度は高いです。

年会費では高めとされていますが、それもステイタスの1つであり、経費になります。
最長56日の支払いというのも、個人事業主ならでは資金回収に柔軟対応であるとされています。
売掛債権の回収などにも余裕ができ、キャッシュフローにも支障をきたさない経営ができます。
ビジネスカード1つで円滑な事業展開ができます。


海外でもとても便利な法人カード

SBS Executive Business Cardのポイントは、三井住友カードのポイントプログラムも貯まります。
ワールドプレゼントは1,000円ごとに1ポイントです。

1ポイントは5円相当であり、各種支払いにも対応しています。
ポイント還元がしっかりとあります。

海外Wi-Fiに対応

グローバルWi-Fiは、海外出張などに使えるWi-Fiルーターレンタルサービスです。
30カ国以上の世界の通信会社と連携しています。
低価格で高品質なルーター提供をうける事ができます。

個人事業主でも海外を拠点とする場合、何度も行かなくてはならない。
Wi-Fiがなくては仕事にならないという場合そのコスト削減にはとても便利です。
ヨーロッパでは1日1,270円かかるWi-Fi料金ですが、SBS Executive Business Cardなら20%オフの利用が可能です。海外でインターネットの支障がないというのは大きな強みです。


SHARESで士業に無料相談

SBS Executive Business Cardでは、インターネットで弁護士や司法書士に気軽に相談ができる窓口があります。それが、SHARESです。経営課題などの相談で、契約書のチェック、就労ビザ申請、商標登録についてなどの多種な内容を基本料金ゼロで話ができます。

特に個人事業主であれば、何をどうして。誰に相談をしたら良いかわからない場合も多いです。
顧問弁護士、特定の弁護士の依頼ができない場合も少なくなく、こうしたときに使用ができるのがSHARESでしょう。

メールで簡単に質問をして良く、事業のことなら何なりと話ができます。
経営相談サービスのSHARESは、とても便利です。

元が三井住友カード

SBS Executive Business Cardの強みとしては、大手企業のビジネスカードである点です。
様々なサービスが充実しているだけではなく、海外での力が発揮できます。
個人事業主では、普段の生活との会計の区切りが大変です。

そこで、事業に関することはSBS Executive Business Cardだけで行うことで、会計処理も簡単になります。法人ではない個人事業主では、なかなかビジネスカードを手にするのも大変です。

そして、できればネームバリューがある。年会費が高いとしても、ステイタスが欲しい方には、SBS Executive Business Cardはピッタリでしょう。中小企業、個人事業主の法人カードとしては申し分内容であり、法人ETCカードも毎年使えば年会費は無料です。

僕は海外出張はないけれど、国内高速道路は使っている方にもこの点は大きいです。
ポイント還元率が0.5%であり、毎月支払いなどをしていくことでどんどんたまっていくことになります。

ちなみに、口座引き落としでの支払いになると思われますが、その時に三井住友銀行の口座があると何かと都合が良い?強制ではないのですが、三井住友銀行の口座があると国内ではメリットは多いと言われています。


SBS Executive Business Cardの移動手段のメリットをご紹介

個人事業主でビジネスカードを持ちたい方の中には、法人ETCカードが必要な方もいます。
SBS Executive Business Cardは、初年度は500円でカード発行になりますが、年1回でも利用すると、次年度は年会費無料になります。

もし、人が増えた場合、追加法人ETCカードは何枚でも発行ができます。
同じく年1回の利用で年会費無料になります。

車は使わない

法人ETCカードは不要だけど、新幹線利用の方は、プラスEXが使えます。
年会費は1,000円ですが、チケットレスで、JR線窓口に並ぶことがなくなります。
プラスEXでは、予約で指定席の料金が無料になり、自由席と同料金での利用ができます。
年会費1,000円も1回の利用で元が取る計算です。

早割りの利用もできますし、インターネットの操作で座席移動、時間変更もすぐに行えるシステムです。
チケット購入の手間が大幅に省けるので、とても便利です。


もっぱらタクシー派の方も

タクシーチケットの発行ができます。
20枚つづりで、発行手数料はありません。得意先の利用、招待的な対応でも使えます。
自分でもタクシーチケットがあることで、移動手段として経費として簡単に計上ができます。

旅行ツアーの値引き

SBS Executive Business Cardでもゴールドカードだけの対応ですが、リロ旅の利用ができます。
旅行ツアーをリロ旅を通して申込をするだけで、格安での利用ができます。
国内外の旅行に対応していますので、得意先との招待旅行にも使えます。

経費にはならないですが、家族旅行にも利用ができます。
行動を範囲で、遠く行かなければならないとき、リロ旅ツアーでの利用も経費になります。
安いだけではなく、経費としての使い方もできることで、得が大きくなります。

空港ラウンジの利用

これはゴールドカードのみの対応になります。
飛行機での移動では、クラシックカードではいまいち使えない部分がでてしまいます。
空港はあまり使わない、海外も行かないのであれば、年会費10,000円のクラシックで十分です。

ゴールドカードは35,000円の年会費がかかりますが、様々なメリットがありますので、海外にもいくことがあり、Wi-Fiも海外で格安で使用ができます。個人事業主としては、少しステイタスを上げたいと言うのなら、ゴールドカードがオススメです。

事業の行動範囲によって内容が変わりますが、今必要なサービスを受けられるカードとして、選択をしてみてください。国内だけで、車や新幹線だけを良く利用する個人事業主では、クラシックカードだけでも十分にメリットがあります。


SBS Executive Business Cardの審査落ちの原因について

SBS Executive Business Cardの審査は比較的甘いとされています。
法人カードとしては、個人事業主でも対応しています。
基本的には、業績は問わず、代表者の信用情報がポイントです。

法人カード審査とは違う

法人カード、ビジネスカードでは決算書や登記簿謄本が必要な審査もあります。
黒字が2期なくてはならないとか、決算書も2期分の提出は絶対などの決まりがあります。
しかし、SBS Executive Business Cardでは申込者は、身分証明書だけの提出で審査をしますので、確定申告書すら必要がないです。


信用情報で金融事故がないことが必要

信用情報の確認だけの審査であり、クレジットカードですが、もともとが三井住友銀行です。
銀行カードローン、保証会社などの審査が入ることで言えば、過去の信用情報も確認されます。

気をつけなくてはならないのが、携帯電話会社への支払いの遅れです。
1ヶ月遅れて通話料金を支払っている場合は、電話はできています。

しかし、機種のクレジットをしている場合は、毎月遅滞をしていることになります。
この時点でのビジネスカードの審査は難しいです。延滞遅滞はしていないと思っていたとしても、返済日に返済をしていないことが続いてしまうことで、金融事故を起こしていることがあります。

業績は問われないはず

確かに、開業1年未満でも審査に通過している口コミはあります。
しかし、一応はビジネスカードとして申込をするので、固定電話をつけるなどの工夫もしてみましょう。

半年待って、いや1年待ってから申込をした方が審査に通りやすいのは確かです。
ビジネスカードとしての特徴を考えると、やったほうが良いという事項はすべて行なってみるほうが良いです。

実は初めてのクレジットカード

ビジネスカードが初めてのクレジットカードの方は、審査に通らないです。
確かに、金融事故もなく優秀ですが、過去のクレジットカードの利用がなく支払い経験がない方は、使い方がわかる?と疑問視されると言います。

これは、SBS Executive Business Cardだけではなく、キャッシング、カードローンなどでも同様です。
初めてのクレジットカードでは、他に個人で審査が甘いクレジットカードの契約をして、1度でも利用してから、SBS Executive Business Cardの申込をされると良いでしょう。

金融事故とは真反対の理由ですが、一応クレジットカードの使い方を知っている方が審査に通りやすいでしょう。20歳代ならまだわかることですが、30歳を越えて、ビジネスカードが初めてのクレジットカードというのは、審査落ちの原因とされています。