個人事業主即日融資 カードローン

ビジネクストのビジネスローン

個人事業主で即日融資ができるビジネスローンで一番人気なのが、ビジネクストです。
ビジネクスト株式会社は、アイフルの完全子会社であり、消費者金融系のビジネスローンになります。
個人事業主だけではなく、法人も申し込む事ができるビジネスカードローンです。

ビジネスローンの特徴

カードローンと違い事業性資金に使えます。
個人のカードローンでは、総量規制範囲内で事業に資金を使ってはならないとされています。
ビジネスローンなら、個人事業主の生活のためにも資金を使うこともできます。
個人事業主が総量規制限度外で、事業にも生活にも使える1枚としては、利便性が高いです。

ビジネクストの特徴

利用者が10万口以上と言う人気です。
これは、アイフルが行うネームバリューの大きさも要因です。
最高1000万までの限度額、来店不要での申込。
インターネットで簡単申込ができるのは、個人のカードローン同様の手軽さです。
引き出しもセブン銀行のATMなどのコンビニででき、返済にも対応しています。

そして、最短即日融資ができるのが大きなポイントです。
1000万円と言う金額も個人事業主だけではなく、法人利用者も多数います。

ビジネクストのデメリットはある?

審査の中で、決済内容は問わない、審査基準で赤字は審査落ちとはないです。
しかし、実際にはどのような程度の赤字でボーダーラインがしかれているかは不明です。
最低限の基準の明記がない点で、赤字経営の個人事業主は多少不安があります。
お試し診断がなくぶっつけ本番の審査に挑むしかない点では、イマイチ診察通過の基準がわからないです。

ローンの種類が豊富ですが、どのローンについての必要な書類、返済方法が違います。
ほしいビジネスローンに対しての明確な指針などはなく、迷ってしまう方も多いです。
又、効率の良い不動産担保ローンに関しては、返済年数をビジネクストで決めることになります。
希望の返済回数などが指定できない点では不満も口コミも聞かれます。

ビジネクストには種類がある

個人事業主を対象にしているビジネスローンの種類は豊富です。
この点では、選び放題であり、自分に合うビジネスローンの選択が可能です。

ただし、条件などが分かりづらかったり、説明が不備な点では、やはりある程度は自分で選択のための内容を知っておくことが必要です。ただ、カードローン型では、自由にだし入りができることでも使い勝手の良さは高い評価を受け、ランキングでも常に上位です。

オリックスVIPローンカードBUSINESS

オリックスVIPローンカードBUSINESSは、オリックス・クレジット株式会社のビジネスローンです。
ローンカード型で、個人事業主、法人向けになっています。
知名度も高く、人気の1枚です。

オリックスVIPローンカードBUSINESSの特徴

最短60分の審査回答、最短即日融資の便利なカードです。
振込も返済サービスも即時対応ですが、即日融資には特に力を入れているビジネスローンです。
ビジネスローンでは、即日融資ができる商品が少ないです。

大手消費者金融並の対応では、スピード審査を掲げていて、いざというときに便利です。
500万円までの利用限度額で、年利6.0~17.8%です。
コンビニにキャッシング対応です。

デメリットと言えば

多少金利が高めなのと500万の限度額でしょうか?
ビジネクストでは1000万円までの限度額になっています。
ATM手数料もかかることから、コスト面では他のビジネスローンよりはかかることは多いです。
ただ、そのデメリットを大きくカバーできるのが、即日融資でしょう。
とにかく審査が早いことでは、借入したいときに即対応ができます。

個人事業主の場合は、最高限度額が500万円だとしても充分対応のケースも多いことでしょう。
つなぎ資金としてもオススメ度は大きく、いざと言うときの資金調達では、ビジネスローンの中でもメリットは大きいです。

スピード審査ということは?

審査をスコアリングシステムで行っています。
数字が命のこの方法では、赤字の数字がひどくマイナスでは借入ができない可能性があります。
審査が早いのは嬉しいですが、審査基準は多少高めであることは、仕方のないことでしょう。

これから借りたい資金での成長率などは加味されないことで、結果主義の審査内容に関しては、業績が厳しい個人事業主の審査は、難しい局面になることも予想されます。
他社のビジネスローンよりは、多少敷居が高いと感じている方も多いです。

なかなか厳しい審査?

経営者の返済能力なども当然審査では見られることになります。
限度額がビジネスローンにしては比較的低いのですが、利便性が高いビジネスローンとしては魅力です。

返済能力の有無が大きな審査の鍵になりますが、赤字決算なり、本人の信用情報での金融事故が多すぎる場合は、借りられない場合が多いです。余裕の信用情報だったり、今は使わないけれど、もしもの1枚として、使うときではなく、問題がないとき申し込むをしておくビジネスローンだと言えます。

審査が厳しく、高金利で手数料もかかるキャッシングになります。
ここは一応確認は必要でしょう。

プロミス自営者カードローン

プロミスの個人事業主向けのカードローンは、自営者カードローンです。
ビジネスローンですから、事業性資金にも使え、プライベート資金調達にも対応しています。

プロミス自営者カードローンの特徴

ローンカード型のビジネスローンであり、限度額内は自由に出し入れできます。
最短1時間の審査で、即日融資ができます。
プロミスのカードローンですから安心感も大きく、来店不要でweb完結の申し込実ができます。

限度額は300万円です。
ビジネスローンとしては少額ですが、コンビニATMで出し入れは自由です。
初回限定最大30日間の無利息サービスと最大2,000円分のプリペイドカードのプレゼントがあるキャンペーンも。常時ではないのですが、申し込むときにチェックしてみてください。

審査に必要な書類

本人確認書類、収入証明書、プロミスが事業実態把握をするための書類です。
自営者カードローンでき、自営の実態がわからなくてはならないです。
青色申告書類などの提出があれば良いでしょう。

1年以内の発注者や納品書、営業許可証などが必要です。
マイナンバーの提出は不要であり、書類にあるときにはマイナンバーは隠して提出すると良いです。

申し込みはカードローンの要領

消費者金融カードローンの要領でインターネットや自動契約機で普通に申し込む事ができます。
指定銀行の振込なら手数料もかからず、三井住友銀行湯ジャパンネット銀行なら、瞬フリで即入金可能です。
ATMの利用は三井住友銀行は無料ですが、その他の提携銀行ATMでは手数料がかかります。
ここは要注意でしょう。

総量規制対象外のキャンペーン

自営者カードローンでは、総量規制以上の借入ができる事になっています。
事業性資金にも使えるのは当然ですが、担保なしでの300万円までの利用金額は、個人事業主でも小規模の方では充分の内容です。在籍確認もありますが、できれば固定電話がほしいところです。

最近では、固定電話がない個人事業主も少なくないですが、ここは審査もチェックされる部分です。
今更固定電話?と考えてしまうことですが、社会的信用では、個人事業主の固定電話の存在は案外と大きなことです。

使いやすい300万円

審査もそうですが、あまり高くない限度額設定であり、審査基準も多少は甘めです。
それでも金融事故などがあると借入ができないとされています。

経営者、代表者の信用情報があまりに悪いことで借入ができない場合はあります。
それでも、他社の高額限度額のビジネスローンよりはいくらか審査は甘いかも?という口コミはあります。

ビジネスパートナーのスモールビジネスローン

スモールビジネスローンは、ビジネスパートナーのビジネスローンです。
1999年設立のビジネスパートナーはも全国展開している中小の企業です。
事業性資金調達は、1億円を超えるものも多いですが、スモールビジネスローンは、個人事業主向けのビジネスローンサービスです。

スモールビジネスローンの特徴

カードローン型のビジネスローンで、セブン銀行ATMで利用ができます。
即日融資にも可能で、最大500万円の限度額が付きます。

金利が高めの設定であり、運転資金用ではなく、いざというときのビジネスローンとしての使い方が良いでしょう。無利息期間45日のサービスがあり、初回限定ですがつなぎ資金調達にも役立ちます。

スモールビジネスローンの口コミ

ここで注目したいのが、審査の甘さです。
他社のビジネスローンで審査落ちした方でも審査に通ったとの口コミが非常に多いです。
審査通過率が高いことでは、大手消費者金融系のビジネスローンよりは借りやすい審査内容であることは確かです。この評判が口コミではとても多いです。

提出書類について

個人事業主では、確定申告書になりますが、2期分が必要になります。
ということは、創業2年以上の業歴が必要です。

開業したての場合は、ビジネスパートナーのスモールビジネスローンの審査は通らないかもしれないということです。無担保、保証人不要です。法人では代表者が連帯保証になりますが、個人事業主ではその必要はないです。

ATMの利用には手数料が発生します。
セブン銀行での1万円からのキャッシングができますが、その度に手数料がかかってしまうことは注意してください。返済も同様であり、数多くこまめに借入したり、返済では手数料もかさむことになります。

スモールビジネスローンのメリット

手数料はかかるキャッシングですが、ほぼカードローンの要領で利用ができます。
審査も大手消費者金融系のビジネスローンよりも若干甘めの評判になっています。
事業性資金を銀行の融資で低金利で入手できたとしても、ちょっとした資金がほしいときに、すぐに借りれるカードローンの要領は嬉しいです。

信用情報に少し不安がある方も、高金利にはなっていますが、極端に返済額が上がることはないです。
その点では、使い方次第では、信用情報が多少悪い方でも使い勝手は良いです。
カードローンの形も使えるビジネスローンの1枚と言えます。

多少甘い審査の部分では期待してしまう点は大きいですが、確定申告書2期分がある個人事業主でなければならない点も要注意です。

CREST for Bizのビジネスローン

CREST for Bizとはオリエントコーポレーションの個人事業主向けビジネスローンです。
ローンカード型であり、ATMの利用ができます。

法人の申込ができず、個人事業主オンリーのビジネスローンです。
事業資金だけではなく、プライベート資金も可能です。

CREST for Bizの特徴

カードローンタイプであり、キャンペーンでは2.0%金利を優遇するキャンペーンもあります。
ATM利用で使い勝手が良く、最長159ヶ月の長期返済にも対応しています。

WEB明細ができ、返済方法も選択ができます。事業に合わせて返済しやすい方法も選択できます。
限度額は300万円であり、個人事業主としては決して多くはないのですが、事業の希望に合わせて選べます。24時間ATMで引き出すことができる利便性はとても高いです。
上限金利は18%と高めです。

オリエントコーポレーションの審査

オリエントコーポレーションでは、審査基準があまり厳しくないことが知られています。
クレジットカード会社としてネームバリューがありますが、比較的審査は甘い方と口コミで多いです。
その点と、限度額300万円、18%の高金利では、CREST for Bizの審査も期待ができそうです。

信用情報がイマイチの個人事業主でも借入ができる可能性はありますが、金融事故がある場合には、その保証はなんとも言えないです。業績によるビジネスローンの審査です、個人事業主では詰まる所本人の信用情報が大きな影響を与えます。

ただ、厳しい審査でむちゃくちゃということはないでしょう。
確定申告書は1期分でも対応ということは、1年以上の業歴があれば申込ができます。

ビジネスローンの選択

金額が大きいほど審査も厳しくなると考えて良いでしょう。
銀行からの融資が何よりもベストですが、ビジネスローンの使い方としては、すぐに必要な金額を即日融資で受けられる点です。

ビジネスローンの多くはその点ではクリアしているものかが多いですが、それでも個人のカードローンよりは時間がかかる審査があると言います。

書類などは事前に用意をする、WEB申込でも早い時間に行うなどの工夫は必要です。
総量規制対象外のビジネスローンでは、限度額はある程度高めです。もちろん計画的な資金の使い方が良いですが、ビジネスローンは継続的な借り方はオススメできないです。

便利なビジネスローンの多くが、上限金利が18%程度であり、完済せずに次のキャッシングになると、返済負担は大きくなります。あくまでももしものときの1枚としての使い方がベストであり、審査も金融事故がない時に行うのが理想です。