個人事業主 カードローン

個人事業主のカードローン事情 不安定な収入の指摘が痛い

個人事業主という属性は、カードローン、キャッシング審査ではあまり上位ではないです。
あなたの職業は何ですか?と聞かれたときに、給与を与えられていない職業は、不安定な収入とみられるからです。それがネームバリューのある企業、儲かっているとわかっているのなら別ですが、個人事業主をしていますという時点で、安定していないと思われます。

銀行カードローンの審査

このことが如実に現れるのが、銀行カードローンの審査です。
消費者金融系よりも厳しいとされている理由が不安定な収入だけです。
審査では、確定申告書の提出などで、今の収入があることは証明することができます。

しかし、カードローンではこれからの収入も大きな問題であり、属性としては倒産しない公務員や大企業に勤務している方が断然有利になります。個人事業主では、高い収入だとしても、その保証がないとされています。

消費者金融の審査

消費者金融カードローンでは、収入があることで第一関門は突破でしょう。
問題にするのは、信用情報などで過去と現在の借り入れ状況から、返済できる範囲内での限度額が決められます。

確定申告書の提出は、少額の借り入れでは必要ない。
要するに、銀行カードローンほど審査は厳しくないので現状です。
ただし、個人事業主のカードローンでは、属性が低い判断をされるのは消費者金融でも同じです。

個人事業主のメリット

一方で、個人事業主だからこそのメリットも存在していま。
それは、キャッシングの範囲を広げることができるビジネスローンの申込です。
個人事業主は、自営カードローン、事業者カードローンの申込ができます。
確定申告書などの提出ですが、このカードローンの特徴は、事業費の借り入れができる点です。
こちらも銀行系より消費者金融系の審査が通りやすいです。

普通のカードローンは事業性資金の借入は一切できないですが、ビジネスローンでは事業費、生活のための借入ができます。総量規制対象外の商品として、少し割高な限度額もでき、個人事業主として事業、プライベートの資金調達ができます。

普通のカードローンでは属性が低いですが、見事にビジネスローンの審査通過で、会社員などが持てないカードローンを手にする事ができます。ある程度の条件は必要ですが、自営、個人事業主の場合はビジネスローンを中心に借入を検討されることで、審査通過率も高くなることでしょう。

銀行カードローンがNGではない

個人事業主のカードローンの申込では、個人用は借りられないのではなく、審査が厳しくなりがちです。
ただ、きちんと確定申告をして、自身の収入を管理している。
それなりの年収があり、納税もしていることでは、正しい審査対象になります。
信用情報に関しては、申込者全員が行われることで、個人事業主だけが責められることではないです。

個人事業主の審査通過の鍵は確定申告書の提出

カードローンは、普段の生活でちょっとした資金不足解消のための気軽なキャッシングができるものです。簡単な審査で借入ができる変わりに、金利が高めです。とはいっても、暴利な内容ではなく、十分に返済ができると判断されないと審査は通らないです。

個人事業主が矢面に立たされている

大手消費者金融カードローンの申込要件として、安定収入がある20歳以上とあります。
この条件で言えば、パートやアルバイトをしている学生や主婦も借りれる場合があります。

では、個人事業主は?派遣社員は?ということになりますが、審査の上借りれる場合があります。
アルバイトよりは収入がある2つの職業ですが、ともに安定性が欠ける点で、特別枠の審査になります。
個人事業主と派遣社員では、今は収入があるけれどと言う立場です。

勤め人は、アルバイトでも倒産や退職しなければ無職にはならないですが、個人事業主や派遣社員はその保証もないです。ですから、カードローンは低額のキャッシングならできますが、多額のフリーローンなどの審査はより厳しいです。

そのお金何に使う?

カードローンの使途は事業性資金や投資に使用することは禁じられています。
しかし、申込者が個人事業主となると、その使途が怪しいでしょう。審査では、運転資金に使わないよね?と聞かれることはないのですが、使途が不明な点でも審査が厳しくなります。

収入証明では、確定申告書があるのですが、実は事業がうまく行っていないから、カードローンで穴埋め?その危惧も審査で含まれています。

プライベートで使うことを強調

カードローンでも数万円の希望額では借入ができます。
消費者金融系では総量規制範囲内で年収3分の一しか借入ができないです。
信用情報の内容で、限度額が決まるのですが、事業には借入しないし、あくまでもプライベートであることを強調しましょう。

ここで、いきなり100万円とか多額のかりいれでは怪しまれることになります。
カードローンは契約ができれば、良いですから、個人で使うカードローンに関しては、控えめで事業性資金には転用しないことを強調してみてください。

安定した収入

個人事業主の収入は、確定申告書が証明します。
普通大手消費者金融などでは、50万円以下の借入では収入証明書の提出はないです。
しかし、個人事業主の場合は、50万円以下でも確定申告書の提出を言う場合があります。
その時に速やかに提出をします。

数年間の確定申告書提出などをすると、自分は安定した収入であることの証明になります。
それで、収入に関しての審査が通ることになります。
会社員などとは違い、個人事業主=不安定な収入の点では個人事業主は厳しい立場です。

個人事業主はカードローンの選択肢がある

個人事業主の場合、お金のやりくりの上で、事業と生活の境界線が曖昧な場合があります。
日頃の出費で、これは仕事用、これはプライベートとレシートを分ける作業も多いです。
領収書の宛名を事業用としているなどの工夫が必要です。

個人事業主のお金の使い方と借り方

こうした出金の事実があることで、カードローンの申込となると、事業資金ではないけれど、交際費の一部をカードローンのお金を使っちゃったなどの事実もあるでしょう。

カードローンでは、事業性資金に使用することは禁じられています。
あくまでもプライベートのためとは言え、お財布が同じな場合は、その使い分けも厳しいです。
自宅が事務所で1人だけで個人事業主として行なっている。カードローンのキャッシングで事業性資金として1円も使わない。なかなかできないことです。

カードローンでいう運転資金禁止、事業資金禁止というのは大きなお金の場合ですが、厳密に言われたとしたら使い勝手が悪いでしょう。個人事業主、自営者のカードローンの使い方にも神経を使います。

個人事業主用カードローン

そこで、大手消費者金融などでは自営者カードローンがあります。
これは、カードローンで事業性資金にもプライベートにも使える二刀流のキャッシングができます。
もう気を使うことはなく、自身の経理の段階で使い分けができます。

個人事業主では、最初からこうしたカードローンの選択をすることで、個人用のカードローンは使わない方が良い場合が多いです。
自営者カードローンのようなものは、基本的には事業性資金にどうぞというビジネスローンです。
その上で、生活に使うお金も借りれるので、使途で気を使うことがありません。
大手消費者金融のカードローンタイプのものであれば、普通に審査も受けられます。

収入証明書の他に、事業をしていることが証明できる書類があれば良いです。
これで、1枚のローンカードで、堂々と事業にも生活にも使う事ができます。

自営者カードローンの特徴

それは金利が個人用と変わらないことです。そして、限度額が低いです。
要するに、特別感は全くなく、個人事業主そのものが生活の一部になっていることが、自由にお使いくださいという商品です。

メリットと言えば、個人事業主が堂々と運転資金にも使え、プライベート旅行の資金にも使えるという点です。借金の先も使いみちも個人事業主だからこそ自由になります。

個人用では、杓子定規の安定した収入があることに特化していることですが、個人事業主ならそれ用のカードローンがあります。こちらの申込が妥当ではないかとされています。しかし、自分はプライベートと事業をきっちりと分けられるというのなら、個人用のカードローンでの借入が良い場合もあります。

個人事業主用のカードローンで借入がベスト

カードローンの申込条件では、20歳以上の収入がある方です。
個人事業主では、法人の代表者でないことが条件になります。

フリーランスは個人事業主?

フリーランスで収入を得ている方で、委託を受けている会社との関係性が大きな問題です。
雇用形態が外注であったり、アウトソーシング的な形であれば、個人事業主になります。
会社に所属して、働き方だけフリーランスであれば、個人事業主ではないでしょう。

フレックス対応で自由に出社ができるなどは無関係で、要は収入の形態で毎年確定申告をしている時点で、個人事業主になります。ただし、医療費だけの確定申告をしているとか、会社に属している時点では、個人事業主とはならないです。

個人事業主だけが契約できるカードローン

それが自営者カードローンとか、ビジネスローンなどです。
その目的としては、基本的には事業性資金で借りれる点です。その他にも生活のための借入だったり、会社の経費など総合的に個人事業主のためのキャッシングができると考えて良いです。ですから、当然普通のカードローンと審査内容は違います。

必要書類

確定申告書、青色申告決算書などです。
これは普通のカードローンでも提出することが多いです。事業実態を証明する書類。営業許可証、受注書などの書類が必要です。この中で、営業許可証は税務署に個人事業主としての屋号など届け出をすると、青色申告書の義務が出てきます。

税金義務もありますが、本当に個人事業主になることができます。それがあることで、個人事業主の証明ができます。実際には、届け出なしで個人事業主をしている方は多いですが。その他受注書などの書類があれば良いです。

本当に自営者カードローンなどの審査通過をしたいのなら、然るべき手続きを行うことをオススメします。信用も借金も方法も変わります。

インターネットで申込ができない?

そんなことはないです。書類を提出して、あとは審査というのは、普通のカードローン同様です。
一部の大手消費者金融では、窓口でも申込が必須になっていたり、審査にも時間がかかることがあります。もちろん在籍確認などもあり、このときに固定電話があると信用は高くなると言いますが、携帯電話でも対応する場合があります。

自営者カードローンについては、総量規制対象外となることができるビジネスローンの要因が大きいです。ですから、個人事業主としては借りやすい内容ですが、審査が柔軟の口コミはないです。

ビジネスローンとしてはっきりと大きな金額の借入ができない、カードローンとして個人事業主だけ少し特別という内容で、審査は普通に厳しい点があります。
ちなみにブラック個人事業主ですが、審査には多分通らないというのが大方の口コミです。

個人事業主の審査状況 カードローンは作れる

カードローンの申込では、収入証明書は50万円以下では必要がないです。
ただし、個人事業主の場合は提出しなくてはならない場合があります。

審査の過程

カードローンの審査では、申込情報と信用情報の確認をします。
申込の内容では20歳以上で収入があること、信用情報では借入状況や過去の債務の内容の確認です。
個人事業主でクローズアップされるのは、職業です。
飲食でもデザイナーでも、とにかく自営である場合、その内容を確認することがあります。

どんな仕事なのですか?
収入はそれなりにあるとしても内容を質問されることがあります。
会社員なら、在籍確認でその勤務先にいることがわかります。

個人事業主では自宅やその事務所にしても、本人が出ることになります。
それでは、働いている証明にはならないでしょう。ですから、50万円以下のキャッシングでも確定申告書などの提出で、確かに収入があることを確認したいだけです。

ビジネスローンとの違い

これが、ビジネスローンであるのなら、事業についての突っ込みが入ります。
決算などの提出をしたり、審査も厳しい内容になりますが、カードローンでは総量規制範囲内で事業性資金に使わないことで、審査ではほとんど口頭での質問が多いです。

そして、良い返事だと思ったら、いきなり審査落ちもあります。
審査内容の公表はないのですが、個人事業主では不安定な収入があると、どうしても審査に通らないことがあります。

ビジネスローンではない

カードローンで即日融資ができるので、事業の資金に使おう、少しならわからない。
こうした不純な動機は厳禁です。

大手消費者金融などでは、個人事業主のためのカードローンがあります。
こちらは事業をしている証拠をきちんと提出した上で、限度額が小さな個人事業主などのためのカードローンの用意です。普通のカードローンとは違うのは提出書類がとても多いことなどです。
しかし、この審査でカードローンを手にすることで、総量規制以上で事業性資金としても堂々と使用することができます。

審査では、信用情報で金融事故は厳禁であり、金利はカードローンとほぼ同じです。
ですから、特別なメリットはないのですが、個人事業主は風のカードローンの借金では属性が低いです。
この特別のカードローンを使える特権は大きいでしょう。

決算書などは作っておく

個人事業主なりたてだったり、本当に自由に働く方では書類が確定申告書しかない場合も多いです。
カードローンの審査は通らないことはないのですが、経営者として申告だけではなく、届け出や経費の帳簿、決算書の作成はオススメです。商工会議所や税理士などとの相談で、もし資金調達が大きい場合、日本政策金融公庫などの利用もできます。

まだ小さい個人事業主だからではなく、独立をしたのなら、形だけでもいろいろと工夫されると良いでしょう。カードローンにしても書類が揃っていることでは、審査も通りやすいです。