個人事業者つなぎ資金即日融資


メインバンクではなくノンバンクビジネスローンでつなぎ融資

つなぎ融資とは、長期的な借入ではなく、一定期間の資金を借りることを言います。
主にビジネスローンの対応が多いです。

これは、銀行融資などの審査結果待ちだったり、不動産担保ローンの入金が遅れることで、キャッシュフローの必要性がある場合、原則的にすぐに返済ができるための資金の総称です。

個人事業主のつなぎ融資

個人事業主と言っても、業務規模はそれぞれです。
ベストなのは、やはりビジネスローンの存在であり、担保も保証人も不必要なノンバンクのものであれば、申し込み後即日融資ができるものも多いです。このつなぎ融資では、予定されている場合は、銀行などの金融機関で低金利で都合をつけることができます。

しかし、実際には、資金ショート?
事業が回らないことで、一時的な資金源として借入ができる場合もあります。
この時に個人事業主がカードローンでの借入はしない方が良いでしょう(してはならない)。


ノンバンクのビジネスローン

審査通過率が高いけれど、金利も高い。そこに尽きるでしょう。
継続的な借入がしない方が良いのは、借りやすい反面返済が大変になるからです。
ノンバンクでは、大手ではなども参入しているのですが、高いニーズに対応はするものの、カードローンとほぼ同等レベルの金利の高さです。

本当に最低限必要とされるつなぎ融資でしか使えないと感想が多いですが、その通りです。
しかし、1枚ビジネスローンがあることで、規模が小さな個人事業主では充分に対応することができます。
肝心なのはこの部分です。

とりあえず支払いができなければ

個人事業主にとっては、返済が迫る支払いを延滞するのは命取りになることは多いです。
融資の申し込みをしていたとしても、すぐには回答がない。
事務所にしている住宅ローンの支払い、税金や公共料金などの借入で、急場を凌ぐことができます。

事業だけではなく、こうした生活のための借り入れもビジネスローンでは対応します。
カードローンでは、事業性資金の借り入れはNGですが、ビジネスローンならどちらでも利用が可能です。
つなぎ融資の存在は、必ず存在する資金調達ではない場合もあります。

しかし、個人事業主として事業拡大だったり、資金繰りで大変な時の備えとして、ビジネスローンは1枚あることでは、対応が違います。金利が高いことは当然の常識ですが、返済できる範囲内でのつなぎ融資にはとても役立ちます。最近はインターネットで完結できる内容も多く、ノンバンク系で赤字でも借りれるビジネスローンも少なくないです。


ノンバンクのつなぎ融資のメリットは事業改善

つなぎ融資の存在があることで、個人事業主にとっては大きなメリットが存在します。

事業の立て直しができる

ビジネスローンの多くが即日融資可それに近い審査スピードです。
返済があるものに対して、支払いがスムーズにいくことで、事業に穴を開けることがないです。
資金繰りの悪化改善ができます。借入は最小限にすることと急場しのぎであり、すぐにビジネスローンの完済を視野に入れた借り入れが原則です。

しかし、事業の流れがスムーズにいくことで、その回転が返済ができる手段になります。
銀行融資、日本政策金融公庫などの融資とビジネスローンの組み合わせを上手に行うことで、事業の立て直しができます。


そのことが銀行融資を招く

銀行融資はもう申し込みをしている状態でのつなぎ融資の利用です。
本来なら銀行からの借り入れが理想であり、その間の事業ストップをなんとかしなければとの対応です。
その努力が事業改善に結びつく、急場しのぎのビジネスローンで、事業展開ができれば、信用が高まります。お金があることで前向きの思考ができ、借り入れ条件も改善します。

大手銀行が振り向いた

例えば、それまで相手にしなかった大手銀行などでも、つなぎ融資でたまたまあたった個人事業主の事業で低金利の借り入れの実現の話もあります。

銀行にしてみても、融資という金融商品は、確かに返済ができる勢いのある事業者を対象にしています。
こうした意外な展開を生むのもつなぎ融資があるからです。

一時的な資金不足

結局、銀行融資待ちだったり、少しのキャッシュフローがあれば止まらずに仕事が進む。
そんな時のためのつなぎ融資です。
不動産担保ローンなどでも良いのですが、手続きなどで時間がかかることも多いです。
ノンバンクのビジネスローンなら、WEB完結だったり、原則即日融資での審査が期待できます。

今欲しい資金を少額すぐに調達では、ノンバンクビジネスローンにはかなわない方法です。
今申し込みをしても良いのですが、予め個人事業主になったら、ビジネスローンを念頭に入れることです。もちろんメインバンクとのお付き合いは行いつつ、資金ショートのため、つなぎ融資のためのビジネスローンの存在です。金利が高いので、ここで事業資金調達はオススメしないです。

あくまでも資金調達の間のつなぎ融資としての使い方であり、カードローンのような使い方は危険です。
個人事業主そのものがブラックになってしまうことは、この先の融資やローンで何かと都合が悪いです。


つなぎ融資借り入れのメリットとファクタリングの可能性

つなぎ融資では、すぐに借りれることが必要です。
ノンバンクの審査では即日融資を基本としてスピード審査が売りです。

つなぎ融資なのに

担保や保証人がなければならない。住宅があれば、不動産担保ローンができます。
しかし個人事業主ではそのような用意がない場合、担保保証人ナシのビジネスローンはとても便利です。

ノンバンクでは、このように柔軟審査で対応できるのは、限度額が高くないことも要因としてあります。
法人のように多額の資金を必要としない個人事業主向けの簡単に借りれるローンとして、審査は比較的ハードルを下げて、即日融資対応の金融商品です。


銀行系消費者金融の台頭

大手消費者金融では、カードローンとは別にビジネスローン展開もしています。
銀行系消費者金融の立ち位置では、消費者金融のノウハウを活かし、銀行の低金利に少し並ぶ程度のビジネスローンを出しています。ネームバリューもあり人気が高いです。

若干金利が低めの点でも支持されていますが、即日融資対応の大手消費者金融のノウハウが効果的です。
カードローンタイプであり、ATMで簡単に引き出し返済が可能なのも魅力です。

つなぎ融資の効果

ビジネスローンでは即日融資ができることが多いです。
不安な審査ですが、カードローン同様に診断のサイトがあります。
必ずしもあたりではないのですが、一応確認してみてください。
本当は、銀行や日本政策金融公庫などの保証で、低金利の融資がベストです。

しかし、どうしても審査時間が長く、場合によっては審査落ち。
やはりビジネスローンがあれば、個人事業主の事業にも役立つだけではなく、それがベストの選択です。
融資審査中に倒産しかけているのでは、話にならないのですが、どんなときにもトラブル回避ができる底力を見せる事ができるのもビジネスローンのおかげでしょう。

ファクタリングの可能性

もし、ローン審査に通らないのであれば、売掛債権を現金化することもできます。
こちらはファクタリングであり、ローンではないです。企業や会社に対しての売掛債権がある場合、買い取ってくれる内容です。手数料を差し引いて100%の金額にはならないのですが、返済期間もゼロで、売掛債権がある程度の現金になる。支払いを早くしてもらうイメージです。

ファクタリングのメリットは、キャッシュフローの形として返済もなく後腐れなくなく、お金を作ることができます。問題は、コストである手数料ですが、ピンきりです。そして、個人事業主ではなかなかファクタリングの対応していないところも多く、探すことが必要です。

つなぎ融資としては、個人事業主の負担なくできる方法としてオススメですが。
ビジネスローンにしてもファクタリングにしても、急に探す場合は、選択を誤ることがあります。
事前に確認することがオススメであり、もしもの時に備えることで円滑や経営を続けることができます。


意外に使える不動産担保ローン

不動産担保ローンとは、個人事業主が不動産担保を提供して資金調達をする方法です。
この場合、不動産名義人は本人じゃなくてもよく、承認があれば本人以外でも対応しています。
金融業者としては、担保があることで名義人が承認していて、完済をしたのなら良い話です。
ビジネスローンでは担保がないため高金利になりがちですが、不動産担保ローンは低金利の借入ができます。

中小企業の多くが利用している

不動産担保ローンで資金調達は多くの個人事業主や中小企業が行なっています。
信用金庫などでは根抵当権設定者になっていて、必要に応じて手続きナシ提供なども可能になっています。長い付き合いであれば、先代からの不動産担保ローンをしている場合もあります。
銀行などの金融機関だけではなく、金融業者でもビジネスローンと併用して不動産担保ローンの取扱をしているところは多いです。

不動産担保ローンの場合は、諸手続きでのコストもありますが、基本的には長期の返済で対応。
互いに担保があることで、カードローンほど審査も厳しくなく、余裕を持って借入ができます。
銀行で不動産担保ローンを対応してもらう場合には、メインバンクを中心に考えてみてください。

基本として、うちが支援している信用金庫などでは、ここは審査にも柔軟対応が期待できます。
地方都市などでは、不動産担保ローン業者も少ないですから、不動産担保の対応は銀行からが基本です。


ビジネスにも活用

住宅ローンがあるとしても、不動産担保ローンはできないことはないです。
個人事業主では、自宅以外にも、親などの土地や不動産も担保にする事ができます。
返済負担を小さくしたり、完済をするたびに根抵当権設定者になっていれば、新たな手続きナシで借入が継続できます。

つなぎ融資のために

最初からローンカードの借入はしない。
ビジネスローンを使う前に不動産担保ローンからの選択もありです。
これは信用情報的にもメリットがあり、借入している事実は記録されますが、ビジネスローンとは違い、不動産担保ローンの方が、良い判断になります。個人事業主ではどうしてもすぐに借りたい衝動もあり、ビジネスローンの審査通過の方も少なくないです。

ただ、不動産担保があるのなら、その前にこの資金調達でつなぎ融資も考えてみてください。
低金利で返済負担が小さなことで言えば、後から資金が不足した時のビジネスローンでもいいんじゃない?と言いたいところですが。

基本的には銀行の融資などが良いのですが、ビジネスローン、ファクタリングの資金調達の前に不動産担保ローンもあるということです。つなぎ融資の額や返済期間にもよりますが、負担の小さな返済では、ベストな選択です。


つなぎ融資の可能性 申し込み先は1つではない

つなぎ融資の即日融資と限定をすると、ビジネスローンが一番の選択肢になります。
ただし、それだけにこだわることではなく、資金調達方法は常にアンテナを立てて考えてください。

1つではない

不動産担保ローン、ファクタリングなどもあります。
ただし、不動産担保がない、売掛債権が存在していないとできない話ですが。
ビジネスローンにしても、消費者金融系、銀行系、クレジット会社系、専門業者があります。
現在はインターネットで確認ができることですが、個人事業主の業務内容等によって決めるのも良いでしょう。審査の厳しさでは、それほど変わりはないです。

便利なビジネスローンと言えば、ローンカードタイプでATMが使えるとか、来店に便利な会社だったりといろいろです。ビジネスローンは、これだけではなく、多彩な種類があります。
選択肢は1つではなく、取引会社の関係などのつながりなどでも考えてみてください。


ところで、審査

借りやすいビジネスローンですが、審査の差で借りたくても借りられないビジネスローンも存在しています。専門業者などでは、コンサルティング業務も兼ねていたり、甘い審査で業績がかなり悪い場合でも審査が通るケースも見受けられます。

借金返済ができないと判断されると、どんなビジネスローンも審査落ちです。
つなぎ融資だとしても、銀行ほどの厳しい内容はないのですが、消費者金融系でも業績と個人事業主の信用情報などの加味は大きいです。ですから、多重債務者だったり、債務整理者のブラックでは、とてもビジネスローンは無理な場合も多いです。

ビジネスローンは総量規制対象外

個人事業主ならではの話ですが、個人事業主のビジネスローンでは、事業性資金と生活資金にも対応ができます。カードローンでは事業性資金には使用禁止ですが、ビジネスローンなら総量規制対象外の限度額になります。審査通過の前の話ですが、現在カードローンなどがある方は、完済をして解約をしてしまうことをオススメします。

完済だけでは記録がありますが、解約手続きで信用情報が上ります。
ビジネスローンでは、決算そのものが赤字でも契約ができることは多いです。
金融機関の融資とは違います。

目的はつなぎ融資であれば、基本的に少額の借入重視で、審査が通りやすいとのメリットもあります。
もしもの時のつなぎ融資として、即日融資が確実なのはビジネスローン、大手消費者金融系や専門業者です。しかし、不動産担保ローン、ファクタリングなどでも資金調達ができることで、その時に応じたつなぎ融資を検討されることです。1つに固執することはないでしょう。