個人事業主 つなぎ融資 借りやすい所


つなぎ融資はビジネスローンが良い?

個人事業主が事業のために必要な融資は金融機関がオススメです。
当然のことながら、低金利での融資が期待できます。
審査は厳しい場合も多いですが、資金調達方法とはて最適です。

資金調達は銀行から

個人事業主では、審査の内容はどちらにしても銀行融資は申込はしてみるものです。
実際には、信用金庫などでは、営業マンのアドバイスなどもあります。
これは信用金庫にしてみても、取引関係になることでの営業の一環です。

経営者として、安定した収益があり、たまたま融資が必要というときには、信用金庫が銀行融資としては気軽に相談ができます。メガバンクなどでは、審査基準も上でしょう。


銀行融資を依頼した

銀行の審査では、どうしても時間がかかります。
日本政策金融公庫などでも同様ですが、いつ審査結果が出るのかがわからないです。

実際に、銀行の審査は時間がかかるというのは、一般的に言われていることです。
余裕のある融資の申込なら良いのですが、融資までのつなぎ融資も検討しなくてはならない場合があります。その方法としては、様々な内容があります。

自分に合うものを選択

個人事業主で融資の必要性がないとは限らないです。
現在は必要ないとしても将来的には、何かしらの融資をしなければならない事態も予想できます。

そこで、つなぎ融資を含む融資の方法は、事前にいくつ用意しておくことで、いざと言うときに役立ちます。ビジネスローン、不動産担保ローン、ファクタリングなどです。
これらの特徴としては、銀行融資と比較して審査が甘い、お金を借りやすいことが言えます。
ファクタリングでは、自分ではなく取引先の信用情報が審査対象になります。
不動産では、自宅などを担保にしたものであり、専門業者も含まれます。

そして、てっとり早いのがビジネスローンです。
カードローンタイプのビジネスローンでは、ノンバンクの事業性資金として使えます。
自営者カードローン、個人事業主用のカードローンなどもつなぎ融資としての借入ができます。

ビジネスローンは銀行融資とは違う

銀行融資の審査待ちでのつなぎ融資として、ビジネスローンの使用をするときには、金利が高いことは認識してください。融資分の多額の借入をするのでは、返済額が大きく違います。
あくまでもつなぎ融資の部分であり、完済が直ぐにできる可能な金額の借入が原則です。

商品的には、ビジネスに有効な言葉の響きですが、実はカードローン同様の高い金利のビジネス版です。
簡単に少額の使い勝手が良いローンですから、つなぎ融資だとしても、返済ができる範囲内が大原則です。


個人事業主にとっては日本政策金融公庫でつなぎ融資ができる

個人事業主としての資金不足では、売掛債権があるのに、キャッシュフローがない場合があります。
そんなときにはファクタリングというのが最近の資金調達の手法ですが、つなぎ融資にはピッタリです。
しかし、ここではあえてファクタリングではない方法を見ていきましょう。

それは日本政策金融公庫

銀行融資と並んで審査が厳しいとされる日本政策金融公庫ですが、審査には時間がかかります。
これを承知でつなぎ融資として提案をするのは、やはり低金利の部分は外せないことです。

個人事業主として、まだ融資の経験がない。
今まで、ブラックな部分もなく、順調に推移していた事業に対して、たまたま資金がない時には、日本政策金融公庫のつなぎ融資の利用がオススメです。低金利のつなぎ融資としては、ベストな選択です。


経営難ではないから

売掛債権の支払いがさきである。
仕事はきちんとあり、たまたまアクシデントが重なって、キャッシュフローがない。
例えば、100万円の仕入れが必要だけど、手元に40万円のキャッシュフロー。
しかし、2ヶ月後には売掛債権の支払いで500万円は確実。
こんなときに、必要な60万円とプラスアルファの融資を日本政策金融公庫に申し込みをします。

自己資金的には正直言ってあるけれど、切り崩しはしたくないという場合もあるでしょう。
この場合、赤字決算でどうしようもないのではなく、仕入れに必要なお金がほしい。
返済は、近く支払いがあり、取引先の信用も高いということです。

この状態では、日本政策金融公庫として運転資金としての審査を綿密に行いますが、基本的に返済能力的には問題がなければ、審査は通ります。

問題は赤字決算ではないこと

これが純粋なつなぎ融資として認められることが審査のポイントです。赤字の補填に使用したいお金ではないとわかると、日本政策金融公庫の厳しい審査でも借りれる可能性があります。

審査が厳しいので、こんなときにはファクタリングとかビジネスローンに走りそうですが、実は日本政策金融公庫のつなぎ融資としては、個人事業主が純粋なつなぎ融資としてほしい資金調達法として、最適なところです。

ただし、経営がうまくいっている場合ですが、多少時間はかかりますが、つなぎ融資は日本政策金融公庫からというのは新しい提案です。多くの方が、売掛債権の支払いを見込んだファクタリングと検討されますが、それは赤字決算だったり、個人事業主の信用情報で不安がある方にオススメの方法です。
単純に資金不足である場合は、銀行融資や日本政策金融公庫でもきちんとつなぎ融資としての申し込みができます。

個人事業主にとっては、日本政策金融公庫とは仲良くしておいたほうが良いメリットも多いです。
ちなみに一度審査が通ると、その後の申し込みも審査も通りやすいです、
もちろん業況や信用情報にもよりますが。


つなぎ融資は高い金利でもいいじゃない?という考え方

つなぎ融資とは、一時的な借入を指します。
それが、個人事業主にとってはどのような位置関係になっているか?
厳しい審査では、そこまで確認をします。

その位置関係とは、返済見込みが保証されるつなぎ融資であるかないか、です。

どんな融資でも同じだけど

返済ができない融資をする金融機関も金融業者もいないです。
ただし、つなぎ融資というのは、その場しのぎのお金です。これがないと、赤字になってしまうとか、支払いが遅れることで事業そのもので停滞してしまうというお金です。
運転資金として、赤字の穴埋めとしての性質ではなく、極めて完済率が高い内容であることが必要です。

銀行融資などでは理想論でこのような内容の審査ですが、現実は違います。
ただ、つなぎ融資だけは、返済で事業にヒビが入ることがあってはならないでしょう。


その時の状況次第

つなぎ融資が必要なときが、確実に完済ができる短期間のものであれば、どんな融資でも良いでしょう。
極端に言えば、高い金利であったとしても、すぐに完済ができるのであれば、金利はあまり多くないでしょう。

キャッシュフローができたときに、すぐに返済ができる。手持ちのビジネスローンで対応もありです。
それが、現金ではなく、何かを購入するためのお金である場合は、クレジットカードの利用もありです。

総量規制対象外で、ビジネス用のクレジットカードであれば、限度額が大きいですし、返済は翌月末の計算です。つなぎ融資とは別物ですが、1ヶ月以上返済が先延ばしができることで都合がつけば、クレジットカードも使えます。

ビジネスローンにしても、2ヶ月程度での繰り上げ返済では大した利息がつかないです。
そう考えると、ビジネスローンやビジネス用のクレジットカードの使い方としては、つなぎ融資に大いに役立つ内容だと言えます。

時間的に余裕があり、信用情報などで問題がないのなら、銀行や日本政策金融公庫の融資がベストです。
しかし、今は審査は通りそうもないときには、資金調達としてのノンバンクの借入も検討してみてください。

ノンバンクは金利が高い

借りやすさと高い金利は比例します。返済計画さえきちんと対応ができれば大丈夫です。
時間がかかる銀行融資の審査と比較して、ビジネスローンもクレジットカードも比較的早くに審査ができます。

特に消費者金融系のビジネスローンでは、即日融資ができたり、無利息期間が設定されているビジネスローンもあります。ローンカードタイプで、ATMで限度額は簡単に引き出すことができるので、使い勝手も良いです。


個人事業主ならビジネスローンが便利

個人事業主になったのなら、資金調達の方法もいくつか知っておくと良いです。
会社員などでは、カードローンやキャッシングの形で、プライベートでしかお金は借りることができません。しかし、個人事業主では事業をしていますから、会社で運転資金として融資が受けられると同じで、ビジネスとしての融資も受けられます。

カードローンでは事業性資金に使ってはならない

個人事業主では、社員もなく1人で行なっている方もいます。
そんなとき、ちょっと事業で使いたい。少しのお金をカードローンで借りてしまうのは厳禁です。

どの消費者金融、銀行のホームページにも、事業性資金に使用することは禁じています。
これはあくまでも個人に対する貸付であり、個人事業主の仕事への融資とは違うからです。


ビジネスローンを持とう

個人事業主になったのなら、事業性資金として使用ができるビジネスローンの申し込みをすることをオススメします。メリットとしては、堂々と事業性資金に使える、総量規制対象外であり、限度額がカードローンよりも大きい点です。

審査では、信用情報と確定申告書などだけでOKのノンバンクのビジネスローンがオススメです。
審査が早く、ローンカードタイプのものであればATMでの引き出しと返済ができます。
カードローンと同じですが、個人事業主としての審査通過をしていますから、使い勝手もとても良いです。

法人カードでも申し込みができる

法人カードも個人事業主を対象にしているビジネスローンがあります。
こちらの審査も確定申告書と身分証明書だけの場合が多いです。
自身の事業性資金としては、カードローンでつい借りたくなってしまう、大した金額ではないにしても、必ずビジネスローンを使用することです。

つなぎ融資としても使えるビジネスローンでは、ノンバンクの金融業者ならすぐに審査ができます。
カード発行だけではなく、振込の形でもそんなに時間はかからないです。規模にもよりますが、個人事業主でも自営者でも、会社員以外で、事業性資金は然るべきローンの利用が妥当です。

ビジネスローンの多くは、自営者が赤字でも借りれるとの口コミが多いです。
金融業者としては、それほど審査基準のハードルは高くしていないです。
かえって、高い金利で多くの利用を待っているような状態でしょう。

人気が高いのは、ビジネクストであり、国内での個人事業主、自営者、法人の利用がとても多いと評判です。比較的甘い審査であり、審査スピードも早いです。


ブラック個人事業主のつなぎ融資の方法

融資の審査の基本はどんな金融機関でも個人事業主個人の信用情報です。
事業の上で融資がほしい、赤字だからなんとかしたいので、つなぎ融資でもほしい。
これは大丈夫ですが、では個人事業主が返済能力がないとなると、話しは違います。

事業の上での融資ですが、返済は個人事業主がします。
その方がブラックリストであれば、借入ができないでしょう。
カードローンと同じことです。

いわゆるローン審査に通らない

これが最悪の事態です。
審査は、申込者の信用情報が金融事故があることで、進行しないです。その先の審査は不要です。
ですから、ローンの審査に通らないのであれば、一切の借入ができないことになります。
銀行や日本政策金融公庫では厳しいですが、ノンバンクのビジネスローンでもブラックリストに対しては厳しい判断です。


中小消費者金融にもビジネスローンはある

こちらの確認では、普通のフリーローンはブラックリストでも借りれるとの口コミは多いです。
しかし、ビジネスローンに関しては、実際の審査次第でしょう。
確かに、他のノンバンクよりは甘い審査は期待できますが、どこまでの許容範囲かはわからないです。

キャッシングなら総量規制がありますが、ビジネスローンは総量規制対象外であり、いわゆる中小消費者金融の独自審査の内容によります。限度額なども不透明です。

ローンと言っても

不動産担保ローンがあります。
不動産担保があることで、ある程度の借入ができますが、地域的な要因も大きいです。
不動産担保ローンを取扱業者であれば相談ができます。
ただし、返済ができないと家を失うことはありますので、要注意です。

ファクタリングの可能性

つなぎ融資として、今回だけのキャッシュフローであれば、売掛債権の現金化のファクタリングも検討してみてください。ようやく個人事業主にも対応できる様になってきて、2社間、3者間ファクタリングによって、売掛債権を現金化ができることがあります。

これは、借金ではないので、急いリスクなしのキャッシュフローの形としては良いでしょう。
手数料はかかりますが、その後返済はないです。売掛債権の支払いが早まった内容です。
現在、個人事業主に対するファクタリングも広がってきていて、キャッシュフローの方法としては一つの案です。

ブラックリストでも対応という点においては、ローンの審査に通らない。
高い金利のビジネスローンは使いたくないという方にもオススメです。
口コミなどを参考にしてファクタリング会社を検討してみてください。