個人事業主 カードローン 消費者金融


個人事業主なら借り入れカードローンは選択自由

個人事業主とは、自分で起業していて、法人手続きをとっていない方たちです。
収入は、売上から必要経費を差し引いた部分です。

会社員では、全て経理が行うことを個人事業主では自分で計算して行うことになります。
自由計算ができます。課税も変わってくることですが、カードローンでもこの年収が大きく関係します。

個人事業主のカードローン

個人事業主のカードローンでは、普通の会社員やパートが契約できるもの、個人事業主専用の2種類から選択ができます。両方の資格がある個人事業主であり、大手消費者金融でも申込が別々になります。


金融業者の考え方

個人事業主の申込者の場合、収入の内訳でプライベートと事業用にどう使われているかを確認したいところです。会社員では、給料がすべてプライベートであり、会社に捧げることはないです。
ですから、カードローンの申込では自分のために使う資金と確認ができます。

しかし、個人事業主では、事業資金としての転用が疑われるのです。
普通のカードローンでは、運転資金などに使用することは回収リスクが高いことで、借りられない事になっています。ですから、個人で借りれるカードローンについては、個人事業主は低い属性であり、不安定な収入であまり良い審査結果にならないことがあります。

50万円以下の借り入れでは収入証明書は必要ないはずですが、個人事業主では提出書類として挙げられることがあります。「あなたは、このカードローンで事業資金として借りないのですか?」こんな疑問と疑念が出ます。

最初から個人事業主用がオススメ

ある程度の収入があるのなら、自分は個人事業主であり、堂々と事業資金としても借り入れができる個人事業主用のカードローンがオススメです。最初から、大手消費者金融などでカードローンの選択に迷ったら、個人事業主用、事業用カードローンの申込をしましょう。

ビジネスローンだよね?

事業資金、運転資金として借り入れができますから、ビジネスローンまでは行かない個人事業主ですが。
そんな方も多いですが、少なくとも自身で起業をして収入を得ていて生活ができるのなら、事業資金としても借り入れができるカードローンがオススメです。

そんな玉ではなく、普通の職業ではなく、特別枠としてのカードローンがあるのですから、そちらの申込が妥当です。法人になると借り入れができないカードローンもありますが、消費者金融の法人カード、ビジネスローンなどがそれにあたります。事業資金以外にもプライベートにも使える自由使途のカードローンです。


個人事業主とカードローン 重要な鍵が固定電話

消費者金融のカードローンの申込では、個人事業主もできます。
収入がある20歳以上であれば良いわけです。

個人事業主の申込

大手消費者金融カードローンでは、基本的に収入証明書などはないです。
50万円以下の借り入れでは、身分証明書だけの提出で良いです。
ですから、自分は個人事業主であり、勤務先は自宅や事務所になります。
大手消費者金融では、ここからは普通に審査に入ることになります。

信用情報の照会後では、在籍確認があります。
最近では、大手消費者金融の一部で在籍確認がない場合があります。これは提出書類に社会保険証があることが必要です。個人事業主には無関係の審査になります。

とにかく個人事業主では、大手消費者金融、銀行カードローン、中小消費者金融でもこの在籍確認が必ずありますので、覚悟してください。


固定電話はないのですか?

個人事業主の経験することで、カードローン申し込みの後すぐに質問の電話がかかってくることです。
最近では、連絡はすべて携帯電話で対応している場合が多いでしょう。
固定電話がない家も多いですが、個人事業主はこの固定電話無しはポイントが下がります。
そこで、カードローン審査では、固定電話がない個人事業主の信用が一気に下がります。

ちなみに、銀行融資などでは、固定電話無しでは一発審査落ちです。
消費者金融では一部で携帯電話でも審査に通ると言いますが、その他の信用情報で信用が少ないと、固定電話無しは不利です。会社員なら、勤務先があり、会社だと絶対に固定電話です。

ところが、会社が携帯電話の場合、同じく審査落ちの可能性があります。
これは、会社が個人事業主であり、そこで働く方にとっても、我が社は携帯電話しかないということでは、信用が落ちます。本人の信用情報では問題がないのに、固定電話がないことで迷惑をかけることになります。個人事業主の元で働く方も要注意なのが固定電話の存在です。

IP電話でも良いから

固定電話はつけましょう。
仕事で使わないよという場合でも、個人事業主になったのなら、国内ではまだ固定電話の信用度は大きいです。法人になったのなら、絶対的な存在です。自宅が事務所の場合は、家族との共用でもOKですが、在籍確認の時には、子供などが出ないように気をつけてください。

収入証明書類が揃っていたとしても

なんと、固定電話無しでの審査落ちの報告も少なくないです。
個人事業主ならなくてはならない。そんな常識はないのですが、借金だけではなく、仕事の営業面などでも、固定電話があることでの信用度は大きいと言います。もし大手消費者金融や銀行カードローンの申込を検討されている方は、固定電話設置後がオススメです。


注目したい個人事業主用のカードローンについて

消費者金融の個人事業主用のカードローンは、自営者カードローンとか、事業者カードローンになります。特徴は、事業資金にも使える、プライベートでも使える、総量規制対象外になるなどです。
普通のカードローンでは属性が低い個人事業主では、この専用カードローンの利用がオススメです。

申し込みは?

WEB完結の消費者金融もありますが、来店しなければ契約ができない場合があります。
WEB完結では、提出書類を送信することになりますが、流石に身分証明書だけの申し込みはできないです。自身が個人事業主として働いている証拠が必要なため、条件がいろいろと付いてきます。
確定申告書だけで良い場合もありますが、納税証明書、所得証明書、青色申告書類が必要な場合などいろいろです。これらの提出書類で、自身が出せる申し込みの消費者金融の個人事業主用カードローンの選択をすることをオススメします。

青色申告などはしていない方は、提出書類として存在していたとしても審査に落ちます。
個人事業主なら、確定申告書は絶対にありますから、用意しておくこと。
これは普通カードローンでも求められることがあります。


メリットが多い事業者カードローン

事業資金としては使わないにしても、総量規制対象外の限度額は注目です。
特に、確定申告で少ない所得申告している方は、普通にカードローン申し込みをした場合は、借りれる金額が少ないです。

しかし、事業者カードローンでは、事業資金前提の借り入れができます。
この時には、そのカードローンがプライベートでも使用できるものを選択してください。

普通のカードローンでは個人事業主が不利

それは安定した収入ではないからです。
毎月収入が変化すると考えられていて、本当は安定していたとしても、個人事業主の身分は辛いです。
収入証明書では年収計算であり、高いとしても毎月安定していないことでマイナス要因の審査になります。それなら、最初かに事業資金目的での個人事業主用のカードローンが良いということになります。
借金をしていないとか、資金調達でのカードローンの申し込みなどの目的をはっきりさせることです。

ちなみに、他社借り入れがあるとか、最初から融資限度額を高く設定してしまうことは審査落ちになります。信用情報で金融事故なく、ブラックではない場合に対応できることです。
金利は、普通のカードローン並であり、事業資金の継続的な借り入れには不向きです。
これは資金ショートとつなぎ資金のためのカードローンです。


個人事業主として持ちたいカードローンは特別仕様?

個人事業主がカードローンの申し込みをする時に、事業経験が1年は必要です。
会社員などの勤続年数と同様ですが、1年間は結果を出さないと、年収が出ないです。
個人事業主のためのカードローンでは、提出書類に確定申告書は不可欠です。

カードローンの性質

大手消費者金融などでWEB完結ができるというカードローン。
保証人も担保も不要であり、WEBで身分証明書の提出で即日融資ができます。
カードローンのメリットは、ローンカードを手にした瞬間に借り入れができることです。
そして、申し込みが簡単なことです。ATMでの借り入れができることなどです。
個人事業主が申し込める自営業者のためのカードローンも申し込みは簡単です。

ただし、普通でのカードローン同様に年収の確認が絶対です。
毎月の収入ではなく、年収計算になるのが不安定収入の個人事業主には必要です。
自営業者が持てるカードローンは、事業資金も借りれるものであり、確定申告書での収入だけではなく、事業実績も必要な審査です。どうしても、それなりの実績が必要になることから、1年よりは2,3年の個人事業主である証明がある方が良いです。それだけ長く個人事業主として収入があることが、返済リスクを下げることになります。

本当の個人事業主

個人事業主に本当もウソもないのですが、個人事業主として開業する時には、税務署に届け出をするのが正式です。そして、税制上優遇のある青色申告もメリットになります。これは、税金を安くすることができる。

妻に専従者給与を与えたり、所得税の減額などがありますが、毎月の帳簿と収支内訳書などが必要です。
義務ではないのですが、個人事業主としてそこまでの手続きをとっていることは、信用される要因になります。会社名ではなく屋号もつけること、法人へのステップアップになることもあります。
自営業者のためのカードローンの申し込みにおいてもメリットがとても多いです。

審査では、通過をしたのなら総量規制対象外の借り入れとして、融資限度額が多くなります。
真に個人事業主として認められることから、カードローンには有利になることでしょう。
消費者金融の個人事業主カードローンは、法人口座では借りられないです。

1年以上の個人事業主、青色申告に開業届。
それらを揃えることで、カードローンは自営業者のものを選択してください。
個人事業主として資金調達もできますし、プライベートにも使えます。
ただし、金利が高いので、設備投資などには不向きですが、小規模個人事業主には何かと役立つ1枚です。


ブラックの個人事業主のカードローン審査は無理

総量規制対象外の借り入れ、不安定な収入でも借りれる自営業者のカードローン。
個人事業主なら選択肢の一つになりますが、審査はどうなっているのでしょうか?

審査の基本は信用情報

すべてのキャッシング、カードローンの基本は信用情報です。
収入証明書出高い収入、個人事業主歴も長いとしても、信用情報で金融事故があると、カードローン審査には通らないです。事業資金をしっかり借りたい法人のビジネスローンでも、審査のポイントは申込者の信用情報です。

会社のための資金ですが、申込をする代表者がブラックでは借り入れができないです。
自営業者のカードローンもブラックでの申込ではNGです。
消費者金融のカードローンでは、金融事故があるのなら、全く話にならないです。


赤字の経営でも

自営業者は確定申告書などの提出をします。
これは事業をしている証拠と、一応どんな資金の流れが必要なのかを予想させるものです。
とても低い年収(100万円以下では厳しい)でも、とりあえず頑張って経営しているのなら、収益がなくても、マイナスでも借り入れができることがあります。これは申込者が金融事故がないことが必要であり、要は申込者の信用情報がものをいうという審査になります。

すべては、中心者の信用情報でどれだけの返済能力を持ち合わせ、お金を借りる資格があるか?です。
カードローンでは、限度額がある程度決まっていますが返済ができる範囲内の借り入れしかできないです。それは返せる人間だからです。

なんだかんだ言ってもブラックは借りられない

甘い審査の中小消費者金融の自営業者が借りれるキャッシングはあります。
ただし、こちらでは普通の審査とは違い、返済リスクを高く評価してしまいます。
ブラック多重債務者の場合、事業資金がほしいというのはなかなか困難な話です。

そのお金で多重債務解消というのは、別の話でしょう。最初からそのつもりだった?という判断です。口で言う使い方と実際の内容が違う場合は、使用停止になることがあります。

中小消費者金融でも個人事業主用の運転資金にも使えるローンはあります。
口コミでは、貸すためには不動産担保ローンになったり、保証人の要求があるということです。
カードローンの敵はブラックリスト、金融事故になります。
中小消費者金融などに行くことは考えず、返済のことを考えてください。

ちなみに個人事業主は、カードローンの返済ができなくて、債務整理をしたとしても、基本的に仕事には影響がないはずです。資金借り入れなどが困難になるだけです。