つなぎ融資 個人事業主


ビジネスローンでつなぎ融資は個人事業主で必須アイテム

個人事業主では、資金調達方法として、銀行融資や日本政策金融公庫の利用ができます。
低金利であり、法人じゃなくても借入ができます。

果たして審査は通るのか?

ネックとしてはこの部分でしょう。
どんな場合でも借入ができるとは限らないのですが、絶望的ではないです。

少なくとも、個人事業主自身の信用情報がブラックリストではなく、事業内容が壊滅的な赤字ではないこと。特に日本政策金融公庫では、プレゼンテーションを良くして、担当者に気に入られる内容を工夫することで、個人事業主で資金調達をしている方もいます。
ですから、個人事業主での事業性資金の獲得は、この低金利の銀行からを重視してみてください。

銀行では、営業エリアの信用金庫などでは、話しがしやすいでしょう。
商工会議所等でも、資金相談ができます。
地域に頼った資金援助というのもありです。


つなぎ融資はどうする?

様々な事情がある資金調達ですが、中小企業などでは審査の間のつなぎ融資として、いくつか方法があります。

不動産担保ローンもその一つです。
こちらも金利が多少低いことで期待我できますが、もっとてっとり早いのが、ビジネスローンです。

個人事業主の場合、資金調達の中にプライベートな部分にまで食い込む資金が含まれることがあります。
事業のためである場合、個人用カードローンの利用はできないですが、ビジネスローンでは対応ができます。自営者カードローンの申し込みしておくことで、対応ができます。
ノンバンクのビジネスローンでは、審査が早いので、すぐに資金入手ができます。

ビジネスローンの注意として

ビジネスローンは早い審査で、個人事業主で申し込みはできます。
ただし、金利は高いですから、銀行審査に通らないとまともに返済をしなければならない羽目になります。つなぎ融資では、審査結果前に借入をする場合には、一応返済しなければならない点を確認してください。

また、銀行融資OKで、入金までのつなぎ融資で有るなら、この使い方は有効です。
審査がとおった上でのつなぎ融資であるのなら、不安はないのですが、審査前のつなぎ融資の場合は、注意が必要になります。その際には、金利と返済額の確認をした上で、慎重な借入になります。

あると便利なビジネスローン

こうした時に、銀行カードローンでは、事業性資金の流用にとても厳しいです。
ですから、個人事業主になった場合は、使用しないとわかっていても、もしもの時のビジネスローンはオススメです。慌てて申し込みで、支払いに間に合わないでは大変な事業に損害が出る場合もあります。

個人事業主になったら、ビジネスローンは1枚あると何かと便利です。
つなぎ融資以外にもプライベートでも使用可能です。


ノンバンクのビジネスローンのメリット

つなぎ融資とは、一時的借入のことを指します。
個人事業主でもちょっとしたピンチに際して、つなぎ融資が必要なこともあります。
自己資金を減らすことなく、短期間での融資をうけることで、事業の止めることなく、進めることが目的です。

ノンバンクからの借入

ノンバンクのつなぎ融資と言えば、ビジネスローンです。
カードローンもように審査も早く、保証人も担保も不要です。

即日融資ができる場合もあり、スピーディーな審査で、つなぎ融資としては優等生です。
なんといっても、支払いがすぐに完結することで、資金調達方法としてはオススメです。


実は事業がまずかった

その場しのぎのビジネスローンとも言われています。高金利であり、ずっと借入には不向きです。
しかし、つなぎ融資として、このビジネスローンがあることで、業績が良好になることもあります。

資金調達として、カードローンタイプのビジネスローンであれば、ATMで引き出すことも可能です。
その利便性の高さから、個人事業主には必要なものでしょう。
資金繰りがスムーズに行くことができれば、業績にも変化が出ることも多いです。

ノンバンクのメリット

それは審査が早いことです。
提出書類も銀行と比較して少ないですし、金融機関の審査よりあまいです。
審査がすぐに対応している点では、銀行融資とは別に資金融資としてのビジネスローンの存在は大きいです。つなぎ融資でノンバンクが借りて、業績が良くなって、銀行融資の審査にも良い影響が出ることもあります。

保証人や担保が要らない

無担保のローンであることは、個人事業主にとっては有意義です。
極端な例ですが、資金がほしい時にすぐに申し込みができる。
回答が早いことで、先の見通しがつけられます。

保証人も担保も用意ができない個人事業主にとっては、なくてはならない存在です。
もちろん、不動産などがあれば、不動産担保ローンの選択もあります。
しかし、実はその住宅ローンの支払いができないとか、事業存続の危機等の場合、保証人だの担保だの言っていられない状態の個人事業主も存在しています。感覚としては、消費者金融のカードローンの申し込みの要領です。

現在は、WEB完結での申し込みができます。
早くて即日融資であり、数日でもキャッシュフローが期待できます。
あくまでもつなぎ融資としての内容で借りるのなら、返済の目処があれば、高い金利も気にならないでしょう。今、ここにキャッシュフローがないと事態がまずい方、ビジネスローンの力を見直す時です。


ファクタリングでつなぎ融資 売掛債権があれば可能

個人事業主として売掛債権があるのなら、ファクタリングでの資金調達も可能です。

ファクタリングとは?

売掛債権の現金化です。
本来は後で現金になるものですが、ファクタリング業者に先に現金にしてもらえます。
支払いは、売掛債権の支払いの時に収めます。この時に、手数料が取られるのですが、本来と手元に入るお金ですから、借金にはならないです。

ファクタリング会社の存在

ファクタリングでは、つなぎ融資としては、返済のないキャッシュフローになります。
手数料はまちまちですが、取引先に了解を得て行う場合は5%程度の手数料でキャッシュフローができます。そのお金で、つなぎ融資ができればとりあえず今の事態を打開することができます。

ビジネスローンなら、ここで返済が始まるのですが、売掛債権の場合は違います。
取引先の了解が得れば、相手がファクタリング会社に支払い、取引先に知られない場合は、取引先の支払いをファクタリング会社に支払うことで完結です。
借金でも返済もないので、つなぎ融資としては理想の形になります。


ブラックリストでもOK

個人事業主で、ビジネスローンの申し込みはしたいけれど、ブラックリストで借入ができない場合があります。ビジネスローンの返済をするために、等ブラックリストは簡単にビジネスローンに頼ることができないです。

ファクタリングでは、申込者のブラックリストは関係ないことが多いです。
取引先の信用情報では、返済能力を確認しますが、申込者のブラックリストでもつなぎ融資を作ることができます。

個人事業主でもファクタリング

最近の話しですが、ファクタリングは個人事業主でも契約ができるようになりました。
手数料は最大で20%台(それ以上は高すぎる)ですが、確かなファクタリング会社であれば、数日で現金の用意ができます。

経営者としては、ブラックリストでビジネスローンが作れない、限度額いっぱいで借入ができない場合のファクタリングの利用はオススメです。

同時に考えたい事業資金調達方法

住宅があれば、不動産担保ローン。
ビジネスローン等、つなぎ融資に使えるものは、一応頭に入れておいてください。
ローンカードが一番てっとり早いので、個人事業主になれば1枚あると便利です。
審査がありますから、どうしても借入ができない時のファクタリングもありがたいです。

ただし、一応会社は決めておくこと。
手数料等も確認をした上で、できれば手数料が低く、キャッシュフローが高いところが理想です。


個人事業主が使えるつなぎ融資の方法

経営者、個人事業主にとっての資金繰りの方法は1つではないです。
できれば、ビジネスローンだけは早いうちに用意してください。

借入金利は高いですから、継続的に利用するのではなく、つなぎ融資、資金ショート等には、とても便利です。自営業カードローンなどは、ノンバンクのものが審査も甘い内容で、開業間もない時にも作れるカードです。

不動産担保ローンの可能性

不動産があれば、こちらは長期借入ができるローンカードです。
特に、ビジネスローンでは多額の借入では、金利が高いです。
不動産担保ローンでは、多額の借入ができる上に返済期間も長期に設定ができます。

継続的な資金が欲しい時には、ビジネスローンには手をつけないで、不動産担保ローンの利用が良いでしょう。住宅ローン返済中でも、返済完了している部分での不動産担保ローンの利用もできます。
こちらも相談ができますから気軽に話しをしてみてください。
金利はビジネスローンよりも低いです。


ファクタリングの利用

ファクタリング会社では、売掛債権を一定の手数料を引いて、キャッシュフローにできます。
3者間ファクタリングではも取引先も了解上での取引であり、手数料が低いです。

2社間ファクタリングでは、取引先にファクタリングの事実を伝えないで、現金にすることができます。
手数料は高いですが、キャッシュフローが返済なしで、借金の形にならないので、個人事業主としては資金ショート、つなぎ融資には便利な方法です。

日本政策金融公庫のつなぎ融資

実は、日本政策金融公庫でもつなぎ融資の形での融資があります。
審査の壁が高いのですが、個人事業主としての立場を利用して、プレゼンテーションを頑張ってみるのもありです。ただし、審査が長いと言われていて、資金ショートなどには不向きですが、つなぎ融資の準備として、開業間もない個人事業主にはオススメです。

日本政策金融公庫の審査に一度通過をすると、その後は借りやすいと言います。
多分、最大に低金利の融資が約束されるので、キャッシングやビジネスローンなどよりもずっと融資先としてはオススメです。

個人事業主となったら

融資の選択は多く持つことです。
つなぎ融資では、一時的借入であり、すぐに完済ができることを意識した内容であることが必要です。
高い金利のビジネスローンですが、無利息期間がある商品もありますし、上手に利用しましょう。
融資は銀行ばかりではなく、今やノンバンクの方が何かと便利であり、いざというときには役立ちます。

個人事業主になったら、カードローンではなく、ビジネスローンを1枚作りましょう。
つなぎ融資、事業融資などにもとても便利です。使わないとしたら、それはそれで良いことです。


つなぎ融資とビジネスローンの重要性

つなぎ融資と運転資金は違います。
運転資金とは、一定の多額の資金が必要になりますが、つなぎ融資ではその場だけの資金調達です。

つなぎ融資とは?

住宅ローンなどでよく使われるのですが、住宅ローンでは建築完了時の支払いが始まります。
その間の中間金などのためがつなぎ融資です。

個人事業主では、大きなお金が入ってくる予定までの事業資金としてのつなぎ融資になります。
正式な事業資金、運転資金の位置づけではなく、できれば自己資金を崩したくないというのも本音です。
個人事業主だけではなく、中小企業でもほとんど融資に頼っていることが多いです。


緊急性が高い場合

ノンバンクのビジネスローンです。
事前に契約をしているとカードタイプは、ATMで引き出すことができます。
申し込み段階だとしても審査次第で数日には最大1000万円程度のキャッシュフローができます。

現在は、ノンバンクビジネスローンの規模は大きくなっていて、これで助かる個人事業主や中小企業も多いです。ですから、できれば申し込みをしておいて、こんなときにすぐに使える形にしておくと、自営者ローンとしては良い形です。

ビジネスローンの内容

カードローンと違って、総量規制対象外です。
開業資金としては申し込みができないですが、設立1年未満でもビジネスローン契約できるものもあります。法人カードとしての利用ができます。

法人カード、個人事業主カードとして区別されている場合があります。
ビジネスローンのメリットは、プライベートの資金にも使用ができます。
大手消費者金融などでは、個人事業主では属性が低いですが、ビジネスローンの申し込みを優先すると、審査内容がガラリと変わります。

審査の基本は信用情報になります。
ビジネスローンでも事業性資金の借入は自由です。
銀行融資のように目的を申告する必要がないので、つなぎ融資にはピッタリです。

金利には気をつける

ビジネスローンのデメリットは高い金利です。ノンバンクの商品では低金利のものはないです。
カードローン並の高い金利になりますから、つなぎ融資だとしても返済のことを考えた利用が必要です。

それでも、すぐに返済ができるとか、消費者金融系のビジネスローンでは無利息期間なども設定されています。そのあたりの商品を上手に利用して、ビジネスローンでつなぎ融資を乗り切るのは良い方法です。
ファクタリングもありますが、売掛債権がない個人事業主にとっては、ファクタリングは不可能なことですから。