個人事業主 お金を借りる方法


カードローンの借り入れはできない?

個人事業主とは、家業を継いだ、会社設立を夢見て何かを始めた。
脱サラで稼ぐ方で、勤め先が自分の場所である方を指します。
事業者、代表者になっている方を指します。

そんな個人事業主が、金融機関や金融業者でお金を借りようというとき、会社員とは違う環境に置かれることになります。

カードローンの審査は厳しい?

はっきり言って厳しいです。
大手消費者金融カードローン、銀行カードローンの審査のポイントは、信用情報の内容と収入です。
個人事業主では、収入は確定申告書がすべてですが、会社員のように一定収入とは限らないです。

自営業者の収入は不安定というのが、カードローンの審査の見立てであり、属性がアルバイトやパートと同じ不安定な収入だと言われています。

ですから、信用情報で金融事故がないとしても、そんなに優遇での借り入れができないとされています。
しかし、実際には、確定申告書と信用情報の内容で問題がないとカードローンの発行ができます。


事業資金には絶対に使わない

個人事業主がカードローンの審査で厳しいのは、事業資金として使うのではないか?という懸念です。
消費者金融カードローン、銀行カードローンではプライベートで使用するものでは、事業資金に使用することができません。

経費としては絶対に使用しない、生活費の足しにしたい、旅行費用に使うなどの使用目的をはっきりとさせましょう。そして、消費者金融では総量規制範囲内であり、収入証明書の年収3分の一が範囲内です。

実は安定した収入である

このアピールも必要です。
カードローンの審査で不安定な収入と言いましたが、毎年安定した確定申告書の内容であれば安心です。
それには、長年個人事業主をやっていることが審査通過のポイントでしょう。

カードローンの申込では勤続年数がありますが、どの分野も長ければ長いほど良いです。
個人事業主も同様であり、長くこの仕事をしているけれど、順調に推移していることを強調することが必要です。金融業者にとっても、個人事業主はすべてダメではないです。きちんと返済能力があるのなら、歓迎の申込者であり、その証明ができるのなら、問題なく審査通過ができます。

信用情報では過去の返済なども確認します。
これは属性関係なく、無茶な借り方をしていないとか、金融事故はもちろんNGですが、借り方と返し方にも注意を払いましょう。キャッシングばかりではなく、クレジットカード、目的ローンなどの支払いを順調にこなしていることも審査要件です。

個人事業主は審査が厳しいとは言いますが、安定した収入であり、信用情報で金融事故がないと大方借りてれができます。


ビジネスローンとは?個人事業主でも申込める

個人事業主がお金を借りたい時、その目的によって金融業者が変わります。
というのも、申込を受けた方としては、何に使うことで審査が変わります。

会社員などでは、どんな借金でも会社のために借りることはなく、全てプライベートです。
個人事業主では、プライベートとビジネスの両方がありますから、お金を借りる目的によって、使い分けが必要です。

ビジネスのためなら

銀行融資、日本政策金融公庫がベストです。
自営業者、個人事業主がビジネスのために低金利でお金を借りられる方法です。
資金調達としては、1%でも低金利であることが必要ですが、この金融機関からの借り入れで運転資金とされることをオススメします。

また、東京商工会議所のように、地元の中小企業を応援しているところでも、相談に乗ってくれます。
いずれも低金利の借金であり、民間のビジネスローンでかなわない数字です。
返済計画も立てやすく、個人事業主でも対応しています。


ビジネスローンって使えるの?

個人事業主でも使用可能です。
ビジネスローンは、銀行、消費者金融などのノンバンクの商品があります。
銀行融資などと大きく違うのは、審査がとても甘い事ですが、金利が高いことです。

消費者金融ビジネスローンなどでは、カードローンと同程度の金利です。
融資制度ではなく、商売としてのビジネスローンであり、多額の借り入れはオススメできないです。
ただし、メリットもあります。

ビジネスローンの活用

それは、個人事業主が金融会社のビジネスローンの審査に通った時、プライベートでも使用ができることです。

ビジネスローンでは年収3分の一の総量規制対象外であり、ビジネスにも平気で資金を回すことができます。その時に生活費の足しにしたり、プライベートの買い物に使っても良いとされています。

帳簿の上では、ビジネスローンで借りた部分をうまく勘定科目で負債として計上できます。
しかし、その一部はプライベートのカードローンとしても活用ができます。

個人事業主ならビジネスローンだけでOK

そういうことです。わざわざ属性が低いとされるカードローンを持つことなく、ビジネスローン1枚あれば、プライベートにも使用ができるということです。

極端な例ですが、ビジネスローンでビジネスには一切使わず、全てプライベートで使用しても良いです。
それだけ個人事業主や自営業者にも有利なカードとなっています。

現在、お金を借りたいと悩んでいる個人事業主は、カードローンではなく、ビジネスローンも選択肢に入れてみてください。そちらの方が審査通過の可能性が大きい場合もあります。


個人事業主として借りられないからと違反は厳禁

現在、消費者金融などの申込要件は20歳以上で収入がある方です。
パートやアルバイト、派遣社員でもOKですが、専業主婦は無収入であり、申込もできないです。
個人事業主は?というと、20歳以上で収入があれば良いです。

大手消費者金融カードローンの場合

WEB完結の申込であり、50万円以下の希望額なら身分証明書だけで審査ができます。
個人信用情報機関と収入がある、在籍確認ができれば即日融資も可能です。

個人事業主では、会社員と大きく違うのは、勤務先が自宅だったり、自分の会社になります。
自営業者もそうですが、収入の出処が自分です。
しかし、個人事業主として屋号があれば、その名前を勤務先として申込ができます。
ようするに、勤務先が自分の会社ではなく、自分は勤め人としての申込ができるということです。

なぜこのようなことをいうか?というと、個人事業主の場合、自分が給料を支払う形であれば、確定申告書が必要だからです。個人事業主と確定申告書は切っても切れない関係ですが、中には確定申告をしていない方もいます。


虚偽になってしまうかも?

個人事業主の場合は、審査時に確定申告書が必要になることがあります。
しかし、それがない。または、まだ1年以上経っていないので、申告をしていない人もいます。
このような場合は個人事業主として、キャッシングの申込をする資格がないです。

1年未満の個人事業主、確定申告書なしでは提出書類不備ですが、収入はある。
今回も数万円のキャッシングをしたいだけで、間違いなく返済もできる。
だから、個人事業主としてではなく、自分の会社ニ勤め人の形で、パート程度の身分で申込をしたいということです。在籍確認は自宅であり、自分で電話を取ればOKです。

20歳以上、収入あり、信用情報で問題なし

おまけに在籍確認もありの状態です。
普段バレたらやばいという内容の審査です。
給与明細などを見せてくださいと言われたら?と突っ込まれると審査落ちになるのですが。

納税証明書では、扶養に入っているとごまかす?
どちらにしても、個人事業主として申込ができない状態で、この申告はまずい内容でしょう。


個人事業主としての自覚

確定申告書をしない、収入証明書がないことは個人事業主としてはNGです。
また、18歳以上であれば納税義務もありますので、1度でも確定申告書をしてからのお金を借りることを考えてください。

個人事業主としての収入源はありますが、パートとして申込をする個人事業主は、虚偽申請になります。
アリバイ会社を使ったわけではないのですが、この方法はおすすめできないです。

どうしてもお金が必要

運転資金ではなく生活費として、または税金の支払いなどで、上記のように1年未満で確定申告書がない状態の方。中小消費者金融などに相談に行くと良いでしょう。

信用情報で金融事故があっても借りれるのですが、担当者とじっくり話しができますので、今の状態を正直に話してください。確定申告書がないので、今までの収支がわかる帳簿などで、これだけの収入は確保できると言ってみてください。借りれるかもしれないですが、少額でしょう。

そしてて、虚偽記載はこれからも絶対にしないことです。
バレなければ良いではなく、法律の上でも虚偽記載での借り入れでは、良いことは絶対にないです。
個人事業主として借り入れをしたい時にはきちんと段階は踏みましょう。


金融事故がないのなら、個人事業主でも借りれる

個人事業主がお金を借りるのは、会社員と同じ要領です。
なんて言うことはないのですが、金融業者では信用情報と確定申告書などで審査を決めます。

悪い口コミでは属性が低いとか、借り入れが大変といいますが、実際は確定申告書の内容、信用情報で金融事故がないのなら、審査に通ります。

ビジネスローンの提案

カードローンでは、普通の審査であり、年収3分の一の総量規制範囲内での審査通過になります。
確定申告では節税のために低い申告をしている方もいます。
カードローンでは限度額が少ない場合もあります。

そんな時には、個人事業主ならビジネスローンの申込ができます。
ビジネスローンとは、事業資金を借りることができますが、個人事業主は堂々と自分の仕事の運転資金として、ビジネスローンの申込ができます。

そこで、確定申告書の年収が低い、1年未満の個人事業主でも審査に通ったとの口コミがあります。
この時には、今までの仕事の実績や帳簿、予定収入なども書き入れることで、審査は良い印象です。


なんといっても注目は

審査の要件としては信用情報です。
カードローン、ビジネスローン同様ですが、信用情報で借り入れがないとか、完済をしている。
クレジットカードの支払いも順調であれば、審査に通過することは多いです。

属性が低いとか不安定な収入とも言いますが、実際には自営業者個人の信用情報が大きなポイントになります。大きな融資ではなく、生活費の足しに、少しの借金でカードローンとビジネスローンでは、そんなにビクつくことはないです。今までの借金と返済をきちんと行っていることで、大した憂慮することはないと言います。

収入証明書があれば

確定申告書だけは用意してください。
1年未満では借り入れができない場合がありますが、これは勤続年数が短いからです。
確定申告書がない理由として、1年未満であることも正直に言いましょう。
あとは審査次第ですが、信用情報で問題がないと、借りれる人もいます。
ただし、ホームページなどで勤続年数が1年未満では審査落ちとあれば困難です。

審査の甘い中小消費者金融と街金などもオススメです。
ブラックリストではないですが、なんとか返済ができるのであれば、審査次第で借り入れができます。
多少金利は高いですが、大手消費者金融とそんなに変わらないです。

きちんと完済が続けば利用限度額も高くなり、良い対応があります。
カードローンではなく振込キャッシングですが、ビジネスローンがある中小消費者金融もあります。


個人事業主がお金を借りるにはどんな方法がある?

個人事業主のお金の使い方では、ビジネスとプライベートの使い分けが必要です。
お金を借りると申込をした時に、どちらの用途に使うかで審査も違います。

カードローンとは?

プライベートの内容しか使うことができないです。
名義も個人名ですが、事業のためのお金として借り入れができないです。
これができないことには審査には通らないです。
また、消費者金融では総量規制範囲内であり、他ずくの借り入れは原則できないです。


ビジネスローンとは?

個人事業主が、仕事用の借り入れができます。
設備投資として運転資金として、仕事で使用する者に対しての借り入れができます。
そして、プライベートの買い物も同時に行っても良いです。

ようするに、個人事業主がビジネスローン1枚で、ビジネス、プライベートのキャッシングがすべて完了することになります。

クレジット会社

クレジットカードも個人事業主用のものがありますが、中にはキャッシング枠が付帯しているものがあります。フリーローンとして、かなりの利用限度額があります。

このクレジットカードについては、個人事業主でもビジネス用として1枚あると、帳簿管理にもとても役立ちます。同時にキャッシングもできるのなら、そんなに便利な1枚はないでしょう。
ネームバリューのあるクレジットカードではキャッシングは付帯していないのですが、比較的甘い審査のクレジットカードなどでは、キャッシングができます。

ビジネスローンではなく、こちらでのクレジットカードですべて完結してしまうのもオススメです。
金利は消費者金融カードローンと同等です。

本当の事業資金としては

審査は厳しいですが、銀行融資や日本政策金融公庫の融資を第一に考えてください。
個人事業主では、設備投資として起業段階からお金を借りたいのであれば、日本政策金融公庫です。
プレゼンをきちんと行うことで、低金利の借り入れができます。

銀行融資ではある程度の黒字決算が必要ですが、信用金庫などの地元狙いがオススメです。
比較的審査が柔軟であり、個人事業主と中小企業の味方です。
事業資金としては、こちらの金融機関がよく、それがダメならノンバンクのローンに行くのが理想的です。

ビジネスローンとしてプライベートの借り入れにしても、多少は不自由な感じもしますが、必要書類が揃っていて、信用情報で金融事故がないことが必要です。会社員でも個人事業主でもその要件は同じであり、ブラックリストでは借り入れには困難になってしまうでしょう。